紙幣ナビ さん プロフィール

  •  
紙幣ナビさん: 古紙幣・旧札の買取査定ナビ
ハンドル名紙幣ナビ さん
ブログタイトル古紙幣・旧札の買取査定ナビ
ブログURLhttps://note.antique-coin.info/
サイト紹介文約8年間、古銭や古紙幣のコレクターをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/11/04 09:30

紙幣ナビ さんのブログ記事

  • 日華事変軍票 乙号・丙号の価値と買取相場
  • こんにちは古紙幣旧札の買取査定ナビです。今回は日華事変軍票 乙号・丙号の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。日華事変軍票 乙号の価値昭和13年に発行された大日本帝国政府軍用手票 乙号です。額面は1円(壹圓)、5円(五圓)、10円(拾圓)となっており、この軍用手票では「日本銀行兌換券 武内宿禰 1円札」「日本銀行兌換券 菅原道真 5円札」「日本銀行兌換券 和気清麻呂10円札」に赤で抹消線、加刷文字したものが使 [続きを読む]
  • 聖徳太子の軍用手票の価値と買取相場
  • こんにちは古紙幣旧札の買取査定ナビです。今回は聖徳太子が描かれた日華事変軍票の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。日華事変(支那事変)軍票は1937年に日華事変が勃発し戦争に突入した際、占領地で駐留する軍の物資調達や支払いのために政府によって発行された擬似紙幣です。聖徳太子が描かれているものは乙号100円、丙号100円、丙号(異式)100円となっており、現存数が多いため価値は高くありません。聖徳太子 [続きを読む]
  • 満洲中央銀行 甲号券の価値と相場
  • こんにちは古紙幣旧札の買取査定ナビです。今回は満州国の国旗が描かれた満洲中央銀行 甲号券の価値と相場について記載して行きたいと思います。昭和7年〜昭和8年(大同元年〜大同2年)にかけて発行された紙幣となっており実質上、満州国初の紙幣です。満洲中央銀行 甲号券壹百圓紙幣の価値と相場昭和8年4月(大同2年4月)に発行された満洲中央銀行100円(YUAN)札です(画像は美品程度)。寸法103mm×183mm、流通紙幣と見本紙幣(specime [続きを読む]
  • 満洲中央銀行 東三省官銀號 改造10円・5円・1円の価値と相場
  • こんにちは古紙幣旧札の買取査定ナビです。今回は日本の在外銀行券の一つである満洲中央銀行(東三省官銀號)改造拾圓・五圓・壹圓紙幣の価値と相場について記載して行きたいと思います。大同元年に発行されたこちらの紙幣では満洲中央銀行による発行が間に合わなかったため、中華民国十八年発行の東三省官銀號(号)券に朱印加刷したデザインとなっております。満洲中央銀行東三省官銀號10円紙幣の価値昭和7年(1932年)に発行された [続きを読む]
  • 昭和38年 伊藤博文1000円紙幣の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は昭和38年11月1日に発行された日本銀行券千円の価値と相場について記載していきたいと思います。伊藤博文1000円は通常の流通紙幣の価値は高くありませんが見本紙幣やエラー紙幣、ゾロ目などは高額で取引されています。昭和38年 伊藤博文1000円紙幣の価値と相場伊藤博文1000円札です(上記の状態は完全未使用)。表面には伊藤博文、裏面には日本銀行が描かれています。寸法76mm× [続きを読む]
  • 日本銀行券 岩倉具視の五百円の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は岩倉具視の五百円札の価値と相場について記載していきたいと思います。日本銀行券B号 岩倉旧500円札の価値と相場昭和26年4月2日に発行された500円紙幣です。寸法76mm×156mm、表面には岩倉具視(いわくら ともみ)、裏面には富士山が描かれており、前期に発行されたものはクリーム色、後期では白色の紙幣となっています。カタログ価格は下記のようになっており実勢価格(実際に [続きを読む]
  • 日本銀行券A号ハト10銭と梅5銭の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回はハト10銭札と梅5銭札の価値と相場について記載して行きたいと思います。日本銀行券A号 ハト10銭札の価値と相場昭和22年9月5日に発行され、昭和28年12月31日に廃止されたハト10銭紙幣です。表面には鳩が、裏面には国会議事堂が描かれています。寸法52mm×100mm、流通紙幣のカタログ価格は下記の通り安価です。カタログ種類並品美品未使用日本カタログ80円100円200円また、昭 [続きを読む]
  • 昭和21年 日本銀行券A号の印刷所による価値の違い
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は日本銀行券A号の印刷所による価値の違いについて記載して行きたいと思います。印刷所による価値と相場戦後発行された日本銀行券A号では紙幣番号により印刷所が判ります。例えば上記は14なので「大日本印刷の市ヶ谷印刷工場」で作成されたものです。海外のカタログでは印刷所によって評価を分類していませんが日本のカタログでは印刷所によって評価が異なります。最近はコレク [続きを読む]
  • 日本銀行券八紘一宇10銭と楠公5銭の価値と相場
  • こんにちは古紙幣・旧札の買取査定ナビです。今回は昭和19年に発行された八紘一宇拾銭紙幣と楠公五銭紙幣の価値と相場について記載して行きたいと思います。日本銀行券 八紘一宇10銭札の価値八紘之基柱(八紘一宇塔)が描かれた10銭紙幣です。昭和19年11月1日に発行され昭和28年12月31日まで使用されました。寸法51mm×106mm、組番号1〜20、カタログ価格は下記の通りです。カタログ種類並品美品未使用米国カタログ10円50円200円日 [続きを読む]
  • 富士桜50銭と靖国五拾銭の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札」の買取査定ナビです。今回は富士桜50銭と靖国五拾銭の価値と相場について記載していきたいと思います。大日本帝国政府紙幣 富士桜50銭昭和13年6月1日(神武天皇即位紀元2598年)に発行された富士桜50銭札です。寸法65mm×105mm、組番号は1〜1633組となっており通常紙幣のカタログ価格は下記のようになっております。カタログ種類並品美品未使用米国カタログ25円75円600円日本カタログ200円400円2000円実勢 [続きを読む]
  • 昭和発行の和気清麻呂10円の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣旧札の買取査定ナビ」です。今回は昭和5年〜昭和19年にかけて発行された和気清麻呂(和気清麿)の1次10円、2次10円、3次10円、4次10円の価値と相場について記載していきたいと思います。昭和5年 日本銀行兌換券拾圓の価値昭和5年5月21日に発行された和気清麻呂1次10円札です(画像は美品〜極美品)。表面には和気清麻呂、裏面には護王神社が描かれています。この昭和5年の1次10円までは兌換紙幣のため「此券引換に金 [続きを読む]
  • 大正小額紙幣10銭・20銭・50銭の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は大正6年(1917年)から大正11年(1923年)にかけて発行された小額紙幣の価値と相場について記載していきたいと思います。大正 拾銭紙幣の価値と相場大正6年〜大正10年にかけて発行され、昭和23年8月31日に廃止された大正小額紙幣10銭です。図案のデザインは明治15年に発行された大蔵卿札(改造紙幣)に類似したデザインとなっており、寸法は54mm×86mm、カタログ価格は年号によって [続きを読む]
  • 大正兌換銀行券 左和気10円の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は大正4年5月1日(1915年)に発行された左和気10円札の価値と相場について記載していきたいと思います。大正兌換銀行券 左和気拾圓の価値と相場大正4年5月1日に発行され昭和14年3月31日に廃止となった日本銀行兌換券10円です(上記画像は美品程度)。表面には和気清麻呂と護王神社が描かれており、明治32年に発行された10円紙幣と左右対称となったようなデザインです。また「此券引 [続きを読む]
  • 明治発行 改造兌換銀行券 表猪10円とめがね100円の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は明治23年と明治24年に発行された日本銀行兌換銀券(改造兌換銀行券)の価値と相場について記載して行きたいと思います。和気清麻呂 改造兌換銀行券拾圓の価値と相場和気清麻呂の日本銀行兌換銀券10円です。表面には和気清麻呂と8頭の猪が描かれていることから通称 表猪10円と呼ばれています。発行は明治23年9月12日、廃止は明治14年3月31日、寸法100mm×169mmとなっておりカタ [続きを読む]
  • 大日本帝国改造紙幣20銭・50銭の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は大日本帝国改造紙幣20銭・50銭(大蔵卿20銭・大蔵卿50銭)の価値と相場について記載していきたいと思います。改造紙幣二十銭紙幣の価値と相場明治15年12月に発行された改造紙幣20銭です。表面には大蔵卿印、裏面には貳拾錢の文字、出納局長印、偽造罰則文言、記番号が描かれています。発行は1882年12月(明治15年12月)で廃止は1899年12月31日(明治32年12月)、寸法59mm×93mmとな [続きを読む]
  • 旧国立銀行券五圓・拾圓・貳拾圓の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は明治6年8月20日に発行された旧国立銀行券五圓・拾圓・貳拾圓の価値と相場について記載していきたいと思います。旧国立銀行券は各国立銀行が発行したため発行者名は銀行ごとに異なりますが額面や形式は統一されています。また、図案については当時のアメリカ紙幣を参考にしたため、アメリカ紙幣のデザインに酷似しています。この記事で紹介していない1円紙幣と2円紙幣につきま [続きを読む]
  • 明治通宝10銭と20銭の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は明治通宝10銭紙幣と20銭紙幣の価値と相場について記載していきたいと思います。明治通宝半円〜100円につきましては「明治通宝(半円〜百円)の価値と相場」で掲載しています。明治通宝10銭の価値と相場明治通宝十銭紙幣です(画像は極美品)。明治通宝は貨幣制度の改革と廃藩置県の実質的な効果を狙って発行が計画され、印刷はドイツの商社に注文し日本に輸入したのち、割印押印 [続きを読む]
  • 昭和21年国会議事堂拾圓の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は昭和21年2月25日(1946年)に発行された国会議事堂と鳳凰が描かれた日本銀行券A号10円紙幣の価値や相場について記載していきたいと思います。昭和21年国会議事堂拾圓紙幣の価値と相場1946年(昭和21年)に発行された議事堂10円紙幣です(上記は見本紙幣)。表面には国会議事堂と鳳凰が描かれ、サイズは76mm×140mm、通常紙幣の組番号は1組〜1977組まであります。カタログ上「通常紙 [続きを読む]
  • 朝鮮 株式会社第一銀行 渋沢栄一5円紙幣の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は1902年(明治35年)と1904年(明治37年)に朝鮮で発行された株式会社第一銀行 渋沢栄一の5円紙幣の価値や相場について記載して行きたいと思います。1902年(明治35年)と1904年(明治37年)に発行された紙幣は今回取り上げる5円(五圓)紙幣以外に1円(壹圓)紙幣が存在し1円紙幣は通用紙幣(流通紙幣)、5円紙幣は見本紙幣となっております。株式会社第一銀行 渋沢栄一5円紙幣の価値と相場 [続きを読む]
  • 朝鮮銀行券壹圓・五圓・拾圓の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は1911年(明治44年)と1915年(大正4年)に発行された朝鮮銀行券壹圓(1円)・五圓(5円)・拾圓(10円)紙幣の価値や相場について記載して行きたいと思います。朝鮮銀行券壹圓紙幣の価値明治44年に発行された1円紙幣です。表面には日本語で「壹圓」裏面には英語で「THE BANK OF CHOSEN ONE YEN OR NIPPON GINKO NOTE」と書かれています。下記のようにシリアルナンバーの数字の書体(朝 [続きを読む]
  • 日本銀行券 聖徳太子の五千円・一万円古紙幣の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は聖徳太子の5千円紙幣(C号券)と1万円紙幣(C号券)について記載していきたいと思います。どちらも戦後発行された旧札なので残存数が多いため目にしたこともある方も多いと思います。聖徳太子 五千円紙幣の価値聖徳太子の5000円紙幣です。表面には聖徳太子、裏面には日本銀行が描かれ、寸法は縦80mm×横169mm、発行開始日は1957年(昭和32年)10月1日となっております。近年の [続きを読む]
  • 日本銀行券 聖徳太子の百円・千円古紙幣の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は1946年・1950年に発行が開始された聖徳太子100円・1000円紙幣の価値について記載していきたいと思います。聖徳太子百円紙幣の価値1946年(昭和21年)に発行が開始された聖徳太子100円紙幣(4次100円、A号券)です。表面には聖徳太子と夢殿、裏面には法隆寺が描かれ、寸法は縦93mm、横162mmとなっております。こちらの紙幣については表、裏面ともい号券(2次100円)の彩色を変更して [続きを読む]
  • 明治通宝(半円〜百円)の価値と相場
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は1872年(明治4年〜明治5年)に発行された大日本政府大蔵省 明治通宝の市場での価値や業者による買取価格について記載していきたいと思います。下記の紙幣画像はレプリカや贋作(偽物)ではなく全て本物の紙幣を撮影し画像を作成させて頂いております。明治通宝半圓の価値明治通宝半円札です(発行明治5年2月15日、廃止明治32年12月31日)。明治通宝はドイツのフランクフルトにあっ [続きを読む]
  • 日本の1円札の価値と相場
  • こんにちは今回は日本の1円(壹圓)札の価値について記載していきたいと思います。もっとも古い1円札は明治通宝です。明治通宝については別の記事で紹介させて頂きますので明治通宝以降の1円について今回は取り上げていきたいと思います。なお、掲載する画像はレプリカや贋作(偽物)紙幣の画像ではなく本物の画像を使用しています。そのため、真贋が不明な古紙幣を購入するときの参考にして頂けると幸いです。大日本帝国通用壹圓紙幣 [続きを読む]