cancan さん プロフィール

  •  
cancanさん: CanCanの気楽な一日
ハンドル名cancan さん
ブログタイトルCanCanの気楽な一日
ブログURLhttp://canpal.xsrv.jp/wp/
サイト紹介文非体育会系、基本的にツーリスト、還暦を過ぎてもなお「走」「工」「趣」三拍子揃って三流のサイクリスト。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/10/31 11:20

cancan さんのブログ記事

  • 「あすか鍋サイク」下見ポタ
  • 山之辺の道から大和三山を望む。 今は隔年開催となっていますが、15回目を迎える年末恒例の「あすか鍋サイク」、12月の第2日曜に行なわれる事が多く、毎回奈良マラソンの開催日とバッテイングして交通規制や渋滞の影響を受けてしまう方がいます。あと日曜では遠方の方には帰るのが遅くなると云う事もあります、そこで第1土曜か第2土曜と云う案を出してみたのですが、なんとパーマネントコースとなっている〜芋ヶ峠〜吉野川左岸〜 [続きを読む]
  • 久しぶりに鳥見山へ
  •  今日は行き当たりばったりで走り出し鳥見山公園へ登ってきました。鳥見山公園は桜井市と宇陀市の間にある標高734mの鳥見山の中腹にある公園です。実は桜井市外山(とび)にも同名の鳥見山がありますが、こちらは標高わずか245m、いずれも神武天皇所縁とか共通する伝承があるので、どこかでごっちゃになっているのかも知れません。 R165から県道38号桜井都祁線を経て初瀬ダムへ、天端道路を渡って一旦対岸路へ入ったのですが倒木で [続きを読む]
  • 笠置キャンプ(2日目)
  • 参加者8名と陣中見舞い1名で記念撮影、大きな画像は「ツーリングの記録」(要認証)からご覧下さい。 今回は12日(日)がI’sBICYCLEの例会+タンデム学会とバッティングしたためか、マッドガード付き4サイドでの参加者は私を含めてトリトンさん(写真左)とkitamakiさん(写真右打)の3台と少々寂しかったですが。 変わった処では、滋賀県から走ってきたniwa-chanさんのKHS、実は延陽伯号の参入で埃をかぶっていたウチのKHSをお譲りした [続きを読む]
  • 笠置キャンプ(1日目)
  •  この週末は恒例の「笠置キャンプ」、昨年秋と同じくFacebookのグループ「自転車キャンプツーリングを愉しむ会」のイベントをも兼ねています。気になっていたお天気の方ですが、未明にはあがる予報でしたので明るくなったら出掛けるつもりでいたのですが、グズグズと降ったり止んだりの状態が続いて出るに出られません。いつもの様に大和高原経由のルート(針〜布目ダム)は諦めてギリギリの時間まで様子を見ていたのですが、雨雲レ [続きを読む]
  • 笠置キャンプ場偵察サイク
  • 布目ダムにて 週末に笠置キャンプ場を利用する計画があるのですが、先月の台風でかなりの被害を受けたとの情報が、その後連休の3日から部分的に営業再開すると云う新聞報道もあったのですが、サイトの状況が判らないので、周辺道路の下見も兼ねて走って行く事にしました。 朝一で田原本町内で仕事があり、桜井まで戻るのも何なので、その足で天理ダムから大和高原に上がる事にしました。 ファミマで補給の後R25の旧々道を辿った [続きを読む]
  • なおちゃんTOEIお披露目ツーリング
  •  今日はなおちゃんことH氏夫人の新車、東叡26HEランドナーのお披露目走行会、題して「なおちゃんTOEIお披露目ツーリング」です。コースプランはまえださん、先月の台風で不通箇所が出たりとコースが二転三転しましたが、京都府南丹市の道の駅「スプリングひよし」デポで大野ダムから美山へ時計回り、神楽坂トンネルで戻ってくる60キロ程のコースとなりました。 馳せ参じる参加者はH夫妻を含めて17名にもなり、お昼は外でと云う事 [続きを読む]
  • 野迫川キャンプツーリング(3日目)
  • 林道タイノハラ線 3日目の朝、今日もお天気は良さそうです。四阿から東側の展望は植生に遮られてイマイチですが、木々の間から今日も日の出を拝む事ができました。 最近些か低調の「自撮り」ですが、今回は意気込んで出てきたものの紅葉がいまいちでパッとしません。タイノハラ線は昨日野迫川温泉側に下るつもりでいたのですが、野営地が入れ替わってしまったので、今日は高野龍神スカイライン側へ引き返す事になり、四阿の前と [続きを読む]
  • 野迫川キャンプツーリング(2日目)
  • 奈良県吉野郡野迫川村 高野辻にて 幸い風はなかったものの相当気温は下がっていた様です、夜中に湯たんぽのお湯を沸かし直す事に、後で聞いた情報では高野山では氷点下だったとか。それでも雲海狙いのアマチュアカメラマンと思しき車が5時前から何台もやってきます。一昨年はまったく見られなかったのですが、今朝はどうかな。 5時半頃、東の空が明るくなってきて、野川谷を雲が覆っているのがどうにか判る、幾らかは期待できそ [続きを読む]
  • 野迫川キャンプツーリング(1日目)
  •  五條市大塔町 猿谷貯水池にて 10月30日から11月3日かけて時間がとれたのでソロでキャンプツーリングを画策、紀伊半島の内側を3泊位で回ろうかと考えてみたのですが、折り悪くやってきた台風のせいであちこちで道路はズタズタに、幾つか走っておきたいポイントを巡る事は難しくなってしまいました。お天気回りも考えせめて2泊3日でも何処か走ろうと考えた挙げ句、お盆にも行った野迫川村と暫くご無沙汰の琵琶湖の2つの案が、野迫 [続きを読む]
  • 2017年10月の実績
  •  五條市大塔町 猿谷貯水池にて 10月30日から11月3日かけて時間がとれたのでソロでキャンプツーリングを画策、紀伊半島の内側を3泊位で回ろうかと考えてみたのですが、折り悪くやってきた台風のせいであちこちで道路はズタズタに、幾つか走っておきたいポイントを巡る事は難しくなってしまいました。お天気回りも考えせめて2泊3日でも何処か走ろうと考えた挙げ句、お盆にも行った野迫川村と暫くご無沙汰の琵琶湖の2つの案が、野迫 [続きを読む]
  • 整備終了、準備完了なんですが。
  •  10/30から11/3にかけて紀伊半島キャンプツーリングを画策していたのが、台風禍で道があちこちで通れなくなって頓挫、台風が通りすぎて落ち着くだろう10/31から11/2の2泊3日に短縮して行き先を検討中、野迫川の紅葉とか、琵琶湖一周だとか二転三転しています。取り敢えず自転車の整備と荷物の準備だけは。 まずは先日から続いた雨中走行でかなりチビってしまったブレーキシューを交換、手持ちはM50TとR50T2があったのですが、R50 [続きを読む]
  • 久しぶりの青空なのですが
  • 明日香村石舞台にて 秋雨に台風とこれでもかと云う程に悪い天気が続きましたが、昨日今日と2日間は久しぶりにスカッとした青空が、処が細々とした用事が入っていて遠くには出かけられず、合間合間に近くを走ってお茶を濁してきました。サイドバッグは色々と荷物があるので装着しています(^_^) 先日の台風21号の被害ですが身近な処にも、橿原市田中町の飛鳥川沿いの飛鳥葛自転車道もご覧の様に路面の半分以上がえぐられてしまっ [続きを読む]
  • 2018年CanCan謹製卓上カレンダー
  •  気が早い様ですが、今年もこの季節がやってきました。何しろ百数十部を手作りする訳ですから、今頃から始めてもエエ加減なのです。しかし飽きもせずもう20年作り続けているのですね。 さて表紙だけを公開、中身は見てのお愉しみ、って実はまだネタが揃ってないのです、「自撮り」なら揃うのですが、そこは綺麗処を揃えなくては顰蹙を買いますので。取りあえず表紙だけでも追い込んでおこうと云うのが実際の処なんです(汗) 例に [続きを読む]
  • iTunesギフトコードをAMAZONギフト券に
  •  長雨に台風襲来のお陰で今月の走行距離はまだ400キロにも届いていません。一昨年には1,700キロ超えしている位ですから、一年の中でも5月とともに良く走れる月なんですがネェ、ブログネタも底をついてしまいました。ところで昨年でしたか自宅の光回線の契約を見直した際に、お得だからと勧められるままにCLUB NTT-WESTと云うのに入ったのですが、いつまにかポイントが6,100点も貯まっていて、商品とかに交換できるのですが、この [続きを読む]
  • フロントバッグを新調
  •  新調と云ってもヤフオクに出ていた新古品を手に入れたのですが。8年余り使ってきたTOPEAK Tour Guide HandleBar Bag DX、ファスナー部分がやぶれてきたので代わり考えていたのですが、結局は使い勝手の良い同製品を入手する事にしました。ヤフオクで1ヶ月程使用の新古品を送料込みで4,100円で手に入れる事ができました、新品ならアマゾンで7,776円、前回は在庫処分品を4,480円(送料別)で手に入れてましたから良いお買い物でしょ [続きを読む]
  • 今日走らんでいつ走る
  • 奈良県吉野郡吉野町平尾 津風呂湖畔木ノ子広場 先日から続いている鬱陶しいお天気、週末からは台風も接近して雨模様はまだ続きそうで、一向に乗れそうにありません。ただ今日午前中は少し晴れ間もでるとかで、夕方までは雨も心配なさそうな按配ですので「今日走らんでいつ走る」とばかりに特に目的をも決めずに走り出しました。 まずは明日香から芋ヶ峠を目指します、路面は先日からの雨でかなり水が出ています。秋も深まり虫の [続きを読む]
  • 10月16日の日記
  •  しかしどうしようもない天気ですね、来週には台風が来るとか。まぁ走れなくても、やる事は幾らでもある訳でして。 毎年恒例の「CanCan謹製カレンダー」の作成に手をつけました。気が早い様に思っても12月上旬、1ヶ月半程先には相当数作っておかなくてはならない訳で、昨年は9月6日に着手しているのですから遅い位です。 実はフォトブック「Selfy Photo」第2集にも手をつけていたのですが、第1集以上の内容にするにはまだまだ玉 [続きを読む]
  • Galleryを更新しました
  •  「Selfy Photo」(自撮り写真集)に新作8枚を追加しました。 「自転車のいる構図Ⅱ」に新作1枚を追加しました。最近なにやら不作感が否めませんネェ。 ←「日本ブログ村」ブログランキングに参加しています、応援の をお願い致します。 [続きを読む]
  • 2017年の走行実績
  •  先月末までの今年の走行実績です(近辺は省略)、まだまだ走っていない地域がありますね。四国本土には上陸していませんが、「しまなみ海道」を見近島(伯方島と大島の間にある無人島)まで南下していますから愛媛県には入っています。asukaelba silk24Total1602.1 111.8713.92411.4112.6524.03 471.4371.2842.64437.4408.2155.31,000.95387.7389.3138.7915.76608.3274.137.6920.07514.1519.61,033.78695.9494.11,190.096 [続きを読む]
  • 「月うさぎキャンプ」番外編 2日目
  • 天気予報は悪くないのですが、標高600m超の山の中の「月うさぎ」は未明から少々時雨れています、しかし秋の「月うさぎキャンプ」としては今までで一番寒くなかった様な、湯たんぽもホカロンも用意してあったのですが。明るくなった頃には起きだし、のんびりと朝食や撤収の準備を。ゆっくりと時間の流れる心地良い時間です。 自走組の出発を10時半と決めて、一足先に滋賀へ帰るniwa-chanさんを囲んで記念撮影。(大きな画像は「ツ [続きを読む]
  • 「月うさぎキャンプ」番外編 1日目
  •  8年目11回を数える「月うさぎキャンプ」ですが、年2回開催が続くと多少マンネリ感も、今秋はお休みしようかと思っていたのですが、skuram氏他からリクエストがあり、緩くこじんまりと10/8〜9に1泊2日で行う事に、それでも10名程の参加表明が。 さて私はいつも通り4サイドで走って行く事にしましたが、今回は芋ヶ峠経由の参加者はいませんので、最短コースではありませんが、榛原のスーパーでの買い出しを考えR165西峠経由で行く [続きを読む]
  • 輪音RUN「なんとなく飛鳥RUN」
  • 飛鳥寺門前にて この週末は何の予定も入れていなかったのですが、スミ旦那が主催する輪音RUNの「なんとなく飛鳥RUN」に急遽参加してきました。 ご近所ポタですし久しぶりに延陽伯号で行こうかと思っていたのですが、何時の間にか後輪がパンクしているではありませんか、何故かスペアチューブが見つからず、erbaロードもあるのですが「淡路島キャンプツーリング」から帰ってきてから輪行袋に入ったままのasuka号を、引っ張り出し [続きを読む]
  • 2017年9月の実績
  •  9月の走行距離859.8キロ、台風で「丹後半島キャンプツーリング」が流れた分だけ1,000キロに届かなかったと云う感じですね、2017年の走行距離が8,000キロを突破、トラブルがなければ3年連続10,000キロ超は達成できそうですね。 体脂肪率、汗をかかなくなった分、反転しましたかね。 ←「日本ブログ村」ブログランキングの参加しています、応援の をお願い致します。 [続きを読む]
  • 淡路島キャンプツーリング 3日目
  •  兵庫県淡路市 多賀の浜にて 明るくなりだす頃には自然に目が醒めます、県道からも少し離れた松林の中、昨日とはうってかわって静かに休む事ができました。キャンプ場として指定された区域は防風林の中とあってベンチやテーブルの様なものはありません。さて今日は遅くとも夕方までには帰宅しなければならない予定があり、西海岸の県道31号福良江井岩屋線いわゆる「淡路サンセットライン」を北上し、明石に渡るために岩屋港を目 [続きを読む]
  • 淡路島キャンプツーリング 2日目
  • 県道76号洲本灘賀集線「南淡路水仙ライン」を行く 日が暮れると幾つもの灯台の灯りや、海峡を行き交う船の航海灯、遥かに和歌山のコンビナートの灯り、そして星空と最高のロケーションなのですが、いかんせん関空へ降りる飛行機の騒音やら、虫の声に囲まれ、そしてどこからか猫がやってきてわめくは、朝は暗いうちから漁場へ向う漁船のエンジン音ととにかく騒がしい事この上ない一夜が明けます、と云う訳で決してお勧めできるゲリ [続きを読む]