ポン太社労士 さん プロフィール

  •  
ポン太社労士さん: カリスマ社労士 上川謙吾の軌跡
ハンドル名ポン太社労士 さん
ブログタイトルカリスマ社労士 上川謙吾の軌跡
ブログURLhttps://ameblo.jp/kenn670322/
サイト紹介文ポン太社労士こと、愛媛県の特定社会保険労務士 上川謙吾が、日々の出来事、思ったことをお送りします。
自由文こんにちは
 社会保険労務士の上川謙吾(ポン太社労士)と申します。

 愛媛県松山市で社会保険労務士(社労士)をしています。人事労務に関するコンサルティング、行政手続き、トラブル解決をサービスとして提供し、みなさまの社会生活を豊かにすることを業務としています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供391回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2014/11/03 19:01

ポン太社労士 さんのブログ記事

  • 6か月後に申請って、どういう意味が?!
  • キャリア形成促進助成金(制度導入コース)という助成金「現・人材開発支援助成金」がありますが、この申請の時期って、〇〇した日から6カ月後に申請ができるってなっているんですよね。 これって、なんででしょうね?やっと1件、その時期が来たと思って申請様式等見ていたんだけど、もう計画書出してから1年近くなります。 なんか、忘れるのを待っているような制度にも見えるんですが、どうなんでしょう? もちろん、私は表に [続きを読む]
  • 冬場と労務管理!!
  • 一気に冬の気配が・・・というか冬になった日本列島! 冬になると朝布団から出るのも気合が要りますし、何をするにも身体も心も動きが鈍くなります。 動きが鈍くなる・・・・そう、筋肉も本当にこわばるのでしょうね! そこで一番心配されるのが労災です。業務中の事故は労災になる可能性が高いです。 1.その事故が事業主の指揮命令下にあるときに起こったのか?2.その事故との業務との因果関係があるのか? 寒いと、筋肉はこ [続きを読む]
  • テレビドラマからだって学べる!!
  • テレビドラマだって、いろいろ勉強になることはあります。もちろん、バラエティー番組の低俗なのはだめですが、ドラマには見るべきものも!! 例えば、NHKの大河ドラマ。今は「おんな城主 直虎」。大きな流れは史実に沿っているけど、細かい部分は原作や脚本家の作ったストーリー。 そこに、まさにドラマがあるんですよね。戦に勝つだけが、勝ちではない。戦に負けても実質的な勝ちを拾う方法もあると。 物事に正しい方法とい [続きを読む]
  • 1日楽しむと、そのつけは翌日来る!!
  • 昨日は1日日帰り旅行で楽しんで来ました。 朝8時半に集合、それから今治のタオル美術館に行き、1時間ほど見学。11時には大島の千年松で豪華昼食。・・・・この昼食は昨日のブログで! その後、大三島まで行き、ウサギ島で有名な大久野島に。風が強くて寒かったですが、それなりに楽しめました。 元の集合場所まで帰ってきたのは17時半。予定よりやや早く帰ってきましたが、少し疲労感が。 そして、今朝起きてさらに疲労困ぱ [続きを読む]
  • 社労士会の勉強会日帰り旅行!!
  • 今日は社労士会の有志で作った勉強会の日帰り旅行でした。 行き先は「しまなみ街道」。題して「しまなみグルメツアー」です。 まずは、大島の千年松でランチを。もう、これが本日のメインイベント。はい、ご存知ウニです。ウニ!! そして、鯛のほうらく焼き! この鯛が一番美味しかったかも! 後は、刺身には、イセエビや鯛、その他もろもろと! 伊勢えびの味噌汁も美味しかったです!もう、何も言うこと無しでしたよ!!笑 そ [続きを読む]
  • イクボスだ、ひめボスだ!!
  • イクボス・・・・男性従業員や部下の子育てに関与することに理解のある上司 イクボスという言葉が最近流行っていますね。もちろん、日本においては男性の子育てに関与する率が諸外国に比べてはるかに低いことから、もっともっと積極的に関与するよう政策的に推し進める必要性は感じています。 そこで初めに出た言葉が、イクメン。育児をする男性の意味ですね。男性も積極的に行く時に関与しましょうということで、大変いいことだと [続きを読む]
  • 外国人の雇用が増えると!!
  • これから人手不足が極まってくると、どうしても外国人労働者を活用する方向に行かないといけないのではないかと思います。 もちろん、すでに外国人を雇用している事業所もあるでしょうが、問題はその人数が多くなってくると顕在化してくるのではないかと思います。 少数だと、異文化の中に入ったよそ者として、外国人の方もおとなしく、自分の主張はあまり出してこず、日本の文化に従うと思うので、あまり問題は起こらないのでしょ [続きを読む]
  • 育児休業すると聞いても、あわてないように!!
  • 突然社員が育児休業すると言っても、あわてないように普段から心構えと、準備は必要です。 「そんなこと言ったって、うちは女性社員はいないもの!」なんておっしゃる社長さん。 女性社員がいなくても、男性社員の配偶者の方が出産すれば、育児休業はできるんですよ〜! そしてまた、突然、心構えしないうちに育児休業の話が出てくるのも男性のそれが多いと思います。 だって、女性社員なら妊娠したことが分かるだろうけど、男性社 [続きを読む]
  • 自暴自棄でも・・・・投げたらいかん!!
  • 昨日の愛媛県松山市での暴走は、全国ニュースにも何回も出ていますね。 隣の今治市から車で走ってきたらしいですが、FB友達が、今治市から松山市に向かう幹線道路で、今治市側から片道2車線の道路の真ん中を逆走してくる車とすれ違ったと投稿を上げていました。 ストレスが溜まって自暴自棄になったとかなんとか言っていますが、その行動が車の暴走とはね〜?母親を後部座席に乗せていたそうですが、そのことにも何か意味がある [続きを読む]
  • メンタルヘルス不調!!
  • メンタルヘルスっていう言葉・・・・最近よく聞きますね。メンタルヘルス・・・・心の健康・・・・精神的な健康・・・・ いまや、障害年金受給者も精神障害を理由として受ける方が多く、また、休職者も精神的に病んだことが理由のかたも多いようです。 私の関与している企業様にも、そうい社員の方がいます。 つまり、いまやメンタルヘルス不調なんて、体調の不調と同じように良くあることと言って良いでしょう。 月曜日になると、 [続きを読む]
  • 社会保険労務士法人、増えたね〜!!
  • 社会保険労務士法人。個人事務所ではなく、法人事務所。 私の県でのことだけど、私が登録した6年前は社労士法人は県内で4つほどしかありませんでいた。 ところが、今現在は10を超えています。この数字を多いと見るか、少ないと見るかはさまざまですが、急激に増えたのは今年の4月以降。つまり、ひとり法人ができるようになってからです。 今までは、最低2人の社労士がいないと法人化できないことと、責任の問題で親子や兄弟 [続きを読む]
  • 社労士試験も労務管理の部分を充実させるべき!!
  • 昨日の社労士試験の合格発表・・・合格率は6.8%で、徐々に上がってきていましたね。 まあ、そういった表面上のことはさておき、試験の中身はそろそろ見直すべきだと思います。 一つが、実務との兼ね合い。今では労働一般常識の中にひっそりと入っている労務管理。しかも、労働経済とかはよく出るけど、労務管理の問題はめったに出ません。 ところがところが、・・・・実務では労務管理が本当に中心であり、大切ですよね。 時間 [続きを読む]
  • 年金事務所の総合調査は緊張する〜!!
  • 昨日はクライアントの年金事務所総合調査に同席しました。 事務所の調査員が、賃金台帳を何も言わずじっくりと見ていくので非常に緊張しました。 全体で1時間弱。その間で賃金台帳を見ている時間が半分くらいはあった感じです。それ以外では、出勤簿はパラパラと、源泉徴収の領収書もチラッと、就業規則と賃金台帳は少しばかりじっくりと・・・・ たま〜に、「これは〇〇〇・・・〇〇〇ですかね?」と質問があり、会社の担当者が [続きを読む]
  • 外国人の雇用!!
  • 外国人の雇用って大変ですよね。何が大変かって、やはり文化の違いというのに尽きるような気がします。 欧米は合理主義ってよく言われますが、雇用においてもそうなっているようです。 終業時刻がくると、基本仕事終わるのは当然。残業なんて、特別な事情が無いとしません。 また、意味もないのにだらだらと仕事しているふりをして、終業時刻の1時間後に退席するなんてのもしません。 有給休暇は全部消化するのが当たり前。周りに [続きを読む]
  • 育児介護休業規程、早よ変更せんと!!
  • じっくり取り組めば何のことは無いのですが、暇だとやる気が起きないし、忙しくなると落ち着けないので取り掛かれないし。 もう、明後日に迫ってきているのに!あ、・・・・明後日といえば社労士試験の合格発表も明後日ですね! 同じやきもきするといっても、自分で本気になってやれば済む規程の改定と、どんなに何かしたくても待つしかない合格発表とでは雲泥の差があります。 育児・介護休業法、・・・たびたび変わりすぎです。 [続きを読む]
  • 職業訓練指導員!!
  • 職業訓練指導員という仕事があるみたいですが、今日はその職業訓練指導員の養成講座でお話をしてきました。 松山空港のすぐそばにある、通称「ポリテクセンター愛媛」。 このパンダのマークがちょっと笑えるような外観になっています。すぐ右手の建物内では、建設現場が再現されており、訓練者の人たちが建築の実技訓練を受けていました。 私が話をした建物はもう一つ奥にある棟の2階。話の内容は、「労働基準法」です。 メインテ [続きを読む]
  • く、首が回らん!!
  • 「首が回らない」というと、いかにも資金繰りが追い付かないといったニュアンスが漂ってきますね。 まあ、そっちの方も心配ではありますが、それよりもっと切実かもしれないことに・・・・本当に首が回りません。 左右に少しは回せる(左右共に80度程度)のですが、問題は、左に少し傾けることのできる首も右には全く傾けられません。微動だにしないといったところ!! 鏡で見てみると、少し首が左に傾いています。間抜けな感じ [続きを読む]
  • 全力失踪で失踪宣告!!
  • これまたドラマのお話だけど! NHKのドラマに「全力失踪」というのがあります。 内容は「不動産投資に失敗し、借金が膨大になり、生命保険の給付を受ける手段として7年間行方不明になって失踪宣告を受けようとするもの」借金の取り立て屋から逃げながら、日本全国を転々とし、アルバイトをしたりホームレスになったりしながら、なんとか7年が過ぎて生命保険も家族の口座に入った。 まあ、そのあと、事件に巻き込まれ生きてい [続きを読む]
  • 社労士を主人公にしたドラマ!!
  • むかし、「ダンダリン」という労働基準監督官を主人公にしたドラマがありました。「トッカン?」という国税徴収官を主人公にしたドラマもありました。 士業の側では、弁護士を主人公にしたドラマはたくさんありますが、それ以外の士業で行政書士を主人公にした「カバチタレ」や続編の「特上カバチ」が有名です。 そろそろ社労士を主人公にしたドラマもあっても良いのではないかな〜というか、あってほしいな〜と思う今日この頃。 [続きを読む]
  • トランプ大統領補佐官!!
  • 昨日今朝と、イヴァンカ・トランプ大統領補佐官が来日していることで、テレビはその報道が圧倒的に多くなっているみたいです。 ところで、大統領補佐官ってなんでしょうか?アメリカの大統領制って、大統領個人が行政の全権力を握っています。そして、閣僚も大統領が指名し、上院の承認を経て役につくことになります。大統領補佐官にも上院の承認が必要なのかは知りませんが。 とにかく、ある日大統領から補佐官を頼むと言われれば [続きを読む]
  • 人を雇うということ!!
  • 愛媛のような田舎の社労士事務所では、一人事務所が結構多いわけだけど、中には4,5人雇っているような事務所もあります。 私はというと、・・・・相変わらず一人事務所! 人を雇ったところから仕事の種が発生する社労士がそれで良いのか?という議論もあるかもしれませんが! ところで、よく「子供ができたから、今までのようにチャランポランな生き方でなく、真面目に仕事をしよう!」とか、「家族が増えたので、もっと稼げる [続きを読む]
  • 黙示の合意が成立してるんでしょうね!!
  • 昨晩はハロウィーン。地方都市の松山市でも、平日にもかかわらず夜の街は仮装した若者たちでにぎわったようです。 私の娘も学友たちと仮装して夜の街に繰り出したようで、私は寝ていていつ帰ってきたかも知りません。 よく、門限を設定するという家庭もあるようですが、我が家は門限は特に決めていません。 決めていないので、娘も自由に夜も遊んでいるようです。でも、0時過ぎることはほとんどないようですが。 で、ここから本題 [続きを読む]
  • 就業規則は校則の延長線上にあるのかも?!
  • ニュースを見てて思ったことなんだけど、日本って、いろんなところで個性をつぶすことに一生懸命な国だな〜って! ニュースというのは、どこかの学校の教師が、生まれつきやや茶色の髪の女生徒に、黒髪に染めてこいと強要したとかいうもの。 染めてはいけないというのはまだしも、染めろというのはブラックジョークのような感じも受けます。 でも、例えば、黒人との混血の子などのばあいはどうするのでしょう?縮れ毛をストレート [続きを読む]
  • ノウハウを教える研修は注意が必要!!
  • 私たち士業者は、とかく研修、セミナー、勉強会と言うものが好きなんですが・・・ ノウハウを教えるという研修には注意が必要です。その手の研修には2種類あって! ひとつは、・・・本当に講師がやって上手くいった方法を教えてくれるもの。もうひとつは、ノウハウを教えてもらって、そのノウハウを得ることで稼ごうという目的のもの。 後者の方は、ブログやインスタグラム、フェイスブックで集客なんていうのが多いような印象を [続きを読む]
  • 人は減る・・・・残業も減らさないといけない?!
  • 労働生産人口は減っている中で・・・ 昨今の過労死問題を受けて、残業時間や休日労働を本格的に減らさないといけなくなる日がやってくるんですが・・・・ さてさて、この相反する命題をどう解決に導くか? 「労働生産性を上げる」と言葉では言えるけど、では、どうやって上げれば良いのか? まずは残業をどれくらいに減らせばいいのかだけど。 まず、来年の通常国会で出されるであろう、労働基準法の大幅改正によると・・・・ 1. [続きを読む]