紙幣ナビ さん プロフィール

  •  
紙幣ナビさん: 古紙幣・旧札の買取査定ナビ
ハンドル名紙幣ナビ さん
ブログタイトル古紙幣・旧札の買取査定ナビ
ブログURLhttp://note.antique-coin.info/
サイト紹介文約8年間、古銭や古紙幣のコレクターをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/11/04 09:30

紙幣ナビ さんのブログ記事

  • 日本銀行券 聖徳太子の五千円・一万円古紙幣の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は聖徳太子の5千円紙幣(C号券)と1万円紙幣(C号券)について記載していきたいと思います。どちらも戦後発行された旧札なので残存数が多いため目にしたこともある方も多いと思います。聖徳太子 五千円紙幣の価値聖徳太子の5000円紙幣です。表面には聖徳太子、裏面には日本銀行が描かれ、寸法は縦80mm×横169mm、発行開始日は1957年(昭和32年)10月1日となっております。近年の [続きを読む]
  • 日本銀行券 聖徳太子の百円・千円古紙幣の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は1946年・1950年に発行が開始された聖徳太子100円・1000円紙幣の価値について記載していきたいと思います。聖徳太子百円紙幣の価値1946年(昭和21年)に発行が開始された聖徳太子100円紙幣(4次100円、A号券)です。表面には聖徳太子と夢殿、裏面には法隆寺が描かれ、寸法は縦93mm、横162mmとなっております。こちらの紙幣については表、裏面ともい号券(2次100円)の彩色を変更して [続きを読む]
  • 明治通宝の価値や買取価格
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は1872年(明治4年〜明治5年)に発行された大日本政府大蔵省 明治通宝の市場での価値や業者による買取価格について記載していきたいと思います。下記の紙幣画像はレプリカや贋作(偽物)ではなく全て本物の紙幣を撮影し画像を作成させて頂いております。明治通宝半圓の価値明治通宝半円札です。明治通宝はドイツのフランクフルトにあった民間工場で製造されたことから「ゲルマン札 [続きを読む]
  • 日本の1円札の価値
  • こんにちは今回は日本の1円(壹圓)札の価値について記載していきたいと思います。もっとも古い1円札は明治通宝です。明治通宝については別の記事で紹介させて頂きますので明治通宝以降の1円について今回は取り上げていきたいと思います。なお、掲載する画像はレプリカや贋作(偽物)紙幣の画像ではなく本物の画像を使用しています。そのため、真贋が不明な古紙幣を購入するときの参考にして頂けると幸いです。大日本帝国通用壹圓紙幣 [続きを読む]
  • 日本の50円札の価値
  • こんにちは今回は日本の50円(五拾圓)札の価値について記載していきたいと思います。一般的に50円札というと高橋是清の描かれた50円札が有名ですが戦前の1927年に大変希少な甲号五拾圓札が製造されています。1927年 甲号五拾圓紙幣の価値「開運!なんでも鑑定団スペシャル」でも取り上げられた昭和2年発行予定だった50円札です。昭和金融恐慌が原因で取り付け騒ぎが発生した際に製造されましたが、騒ぎが収まったため発行には至り [続きを読む]
  • 日本の200円札の価値
  • こんにちは今回は日本の200円(貳百圓)札の価値について記載していきたいと思います。最も古い200円札は1927年に発行された「ウラシロ」とも呼ばれる紙幣です。同時期の1927年にはもう一枚希少な200円札が発行されており、こちらには武内宿禰が描かれています。1927年彩紋貳百圓札(乙号券)の価値上記画像は見本紙幣(レプリカや偽物ではなく本物)です。表面は彩紋、寸法は縦73mm・横123mm、発行開始日は1927年(昭和2年)4月25日と [続きを読む]
  • 日本の5円札の価値
  • こんにちは今回は日本の5円札の価値について記載していきたいと思います。最も古い5円札としては大日本帝国通用5円紙幣や大日本帝国国立銀行の5円紙幣があります。その後、下記のような5円紙幣が発行されており、一般的に古ければ古いほど価値が高いです。なお、画像についてはレプリカや贋作(偽物)ではなく本物の画像を使っていますので真贋が気になる紙幣については画像を参考にして頂けると幸いです。1886年 大黒天の旧5円札の [続きを読む]
  • 日本の20円札の価値
  • こんにちは今回は1917年(大正6年)と1931年(昭和6年)に発行された菅原道真20円紙幣と藤原鎌足20円紙幣の価値について記載していきたいと思います。なお、掲載する画像につきましてはレプリカや贋作(偽物)ではなく全て本物をスキャンしたものを利用させて頂いております。日本銀行兌換券菅原道真貳拾圓 紙幣大正6年に発行された菅原道真の20円札(横書き20円)です。表面は菅原道真の肖像、裏面は北野天満宮、寸法:縦86mm 横149mm [続きを読む]
  • 日本銀行兌換銀券 大黒天紙幣の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は1885年(明治18年)と1886年(明治19年)に発行された大黒札の買取価格情報や価値について記載していきたいと思います。図案製作者はイタリア人のエドアルド・キヨッソーネで、記番号(通し番号)は漢数字、1円、5円、10円、100円札が存在し希少性が非常に高いです。大黒天 壹圓 古紙幣の価値上記画像は偽物やレプリカの紙幣ではなく本物の紙幣をスキャンしたもので、表面には大黒 [続きを読む]
  • 板垣退助の50銭紙幣と100円紙幣の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は戦後の1948年(昭和23年)に発行された板垣退助の五拾銭紙幣や1953年(昭和28年)に発行された百円紙幣の買取価格情報や価値について記載していきたいと思います。板垣退助の100円紙幣は大きく分けると4種類存在し、口コミサイトなどで殆ど価値がないなどとの書き込みがありますが見本紙幣の場合、市場にて10万円を超える金額で売買されますので価値が無いと思って捨てないよう注 [続きを読む]
  • 高橋是清の日本銀行券五拾円紙幣の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は戦後の1951年(昭和26年)に発行された高橋是清の五拾円紙幣の買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。聖徳太子や岩倉具視などは何度か肖像が利用され複数のデザインの紙幣が発行されましたが高橋是清の紙幣は今回取り上げる50円紙幣のみとなっております。高橋是清の日本銀行券五拾円紙幣1951年(昭和26年)に発行された50円紙幣(B号券)です。大きさ [続きを読む]
  • 日本武尊 ヤマトタケル 千圓紙幣の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は1945年(昭和20年)に発行されたヤマトタケルの描かれた1000円(千圓)古紙幣の買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。この紙幣は大変希少性な紙幣ですが残念ながら市場ではレプリカや贋作(偽物)が出回っています。この記事では全て本物の画像スキャンを掲載していますので購入時、売却時の参考にして頂けると幸いです。ヤマトタケル 日本銀行兌換券 [続きを読む]
  • 聖徳太子 日本銀行兌換券 百圓紙幣の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は戦前に発行された聖徳太子の100円(百圓)古紙幣の買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。1945年以前では聖徳太子の肖像が入った100円紙幣は1930年と1944年に発券されています。なお、画像については贋作(偽物)ではなく本物の画像をスキャンして使っています。市場では偽物の出回っているので購入時には注意しましょう!聖徳太子 日本銀行兌換券 百 [続きを読む]
  • 藤原鎌足の日本銀行兌換券の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は藤原鎌足の日本銀行兌換券(明治期の100円や昭和期の20円、200円紙幣)の買取価格情報や市場価格について記載していきたいと思います。藤原鎌足の紙幣は最も古い発行は明治24年(1889年)のものでキヨッソーネが彫刻しましたが市場に出回ることはありません。その後の発行としては明治33年の100円でこちらは大山助一が彫刻しました。下記は明治33年の見本100円紙幣ですが、これだ [続きを読む]
  • 日本銀行兌換券 和気清麻呂 拾圓の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は1899年〜1913年年(明治32年〜大正2年)に発行・発券された和気清麻呂(わけのきよまろ)の拾圓(10円)古紙幣の買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。日本銀行兌換券 和気清麻呂 拾圓紙幣上記は偽物ではなく本物の和気清麻呂の10円紙幣です。表面には護王神社の建物が描かれ、裏面には勢い良く走るイノシシの姿が描かれています。彫刻師はイタリア人 [続きを読む]
  • 日本銀行兌換銀券 武内宿禰 紙幣の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は1888年〜1889年(明治22年〜明治43年)に発行・発券された武内宿禰(たけうちすくね)、菅原道真(すがわら の みちざね)の壹圓・五圓古紙幣の買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。明治期の武内宿禰の肖像の入った古紙幣・旧札は主に2パターンあり、一つは表面の右側に肖像の入ったデザイン、もう一つは表面の中央に肖像が入ったデザインとなってお [続きを読む]
  • 大日本帝国国立銀行の壹圓・五圓紙幣の価値
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は大日本帝国国立銀行の壹圓・五圓古紙幣の買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。大日本帝国国立銀行壹圓古紙幣1877年(明治10年)に発行された1円紙幣です。表面には水兵や額面が描かれ、裏面には発券銀行が書かれています。明治発行の紙幣で現存数が少ないため、カタログ価格は極美品で12万円、美品で6万円、並品で3万円と高額です(市場価格はカタ [続きを読む]
  • 古紙幣・古札の鑑定機関
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は古紙幣・古札の鑑定機関について記載していきたいと思います。世界的に鑑定機関として認められているものは米国のPCGSとPMGです。一般的に海外(特に米国)で取引される紙幣では鑑定されているか否かによって取引価格が大きく異なります。紙幣の鑑定機関PCGSまず、一つ目の大きな鑑定機関としてはコインの鑑定機関でもPCGS(professional coin grading service)があります。元々 [続きを読む]
  • ロシアの古紙幣や古札
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回はロシア・ソ連の様々な古紙幣について記載していきたいと思います。ロシアの国立債券紙幣国立債券紙幣はロシアにおいて1843年から紙幣を発行しました。これは1ルーブルから100ルーブルまでの8種類の証券状の紙幣シリーズがあり、50ルーブル以上の高額額面は今日でも高値で取引されています。その後、1887年に発行された25ルーブル紙幣と1894年に発行された10ルーブル紙幣の2 [続きを読む]
  • ドイツアジア銀行(徳華銀行)・連邦銀行・ダンチヒの紙幣
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回はドイツやドイツ植民地で発行された様々な古紙幣について記載していきたいと思います。ドイツアジア銀行(徳華銀行)とはドイツアジア銀行(徳華銀行、独亜銀行)では漢口、北京、上海、天津、青島支店が紙幣発券を行いました。紙幣発券は1914年の第一次世界大戦突入まで続き、ゲルマニアを描く紙幣は各国が中国大陸で流通させた数多くの紙幣の中でも出来栄えの素晴らしい物だった [続きを読む]
  • 明治期神功皇后の大日本帝国政府改造紙幣
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は神功皇后が描かれた大日本帝国政府紙幣について買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。神功皇后の大日本帝国政府紙幣大日本帝国政府紙幣と描かれた紙幣は20銭、50銭、1円、5円、10円が存在しこの時期に発行された旧札は改造紙幣とも呼ばれます。改造紙幣(かいぞうしへい)とは、大日本帝国政府が発行した紙幣で明治通宝紙幣と交換するため1881 [続きを読む]
  • 大日本帝国通用壹圓紙幣 1円 旧国立銀行券
  • こんにちは今回は1873年に発行された大日本帝国通用紙幣について買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。大日本帝国通用壹圓紙幣年号の記載はありませんが1873年(明治6年)に発行・発券された旧国立銀行券です。1円、2円、5円、10円、20円の額面が存在し10円と20円の紙幣は希少なため市場に出回ることはありません。画像は1円(壹圓)で1円〜20円のシリーズの中では比較的よく見かける古紙幣ですが希少性 [続きを読む]
  • 株式会社第一銀行の渋沢栄一の紙幣
  • こんにちは「古紙幣・旧札の買取査定ナビ」です。今回は株式会社第一銀行の古紙幣・旧札の買取価格情報や市場価格、価値について記載していきたいと思います。株式會社第一銀行の紙幣株式会社第一銀行は日本の第一国立銀行であり、1902年に京城(京城府)において1圓(円)から10圓(円)までの3種類の紙幣を発行しました。これらの紙幣には東京第一国立銀行頭取の渋沢 栄一の肖像を描いており、04年からの紙幣には肖像が見られず大変希 [続きを読む]