てんとうむし さん プロフィール

  •  
てんとうむしさん: 介護日誌
ハンドル名てんとうむし さん
ブログタイトル介護日誌
ブログURLhttps://rainy-ladybug.jimdo.com/
サイト紹介文パーキンソン病の母とデイサービスとの記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/11/01 23:30

てんとうむし さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不法行為と債務不履行2
  • 自分が通念としてきた道徳観や善悪の基準と、実際の法律の解釈はまた別物。 日を改めての法律相談、そのことを、つくづくと思い知らされることになる。 過失傷害(不法行為)での立証が難しくても、契約を正しく履行しない(債務不履行)という話なら、 示せる根拠が何なりとある。本来の事実経過を説明すれば、不当な契約解除を措置を無効にできる筈。 と、私は考えていた。だが、それすらも「難しい」と弁 [続きを読む]
  • 不法行為と債務不履行1
  • 「母の体調は二日前の体験利用と比べ、格段変わった様子はなかった、故に自分に全く非は無い」 当事者である前センター長は代理人を介し、こう見解を翻した。それを受け、前回の法律相談では ほぼ最初から最後まで、医学的な立証の困難さについての講釈を聞かされ、終わったといっていい。 更に数か月経ち、改めての相談とは言っても、何か目新しい立証材料が確保できている訳ではない。 今回は前センター長 [続きを読む]
  • 法テラス法律相談
  • 今回の法律相談は一度目とは別の法律事務所に依頼することにした。 不当な契約解除を無効に出来るか、ということが相談内容に入るし、 事情を一から説明し直すとなると、時間効率も良いとは言えないが、 やはり、どうしても別の弁護士からも過失傷害についての意見を聞いてみたかった。 平成24年、母がパーキンソン病の疑いありと診断を受け、治療が始まる。 その年の12月、右足肉離れで身動きが取れ [続きを読む]
  • 「不信行為」のレッテル
  • リハビリ特化型デイサービスに二度通い、その検証を直接の担当者と交した。それを元に、 処置を受けた母がその担当者の落ち度により傷害を負ったとして、損害賠償に応じるよう 求めたが、デイセンターは代理人を立て、私達の訴えを一切退ける主張を展開してきた。 その主張には、センターが私達に残していった“記録”とは明らかな矛盾点が幾つもある。 だが、その矛盾だけでは裁判所の定める医学的見地からの立証 [続きを読む]
  • 医療裁判の勝訴率
  • 「医療事故弁護士法律相談センター」というサイトある。そこに「医療裁判の勝訴率」ページがあり、 原告側の請求が一部でも認めらた判決の割合・認容率の近年の推移とその解説が掲載されている。 それによると、昭和40年頃の認容率は10%程度。それが50年代には30%台にまで上がり、 最も高かったのが平成15年の44%。近年はまた減少傾向で20%程と原告には厳しい状況で、 それだけ医事関連の訴訟は [続きを読む]
  • 猛暑の試練
  • 体験利用から約1年、流石に足の痛みも落ち着いてはくるのだが、 そう老い逸れと、復活のリハビリ再開という訳にはいかなかった。 梅雨も明けると、エアコン24hフル稼働の室温管理態勢となる。 築40年の実家、その空調の中でも暑さが体に影響を与えるのか、 日中の気温上昇に伴い、母は息苦しさ・胸苦しさを訴え始めた。 午前中は落ち着いていても、昼も過ぎると状態に変化が出始める。 「呼吸が [続きを読む]
  • 強攻の背景
  • (平成28年)現在、このデイサービスには自社HPの存在が確認できるのだが、 代理人との交渉が始まった平成26年前半頃は、業務の紹介はフェイスブックを 通じての発信が主だったようで、まだHPは開設されていなかった。HP案内が 確認できるのは平成26年夏以降のことになる。 新センター長面会からの帰宅後、私は代理人の弁護士と新センター長を含めた当事者達の 名前をネット検索に掛けてみた [続きを読む]
  • 決行の顛末
  • 自分が責任者の任に就いた施設でその前年、弁護士が代理に立って交渉する程のトラブルがあった。 その利用者家族が自分達の立場からの主張も聞いておいて欲しいと、記録物を持って目の前にいる。 契約解除といっても手続き自体まだこれからで、民生委員が横でずっと経緯を見ている。 今後、この地域の老人相手にリハビリセンターの施設責任者を務めていく立場となれば、 自分が指定・約束した時間にやって来 [続きを読む]
  • 過去の記事 …