ときどき植木屋 さん プロフィール

  •  
ときどき植木屋さん: ときどき植木屋
ハンドル名ときどき植木屋 さん
ブログタイトルときどき植木屋
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/joonishi1204
サイト紹介文ときどき植木屋、ときたま畑仕事、社会のことが気になる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/10/31 20:46

ときどき植木屋 さんのブログ記事

  • 枯れムクゲに巨大キノコ
  •  今日、今年最後の(多分)ときどき植木屋の剪定作業。顧客を訪ねると、昨年弱弱しくも新梢を伸ばしていたムクゲが、何と枯れはて幹に巨大なキノコが出来ていた。 施主さんが、「気持ち悪いけど植木屋さんに見せようと置いといたのよ。間違っても食べたらアカンでと近所の人や孫に言われながら・・・」と。 ムクゲは樹齢50年ほどと推定される。キノコの種類は分からない。わかる方教えて。  [続きを読む]
  • 嬉しい新顧客の紹介
  •  庭の剪定をしていると、顧客さんから、「知り合いの剪定を」と時々紹介いただくことがある。腕自慢するのではないが、丁寧な仕事を心掛けていることを評価していただいたものと自賛。 最近も、「友人の実家の庭の剪定を」と頼まれた。今は住む人のいないお家。「勝手に門を開けて下見して頂戴」とのことだったので訪問し様子を見たうえで引き受けるとお返事した。 家人はいなくとも庭木は伸びる。少し寂しい今の世相の一コマで [続きを読む]
  • メタセコイアに登る
  •  ここ数年、民家の庭には似つかわしくないメタセコアの剪定をしている。今年も、先日小雨の中剪定した。以前は、2年毎に坊主にしていたが、今な毎年坊主にしている。また、ご近所の迷惑を考え、落葉後の剪定をやめ、落葉前に落としている。ご近所お互い様で広範囲に飛散する落葉を辛抱していただいていたようだが、落葉前の剪定を始めてから、「助かる」と歓迎の声が寄せられている。   2年毎だと4m近くまで伸びる新梢も1年 [続きを読む]
  • ストリートビューで見積
  •  親しい友人に、「20?以上離れたところの知人宅の剪定をしてやってくれ」と頼まれた。永く剪定せずに放任しているというが庭木の状況は要領を得ない。下見に行くのは二度手間だと思い、試しにストリートビューをのぞいてみてびっくしした。 紹介された知人宅の様子が、右からも左からも手に取るようにわかるではないか。アップも可能で様子が判ったので必要な準備をして出かけた。 庭には飛んできた落穂で育ったものがたくさ [続きを読む]
  • 今年のブドウ終わり
  •  今年のブドウが終期に。落葉すると道路や近隣の庭に飛散するので、紅葉の進む葉を取り結果枝も大まかな剪定をした。今期の作業はブドウトラカミキリの防除を残すのみ。 今年のブドウは、着色がいまいちで、少し病気にもやられたので満足のいく出来ではなかったが、それなりに楽しませてもらい、来年こそはもう少し良い成績をあげたいものだと思う。垣根つくりのピオーネの紅葉葉っぱを取った結果枝軒下に這わせた巨峰結果枝を [続きを読む]
  • あ今日は大中遺跡まつりなんや
  •  今朝の大中遺跡公園にはたくさんのテントが張られていた。「大中遺跡まつり」の幟も。今日が毎年開かれる「まつり」の日。2万人前後の人出でにぎわうというが、近くにいるのにまだ参加したこてはない。 参加した近所に人の話では、掘り出し物いっぱいという。お暇な方は一度のぞかれては。 早朝なので、まだ人出はない。sou [続きを読む]
  • 閲覧数が6万超に
  • 今朝、閲覧数が6万を超えたことを知った。しばらく閲覧数をチェックしていなかったので気づくのが遅れたのだ。経過を振り返ると    ブログ開設  2013年6月    1万人超   2014年7月    この間 13か月    2万人超   2015年4月         9か月    3万人超   2015年10月        6か月    4万人超   2016年5月         7か月   [続きを読む]
  • ジャンボ西瓜
  •  近くに住む知人が、「私が作った」と大きなスイカを持参してくれた。「形はいびつだが、今年取れた一番大物」とのこと。測ると、12.2Kgあった。 知人は、貸農園で野菜作りを楽しんでいる。研究熱心で有名な人。「一株に4個ならせた。着果して42日目に収穫した」とのこと。 味も抜群だった。 [続きを読む]
  • イチジク秋果
  •  今年のイチジクが豊作だ。夏果もたくさんとれたのだが、早くも秋果が次々に熟れている。普通、桝井ドーフインは8月下旬から熟れるはずなのだが、2〜3日前から次々に赤くなる。 だが、少し訳ありか、完熟感がない。どうせジャムにするのだからと収穫はしているが・・・・。 もう少し経過を見てみるつもり。 [続きを読む]
  • 今シーズン初仕事
  •  間もなく梅雨明け。暑い。 ここ数年、生け垣の剪定を依頼されている顧客から、「今年もよろしく」と連絡があり今シーズンの初仕事をした。 大型の蜂が飛んでいたので注意しているとスズメバチの巣があった。以前にも、この生け垣にスズメバチの巣があったので除去した経験があったので、今回は落ち着いて除去することが出来た。 剪定より、ハチの巣の除去が喜ばれたのは少し複雑な気持ちの初仕事。剪定前剪定後 [続きを読む]
  • ぶどう順調
  •  裏庭のぶどうが順調に育っている。梅雨明けも近く、大敵の雨の季節も無事乗り切れそうだ。大粒種は袋掛けしているが、デラウエアと甲州はまだ袋をかけていない。 育て始めて8年になり、毎年少しづつ栽培技術が向上している?と自認しているのだが。 デラウエア 背景の袋は巨峰甲州 粒のまばらな房になっている。3年目の幼木 [続きを読む]
  • 孫のピアノ発表会
  •  2年ぶりに中2と中1の外孫娘のピアノ発表会に連れ合いと参加した。どちらも中学生になってクラブ活動など何かと忙しく、「今回で最後になるかも」と娘に言われて参加した。 姉妹で黒うさの「千本桜」を連弾し、下の孫娘がリチャードの「マリー」を演奏した。「マリー」は中学生の部のとりだった。この発表会を機にピアノをやめる予定の孫娘に教室側が配慮してくれたのだろう。 孫達の親は、ピアノを続けるかどうかは「本人の判 [続きを読む]
  • イチジクの夏果
  •  7月を目前に裏庭のイチジクの夏果が熟れてきた。今日、少し売れ過ぎ感のある初物を2個採ってみた。ずっしりと重いので計ると2個で460グラムあった。 夏果は、味はイマイチだが、大きさが嬉しい。少し揃うとジャムになる。 [続きを読む]
  • 倉吉白壁土蔵群の今
  •  先日、地域の老人会で三朝温泉へ1泊のバス旅行に出かけた。道中、倉吉の白壁土蔵群を訪れたが、道路を片側規制して大規模な電気工事が行われていた。 「そうだ。鳥取は去年大地震に見舞わられたんだったな。あれは何時だった。」と聞いても明確な返事が返ってこない。心配はしたが、他人ごとになっているのだ。 帰宅後、調べると10月21日の午後震度6弱の大きな揺れに襲われたのだった。一日も早い復興を願って現地の一端をお [続きを読む]
  • 武庫川から姫路まで歩く
  •  今朝、6時過ぎに国道2号線を西に向かう30人程の一行と出くわした。いずれも定年過ぎの高齢の男女。小型のリックを背負い、帽子には日除けの垂れ布、足元もしっかりした身繕い。 「こんなに早く何処まで行かれるのですか」 「姫路まで行きます」 「へー、何処から来られたのですか」 「武庫川を昨日の朝たちました」 武庫川からは直線でもざっと60km、姫路まで20kmはある。どうやら、徹夜で歩いてこられた模様。高 [続きを読む]
  • 松風こみちを歩いてみた
  •  別府鉄道が廃線になって久しい。土山駅〜別府港〜加古川駅を繋ぎ「ガッタン」と呼ばれて親しまれていた。この廃線跡の一部が遊歩道に整備されている。土山・別府間が「出会いのこみち」。別府・加古川間が「松風こみち」である。 いつも「出会いのこみち」を利用しているが、今日は「松風こみち」に足を延ばしてみた。 100m間隔で距離標識が埋め込まれている。案内標識100m地点つつじが満開市内最大のマンション横を通 [続きを読む]
  • 毛虫が丸裸に
  •  よく通る道端の生け垣が丸裸になっていた。毛虫が食べつくしたのだ。毛虫の食事は進行中。数日も持たずに食べつくされそう。 それにしても、ここまで丁寧に食べつくすとは・・・・・。未だ、少し食べ残しが・・・。  [続きを読む]
  • 円満寺の納骨堂
  •  JR神戸線の土山駅から約1Km西へ走ると南側の車窓に5重の棟が見える。結構目立つ建物である。それが円満寺の納骨堂。お骨のマンションでまだ空きはあるらしい。 朝の散策時に、青空にくっきりだったのでカメラを向けてみた。 [続きを読む]
  • 喜瀬川土手の除草
  •  今朝、喜瀬川沿いを散歩していると、今春伸びた雑草がきれいに除草されていた。毎年、2回除草されている。行政の努力に感謝である。 きれいにしてあるとすがしさが増す。 [続きを読む]
  • 10年以上変わらぬ生け垣
  •  毎朝の散策道沿いに見事に剪定された生け垣がある。何年前からか定かでないが、少なくとも10年以上形状は変わっていない。年に何回も剪定を繰り返して維持管理されている。実に立派。 少し茶っぽくなったところもみられるが、数日もすれば新緑に変わるだろう。 [続きを読む]