kobakatu さん プロフィール

  •  
kobakatuさん: Koba の庭〜春夏秋冬
ハンドル名kobakatu さん
ブログタイトルKoba の庭〜春夏秋冬
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kobakatu_70
サイト紹介文庭や鉢植えで樹木や草花を栽培し、家庭菜園も楽しんで、四季の彩を写真で紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供438回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2014/11/01 19:23

kobakatu さんのブログ記事

  • 庭植えのキンモクセイ
  • 庭植えで、成長している「キンモクセイ」(金木犀)です。雌雄異株ですが、江戸時代に中国から雄株だけが渡来したのだそうです。 10月上旬に開花した花、オレンジ色が陽に輝きます。    9月下旬、鉢植えのギンモクセイが咲き出した頃、庭のキンモクセイに花は無く、   枝をよく見ると、花芽がぷくっと膨らんでいました。   10月初め、開花前の蕾が、ビッシリと見えてきました。    蕾のうちは、ギンモクセイの [続きを読む]
  • ヤブラン3種
  • 「ヤブラン」(藪蘭)はキジカクシ科の常緑性多年草で、日本各地の林床などに自生しています。 知人からいただいた、斑入りヤブランを庭の数か所に植えています。  黄色の斑入り葉が庭を明るくし、   9月には、青紫の花を咲かせます。     ヤブランは普通、花後に黒い実を着けるのですが、   この斑入り葉種は、実を着けたことがありません。    庭にはもう1種、ヤブランの仲間で「リリオペ・サマンサ」という [続きを読む]
  • 遅れて咲いたサルスベリ
  • 「サルスベリ」は中国原産で、ミソハギ科の落葉中高木です。庭ではムクゲと並んで夏を代表する花木ですが、開花期が長いので「百日紅」(ヒャクジッコウ)の別名もあります。 今年は調子が悪くて、蕾の着きが遅く、8月中旬になってようやく咲き始めです。   花色も薄く、本来の姿ではありません。    昨年カイガラムシが発生したこと、下草が繁茂したこと、南側に植えた樹が日照条件を悪くしたこと、などが原因?⇒栽培禁 [続きを読む]
  • フジバカマとヨツバヒヨドリ
  • 秋の七草の1つ「フジバカマ」(藤袴)、野生は絶滅危惧種です。 ウオーキングで歩く栖吉川(信濃川の支流の一つ)堤防には、藤袴の群落が散在しますが、市販されている交配種が野生化したもの? 2株ほど引き抜いて空き地に植えたところ、地下茎で増殖しました。 開花し始めた9月上旬です。   茎の先に、小さな蕾を房状にたくさん着けて、   糸状のシベを突き出します。    9月下旬の様子、まだ蕾もあります。   [続きを読む]
  • 鉢植えのギンモクセイ
  • 東庭に植えたギンモクセイ(銀木犀)が成長できずに枯れたので、再度、鉢植えを育てています。中国原産で、金木犀と同じモクセイ科の常緑小高木です。 9月24日、鉢置き場から離れた東庭に置いたので、気付いた時には満開。   5号鉢植で樹高90cmで、花の付き方がキンモクセイよりも疎らです。    庭植えのキンモクセイよりも早く咲き、花色は白っぽいアイボリー、   花は3日程ですべて散りましたが、 10月5 [続きを読む]
  • リンゴ「秋茜」の栽培
  • リンゴはバラ科の落葉高木で、カザフスタン・キルギスタンなどが原産地。自宅南側で菜園コーナーとの間に果樹を植え、梅・プラム・桃と収穫して来て、秋はリンゴ2種と洋ナシです。 リンゴ「秋茜」(あきあかね)はまだ若木です。「ふじ」と「ゴールデンデリシャス」を交配した「清明」という品種の枝変わり選別種で、全面濃紅色に着色し、収穫期は9月下旬から10月上旬、花粉が多く「ふじ」の受粉樹に良い品種です。 9月中旬 [続きを読む]
  • 熱帯スイレン(2)〜プロイデン
  • 熱帯性スイレンの「プロイデン」です。 ピンク系の花で丈夫です。 夜は閉じて3日間開花します。   黄色い雌しべを開いた1日目です。   2日目には、雌しべを雄しべで塞ぎました。    3日目、雄しべは少し開き、花弁が全開せずにお椀状になります。   撮影中に、クマバチがやって来ました。  春に、固形肥料を鉢内に埋め込むのを忘れ、小鉢植えの熱帯スイレンは開花数が少しで、咲かない鉢もありました。  [続きを読む]
  • 庭のツユクサ
  • 「ツユクサ」(露草)は1年草で、朝咲いた花が午後には萎みます。全草を生薬に、青い色素を染料にも、万葉集に月草として詠まれました。 9月中旬の花、花弁は3枚で、大きな2枚の青い花弁が特徴的ですが、下に1枚白く小さい花弁がありますが目立ちません。   自宅西の通路脇、自然に芽生えたものを一部残して・・・露草の薮に、   長く伸びた雌しべが1本、雄しべは6本ですが、黄色いπ型の雄しべ3個は花粉を全く出さ [続きを読む]
  • ムクゲの花2種
  • 「ムクゲ」(木槿)はインド・中国が原産、アオイ科の落葉低木です。初夏から秋まで花期が長く、その年に伸びた枝に次々と開花します。 犬散歩中に、2種のムクゲを選び、枝をいただいて挿し木したものです。一緒に寄せて鉢植えで育て、大きくなったので庭に移植しました。   1種は、白花一重で底紅、宗旦ムクゲの系統です。    日本人好み、夏の茶花にピッタリですね。    1つの花の命は短いですが、暑い時期に、休 [続きを読む]
  • ホシホウジャク
  • 「ホシホウジャク」(星蜂雀)はスズメガ科の蛾の1種で、毎年9月下旬、ハナトラノオの満開時に連日訪れます。我が家には、夕方5時近くにならないと来ないので、撮影は難航します。   長い口吻をクルクルと巻いて、飛んできます。   花に近づくと、長い口吻(蜜を吸う管)を伸ばして、目的の花に差し入れ、   花筒の奥に出る蜜を、吸い取ります。   翅を速く回転させて、ホバリングで空中姿勢を保ちます。   飛翔 [続きを読む]
  • 庭のナンバンギセル
  • 「ナンバンギセル」(南蛮煙管)は、ハマウツボ科の1年草です。イネ科やショウガ科などの植物の根から養分を摂る、寄生植物です。和名は、花が喫煙具のキセルに似るということから。 秋の風情とナンバンギセルを楽しみに、庭にススキを植えています。8月末、自宅東の通路脇、庭石の周りで、ススキの中からナンバンギセルが伸び出したので、邪魔になる所を刈り払いました。  左は植えた縞ススキ、右は実生で勝手に生えた糸スス [続きを読む]
  • 庭のハナトラノオ
  • 「ハナトラノオ」は北米東部原産で、シソ科の多年草です。茎が角張っているので、別名カクトラノオとも言います。庭に植えると、地下茎でよく殖え、群生して華やかです。 少し離れた空き地は、南側が駐車場で日当たりが良く、西の道路寄りの花壇で、8月下旬からハナトラノオが開花しました。   9月上旬の様子、背後は菜園で、ジャガイモの収穫跡です。    9月中旬には、コスモスが開花し始め、その奥は柿とイチジクの果 [続きを読む]
  • 庭植えの萩
  • 庭植えの萩は、品種名が分かりません。「江戸絞り萩」を注文した時、山草業者が送ってきた萩でした。1年で鉢に収まらなくなり、やむなく庭に植えました。 大きくなり、6月に剪定しても花時には、2m位に伸びて枝垂れます。 9月上旬の咲き始めです。   9月中旬には、開花数を増やしながら上へ、   そして横へと、穂先を伸ばします。    個々の花をアップで見ると、こんな感じで優しい色合いです。     南側の [続きを読む]
  • オミナエシの花
  • 「オミナエシ」(女郎花)は秋の七草の1つで、万葉の昔から愛され、日当たりの良い草原などに自生する多年草です。 一斉には開花せず、8月から9月にかけて撮りました。    富士と秋茜、2本のリンゴの樹の間に植えたので、樹が枝葉を茂らせ、日陰になってしまいましたが、今年も2本の花茎を伸ばして120cm程の高さで開花です。    径4mm位の黄色い合弁花は、先を丸くし5つに裂けています。    花柱が1個に、 [続きを読む]
  • オケラの花
  • 「オケラ」(朮)はキク科の多年草で、本州・四国・九州の、明るい林中や林縁に生えるそうです。若芽を山菜として利用したり、生薬にもなります。 アザミに似た筒状花で、白花です。   8月中旬の蕾です。魚の骨のような、羽状に裂けた苞葉に包まれています。  鉢植えで、草丈60cm程です。蕾がたくさん着いても、緑色なので目立ちません。  9月初め、蕾の頂部が開いて、ピンク色を覗かせます。   9月中旬、開花し始 [続きを読む]
  • ニラの花に集まった昆虫(4)〜「キタテハ」チョウ
  • 9月中旬、ニラの花に集まったチョウの中から、「キタテハ」です。 少し翅が傷んでいますが、 成虫で越冬します。  翅の裏はこんなです。   他の昆虫とも喧嘩せず、仲良く吸蜜しています。    ヒメアカタテハとも一緒に、翅の開閉まで合わせて・・・    いっぱい栄養を摂って、冬を越せますように!   先輩?は、昨年も晩秋まで庭で見かけましたよ。   [続きを読む]
  • 庭のミズヒキ
  • 「ミズヒキ」(水引)はタデ科の多年草で、日本各地の、林中や林縁などに分布します。茎頂や葉腋から、長さ20〜40cm程の花穂を伸ばして、小花をつけ、紅白に見える花序が、和名の由来です。 鳥が運んできた?自然に芽生えたものですが、野趣に富む草姿に惹かれて、秋の野草として楽しむうちに、庭で殖えました。 8月から9月にかけて、小さな花をアップで見ますと、   花弁がありません。 ガクが4枚に裂けて開き、上1 [続きを読む]
  • 家庭菜園2017(7)〜中長ナス
  •  「ナス」(茄子)の原産地はインド東部が有力とされ、日本へは奈良時代に伝わったそうです。 5月上旬、庭の菜園コーナーに「中長ナス」苗2本を植えました。同じ畝の両端にピーマンとミニトマトも各1本ずつ、同時に植え、中間に植えたナスだけが調子悪く、すでに収穫が終わりました。 中長ナスの花です。   6月下旬の収穫、ピーマンと一緒に、   7月上旬の、実生りと収穫です。    7月中旬、   7月下旬で [続きを読む]
  • ミョウガの花
  • 「ミョウガ」(茗荷)は東アジア原産で、ショウガ科の多年草です。大陸からショウガとともに持ち込まれたようで、5倍体のため結実は稀で、地下茎により増殖します。 自宅北側の塀脇や、空き地畑の奥にフキとミョウガを植えてあり、 春のフキノトウ、夏から秋のミョウガを、季節の風味としていただきます。  8月中旬から咲き出した、ミョウガの花です。   茎葉の基部に花蕾が顔を出し、次々と花を咲かせます。    中に [続きを読む]
  • ズミの花と果実
  • 「ズミ」(酸味、酸実)はバラ科で、リンゴに近縁な落葉高木です。(ミツバカイドウ、ミヤマカイドウ、コリンゴなどの別名がある) かつて養母が育てていた鉢植えを、私が受け継いで14年、毎年開花し結実しています。  4月下旬の蕾は、濃いピンク色ですが、    5月初め、蕾がほころび、   開花すると白花です。 花後に小さな緑実が着き、    9月上旬、すでに多くの葉が落ち、   果実が黄色から赤味を伴い、 [続きを読む]
  • キジの若鳥、成長しています。
  • 9月29日晴天の朝、前日雨天だったので、期待しつつ栖吉川左岸堤防道路を歩きます。 北に向かって数分歩くと、前方にキジらしき鳥を発見、  7時15分、ポケットからコンデジを出してズームアップ、雌キジが道路を横断します。   周辺を確認すると、道路東側の木陰に若鳥集団が、画像ではメス5羽オス1羽です。   先に西側に渡ったキジは母鳥のようで、私を警戒しながらも、   若鳥を誘っているよう、に見えます。 [続きを読む]