wiseman410 さん プロフィール

  •  
wiseman410さん: 私の思いと技術的覚え書き
ハンドル名wiseman410 さん
ブログタイトル私の思いと技術的覚え書き
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/wiseman410
サイト紹介文歴史小説、映画,、乗り物系全般、好きのエンジニアの放言ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供379回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2014/11/01 17:35

wiseman410 さんのブログ記事

  • トラバスのこと
  •  トラバスとはトラックベースのバス様車体を指します。一見これらの車体は既存のバスを改造して作れそうにも思えますが、現在のバス車体の構造を考えると難しいのです。現在のバスは、トラックの様な前後に縦貫するシャシフレームを持たず、メーカーではスケルトン構造と呼びますが、50角程の角断面パイプをトラス状に組み上げ、左右、前後、上下6面体に組み上げることにより車体強度を得ています。従い、これらのトラバスなる [続きを読む]
  • 加工硬化とはなんぞや・・・
  •  顔見知りの整備士などと話をしていて、「私は整備も板金も塗装もできるんだぜ」という、端的に云えば自慢話を聞くことがあります。それはそれで結構なことだと聞きますが、私はちょっと意地悪く「加工硬化って判るかい?」と聞くとポカンとして返事がありません。そんな金属の基本的性質も知らないまま、まともな板金ができようもないだろうなと思う訳です。ましてや信頼を増す顧客への説明もできない、事故の7割の比率と聞く保 [続きを読む]
  • 嵐の淡島通船
  •  沼津市は、その海岸線総延長50キロを超すという湾岸地です。普段でも、何かと風が強い傾向を持つのは、昔からのことだったのでしょう。ですから、東海道の千本松原も江戸時代辺りに整備されたのだと聞きます。話しは飛びますが、浜岡原発は福島震災後に停止中ですが、核燃料は装填されたままの冷温停止というある意味欺瞞的な表現の状態です。つまり、現在でも冷却水を循環し続けて冷却しており、東電福島1と同様に全電鍵喪失 [続きを読む]
  • トヨタがオリンピック向けにFCバス発売中
  •  2年先の東京オリンピンクに向けてハイテクイメージという宣伝効果を狙ってのことでしょう。トヨタがFC(燃料電池)バスを3月から型式認定を取得し販売を介しているとのことです。このFCバス、路線系だけど、JBUS小松工場で生産を始めており、開催までに100台ほどを製造するらしいです。 FCボンベは70MPa×10本でCHGバスと同様、ルーフ上に搭載。FCスタックは2つで、駆動モーターも2つ、航続距離は [続きを読む]
  • 昔の国境
  •  かつて静岡県は、3つの国に分かれていたことは、多くの方が知るところでしょう。すなわち、西から遠州国(遠江とうとうみ)、駿河国、伊豆国の3つです。この内、遠州と駿河の境は大井川となるのですが、駿河と伊豆の境は今一つハッキリしないという感を持つ方も多いのではないでしょうか。 現在の沼津宿は、間違いなく駿河国です。しかし、そこから2里(8km)程離れた三島宿は伊豆国なんですね。 今回見た地図は大正2年 [続きを読む]
  • SL見物 C58
  •  昔からSLには感心持って眺めて来ました。今回見たC58は比較的近隣にあるので、過去から何度も繰り返し見て来ているのです。もう動かない静態保存ですが、比較的に管理が良い様で、あまり朽ち果た様子もなく維持されています。そんな中、今回はキャビン内の中心に観察して見ました。 キャビンの中も比較的綺麗に維持されています。丸形の圧力計が大小合わせて6つほどもあります。蒸気圧計と空圧系計なのでしょう。別にスピ [続きを読む]
  • 損傷の見方と修理方法の推察
  •  何事でも同様ですが、ものの見方とか損傷診断技法って重要ですよね。日頃付き合う整備屋さんとか中には見掛ける板金屋さんと称する方でも、生意気ですが判ってねぇなぁと思うことがあります。そんな思いを込めて勝手な戯れ言を記します。結構な長文ですので,文章読むのが苦手な方は、見流して下さい。--------------------------------------------------------------------- これは、クルマで道路を走っていて、信号待ちなど [続きを読む]
  • 沼津・11年前のイベント記憶
  •  11年前となる2007年の今頃(11月14日から8日まで)の4日間、技能五輪世界大会が沼津市門池近くの特設会場(沼津高専近くで現在県立専門学校やイズラシなどの工場が存在する地)にて行われたことをご存じでしょうか。技能五輪ということで、種々の専門職種(47職種)、世界大会ということで各国の国内から選抜された47カ国/2900名近くの選手(原則2才以下)が各競技を競ったというものです。スポーツの世界 [続きを読む]
  • 細野高原探訪記 2018/11/02
  •  細野高原とは、東伊豆町の山腹に広がるススキの原の地名です。今の時期がススキの最盛期だと聞き、今回探訪をしてみました。それと合わせて、東伊豆海岸線を走る国道135号線から山上に林立する風力発電の風車群を間近で見てみたいとう思いも合わせ持ったものです。 ちょうど今の時期は東伊豆町にて「秋のすすき」というイベントが行われていました。現地アクセスですが、そもそも国道から入山する入口が判り難く、間違えてと [続きを読む]
  • 日本は旧ソ連と同じ社会構造
  •  朝日やNHKみたいな大手マスコミの自虐史観や偏向報道に欺されるつもりは毛頭ない。しかし、ジャパンイズNo1と云われた黄金の80年代を経て、失われた10年とか20年とか叫ばれつつ現代を迎えているのだが、あまりにも社会的な問題があらゆる企業や組織体で生じ過ぎていると感じる。その問題とは、製品品質の偽装であったり、粉飾決算であったり、東電福島原発事故の地震や津波の危険を指摘されていたのに、問題を先送り [続きを読む]
  • 長浜城址散策
  •  秋晴れの今日、長浜城址を散策してきました。 実はこの城址、10年くらい前に巡っているのですが、沼津市はずいぶん綺麗に整備をしたものだと関心しながら巡りました。階段なども非常に歩き易く、幾つかある曲輪などの説明板も適切だと思いますし、過剰に復元建物などを作っていないことも好感が持てます。 それと、この城址に登って、巡って歩くことは、天気の良い日に限るでしょうが、景色も良いし散歩コースとして最高だと [続きを読む]
  • AIの未来
  •  AI(人工知能)だとかIT革命だとか云われている現世ですが、間違いなくコンピューターとその通信ネットワーク社会は、100数十年前のジェームズワットが切り開いた産業革命を遙かに超えて世を変化させていくのでしょう。その様な変化は、既に様々なところで始まっていることは誰もが感じていることでしょう。 しかし、現時点で名称こそAIと呼称するものもありますが、完璧なAIというのは生まれてはいないませんが、近 [続きを読む]
  • AIの未来
  •  AI(人工知能)だとかIT革命だとか云われている現世ですが、間違いなくコンピューターとその通信ネットワーク社会は、100数十年前のジェームズワットが切り開いた産業革命を遙かに超えて世を変化させていくのでしょう。その様な変化は、既に様々なところで始まっていることは誰もが感じていることでしょう。 しかし、現時点で名称こそAIと呼称するものもありますが、完璧なAIというのは生まれてはいないませんが、近 [続きを読む]
  • 水素エネルギーが未来の救うという詭弁
  •  何かと頷ける内容を多く聞く武田邦彦氏(中京大学教授)の話しです。聞けば当たり前のことですが、水素エネルギーが未来のエネルギーというのはかなりの詭弁だという内容です。 武田氏の話の趣旨は、地球上には水素は単独の分子として存在するものでなく、水なり水素化合物を何らかのエネルギーを作用させることによって生み出される疑似エネルギーたる媒介物だということです。そういう点では電気と同じで、エネルギーの媒介す [続きを読む]
  • 台湾高速鉄道事故 その2
  •  台湾高速列車事故の続報を知るが、走行速度を監視するATPという装置を切っていたことを運転者が認めたと裁判所が明らかにしたと報じている。これを読み、日本だとまず警察なり、鉄道事故調査委員会が調査し、その上で提訴し裁判所での審理になる訳だからして、いきなり裁判所が明らかにすると云うことはあり得ない訳だから、違和感を持ってしまう。これがイカンとかとかじゃなくて、訴訟システムが異なるのだろう。 さて、安 [続きを読む]
  • トヨタとソフトバンクの業務提携に感じること
  •  つい先日、トヨタとソフトバンクの業務提携発表だが、まったくの私見ながら感じることは、すっきりしない前途の暗雲を感じたことを備忘録として書き留めておきたい。 提携内容は、自動運転車の普及と共に関連して波及すると思われる個人が所有するクルマからライドシェアする車社会への変容に向け、主にソフト部門でソフトバンクの協力をを取り付けるというものの様であるが、細目は不明だ。この今回の提携を心良く歓迎して眺め [続きを読む]
  • 重寺磯散歩
  •  今日の朝、何時もの散歩コースである沼津市内浦重寺の淡島前の陸側の磯部を散歩しながら海に関係する生きもの達を観察しました。01-02 富士山は雲が掛かりすっきりとは見えません。船は淡島との通船です。03-04 フジツボですが、拡大すると火山の様に見えます。05-06 名前知らずの貝ですが、岩の隙間にビッシリと拡大するとパイナップルの肌の様にも見えます。07-08 イソギンチャクです。水中ではひらひらと開いていますが、 [続きを読む]
  • またあった、タイヤ交換時に破裂し死亡事故!
  •  つい先ほどのNetニュースで知るタイヤ交換時の事故です。過去から続いていますが、是非気をつけてことに当たって下さい。--------------------------------------------------------------------------------交換中にタイヤ破裂、風圧で2m飛ばされ死亡10/23(火) 15:11配信 読売新聞 22日午後6時40分頃、北海道平取町振内町の自動車整備会社「振内自工」の工場で、同社社長の滝治さん(60)が、破裂したトラックのタ [続きを読む]
  • 高齢者事故は増えているというバイアス
  •  昨今、様々なニュースメディアから、ことさら高齢者事故が増えているという印象を強く仕向けられていると受け取っています。このことは、何かと支持するところの多い武田邦彦氏も、異常な報道で間違った報道だと断じています。確かに、平均余命は年々伸びており、俗に云う高齢化社会に移行しつつあり、高齢者の事故は増える要素はあるのですが・・・。 クルマに乗る、販売や整備するなど関わる方なら十分ご存じの通り、クルマに [続きを読む]
  • 気に掛かる台湾高速鉄道事故
  •  昨日も触れた友好隣国での鉄道事故ですが、車両は日車(日本車輌=現JR東海の子会社)製の様です。同社では既に現地に人材を派遣し、事故原因調査に協力する体制を取っていることが報じられています。当然でしょう。 ライブカメラの時代で、事故時の様子が通過駅に設置されたライブカメラ映像として公開されています。事故列車の進行方向に向けて緩く右カーブしている状況で、カーブ外側に脱線転覆している様子です。速度はこ [続きを読む]
  • トヨタマイクロバスの系譜のことなど
  •  台湾で特急列車の大きな脱線転覆事故が生じている様です。車体は日本製らしいとのことですが、原因が気がかりになります。鉄道車両を総合的に製造できるとしたら、日立、川重、日車辺りでしょうが、何れにしてもこのところの日本は病にかかったの如く、かつての信頼感を失うべき不正事件が続いていますから、原因究明に関心が向いてしまいます。 さて、俗称マイクロバス(海外ではミニバスと呼ぶことが多いらしい)ですが、過去 [続きを読む]
  • 今日の富士 2018/10/22
  •  昨日に続いて秋晴れの中、富士もクッキリと見えます。昨日よりやや雪化粧が薄れている様ですが、昨夜は積雪がなかったのでしょう。と云うことで、先回の「内浦重須見晴台」に続いて、今日は「発端丈山見晴台」へ登って見ました。海際の住本寺脇を登り歩くこと20分ほどで到着です。絶景が広がりました。 [続きを読む]