おてんとうさんのつぶやき さん プロフィール

  •  
おてんとうさんのつぶやきさん: おてんとうさんのつぶやき
ハンドル名おてんとうさんのつぶやき さん
ブログタイトルおてんとうさんのつぶやき
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/toku2184
サイト紹介文特定行政書士・マンション管理士・海事代理士・知的財産管理技能士等が生業の巷の一介素浪人のつぶやき
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/11/02 07:18

おてんとうさんのつぶやき さんのブログ記事

  • 認定マンション管理士
  • 『認定マンション管理士って マンション管理士とは 違う資格ですか?』という問いかけを受けたりしたので 極く概略を述べさせていただきます世には 認定○○士  特定○○士 など 国家試験資格名の前に付する 独特の呼称があったりしていますが極く最近登場の 認定マンション管理士 というのは (一般社団法人)日本マンション管理士会連合会においての 部内における制度で誕生した呼称です極く簡潔に表します [続きを読む]
  • とっても特異な仕組み
  • 以前にも 述べた話題ですが 「管理組合法人」のことについてまず 「管理組合」 という言葉ですが 世には この言葉が登場する分野は 相当数あり得るような感がありますが私の知る限り 一般的に 法的には ≪管理組合 という場合は マンション管理組合のこと≫と言えそうですし 登記関係でも 「管理組合法人登記」という場合は マンション管理組合のために用意されている登記制度です私自身も 管理組合の法人化 [続きを読む]
  • 提案の品揃え
  • 最近の依頼で ある共通項?のようなものを感じてなんとなく 大切に覚えておこう と思ったことがあったことでしたひとつは ≪法定相続情報証明制度≫利用に関する依頼のこと私の場合は 行政書士資格と海事代理士資格で 代理人として関与することができ 法務局窓口で申出業務をする機会が少しばかり 増えてきました今までは 職分のことから 法務局で知人に会うと 場合によってはなんとなく速く要件を済ませて アッ [続きを読む]
  • 条 文
  • コーヒーをいただきながらの しかし 緊張の相談の会話                                    「損害賠償をしろ と 言われているのですが こういったケースでは どの範囲のものを どれほど償えばいいのでしょう?」『そうですね 物事っていうのは A があったからBが起きてB があったので C の範囲のことも起きて 風が吹けば桶屋が儲かる じゃありませんが連鎖の拡大と [続きを読む]
  • 強いショックを覚えて
  • 障害者の方とは身体障害・知的障害・精神障害(発達障害を含む)その他の心身の機能の障害があるため 長期にわたり 職業生活に相当の制限を受け 又は職業生活を営むことが著しく困難な人たちです一時 「障害」という記述ではなく 「障がい」 という表記を用いることとしよう というような動きがあったと思うのですが 今 国で用いている表記は 「 障 害 」 とされているようですこのあたりも ? という思いもします [続きを読む]
  • 相談の極く一般的な例
  • マンション管理の相談といっても 実際は どんなことが起きていてどんな回答をするのですか?というお訊ねがあったりするので似たようなことをここ数年に問われたこと モデルとしての一般的な一例 として挙げてみます「相談内容の概要」入居して数年の組合員なのだがペットを飼うことはできないとの案内だったので 購入した実体は 自由にどうぞ という状況 飼われている大きな犬がマンション階段にいたり ビックリ [続きを読む]
  • 人生100年時代とは
  • 一般に用いられている区分では高齢化率が7パーセント超 「高齢化社会」    14パーセント超 「高齢社会」    21パーセント超 「超高齢社会」と いわれます総人口に占める65歳以上人口の割合が高齢化率ですが 平成28年現在では27.3パーセント(平成29年版高齢社会白書「内閣府」)とされておりまぎれもない超高齢社会の わが国この高齢化率は2036年に33.3パーセント(3人に1人)       [続きを読む]
  • 基幹事務の正体
  •                     基幹事務 とは ?マンションに住んでいる方達が 管理業務を委託する場合に管理会社が為すべき業務の中心にある事務のことでこの中心の事務を内容としていないと 国に登録している管理業者としての契約とはならない仕組みになっています管理事務 マンションの管理に関する事務であって、基幹事務(管理組合の会計の収入及び支出の調定及び 出納並びに マンション(専有部 [続きを読む]
  • 頭数
  • マンションでの生活関係(区分所有関係での代表的な例)は単なる利益集団生活 とは表現し難く ある程度の共同生活を営むあるいは営まざるを得ない性質をもっている 団体生活の面を抱えています共同利益 というものを考えなければ 良好な住人同士にはなれないでしょう運営上 物の所有者の集まりなのだから議決権の大きさを通して共有持分の大きさを反映する意味も必要でしょうが 他方で持分の大きさとは無関係に 全員 [続きを読む]
  • 争いごとというもの
  •         前回のブログの 続編のような 本日のブログです平成29年12月18日に最高裁で重要な判決がなされ それに関しては私も 以前 2017・12・21ブログに掲載させていただきました会社法に 会社の組織に関する訴えの規定( 無効事項 と 取消し事項 等々)という部分があります第7編 雑則 第2章 訴訟  第一節 会社の組織に関する訴え一般社団法にも同様の規定があります第6章 雑 [続きを読む]
  • 国家間だろうがマンション住人間であろうが
  • 「マンションの価値は 建物施設などの物的なものと管理運営状況とか組合員間の管理運営における意見表明・調整の場のあり様とか(総会とか理事会とか あるいはそれら以外)を含んだ 総合的なものと考えられます当然のことですが 内部で分裂あるいは ほぼそれに近いようなマンションに心を置いて住みたいと思う者は おそらく無いでしょう顔を合わせるたびに 一つ屋根の下で睨み合うような日常考えただけで ゾッとし [続きを読む]
  • 少年と海
  • 海事代理士という資格を持ってはいますが関連業務は 残念ですが それほど こなしていませんがそれに関連した周辺業務をしていたら『・・・中学を卒業したら 漁師になって 深夜の海にも出て汗をかいた後 オリオン座を見あげながら 缶コーヒーを飲むんだ  ボクの夢なんだ なんてことを 息子に言われて・・・ある意味うれしいような 本気なのかと心配なような・・・』と お客さんとのプライベート話に 流れて行き心 [続きを読む]
  • たんたん と
  • 切磋琢磨して積み重ねた知識も 試験現場で解答用紙に登場させ得ないのでは悲しく 淋しすぎるケッコウある症例?は 試験前日に寝つけない結果 当日会場で 脳内ボヤーーン状態での受験終了『試験の前の日 どう工夫しても 寝つけなくって・・・なにかいい方法って ないものでしょうか ? ハタケヤマさんは どんなふうにして 前日を過ごすのですか?』要するに 試験を前にしての 昂揚 のなせること では・・・ [続きを読む]
  • 姿が変わるとき
  • 中学校の頃は 自分の最後のことなんぞコレッポッチも想像したことがなかったけれどさすがに年月が経ると・・・例えが少々?相応しくないかもしれないが築年数が30以上とか 40をも超えたとかの建物が増えてきてマンションの終わり頃のことも 最近は話題にすることがさすがに少し増えてきた感じがします私個人は 以前から いつも 気になっていたことでしたが・・・マンションに関しては(今と違う建物になる) [続きを読む]
  • 壁の正体
  • 久しぶりの ブログになりましたビックリするほどの 速さで 今 平成30年の月日も流れていることを実感この 時間の過ぎ行くことに対する感覚というのは 実に不思議なものだなーと あらためて 人間の五官と五感との絡みを含めて 思ったりした 本日でしたときには ユッタリと ボヤーンと ホンワリ 余裕の思いの時を抱えての年月もあったかなー そういえば あったような? と 事務所の窓から 天気雨の空を見つ [続きを読む]
  • 相続させる ということを考えると
  • 本日も 硬い話です例の「相続させる」という遺言の 意味について です例の なんて言われても おおよそ ナンノコッチャ という方がホトンドだとは思いますが いわゆる法律系の資格業の世界では なかなか悩ましい 手強い理解どころではあります(すくなくとも 私にとっては おおいなる疑問を持ちつづける学習範囲)話を 少しでも理解しやすいように ここに 対象物をY という土地とします相続関係人として [続きを読む]
  • マンション管理士等派遣事業
  • 花冷えが続く当地ですが皆さまのところは いかがですか最近 ようやく ?? マンション管理士の位置付けのこと国が なぜ この国家試験を設ける必要に迫られた?!のかということあたりの理解というか関心が ほんの少し(当地方でも) 広まりつつあるかも・・・という雰囲気を感じることが 増えてはきましたもっとも 未だに“ マンション管理士って いわゆる マンション管理人さんですよ ネ ”というセリフも  [続きを読む]
  • 制度の動きの多さ
  • 近年 マンション関係の広い意味での指針と理解されるものの動きが多く学習を絶やすことなど とても できそうもない? まず しばらく いろいろあるだろうなー という思いがある  いよいよ 建物老朽化が顕在化していき 災害などが多いし住民の高齢化の影響も ますます顕在化 住政策と国の他の諸々の施策との絡みも複雑(民泊のことに限らず)マンション政策に 落ち着きがない というか なさ過ぎるような致し方な [続きを読む]
  • これからの相続
  • 少々長く 堅い話なので よかったら サックリと 流し読みでもしてください相続に関する話です被相続人は遺言で 相続分の指定ができる法定相続分の修正ができる遺贈とは 遺言によって無償で財産的利益を他人に与える行為相続とは違い 法人も受遺者になることができる相続人であり かつ 特定遺贈の受遺者でもあるものは 相続については放棄して債務を逃れ 遺贈については受遺者として相続人の財産を取得すると [続きを読む]
  • 今と昔の資格受験時代
  • いろいろな資格試験との付き合いの私の人生です ともに歩いてくることができた というか ともに歩かざるを得なかった というか 歩かされた とでも言うべきか・・・?係わりがあるのは7個ほどの国家試験とその他準国家試験のようなものと民間資格など さまざまですが 6個挙げてみました保持していても 実務上で 日々 学習の相棒さん達ですそれぞれに 愛着?があり 受験した経験上で感じたことを極く簡潔に記し [続きを読む]
  • 平等ということ
  • タイトルからすると とても硬い話のような雰囲気で記し始めました・・・がとても身近で ときどき ムーンとうなってしまいそうな なんとも奥の深い ような? そんなには悩む必要などないような シンプルなことのような・・・本日は そんなような内容になってしまって・・・外貌の男女差別 ということが裁判になったことがありました概略は・・・男女の性別によって著しい外貌の醜状障害について5級の差がある。性別が [続きを読む]
  • 言いたい放題?
  • いまだに忘れられない 自身に教訓となった苦い経験は けっこうな数に上りますがそのうちでも 特に忘れられないのは[○○の壁]という出版物のこと日本有数の大学の教授が著した(実際は口述とのこと)おおいなる関心をもって読ませていただいたのだが 途中でムムム なんだこれは??その感情は ついに そのまま 最終ページまで続きガッカリ というか 虚無感だけが残るような ガックリ感 脳内に満杯○○○万部発行の [続きを読む]
  • ある思惑
  • 艶歌も JAZZも クラッシクも ポップス(今はこういう言い方じゃないのかな?)もロックも 新内もある意味節操もなさすぎる?くらいにミュージック好き人間で一番はJAZZ なのですが朝は なぜか ドビッシーの <夢><月の光>中学校の音楽の時間に聴いた ハイドンの <弦楽四重奏 皇帝 第二楽章>あたりからのクラッシックが先行して ささやかに 事務所にBGMを流しますそうすると 今日も行こうぜ と [続きを読む]
  • 日の名残り という言葉と
  • 昨日は 某マンション保険関係での 管理運営診断報告もののお仕事本日は わが(一社)茨城県マンション管理士会の一員として 水戸市でのマンション管理運営相談会担当マンション管理士としての仕事が続きますもっとも <マンション管理士>という国家資格は 名称独占資格なので同様の業務内容は 他の方々との競合の世界です端的に言うと マンションにかかわる物的なものと 組織的・人的な管理と2面の管理があると [続きを読む]
  • 気まぐれなブログでゴメンナサイ
  • オジイサンの戯言かも知れないこととして どうか 許して欲しいのだけれど・・・山下達郎の ライド・オン・タイムは すごい曲だと 自分は 思うその 山下達郎が一番愛する映画は[ 人情紙風船 ]だとは 畏れ入った自分の感覚と あまりに ピッタリだったからいくら時代を経ようとも イイナー と思える曲の一つ                [ライド・オン・タイム] 山下達郎いくら時代を経ようとも イイナー  [続きを読む]