今日のひとネタ さん プロフィール

  •  
今日のひとネタさん: 今日のひとネタ
ハンドル名今日のひとネタ さん
ブログタイトル今日のひとネタ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bongengan
サイト紹介文日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2014/11/01 09:00

今日のひとネタ さんのブログ記事

  • 鉄人28号見ました
  •  CSのキッズステーションで「甦る昭和のテレビヒーロー」という番組をやってて、今回は「鉄人28号」でした。しかも実写版。話には聞いたことがあったのですが、これは初めて見ました。何しろ私はアニメも間に合わなかった世代ですので。 調べてみたら、実写版は1960年ですから私の生まれる前。アニメは私が生まれた直後の放送開始でした。 考えてみれば原作もアニメもストーリーとか設定を詳しく知らないので、実写版もさっぱり [続きを読む]
  • ライフスタイルに変革を
  •  と、大層なことを言ってますが、朝が割と早いので要するにもうちょっと早く寝たいと。昨年からNHK朝ドラの夜の再放送が23時半からになりました。以前は23時からだったので、見たらすぐ寝るようにすれば起きるのが6時半でも7時間は眠れたわけです。が、23時半からだと終了が23時45分なので、睡眠時間が30分違ってしまうと。 ということで、今後朝ドラの再放送は録画したものをまとめて見る、あるいは土曜の再放送を見ることにし [続きを読む]
  • 久々に「虹子の冒険」をば
  •  ホームドラマチャンネルで「虹子の冒険」をやってるので録画してます。このチャンネルは韓流ドラマしかやらないのかと思ってたら、今回は「夏目雅子生誕60年記念特集」だそうです。 このドラマは夏目雅子主演なのですが、なんといってもスーちゃんがキャンディーズ解散後初のドラマ出演ということで、私はそれを目当てに当時見てました。放送は1980年12月〜翌年3月にかけてだそうです。 ドラマは、二人の普通のOLが銀座のクラ [続きを読む]
  • 俺たちの旅 二十年目の選択
  •  「十年目の再会」があれだったので二十年目はどうかと思って見てみました。感想として、「十年目よりはマシだけどやはり脚本がメチャクチャ」です。(意見には個人差があります) 十年目はワカメとオメダが既婚者になってましたが、今回はカースケも妻子持ち。妻役はというと石井苗子。「なんでこの人が?」と思わんこともなかったですが、当時は話題の人だったのでしょう。ワカメも一人目の嫁さんの田坂都と別れて再婚の相手は [続きを読む]
  • さっぱりわからん番組が
  •  野球のナイターシーズンが終わると夕方からのラジオのプログラムが変わるので、それは毎年楽しみにしてるのですが、今期はさっぱりわからん番組があります。TBSラジオの「THE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ 好奇心家族」という番組ですが、タイトルからしてなんかわかりません。 営業で車に乗ってる間は大体TBSラジオを聞いてますが、この時間帯だけは聞いてられません。結構いいのはニッポン放送の「今夜のオトパラ」。あとはNH [続きを読む]
  • たくさん使わせていただきました
  •  海老一染之助さんが亡くなったそうです。兄の染太郎さんは15年前に亡くなってますが、私が子供の頃にテレビで見た芸をうちの娘達も見て「すごいすごーい」と喜んでたことを考えると、本当に長年活躍されたんだと思います。 ちなみに何をたくさん使わせていただいたかというと、あの方々の決まり文句。私はReSPECTというバンドをやっておりますが、ラッパが回るのが一つの目玉になってます。(私は回すどころかラッパも吹けませ [続きを読む]
  • 二話目はちょっと面白くなったような>マチ工場のオンナ
  •  一話目を見て脱落必至かと思ったNHKドラマ「マチ工場のオンナ」ですが、二話目はちょっと面白かったです。初回はキャラ設定を意識付ける上で極端な話や演出が多いですが、二話目はまともになってそこでどうなるかが分かれ目です。悪役が出てきたり障壁があったりすると多少は興味が湧くと。やはりドラマは初回だけで評価を決めるべきではないとあらためて思いました。 ただ、主演の内山理名がやたらと露出の多い衣装で出てくる [続きを読む]
  • 榎本な日々を
  •  佐々木譲先生の「武揚伝」全4巻を読み終えたので、今度は童門冬二先生の「小説 榎本武揚」を読んでます。「武揚伝」では、作者が全国3万人の勝海舟ファン(?)を敵に回したと思われるので、童門版ではどんな感じか楽しみにしています。私も海舟ファンですので。やはり合わせて読むのがいいですね。両方読んでから感想書きます。 [続きを読む]
  • 有線放送大賞の思い出
  •  有線放送というと、電波というか無線の放送に対して「有線」の放送ということになるのでしょうが、日本では一般的に喫茶店や居酒屋で流れてる放送のことをイメージします。それはそれでいいのですが、問題は有線放送大賞という賞のこと。 あれは私が中学生の頃ですが、年末にテレビで有線放送大賞とかいう番組をやってました。歌番組は好きなので兄と見てたわけですが、途中から茶の間に入ってきた父が「お、有線放送大賞か。こ [続きを読む]
  • ONE STEP FESTIVAL 永久保存盤ですって
  •  ONE STEP FESTIVALというのは1974年に郡山の開成山公園で行われたロックフェスティバルですが、当時私は小5。当然こんなものが行われていたのは知りませんでした。その後郡山に住んでたこともあるのですが、当時もそんなことは知らず、これを知ったのは21世紀に入ってからだったかと。なんかDVDが発売されたときだったかと思いますが。 それが今回永久保存盤としてCD20枚組が発売されるんですと。全収録曲はこちらにありますが [続きを読む]
  • あれはナイル・ロジャースだったんだと
  •  Cyndi Lauperの「True Colors」というアルバムの1曲目が「Change of Heart」という曲でそれがすごく好きなんですが、特にギターがかっこいいんですよね。で、久しぶりにCD引っ張り出してきて歌詞カード見たらゲストがナイル・ロジャースになってました。そらかっこいいは当たり前。このアルバムでは1曲しか弾いてないですけど、存在感はさすがです。ちなみにこの曲のコーラスはバングルスです。 Cyndi Lauperが86年に来日したと [続きを読む]
  • 世の中知らんことが多い
  •  70年代後半から80年代序盤にテレビに出てたような歌手は大体知ってると思ってたら、まだまだ知らないことが多いです。なにかというとレッツゴーヤングを久々に録画したら、出てたのがB・A・Rというユニットとカプチーノというバンド。 B・A・Rは男性一人、女性二人の2人組ボーカルユニットでしたが、まったく知らず。長身の男性が真ん中にいて、この人は丹波哲郎先生を若くしたような感じ。調べてみると、女性ボーカルの [続きを読む]
  • 俺たちの旅 十年目の再会
  •  ようやく見ました。率直な感想として「よくもこんなつまらないドラマを作れたもんだ」と。人気ドラマの登場人物達のその後を、極端に不幸にして楽しむ同人誌のマンガにありそうな感じ。 それにしても、あの最終回のあとなんで「なんでもする会社」をやめちゃったのか、オメダは今の奥さんとどうして結婚したか、カースケはなんで海外を飛び回る仕事を始めたかとか、そういう経緯はすっ飛ばして出てきたときはみんな不幸っていう [続きを読む]
  • 「俺たちの旅」終わりました
  •  チャンネルNECOで放送していた「俺たちの旅」が終わりました。毎週1話ずつだったので1年やってたことになります。ああいうドラマはまとめて見るよりこんな感じで見るのがいいですね。見てるうちにだんだん登場人物が馴染んでくるので。 初回放送時は中学生だったのですが、うちの田舎は日テレ系の局がなく数ヶ月遅れで月曜の午後4時からの放送でした。ということは、部活のある日は見られず試験期間とか夏休みとかそういう時だ [続きを読む]
  • NHKドラマ「マチ工場のオンナ」
  •  先週から始まりました。主演は内山理名。急逝した父親に代わって、娘が町工場を継ぐという話。夭逝した長男の代わりに工場を継がされそうになり、父とは対立ばかりしてた娘が急遽…ということで、面白いかもと思った次第。ちなみに内山理名に興味はありません。 父は体調が悪くなった時には既に余命数日、順調かと思ってた工場が実は火の車という設定ですが、第一話を見た限りはあんまり…。ただ、従業員役で竹中直人とか柳沢慎 [続きを読む]
  • まぁ「純情きらり」のパターンというか
  •  我が家は都合により大河ドラマは日曜18時からのBSプレミアムで見てます。そういう場合、ちょっと前からチャンネル合わせるわけですがその時にやってるのが「釣りびと万歳」という番組。番組サイトによると「釣りびと憧れの旬の魚や幻の高級魚!各界で活躍する釣り好きたちが、その土地ならではの釣り方やテクニックを地元の名人から教わりながら挑戦。」という内容です。 私は釣りはやらないのですが、毎週ちょっとずつ見てるう [続きを読む]
  • 脱落してしまいました>「片想い」
  •  WOWOWのドラマは民放のドラマと対照的で、見始めると大体最後まで見てしまうのですが今回脱落してしまいました。作品は「片想い」で、原作は東野圭吾ベストセラーなわけですが、単なるミステリーではなく性同一性障害をテーマにしてますので重すぎたというか何というか。 あとはあまり好みの役者さんが出てなかったのも理由でしょうか。全6話のうち、4話目で脱落したので最初は面白いかと思ったのですが…。ちなみにWOWOWのド [続きを読む]
  • 連続ドラマW「石つぶて」
  •  WOWOWのドラマですが結構面白いです。江口洋介と佐藤浩市のダブル主演ということでキャストは豪華ですし、原作者は元巨人軍球団代表の清武英利氏で、さすが巨人を思わせるように4番バッターばっかり並べてると(?) このドラマの舞台が警視庁捜査二課なので、通常主役になることが多い捜査一課とか捜査四課とは違います。江口洋介が捜査四課から二課に来た珍しいタイプの刑事で、四課は暴力団対策として「県警対組織暴力 [続きを読む]
  • ブギウギバンドがギターをシェアしてたので
  •  ダウンタウンブギウギバンドをテレビで見たのは、港のヨーコの頃が一番多かったかもしれません。当時はエレキギターのことをそれほど詳しくはなかったのですが、宇崎さんがギブソンのSGでリードギターの和田さんがテレキャスだろうと思ってました。 が、当時のライブのビデオを見てみると、二人が曲によってギターを取り替えてたことが判明。和田さんがSGを弾いてる映像もありました。ギターは弾く人の好みで弦の太さも違えば弦 [続きを読む]
  • プリンプリン好きなんですが
  •  プリンプリンが好きだというと、「いいですね〜、オッパイ星人なんですね」と言われる昨今ですが(?)、プリンプリンとはNHK人形劇の「プリンプリン物語」のこと。今は毎週水曜の夜11時からBSで再放送やってますが、あれも結構長いので毎回欠かさず見るのはなかなか大変です。 ということで、なんか「そこにプリンプリンがあるだけで」ということで安心してしまうのですが、見れば面白いんですよね。そこはそれ、キャラクター [続きを読む]
  • 当時は山本圭がやたらと
  •  WOWOWで見た「新幹線大爆破」と「皇帝のいない八月」のどちらにも共通して出てたのが山本圭という人。しかもどっちも重要な役で、特に「皇帝のいない八月」ではほぼ主役のような感じでしたし。当時は相当活躍してたんでしょうが、主役はやってないようですね。 さて、現代であの人の雰囲気というと高橋一生か長谷川博己か。なんとなくそんなことを考えて今回の2作品を見てました。まぁ意見には個人差がありますが…。 [続きを読む]
  • あとは動脈列島かなぁ
  •  今月WOWOWで「新幹線大爆破」と「皇帝のいない八月」を見たのですが、どっちも電車ものであり爆破ものであり、よほど「電車」と「爆破」と聞いただけで興奮する人が多いと思われます。 そして、何年か前に「動脈列島」もテレビでやってたのですが、出先だったのかなんかで途中までしか見ておりません。あれのその後が気になります。 それにしても、「新幹線大爆破」が1975年7月公開で「動脈列島」が同じ年の9月だったんですっ [続きを読む]
  • 久々に「皇帝のいない八月」をば
  •  WOWOWで「日本沈没」「新幹線大爆破」「皇帝のいない八月」など、日本の大作映画を連続して放送してました。「日本沈没」は私はマニアなのでもう録画してありますから、今回見たのは「新幹線大爆破」と「皇帝のいない八月」の方。 久しぶりに見たと思ったのですが、自分のブログ記事によると前に「皇帝のいない八月」を見たのは2005年ですね。映画のあらすじとしては<右翼政権樹立を武力クーデターで一気に目指す自衛隊反乱分 [続きを読む]
  • 新しいエアチェックの形かも
  •  ラジオの生放送のリクエスト番組であれば、ず〜っと聞いてて好きな曲がかかれば録音するとか、FM雑誌であらかじめかかる曲がわかっている場合は番組ごとタイマー録音したりというのが通常でした。 が、NHKの「らじるらじる」なら曲目リストが公開されている番組を、聞き逃し機能で再生しながらレコーダーで録音するというのことができます。番組全部録音してもPCで編集すれば聞きたい曲だけ取り出せるし。 何がどうかというと [続きを読む]
  • もうNHKにはかないません
  •  NHKというよりはラジオ「ひるのいこい」のスタッフですが、今週のテーマ「SF」の選曲は本当に秀逸です。5日分をまとめてみると、月曜:アポジー&ペリジー「月世界旅行」火曜:ファーイーストファミリーバンド「地球空洞説」水曜:フリクション「レプリカント・ウォーク」木曜:四人囃子「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」金曜:間寛平「わたしは宇宙人」でした。これらが1曲目の歌ものですが、2曲目のインストもコスモスファクトリー [続きを読む]