山小屋だより さん プロフィール

  •  
山小屋だよりさん: 山小屋だより
ハンドル名山小屋だより さん
ブログタイトル山小屋だより
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/terusan114
サイト紹介文街歩きや山歩きで出会った花や風景を紹介しています。 ぜひ、ご一緒に歩きましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供357回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2014/10/30 10:28

山小屋だより さんのブログ記事

  • 所沢まつり(その2)
  • 見上げるとウロコ雲がきれいでした。ここはファルマン通りです。大通りもこの日はフリーでした。いろんな出店がでています。山車がいました。舞台ではお囃子に合わせて踊っています。たくさんの人が何かをみています。和太鼓の演奏をやっていました。和太鼓は音を聞いているだけでワクワクします。 [続きを読む]
  • 所沢まつり(その1)
  • ※10月7日、所沢まつりに行ってきました。所沢駅前です。右はプロぺ通りで商店街になっています。すぐに獅子舞が歓迎してくれました。獅子舞は何頭もいました。女性が太鼓と笛に合わせて囃子ています。子供達の舞です。このグループは毎年この場所でやっています。子供を抱っこして囃子ている若いママさんもいました。動画で撮りました。2018 10 7 所沢まつり(3)2018 10 7 所沢まつり(4) [続きを読む]
  • 昭和記念公園(その3)
  • アレチマツヨイグサです。花は少なかったです。チカラシバが逆光を浴びてきれいでした。ススキの穂も輝いています。パンパスグラスです。これも最近野生化しています。この広場は無料で開放されています。左奥には高島屋があります。多摩モノレールです。この北立川駅で下車しました。帰りもここから乗りました。※台風24号の影響でコスモスもかなり倒れたようです。もう回復したでしょうか?今度訪ねる時はネットで確認してから [続きを読む]
  • 昭和記念公園(その2)
  • ゲートが閉まっています。台風24号の影響で閉園でした。ゲートの上からその先を眺めてみました。イチョウ並木がだいぶ紅葉しているようです。空いっぱいに雲が広がっています。もう一度ゆっくりとナンバンギセルを観察しました。だいぶ終わっていましたが、まだきれいな姿も残っていました。折角訪ねてきたのに・・・ごめんなさい・・・といっているようです。花が終わった姿もおもしろいです。ゆっくりと時間をかけて観察しまし [続きを読む]
  • 昭和記念公園(その1)
  • ※10月2日、晴天に誘われて昭和記念公園を訪ねました。JR立川駅です。すっかりきれいになりました。ススキが秋を感じさせてくれました。スジ雲が青空いっぱいに広がっています。広場です。幼稚園の子供達の一団が遊んでいました。ナンバンギセルが顔をだしています。ナンバンギセルはススキなどのイネ科の植物に寄生する寄生植物です。今年、初めての出会いでした。 [続きを読む]
  • 夕焼け
  • ※台風24号が過ぎ去った翌日(10月1日)の夕焼けです。我が家近くから西の空を眺めました。雲が流れています。空は期待したほど赤く焼けません。奥多摩の名峰・大岳山がよく見えました。しばらく眺めていましたが、あまり変化がありませんでした。黒い雲の形がおもしろかったです。 [続きを読む]
  • 佐渡高校同窓会(その2)
  • 記念講演は「佐渡(さわたり)稔」氏のお話でした。彼は俳優として活躍しています。劇団東京ヴォードヴィルショーを数名の仲間と立ちあげたそうです。舞台だけでなくテレビのドラマにもたくさん出演しています。詳細はネットで「佐渡稔」と検索してご覧ください。佐渡の銘酒も勢揃いでした。佐渡副市長から佐渡のようすを聞かせて貰いました。自然界に放鳥したトキは360羽を超えているそうです。稲刈りの終わった田んぼでは普通 [続きを読む]
  • 佐渡高校同窓会(その1)
  • ※9月30日、佐渡高校の同窓会が東京で開催されました。場所は神保町の「学士会館」です。学士会館の正面玄関です。受け付けは2階でした。会費を払ってネームタグを受け取ります。会場の入り口です。会場は丸テーブルになっています。名簿にテーブルナンバーが書いてありました。高校のマークと日の丸の旗です。会が始まりました。私の席は一番後ろ(М)でした。この日、私の同級生は5名参加していました。男性はいつもの顔で [続きを読む]
  • 天覧山(最終回)
  • 飯能河原に着きました。赤い橋は割岩橋です。バーベキューを楽しんでいました。ここは家族連れが多いようです。孫に「石投げ」を教えてあげました。何度かやっているうちに水面を飛び跳ねる石があります。その度に孫は大喜びしていました。都会では石を投げる場所などありません。初めての川遊びでした。空の雲が雄大です。タマスダレが咲いていました。急に黒い雲がでてきました。ここで帰ることにしました。変わった虫が飛んでき [続きを読む]
  • 天覧山(その6)
  • タデの仲間のようです。ジョロウグモです。このクモの巣は粘りが強いので、虫取りに使いました。子供の頃の思い出です。ヒガンバナの群生・・・・もうほとんど終わりかけていました。河原にたくさんの人がでています。この日は祝日でした。飯能河原と呼ばれています。橋を渡って対岸に行きます。孫はさっさと前を歩いています。これから河原で少し遊びます。 [続きを読む]
  • 天覧山(その5)
  • 川に出ました。釣りをしている人がいます。入間川です。流れは静かです。ここを渡って向こう岸に行きます。子供が大物を釣りあげました。ブラックバスでした。入間川の上流です。下流です。これからこの右を歩きます。大きな蛾が止まっていました。コベニスジヒメシャクガという長い名前のシャクガの仲間でした。振り返ってみました。先ほど釣りあげたブラックバスを岸辺に入れています。帰りにまた川にリリースするそうでした。 [続きを読む]
  • 天覧山(その3)
  • 急な階段を登ります。この先に岩場があります。頂上に着きました。登山口から約20分の登りでした。標高195mです。※明治天皇が登ったので、「天覧山(てんらんざん)」という名前になったそうです。この右手に富士山が見えるのですが、この日は雲に隠れていました。飯能市内です。新宿の高層ビルがうっすらと眺められました。頂上で展望を楽しんだ後、下ります。孫が階段を飛んでいました。真っ白なキノコがありました。とる [続きを読む]
  • 天覧山(その2)
  • ここが登山口です。キツネノマゴが咲いていました。キノコがびっしり・・・小さなサルノコシカケのようでした。この日は5歳の孫と一緒でした。ヤブランもまだ元気です。ヌスビトハギ・・・実が少しできています。シラヤマギクも今が盛りです。こんな登山道を歩きます。右手の崖に十六羅漢が鎮座しています。江戸時代、徳川綱吉が病気になり、近くの能仁寺の和尚が病気平穏の祈願をしたら病気が治ったそうです。そのお礼にここに十 [続きを読む]
  • 天覧山(その1)
  • ※9月24日、埼玉の名峰・天覧山に登ってきました。途中にヤブミョウガが咲いていました。大きなケヤキです。キンモクセイが甘い香りを漂わせています。花をズーミングしてみました。かわいい顔をした花です。ヒガンバナがまだ咲いていました。まだ蕾もありました。ここは桜の名所です。奥の山が天覧山です。これからあの頂上まで登ります。 [続きを読む]
  • 狭山湖散策(最終回)
  • 高いビルが建っているあたりが所沢市街です。ヤマウドの花が咲いていました。大きな雲が広がっています。すぐ近くを小さなバッタが通り過ぎました。これから進む方向です。振り返ってみました。今度は白いツツジが咲いていました。ヒヨドリジョウゴの花です。花後は真っ赤な実ができます。ド根性ヨウシュヤマゴボウです。コンクリートの割れ目から顔をだしていました。※ここは我が家から車で20分くらいのところです。今回は堰堤 [続きを読む]
  • 狭山湖散策(その3)
  • 堰堤が続きます。取水口が近くなりました。大岳山も大きくなりました。堰堤を渡り切ったところに石碑がありました。前東京都知事・石原慎太郎氏の筆によるものです。きた道を振り返ってみました。秋の空がきれいです。ツツジが咲いていました。季節を忘れたのでしょうか?キンミズヒキです。草むらにショウリョウバッタが隠れています。どこにいるかわかりますか?この時期はいろんなバッタに出会えます。 [続きを読む]
  • 狭山湖散策(その2)
  • 堰堤を歩きます。空がどんよりとした雲に覆われています。長い堰堤です。奥多摩の山がきれいにみえています。雄大な風景です。取水口が近くなりました。ススキがよい感じです。秋の雲が広がっています。西武ドームの屋根です。西武ライオンズが今シーズン10年振りにパ・リーグ優勝を決めました。所沢の商店街は大売出しで盛り上がっています。 [続きを読む]
  • 狭山湖散策(その1)
  • ※9月17日、狭山湖を散策してきました。ここが狭山湖です。別名:山口貯水池と呼ばれています。クズの花が咲いていました。ススキが秋を感じさせてくれます。ベニシジミが飛んできました。逆立ちしています。長い堰堤です。ここは東京都の水ガメになっています。奥にみえるのが取水口です。遠くに奥多摩の名峰・大岳山がみえます。西武ドームも頭だけ少しみえていました。ここにはまだまだ武蔵野の森が残っています。 [続きを読む]
  • 東京ウォーターフロントシティ(最終回)
  • レインボーブリッジには北(ノース)と南(サウス)に歩道があります。ブリッジを支えているメインワイヤーです。こちらは「サウスルート」です。第六台場です。ここに渡ることができません。幾何学的に組まれた骨組みです。コンテナ埠頭が大きくなってきました。遠くから変わった船が近づいてきました。屋形船でした。随分変わった形をしています。調べてみたら、「御座船・安宅丸」でした。※徳川家の船をモチーフにした船で、外 [続きを読む]
  • 東京ウォーターフロントシティ(その9)
  • この上は車道です。レインボーブリッジの外観です。ブリッジの下を潜ります。台場公園がよく見えます。左が歩道、右が車道です。真ん中を電車が走っています。丁度、「ゆりかもめ」が通過するところでした。台場公園が刻々と変化しています。水上バスが通過しています。松本零士デザインによる「ひみこ」です。台場公園の全景です。フジテレビのビルがよく目立ちます。右奥は大井のコンテナ埠頭です。キリンがたくさん並んでいまし [続きを読む]
  • 東京ウォーターフロントシティ(その8)
  • 先ほどまでいた第三台場史跡公園です。レインボーブリッジがだいぶ近くなりました。遠くに東京タワーがみえています。ズーミングしてみました。浚渫船です。これからレインボーブリッジを渡ります。スカイツリーが見えています。側面から眺めたレインボーブリッジです。東京タワーもこんな感じです。これから渡るレインボーブリッジからの展望が楽しみです。 [続きを読む]
  • 東京ウォーターフロントシティ(その7)
  • 中央がフジテレビのビルです。少しズーミングしてみました。どんぐりがたくさん落ちています。マテバシイの実でした。センニンソウの花です。ここは建物があったところです。基礎だけ残っていました。カマド跡がありました。中にマルバツユクサが咲いていました。ツユクサと比べて葉っぱが丸いです。花も少し違っていました。波が静かです。ここは台場公園(第三台場史跡公園)と呼ばれています。砲台が残っています。幕末の黒船来 [続きを読む]