今なにしてる さん プロフィール

  •  
今なにしてるさん: 今なにしてる
ハンドル名今なにしてる さん
ブログタイトル今なにしてる
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tomys800
サイト紹介文カメラ・時計修理などについてご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/11/03 10:37

今なにしてる さんのブログ記事

  • PEN-FTに戻りますの巻
  • 中古市の作業はまだ続きますが、お待ち頂いていた直接ご依頼のPEN-FTをやっておきます。#3014XXと後期型の個体は非常にきれいです。あまり使用されていませんね。巻き上げのゴリツキとファインダーの汚れ・・接眼枠が欠けていますけど交換しなくても良いのかな?一見、未分解機とも思いましたが、メンテナンスを受けていますね。接眼プリズムなどは清掃されているのですが、プリズムは手つかずです。これでは意味がないの [続きを読む]
  • いろいろやってます(2)
  • コニカC35 FDのブラックモデル。きれいなんですけどね。残念ながら露出メーター不動です。また、コンパクト系はモルトを多用していて惨憺たる眺めになっている個体が多いですが、このモデルは非常に貼りにくい・・メーターを修理しました。画像では針が動いて見えませんね。コニカのファインダーは白く汚れているものが多いですね。対物レンズの2枚貼り合わせの間の汚れが取れませんので分離します。殆ど使用されて [続きを読む]
  • いろいろやってます
  • 世の中、お盆休みに入っているのでしょうか? 私はいろいろやっていますが、土曜日は浅草の早田カメラさんに行った帰りにカミさんと東京スカイツリーに寄ってみました。貧乏人なので初めて行きましたが、小学生の時に登った東京タワーのような感激はありませんでしたね。暑いのでさっさと帰ろ・・で、いろいろやってはいるのですが・・マミヤスーパー23のファインダーを清掃しても曇りが取れない。対物と接眼レンズが曇っているんで [続きを読む]
  • RICOHFLEX のオーバーホールの巻
  • 二眼レフを二台ほどやりますが、その前に、スイスで私の好きなドイツの大戦機のユンカースju52が墜落したそうですね。じつは数日前にYouTubeで遊覧飛行の様子を見ていたのですけど、いくら現在の整備を受けている機体と言えども、このような貴重な機体を遊覧飛行に使うのはどうかと思います。日本に里帰りをした零戦を遊覧飛行に使うようなものですからね。過去にも現存数の少ないイギリスのモスキートも墜落して失われています。 [続きを読む]
  • PEN-S3.5の巻
  • 忙しいのでタイトルに何のひねりもありません。#1259XXと3.5としては初期の方の個体で、2.8の仕様と全く変わりません。一応、ハイアマチュアさんがO/Hをされた個体だそうです。まぁ、ほどほどですかね。ほどほどの先は経験が必要なのですよ。ヘリコイドグリスは変なグリスを追加されていましたが、シャッター自体は未分解です。シャッター羽根に油が回って不動の状態でしたが・・ハウジングのプレート裏に大量の油があります。この [続きを読む]
  • SEIKO 61GSスペシャルの巻
  • 8月に入って猛暑が続いていますが、みなさん大丈夫ですかぁ? 。じつは、私は多少夏バテ気味です。そこに、ありがたいことに、カメラ修理と腕時計の修理ご依頼を多くいただいておりまして、さて、大丈夫かいな? という感じです。まぁ、ボチボチ作業をして行くしかないのですが・・で、少し前にご常連さんから複数の時計が来ていました。今回は、その中の1つだけ手がけることにします。61グランドセイコー・スペシャルです。発売当 [続きを読む]
  • YAMAHA RZ250の巻
  • エフトイズから食玩のYAMAHA RZ250が30日発売とアナウンスされていましたが、今日(29日)はイオンが5%引きなので食玩コーナーへ寄ってみましたら、ありましたよ。大手量販店は一日早く並ぶんですかね。今回は中身は全て一緒でカラーバリエーションのみの違いなので、手による軽量は意味がありませんので、一番手前(まだ1つも売れていなかった)の並び2つをGETして来ましたよ。さて開けて見ましょう・・バリエーションは豪州仕様やYSP [続きを読む]
  • PEN-Fの次はまたPEN-Fの巻
  • 本題の前にバイクお友達のLumpProofさんから残念な訃報が入りました。月刊モーターサイクリスト誌などでイラストをお書きになっておられた摺本好作さんが膵臓癌のためお亡くなりになったとのことです。私たち60年代から70年代のオートバイ好きはバイク雑誌にはモーターサイクリスト派とオートバイ派がありまして、私はモーターサイクリスト派だったんですね。毎月掲載される摺本さんのイラストにはワクワクして大好きでした。あ [続きを読む]
  • 当分PEN-Fなのだの巻(2)
  • ?どこまで続く泥濘ぞ三日二夜食もなく雨降りしぶく鉄兜かぁ。。またPEN-Fに戻りました。すでに本体とカバーの洗浄は終わっています。シャッターユニットは固着状態です。では分解します。シャッターを修理して次はリターンミラーユニットも正常に作動しません。当初はバネが折れているものと判断していましたが・・・あれ〜、ロッドが折れていますね。この不具合は私も過去に経験がありません。基本的にカシメで組まれている [続きを読む]
  • 最近珍しいPEN-Wの巻
  • 最近PEN-Wは少なくなっていますけど、しかし、マニアさんは確実にいらっしゃるのです。すでに別のPEN-Wをお持ちのオーナーさんから来ました。塗装は前面は、ほどほどですが、裏面の劣化が激しいです。基本的に未分解ですけどレンズ回りは開けられているようです。ファインダーはお約束の曇り具合・・駒数ガラスのクラックもお約束ですね。シャッターも未分解でしたが、一応正常に作動しているのは極めて珍しいことです。すべて [続きを読む]
  • 最近珍しいPEN-SCALEの巻
  • 「遅れて来たペンマニア」さんが何やら見つけて来ましたよ。PEN-SCALE(距離計)ですね。クラカメブームの頃も見つけるのは大変でしたが良く見つけましたね。貴重なケース付。しかし、コンディションは良くありません。元々、グリコのオマケみたいな作りだったので精度は期待できません。二重像も全く見えませんね。基線長は30mm。測定範囲 0.6m〜5.0m PENなら目測で充分な気が・・ダイヤルが僅かしか動きません。取付シューの [続きを読む]
  • 1台PEN-FTを挟むのだの巻
  • 最近、食玩のエフトイズに大戦物が出ていなかったですけど、二式単戦(鍾馗)とP-40の組合せで発売されました。いつもの手の勘による重さ計量法では殆ど差がないので、P-40より胴体が太いから重い方かな?と思いましたが、翼の大きさはP40の方が大きいしなぁ? ええいヤマ勘で選んだら鍾馗が出ました。無塗装が欲しかったのですが、迷彩塗装の明野飛行学校の機体です。製作は中島飛行機でキ43一式戦闘機「隼」と同じ小山技師長のもと [続きを読む]
  • 途中もPEN-Fなのだの巻
  • 不思議なもので、PEN-FをやっているとPEN-Fが集まってくるんだね。この個体はお父様が所有されていたものだそうで、30年間もミラーアップ状態であったとのことです。それを3か月前に近くのカメラ屋さんに持ち込んで少し使っていたら、またミラーアップをした。とのことです。問題はミラーボックス内に油が染みていることです。たぶんカメラ屋さんで油を点したんでしょうね。自転車じゃないんだからそんなことしちゃダメ。スクリー [続きを読む]
  • 当分PEN-Fなのだの巻
  • 中古カメラ屋さんからのご依頼で、大量のPEN-Fをオーバーホールすることになりました。まずは1台目。すでに作業を終えて前板と合体します。次は2台目という感じで続けて同じ作業の繰り返しのためUPをしても意味がありませんので、しばらくの間、別ネタを挟む時以外は更新を省略しますのでよろしくお願いいたしますね。これは次の個体。みなさんからご依頼のカメラは、基本的に現役作動していたカメラが中心なわけですが、 [続きを読む]
  • OM用ズイコー50mmの巻
  • 簡単にUPです。ズイコーレンズは接着が強く、分解不能の個体もあるので厄介です。この50mm f1.8はなかり後期の製造ダイブのため初期型とは全く構造が異なりますね。絞り羽根に油が付着しているので清掃をします。初期型と比べて樹脂部品の採用が進んでいます。絞り羽根押さえも樹脂製です。押さえを取り除くと絞り羽根が現れます。絞り羽根と内部の脱脂清掃をします。洗浄をしたシボリイタをセットします。前群の裏側 [続きを読む]
  • 二眼レフZenobiafleXの巻
  • 二眼レフはA〜Zまでの多数のメーカーが存在したとか。このカメラは1956年、ゼノビア光学が製造したゼノビアF-Ⅱというローライコードのコピー機らしい。珍しいモデルのようで、オーバーホールをして行きます。反射ミラーはかなり劣化をしているようです。二眼レフの内部は外部からのホコリやゴミの混入が多く、ヘリコイドグリスと混じって清掃が大変。あまり好きな作業ではありません。反射ミラーを清掃してみましたが・・ [続きを読む]
  • USN BUSHIPSの巻
  • 最近は忙しくて自分のセイコー・スピードタイマーの部品は揃えてあるのですが、なかなか手が付きません。ご常連さんから興味深い腕時計が来ていますので久しぶりに腕時計をやります。この時計はWW2の頃に米海軍の特殊部隊が機雷などの除去をする潜水爆破部隊が使用していたモデルとのことですが、ケースがきれいで時代がありませんね。オーナーさんによると、近年、アメリカでケースが復刻をされたようで、中身の機械は他のモデル [続きを読む]
  • さて仕事するかPEN-FTの巻
  • 少しサボりました。と言っても遊んでないもんね。裏で色々やっていまして、今日も二眼レフを3台持ち帰りました。あ〜ぁ・・では、FTから作業をして行きます。#3170XXですから良い頃の個体なのですが、革ケース保管がいけません。クロームメッキの腐食と・・フィルムレールの腐食。ハーフミラーも、この頃の普通の劣化ではないですね。では、分解をして行きます。シャッターユニットを洗浄して点検をしています。摩耗は少 [続きを読む]
  • 中古カメラフェアの巻
  • 明日29日(火)まで渋谷の東急東横店で開催されている「世界の中古カメラフェア」に行ってみましたよ。デパート内なので撮影が出来ないのが残念ですが・・I.C.S輸入カメラ協会の主催なので、舶来カメラが中心ですので国産のPENなどは僅かに見かける程度でした。会場で聞こえてくるのは中国語です。中国人のバイヤーが買付に来ていて、ショーケースのカメラをまとめ買いなど大量購入が目立つようです。日本のクラカメブームの時は世界 [続きを読む]
  • 保管が良かったらなぁPEN-D3の巻
  • 遅れて来たペンマニアさんからPEN-D3が来ています。この方は主に元箱付きの美品を収集されていますが、今回は元箱はないのですが、保管さえ良かったら美品だったろうに、という残念な個体です。#2576XXと後期のEL(イージーローディング)タイプとなっています。確かに、殆ど使用されていない個体ですが、革ケースに入っていたため小キズは無いが湿気でメッキの腐食があるようです。レンズは前玉すり傷と汚れ、後玉は持病の曇りが [続きを読む]
  • EXAKTA VXのシャッター幕交換の巻
  • 途中からです。旧東独のイハゲー社が製造したエキザクタVXです。一眼レフの元祖カメラですね。で、シャッター幕が劣化をしているので交換をすることになりました。カメラのメカ本体はケースから上にスポッと抜けます。おもしろいのは、スローガバナーとセルフタイマーが同じゼンマイによって作動することです。ダイヤルの操作でスローシャッターとセルフタイマーになります。先幕はすでに製作されたものがあります。後幕は [続きを読む]
  • MシステムのZuiko 135mmの巻
  • 関東地方は急に蒸し暑くなって夏のようです。ブログの裏で別の研究やら庭仕事などをやっておりまして、ブログの更新が緩慢になるかも知れません。m(__)mでと、オリンパス M-1用の135mmですけど、絞りの前のレンズに多量のチリが付着していてそれの清掃です。レンズ自体にはカビやコーティングの劣化はありませんでした。これは設計上の問題でしょうね。黒いリングの裏側が絞りカムになっていて、シャッターを切ると、このリン [続きを読む]
  • これは美品だねPEN-FVの巻
  • ご常連さんから、暖かくなったのでカメラの整備ということで、PEN-FV #1301XXが来ていますが殆どフィルムを通していないのでは? という美品です。作動に問題はなく、特に不具合はありませんが、巻上げのゴリツキは出て来ている感じです。では、O/Hをして行きますが、特に取り上げることも無いと思いますね。本体を洗浄して組み立てて行きます。スプロケット軸の上側にウェーブワッシャーが入りますが、これは初期型には入っていま [続きを読む]
  • SEIKO サードダイバーのミステリー?の巻
  • 腕時計を続けちゃいますね。セイコー・サードダイバーの6309-7040不動の修理ご依頼です。オーナーさんのお父様が時計屋さんで、店にあったタグ付き新品を使い続けていらしたとのことですが、このモデル輸出向けだと思うのですが、国内にも流通していたのでしょうかね?なんでもガラスの内側が水滴で曇ったので、ドライヤーで乾かしたら動かなくなった(お〜怖)とのことですが、観察すると、ヒゲゼンマイが伸ばされています。これでは [続きを読む]
  • BROVA ミリタリー 11AFCの巻
  • ご常連さんからPEN-FVと一緒にミリタリー時計が来ましたので先にやりたいと思います。ブローバのミリタリーウォッチMIL-W-3818Aと言うモデル。キャリバーは11AFCのSweep Secondです。竜頭が抜けたとのことで、オシドリの緩みかと思いましたが竜頭から巻き芯が抜けていました。「抜ける?」巻き芯側にはネジは切られていません。竜頭側はネジの痕はありますが削られているようです。オリジナルの構造は知りませんが、竜頭側に欠けた [続きを読む]