シエスタ さん プロフィール

  •  
シエスタさん: シエスタの庭
ハンドル名シエスタ さん
ブログタイトルシエスタの庭
ブログURLhttps://ameblo.jp/grace1225/
サイト紹介文明日海りお様、朝夏まなと様メインに宝塚LOVE。基本は全組観劇。珠城りょう君、縣千君にも注目。
自由文初恋ジェンヌは涼風真世様。長い中抜けを経た出戻り。明日海りお様、朝夏まなと様が続々トップ就任で破産の足音が迫る…(切実)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供316回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2014/11/03 15:14

シエスタ さんのブログ記事

  • 神はいるのか?(花組『MESSIAH−異聞・天草四郎−』感想)
  • 花組『MESSIAH−異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN−百花繚乱−』の感想です。『MESSIAH』は観る回数を重ねるたび、胸に深く沁み込んでくるドラマです。初日は「四郎さん、そんな処から登場?」「この演出すごいなぁ」とか、内容より段取りに気を取られがちでした。ところが、2回目から、私の中の深部に響き始めまして…。かなり四六時中、MESSIAHに触発された事について考えています。劇場・行き帰りの電車・自宅・通勤時な [続きを読む]
  • 明日海の日 & 年度賞
  • 明日は、海の日。明日海の日が、今年もやって参りました。本日2018年7月15日は、明日海Love友のYちゃんのお誕生日。おめでとうございます。ちょうど観劇に来ていたYちゃん、Mちゃんと一緒に観劇→ランチ→殿堂と楽しい時間を過ごしました。殿堂では、ちょうど『ポーの一族』の衣裳展示ですしね。3人で写真バシバシ撮りまくり。ポーの一族といえば…!2017年度の団体賞を、花組『ポーの一族』が受賞。しかも、公演全体と出演者 [続きを読む]
  • ビバ!タカラジェンヌ(縣千)
  • 今日は2018年7月13日ですが、話題は9日(月)に遡ります。ラジオ関西『ビバ!タカラジェンヌ』放送。パーソナリティは小山乃里子さん。ゲストは雪組の縣千。話題は主に『凱旋門』新人公演について。 ラジコを利用すれば、一週間以内なら過去放送も聴取できます。よかったら、どうぞ。…って、私も教えてもらっての事ですが。地域によっては有料版でないと聴けないそうですし。正直、ここのところ、縣くんには驚かされっぱなしです [続きを読む]
  • 月組エリザベート集合日、発表いろいろ
  • 本日2018年7月10日(火)は月組『エリザベート』集合日……って、もう?つい先日まで、外箱公演でしたよね?休む暇なさすぎ。昔はもっと、公演と公演の間にお休みがあった…のに…。(25年くらい前との比較です。データが古すぎるかしら…)今は大劇場公演のほかに、東京宝塚劇場でも必ず上演し、さらに大劇場+東京宝塚公演の間は、外箱での公演が組まれています。心身を休める暇がなさすぎる気がします。劇団さんは色々と考えて [続きを読む]
  • 花組『メランコリック・ジゴロ』主要キャスト発表
  • 花組2018全国ツアー『メランコリック・ジゴロ』一部の配役が発表されました。ダニエル:柚香光スタン:水美舞斗ティーナ:華優希フェリシア:舞空瞳ダニエルとスタンの配役は、100点満点中、300点!!柚香光&水美舞斗の同期コンビは、宙組の朝夏まなと&真風涼帆に続き、息の合った悪友ぶりで魅せてくれるはず。ダニエル柚香とスタン水美……この配役、最高です。ありがとう、劇団!!あとは、チケット当てて下され。華優希がフェ [続きを読む]
  • 月城かなと主演『THE LAST PARTY』感想つづき
  • 月組・月城かなと主演『THE LAST PARTY』の感想つづき。★CHEEK to CHEEK劇中で、フィッツジェラルド(月城かなと)が愛娘・スコッティ(菜々野あり)と踊る曲。そして、フィナーレショーで月城&海乃美月で躍る曲。どちらも、『Cheek to Cheek』でした。フレッド・アステア&ジンジャー・ロジャース主演映画『TOP HAT』挿入曲。時代を象徴する名曲であると同時に、ロマンティックなダンス・ミュージック。奇しくも、朝夏まなと& [続きを読む]
  • 月組・月城かなと主演『THE LAST PARTY』ドラマシティ千秋楽を観て
  • 2018年7月7日(土)、8日(日)と月組観劇ウィークでした。7日(土)は愛希れいか主演『愛?聖女』千秋楽ライブビューイング。今更ながら、ちゃぴが可愛すぎて、ずーーーっと観ていたかったです。ジル・ド・レ(紫門ゆりや)の貴公子っぷりにもクラクラ。ジャージ姿が新鮮なちゃぴ、奇しくも私もスポーツウェア姿でした。豪雨の爪痕が残る中、雨合羽に雨靴の装備で参戦。濡れても乾きやすい素材のスポーツウェアは快適でした。 [続きを読む]
  • 2019年 外箱スケジュール発表
  • 今日2018年7月5日(木)は、東京公演中の星組『ANOTHER WORLD』新人公演なんですね。天華えま&星蘭ひとみの主演コンビと、「礼真琴が新公に出てる?!」と混乱しそうなほど琴ちゃんをトレースした驚異の研3が固めるメインキャスト陣。きっと楽しい舞台になったことでしょう。例のアドリブ箇所(宝塚歌劇団をネタにした…)が気になるところ。星組の新人公演って、本公演で礼真琴が演じる役に抜擢される若手が、高確率でめっけ [続きを読む]
  • 関西ローカル『よーいドン!』に朝夏まなと出演
  • 7月に入っていますが、6月を振り返ります。6月29日(金)関西テレビ『よーいドン』に朝夏まなと登場。VTRを見ながら、レギュラー陣と共にコメントを出すスタイル。まぁ様は、肩先に当たるかな?…という長さの、ゆるふわウェーブ。肌は白く、みどりの黒髪。上品で控えめな、可愛らしい女性でした。おそらく、こちらのまぁ様が素なんだろうなぁ。宝塚でのまぁ様も、まぁ様の素晴らしい側面でした。ただ、お仕事モードというか、プ [続きを読む]
  • 雪組『凱旋門』新人公演ステージトーク(縣千、潤花)
  • 7月になりました。でも、ちょっくり時間を巻き戻し、2018年6月29日(金)にターイムスリップ!…はしませんが、思い出しメモメモ。雪組『凱旋門』新人公演ステージトーク開催。出演者は、縣千(101期・研4)と潤花(102期・研3)私は過去2回ステージトークを観覧し、3回目。過去2回とも、それぞれ面白かったのですが、今回は何というか…本当にずっと笑ってた気がします。過去2回はかなり詳細にレポートを書けたのに、今回 [続きを読む]
  • 雪組『凱旋門』新人公演を観て(潤花、綾凰華、縣千)
  • 雪組『凱旋門』新人公演の感想つづきです。★ジョアン(潤花/102期・研3)本作のヒロイン・ジョアン。 潤花は、ジョアンを生きていました。天真爛漫で、無邪気。己の感情にとことん素直。ちょっとズルくても、悪びれない。弱さを武器にする、無意識のしたたかさ。でも憎めない、魅力的な女性。軽やかなダンス。愛らしく、情熱的なジョアン。潤花の持ち味と演技力がミックスした、絶妙な味わい。歌は課題ながら、演技はナチュラ [続きを読む]
  • よーいドン!(6/29放映)に朝夏まなと登場
  • 明日6月29日(金)関西テレビ『よーいドン』に朝夏まなとさんが登場するそうです。朝夏愛人会メンバーが教えてくれました。ありがとうございます。関西ローカルなので観れない方も多いとは思いますが、念のため。6月30日(土)深夜(日付変わって7月1日になるけど)、NHK-BSにて、雪組『ひかりふる路』と『Super Voyager』放映。こちらは衛星放送だから、これまた観られる方は限られますが…。『凱旋門』新人公演でちょっと灰に [続きを読む]
  • 雪組『凱旋門』新人公演を観て(上田久美子、縣千)
  • 2018年6月26日(火)雪組『凱旋門』新人公演を観てまいりました。出演者・スタッフの皆様、お疲れ様でございました。指導して下さった上級生の方々、ありがとうございました。(立ち位置…)はい。 では、感想へ移ります。まずは、この方から。★演出・新人公演担当:上田久美子縣くんの開演アナウンスで『演出、新人公演担当・上田久美子』と流れた瞬間、「同姓同名の新人さん、入った……?」いいえ、違うでしょう。あの、上田久 [続きを読む]
  • 誕生日おめでとう、明日海さん
  • 6月26日は、明日海りおさんの誕生日。みりお様、お誕生日おめでとうございます。年々、凛々しさと色香を増していく明日海さん。華奢な体格や、愛らしい顔立ちを備えながら、気がつけば、骨太な大人の男性を表現できる男役に成長されていました。深みを追究した演技力と声、曲線を極力削ぎ落した肉体。何より、ストイックで高みを目指す精神性。フェアリー系と言われた日々を経て、いまや正統派男役に。正直、驚いています。(今も [続きを読む]
  • Happy Birthday Eve 明日海りお様 & 歌劇6月号感想
  • 明日6月26日は、明日海りお様のお誕生日。今日は、明日海さんのバースデイ・イヴ。イエス様のお誕生日も前日からお祝いしますものね。ショー『Sante!!』でイエス様に扮してらしたし、明日海さん。…って、かなりこじ付けました。(おい)お祝いモードが溢れてしまったもので…。前夜祭でもしないと納まらないわ。(←気持ちが)26日は明日海さん、次回大劇場公演『Messiah』のお稽古ですね。きっと、相手役のゆきちゃん(仙名彩世 [続きを読む]
  • 二人の天比古(花組・博多座『あかねさす紫の花』)
  • 今更ですが、まだ語り尽くせてかい花組・博多座『あかねさす紫の花』二人の天比古について。★Aパターン天比古:柚香光れいちゃん、天比古に合ってたと思います。まず、みずらを結った少年時代。素直で真っ直ぐ、感情ダダ漏れ。ワンコです、ワンコ。額田女王(仙名彩世)が大好きで。仏師を目指してて。大好きな額田様の面影を写した菩薩像を彫りたい。それが夢。それから、5年後。額田女王が大海人皇子に嫁し、姫君を出産。その [続きを読む]
  • 望海ヒロシ猫の悩み
  • 地震翌日・2018年6月19日(火)15時公演をみた友人より教えてもらった事です。雪組生は、早くも通常運転モード。華やかな舞台を、元気いっぱいに。ショー『ガートボニート』にて、望海風斗の名物・ヒロシ猫のアドリブ。ニュアンスなので、正確ではないかも…との事。こんな感じだった、という事で。**********でも、こんな僕にも悩みがあるんです。ねこっ毛なんです。雨の日、髪の毛ペタッてなったり。クシャってなった [続きを読む]
  • 地震当日の様子(地震と宝塚歌劇団)
  • 2018年6月18日(月)地震から3日経過。余震も減ってきましたが、気象庁は警戒を呼び掛けています。ほぼ推察で記事を書いてまいりましたが、当日観劇した方から少しお話を伺えました。場内はガラガラだったそうです。…が、雪組生は素晴らしい舞台で魅せてくれたとか。ショーでは、望海ヒロシ猫のアドリブは観客を気遣うものだったそうです。大変な中、来てくれてありがとう!僕もがんばるね!…みたいな。大変な中、熱演してくれ [続きを読む]
  • 人事を尽くして天命を待つ(地震と宝塚歌劇団/少し追記有)
  • 2018年6月19日(火)北摂はじめ、関西圏では交通機関やライフライン等、まだ混乱はあります。ただ、地域差はあるようですが。私ごとで恐縮ですが、阪神淡路大震災では震度6、今回は震度5を経験しました。阪神淡路大震災は1995年1月17日の明け方、5時頃に発生。直前に、ふっと目が覚めました。何か来る…?……と思ったら。大きな大きな横揺れが、長く長く続きました。バイキングという乗物がありますよね。例えるなら、あんな感 [続きを読む]
  • 地震と宝塚歌劇団
  • 2018年6月18日(月)今朝、北摂で大きな地震が発生しました。地震に遭った皆様に、お見舞い申し上げます。私もその一人ですが。とりあえず、無事です。…が、疲れました。…といった私個人の話は、ちょっと置いといて。宝塚大劇場の上演決行について、様々なご意見がありますね。これは、視点によって意見が分かれるでしょう。・1時間遅れの14時から上演します。・ご来場できない方には、チケット代を払い戻します。これは、劇団 [続きを読む]
  • 引き寄せの魔法(宝塚歌劇団の経営戦略)
  • 演目発表があるたび、なにかとザワザワしますね。うっかり、縣千祭りを開催しておりましたよ。だって……ねえ?外部メディア情報まで紹介できるなんて、なにごと?!いつのまに、縣くん?!……みたいな。新人公演とはいえ、宝塚大劇場で主演を張るってすごい事なんですね。つくづく実感しました。今に、いろんな雑誌にも掲載されるのかなぁ。あ、京都新聞に載るかも。宇治の観光大使になるかも…?!(※明日海りお様の履歴に当て [続きを読む]
  • あがた色を大切に
  • 今日は2018年6月14日。月組・月城かなと主演『THE LAST PARTY』開幕おめでとうございます。さっそく初日を観劇した友人が「さすが月組…!さすがれいこさん…!」芝居力の高さにうなっておりました。月城さん、本日付の日刊スポーツ紙に取り上げられております。電子版もあります。https://www.nikkansports.com/m/entertainment/column/takarazuka/主役のフィッツジェラルドは実在の人物。色々と調べたそうです。トレンチコートの [続きを読む]
  • 小さな恋の物語(雪組『凱旋門』)
  • 雪組『凱旋門/ガート・ボニート』感想は、89期のLoveっぷりと、縣千の事しか書いてないよ。でもま、ヴィーゼンホーフ(縣千)について、もう少し語ります。ヴィーゼンホーフは亡命者・ドイツ人の青年。同じくドイツからの亡命者・若く美しい人妻ルートと恋に落ちます。ルートを見つけた途端、笑顔になるヴィーゼンホーフ。曇天がパッと日が射したよう。不倫関係ですが、少なくともヴィーゼンホーフは、純粋に『好き』あまりにもピ [続きを読む]