北海道と九州の風来旅とマイ道楽 さん プロフィール

  •  
北海道と九州の風来旅とマイ道楽さん: 北海道と九州の風来旅とマイ道楽
ハンドル名北海道と九州の風来旅とマイ道楽 さん
ブログタイトル北海道と九州の風来旅とマイ道楽
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/taiyo3-3-3
サイト紹介文マイ故郷の北海道旅と、毎年GWにマイワイフ実家へ帰省ついでの九州旅と、マイ道楽:気ままなモクモク工房
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/10/30 10:51

北海道と九州の風来旅とマイ道楽 さんのブログ記事

  • 寄り道散策 さっぽろ円山動物園2 「動物たちのお昼寝Time」
  • 動物園は久々の好天に恵まれて、お昼ご飯も終わった午後のひととき。おなかも膨れてポカポカ陽気の下で、日陰に潜り込んでの昼寝組や、檻の中で食後の運動とばかり徘徊?組や、いろいろな動作が面白く観察できた。虎も気持ちよさそうにZZZ・・・熊もZZZ・・・レッサーパンダも日陰を探して、葉の中に潜り込みZZZ・・・食後のデザート?にアリや虫を物色中親亀の背中に子亀を乗せて♪?の散歩フンボルトペンギンシンリンオオカミモ [続きを読む]
  • マイ道楽 VoL145 71歳、爺と婆たちの初夏。真っ昼間の燻製&BBQクラス会大成功!
  • 7/6、列島を台風縦断中、沖縄〜岐阜県近辺までの大被害中継がTV画面を独占してた中、被災地には申し訳ないけど、幸いにも好天に恵まれ、朝から気温も20℃前後の爽やかな初夏の陽を浴びながら、ごきげんでBBQ設営作業を行った。何しろ13名の老人集団!「71歳、爺と婆たちの初夏。真っ昼間の燻製&BBQで小学校クラス会」。屋外で初めての試み!炭火熾し等準備をしながらのPM1:00頃から、早々到着組とビールでスタートし、 [続きを読む]
  • マイ道楽 VoL144 「初夏をBBQと燻製で楽しもう会」準備完了!
  • 前回に予告した「我ら71歳!爺と婆たちの宴・・・」が本日午後から、大阪・名古屋・東京・札幌市内からも併せて13名が、列島に大被害をもたらした台風の爪痕を横目に、我家のこの場所に集まり開催する。三月に決まっていたスケジュールを、台風が気を遣って晴れ間を組み込んでくれたかのように、金・土曜日は晴れ間がのぞいてくれる。ありがたい!過去に何度もクラス会は開催されているが、このようなアウトドア風の趣きは初めて [続きを読む]
  • マイ道楽 VoL141 「燻製&BBQで初夏の宴」
  • 6月23日土曜日の昼下がり、かねてから計画してた「燻製&BBQを楽しむ会 初夏!」を、指折り数えて楽しみにしていた、同業のグループの若手仲間たちと総勢11人で開催。我家の庭先カーポート下にBBQテーブルを2台並べ、椅子も10脚以上並べ、周りは防風・防雪ネット3枚で囲い、ネットのバタツキ防止に船釣り用重り150-200号をぶら下げて、立派なBBQステージの出来上り!船釣りを止めて10年も経った小道具がこんなに有意義なことに役 [続きを読む]
  • マイ道楽 VoL139 刺身用ブリを燻してみた・・イケル!!
  • 「ジイジ達の・・・」は、日程がまだ先なのでしばらくの間は隅に除けておいて、今回は初挑戦の食材「ブリ(刺身用)」をゲットしてみた。今までは、・・油身が多いので??・・と思っていたが、たまたま本に載っていたのが美味しそうに見え燻してみたくなった。仕上がりはコレ。まず、スーパー刺身売り場から、柵にして捌いてあるウマそうなブリを購入、税込み¥434円なり。両面にたっぷりと塩、あらびき黒こしょうをふる。ピチ [続きを読む]
  • くにさき散策 「長崎鼻の4月は菜の花の黄・周防灘の青が映える」
  • 今の6月早々時期の北海道は「菜の花」が咲き誇ってる。特に、滝川周辺は、作付面積が日本一であるとのこと。小生が九州に行った4月早々には桜が散り、菜の花が満開だった。九州とは約2ヶ月の季節のズレがあるようだ。国東半島の端っこに、海に面した小さなまち「香々地」がある。香々地港を通り過ぎて小さな半島があり、「長崎鼻リゾートキャンプ場」に立ち寄った際に、北海道ではなかなか見られない美景に出くわした。目の前一 [続きを読む]
  • 宇佐市の戦争遺構Ⅲ 「 宇佐海軍航空隊の破壊された正門と銃弾跡」
  • 宇佐の遠戚の家に向かっていると、当時は「宇佐海軍航空隊」の広大な敷地内であったのであろうが、今は県道の交差点の位置になるあたりに、宇佐海軍航空隊正門があった場所付近で、現柳ヶ浦小学校の位置にあった正門門柱が、この建物屋内で復元され保存されている。「生き残り門」今は住宅地の中にさりげなく溶け込んでいるが、戦争の時は神がかり的に、ここだけが残ったようだ。用途は不明だが、半地下式コンクリート造の建物や、 [続きを読む]
  • 宇佐市の戦争遺構Ⅱ 掩体壕と一体化したメモリアルパークが出来るゾ!
  • 前出Ⅰの中でも紹介したが、数年前に訪れた「城井一号掩体壕」は、宇佐市の維持管理の元できれいにされていたが、平成32年には隣接地に「宇佐市平和資料館(仮称)」がH32開館予定で、位置的には現「城井一号掩体壕」の左側に建設される。「永遠の0」撮影用のゼロ戦や桜花(含レプリカ)にも対応の格納庫のような展示空間で、戦争の歴史資料等がたくさん展示されるようだ。位置的にはこの写真の左側一帯のようだ。床の白セメント [続きを読む]
  • 宇佐市の戦争遺構Ⅰ 「宇佐市平和資料館のゼロ戦と桜花」
  • 鹿児島県指宿をスタートして、4日間の”お急ぎ風来旅”も無事に実家のゴールに入り、一段落したのもつかの間で、札幌に戻るまでの一週間を、国東半島の田舎でいかに快適に過ごすかを思案した結果、未取材のある大事なことにハタっと気が付いた。このブログの来訪者一番人気記事が、2014.8.13にUPした「国東半島 宇佐市の戦争遺跡」の記事が、今も毎週のようにベスト1〜5番の順位を競っている。再度現地に赴いたのを機会に、興味 [続きを読む]
  • 南九州ぶらり旅 「青島神社へ参拝と、鬼の洗濯岩を散策」
  • 小林市の陰陽石神社への参拝を済ませ、まだ陽が高いので、宮崎県第二の観光名所「青島神社と鬼の洗濯岩」に高速道路で向かった。神社のハシゴ??青島の周りには「鬼の洗濯板」と呼ばれる珍しい波状岩が広がっている。正式には「隆起海床と奇形波蝕痕」だそうで、青島の周囲と日南海岸の海岸線に見られる。大昔に海面下にあった岩が地質変動によって水面上に現れ、波や海水に浸食されて現在のような形が出来上がったとある。干潮時 [続きを読む]
  • 南九州ぶらり旅 「宮崎県自然遺産指定 小林市 陰陽石神社」を参拝
  • 宮崎県小林市の町はずれに、神聖なる「陰陽石神社」という珍妙な神社がある。「陰陽石神社」    陰陽石神社の由緒について以下のように書かれている。 祭神 皇産霊神(むすびのかみ)   天下の奇石陰陽石は昇天の竜がこの地に居合わせた妙齢の美人に見惚れて降り、そのまま化石となり名勝陰陽石になったと言われる。この地には古来より縁結び、安産、工産、商産とあらゆる生産の開運の神である皇産霊神(むすびのかみ)が祭 [続きを読む]
  • 南九州ぶらり旅 「雨の小京都 飫肥城跡と武家屋敷を散策」
  • 鹿児島県の知覧と共に南九州の小京都といわれ、一度は行ってみたい町だが、余程のついでがない限りは、なかなか立ち寄れない町であるが、旅程の中で少し余裕ができたので寄り道散策をしてみることにした。都井岬から一路、日南市飫肥(おび)の町へ。途中から小雨も降りだし、旅情豊かな小京都見物となった。飫肥は、天正16年(1588)から明治初期までの280年間飫肥藩・伊東氏5万1千石の城下町として栄えたところ。武家屋敷を象徴す [続きを読む]
  • 南九州ぶらり旅 「都井岬の天然記念物 御崎馬とゆっくりズム」
  • 宮崎県の日南海岸最南端の地、串間市「都井岬」。岬は長さ4キロの芝生に覆われたなだらかな台地が続く。この都井岬には、江戸時代にその地を治めていた高鍋藩の軍馬藩営牧場があったそうだ。今でも、「御崎馬」と呼ばれる当時の馬たちが野生のまま自由に暮らしている。国民宿舎で一夜を明かし、朝食後すぐに灯台までの岬の道をドライブ。途中、御崎馬が道路で休憩したり、道端の草を食べていたりして車を怖がらないが、時速30? [続きを読む]
  • 南九州ぶらり旅 「城山展望台からの錦江湾と桜島の眺め」
  • NHK大河ドラマ「西郷どん」の影響か、今の鹿児島は観光ブームのようだ。ここ「城山展望台」は、西南戦争の激戦地・城山の山頂107mにある。桜島が真正面から眺められるビュースポット。デートかな? シルエットが風景に溶け込んでいる・・・我輩は売り物ではありませんが・・売店のアイドル。枕替わりがたくさんあって昼寝にはちょうどいい休憩場所!西郷洞窟・・政府軍に追い詰められた西郷と桐野ら側近たちが最後の5日間立て [続きを読む]
  • 南九州ぶらり旅 「世界文化遺産 異人館と尚古集成館」
  • 「世界文化遺産 旧鹿児島紡績所 技師館(異人館)」慶応3年(1867)、日本初の洋式紡績所「鹿児島紡績所」の操業指導イギリス人技師達の宿舎として建てられた技師館、通称「異人館」である。設計はイギリス人で大工は薩摩の大工とか?洋風の木造2階建て建築の日本に現存する最古の建物。江戸時代末期に尺貫法で和洋折衷で建てられた。建った頃は、錦江湾や桜島が見えていたが・・今は、鉄道や民家が立ち並んでいる。「世界文化遺産 [続きを読む]
  • 南九州ぶらり旅 「鹿児島の名勝 仙厳園(磯庭園)と世界文化遺産群」
  • 「イッシ―」が棲むといわれる池田湖畔から、おおよそ1時間で鹿児島市内に入り、大名庭園 「名勝 仙厳園」に到着。ここは薩摩藩主島津家の別邸で、目前の桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた壮大な庭園。徳川将軍家に嫁いだ篤姫や、海外の要人たちも足を運び、スケールの大きい美しい景色に魅了されたとか・・・。名残りの八重桜が、モクモクと噴煙を上げる桜島を背景に、庭園の中でまだ数本ながら咲き誇っていた。仙厳園受付で入 [続きを読む]