うつわの日和 さん プロフィール

  •  
うつわの日和さん: うつわと暮らしの蔵 日和 寺内町の蔵より
ハンドル名うつわの日和 さん
ブログタイトルうつわと暮らしの蔵 日和 寺内町の蔵より
ブログURLhttps://ameblo.jp/utuwa-hiyori/
サイト紹介文富田林 寺内町の蔵で作家の作ったうつわをご紹介、うつわの事や町の事を楽しく綴っていきたいです
自由文若かりし頃の「うつわ屋さんになりたい・・・」の夢をなんとか形に出来たのは息子の「今日のご飯は豪華やなぁ・・・」の一言。なんて事はないいつもの料理を私の好きな器に盛り付けただけの食卓は、家族にとっては楽しい食卓になっていたよう・・・。家族のために、自分のために、毎日の食卓を楽しむために、素敵なうつわのお話が出来るようになりたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/11/03 21:03

うつわの日和 さんのブログ記事

  • ありたい自分に   
  • 昨日の雨もすっかりあがって、今日は気持ちのいい1日です。お昼から水引を結びつつひとつの思いを巡らせました。十代、二十代のころはこの先の自分の姿を想像して夢を膨らませていました。それが最近ではともすれば目の前の事で一杯で、そしていろんな事の締め切りがどれも過ぎてしまったような諦め感でこれから先の自分の姿が想像できなくなっていて。と言うよりは、想像したくなくなっていて(* ̄∇ ̄*)。でも、先日とある新聞記 [続きを読む]
  • Untitled
  • たぶん、娘が2歳?3歳の時だったと思いますが。毎日のように子供の写真を撮ってた頃(最近は中々撮らせてもらえない(T-T))写真を撮る私を家族が撮ったもの。『撮るよー』の合図に娘が『チュー』なつかし〜??こんな頃があるから子憎たらしい今を乗り越えられるのよね??明日は母の日。でもこの頃に、一生分の母の日をしてもらってるな?via 日和〜水引結びと暮らしの器 Your own website,Ameba Ownd [続きを読む]
  • 贈る気持ちのお手伝い 母の日〜
  • 水引を結んで筆文字とコラボしたアートフレームはお祝いの贈り物や、記念日の贈り物に使っていただくことが多くあります。春は出発の門出や母の日や父の日にも。ご注文の折にいただくメッセージに、ご注文のかたの想いにふれ、胸いっぱいになることもあります。そんなときには物だけでない、気持ちの贈り物が、関わる人たちみんなの気持ちを暖かくすることに感激しそこに、ささやかながらに関われることに感謝させてもらえます。気 [続きを読む]
  • 結んでみませんか〜水引アクセサリー
  • レトロな雰囲気の漂う駄菓子屋さんで一緒に楽しく水引アクセサリーを結んでみませんか?富田林市 近鉄沿線の貴志駅近く駄菓子屋風和里さんをお借りして水引結びのワークショップをさせていただきます水引結びの基本となる淡路結びを使って少しカジュアルなイヤリングかピアスを作っていきます。もしくはペンダントに仕立てることも可能です。(2つ結んでピアスにするか、つなげてペンダントトップにするかお選びいただけます) [続きを読む]
  • 染み入る一言に『ありがとう』
  • 4月からスタートさせた新しい職場の人から、思いがけず自分が今置かれてる人間関係のしんどさを指摘されて、『よかったら話を聞くで〜』と軽い一言。その一言ではりつめてた気持ちの糸が切れて 不覚にもぽろり 涙がこぼれてしまった。なれない職場のなれない仕事と人間関係。そんななかで、自分の事を見てくれてる人がいるって事が自分の気持ちを察してくれてる人がいるって事がとっても嬉しかった。すごく心が軽くなった。明日 [続きを読む]
  • 寒い春の日、ありがとうのアートフレーム
  • 昨日、今日と季節が逆戻りしたような寒い日になりました。季節が春に向いているのか冬に向かうつもりなのか、混乱するような寒さに着るものも混乱!!それでもそのおかげか珍しく家族みんなが家にいて3時にはコーヒーを飲みながらワイワイとおしゃべり。子供たちが成長していくのは嬉しいことながら最近なかなか一緒にお茶をする機会もなくなってしまってさみしい思いをしているので思いもよらずの意外な家族団欒に にんまり・・ [続きを読む]
  • 心機一転 春からスタート
  • や〜っと暖かくなったかと思ったとたんに桜が満開、4月の娘の入学式にはすでに葉桜になってしまいそうな勢いです。今春娘が大学に進学しますがこの春は私にとっても新生活のスタートになります。少し前から頭にあった調理のお仕事に本格的に挑戦しようと思っています。久しぶりのちゃんとしたお勤めです。インテリアの仕事から調理の仕事へと言うのは、かけ離れた転身やね、と人から言われましたが私にとってはインテリアから器へ [続きを読む]
  • 今年最初のアクセサリー結び
  • 今日は富田林の貴志にある駄菓子屋風和里さんにて水引結びのワークショップでした!!基本のあわじ結びからの梅結びを使ってアクセサリーを制作。ピアスとペンダントの2パターンの出来上がりがありましたけどピアスは小振りでシンプルなできあがりに。ペンダントは渋い色合わせが素敵でした。(皆さんの写真を撮りましたのに、載せられるような写真ではないものが・・・                             [続きを読む]
  • Untitled
  • 今日は富田林の貴志にある駄菓子屋風和里さんにて水引結びのワークショップでした!!基本のあわじ結びからの梅結びを使ってアクセサリーを制作。ピアスとペンダントの2パターンの出来上がりがありましたけどピアスは小振りでシンプルなできあがりに。ペンダントは渋い色合わせが素敵でした。(皆さんの写真を撮りましたのに、載せられるような写真ではないものが・・・                             [続きを読む]
  • 凛として・・・
  • 最近どうにも情緒が不安定な気がします。夕焼けを見て泣けて来たり、些細な言葉に傷ついて やっぱり泣いたり。なかなかうまくいかない毎日に必要以上に落ち込むことも多いこの頃。どうにかこうにか自分をだましだまし日々を乗り越えているような・・・う〜ん、起死回生、スカッと、すきっとしたいと切実に思っています。更年期ですかね・・・・・・・。さて。凛としてという言葉。冴えた、清々しい様子などを表す言葉となっていま [続きを読む]
  • 水引結びのワークショップをしましたよ!
  • 先週末、台風の状況がややこしいなか久しぶりにワークショップを開催しました。はじめてのアクセサリー作り。髪留めをみんなで作りました。ワイワイと、と言うよりは皆さん黙々とという感じで結んでおられました??。いつもながら思うのは細い水引を何本か並べて結ぶとき、出来上がりの色目の意外性が楽しい。思い通り、思ってたより素敵、思ってた感じにはならなかった。~色々な思い。また私自身未熟な中で人様を集めてお代をい [続きを読む]
  • 毎日笑顔で・・・
  • ぼたんのような紫陽花のような・・・さわやかな色目の水引で一輪の花を結んでみました。最近のお気に入りの結びです。色の組み合わせで微妙にニュアンスの変わるところが楽しくて、実験的にいろいろな色を組み合わせて結びますがこういうのもやっぱり性格が出るんやな〜とか、あかんやん!こんなん全然あかんやん!!などと大きな、到底 独り言とは思えないような大きな声で叫びながら結んでいきます。そして・・・毎日なかなかず [続きを読む]
  • おかげです
  • お久し振りに筆文字を書かせてもらいに貴志の筆文字ごころよっちゃんへ。素敵な言葉を教えてもらいました。 私の素敵な人生は中々いろいろあるけれど‼?あなたに出逢えたおかげです。ほんとにほんとに。木枠に入れてもらったのでおうちに飾りましょ!旦那さんが見たら自分の事かと思うかな? ふふふ??via 日和〜水引結びと暮らしの器 Your own website,Ameba Ownd [続きを読む]
  • 嬉しかったのです
  • 昨日は母の日。母に贈り物を届けようと出掛ける準備をしていた私に高校生の息子は『ちょっと散歩にいってこよかな!』と 声をかけたかと思うと出掛けていきましたさて出ようと思っていると息せききって帰ってきた息子はセブンイレブンで買ったと思われるガーナのチョコとカーネーションを私に差し出しました。人それぞれの価値観はあろかと思いますが、私はかなり嬉しかったのです。抱き締めたくなりましたがそんなことをしようも [続きを読む]
  • ありがとうの言葉
  • 今年ももうすぐ母の日が来ますね。今年は5月14日です!幼い時からなんとなく 欠かさず母の日には贈り物をしていました。父の日はともすれば忘れがちなちょっと地味な日ですが母の日はこれだけ盛大な広告宣伝をされては忘れようもありません・・・・・もちろん高価なものばかりではなくチョコレートだけだったり、靴下だったり、花の鉢だったり。でも そこにはいつもありがとうの言葉を添えていたように思います。余りに近すぎて [続きを読む]
  • だしトマトを馬場勝文さんの器に・・
  • だしトマトを作って 福岡の作家、馬場勝文さんの「うち鎬丸紋7寸鉢」に入れてみました。すんごく簡単で、めっちゃおいしいです。これから暑くなったら冷たく冷やして食べてもいいし、ちょっと甘めの味にしてゼリートマトも絶対いい!!写真は7寸のサイズですが、5寸サイズの小鉢に盛っても素敵です。黒い器を敬遠される方もいらっしゃいますが素材やお料理の色を引き立てて大概の料理がおいしく見えてくるので私のような料理があ [続きを読む]
  • 寺内町のmoro?に参加しま〜す!
  • 暖かくなってきましたねぇ!こんな時期は 移動は車ではなく自転車やバイクがいいですね・・・風を受けて走ってると何とも言えず幸せな気持ちになります!!4月29日(土曜日)GWがスタートするこの日は寺内町で「大人が楽しめるお洒落」…を目指してその道の職人や専門家が集うイベントmoro?に参加することになりました。水引結びのお祝儀袋や、アートフレーム、暮らしのうつわや木製カトラリー、籠トレイや竹のお弁当箱などなど [続きを読む]
  • イベント日和
  • 今日はめっちゃよい天気。羽曳野の まちマルシェにぶらっと出掛けてきました。こじんまりとした中にぎゅっとおしゃれなブースが沢山出店されていて楽しかったわぁ。中央で 歌を歌ってた女性の声と歌が素敵でした。これからあったかくなって楽しいイベントが目白押し。ウズウズしますねぇ???? via 日和〜水引結びと日本の器 Your own website,Ameba Ownd [続きを読む]
  • もうひとつの春
  • やっとこの日がやって来ました!高校生の娘の吹奏楽部定期演奏会。毎日毎日、本当に一週間に七日間のクラブ活動。 毎日ヘロヘロになりながら、部屋は女の子のものとは思えない状態ながら我が子とはいえ凄いなぁ!と。演奏だけでなく 舞台の上で、トロンボーンを吹いて楽しそうにマーチングする娘を見てやっぱり泣けてきました!受験生の今年は彼女にとってどんな年になるのかなぁ。でも来年の3月もきっと私はここで今年よりもボ [続きを読む]
  • 春ですか?・・・
  • さむい・・・3月14日今日は息子の中学卒業の日でした。古い中学校の体育館は隙間風も冷たくて凍えそうでした。でもいろんなメディアや噂話でよく聞く中学生の姿ではなくやんちゃ!な中学生のかわいらしくて素直な涙や笑顔が思わず大人たちの涙も誘う素敵な卒業式でした。大人には次に進むための道しるべは自分の頭の中だけしかなくなっちゃうけどこの子たちにはまだもう少し、うっすらとこの先の未来へ続く道しるべが目の前に指し [続きを読む]
  • 春ですか?・・・
  • さむい・・・3月14日今日は息子の中学卒業の日でした。古い中学校の体育館は隙間風も冷たくて凍えそうでした。でもいろんなメディアや噂話でよく聞く中学生の姿ではなくやんちゃ!な中学生のかわいらしくて素直な涙や笑顔が思わず大人たちの涙も誘う素敵な卒業式でした。大人には次に進むための道しるべは自分の頭の中だけしかなくなっちゃうけどこの子たちにはまだもう少し、うっすらとこの先の未来へ続く道しるべが目の前に指し [続きを読む]
  • moro?のイベントに参加します!
  • 今月末、サバーファームのイベントに参加させていただくこととなりました!私が作る水引雑貨を中心に、木のカトラリーやトレーなど、作家手作りのうつわも少し見ていただこうと思ってます。何分初めて参加するイベント、というかイベントに参加するというのが初めてでキンチョ〜ですが、私は今回 26日の日曜日 1日だけなので1日楽しもう!!!と思ってます。サバーファーム自体がこの時期いろいろ楽しい気持ちのいい場所なので今 [続きを読む]
  • Untitled
  • 3月5日お雛様が終わっちゃったので、さて早々にお雛様を片付けないと・・・我が家の木目込みの小さなお雛様たちは持ってる道具やなにやかや結構細かくて出すのもしまうのも結構な手間がかかる。娘が小さかったころは、一緒に片付けたくて かいがいしく手伝ってくれるんやけど、それがまた・・・・・・・邪魔だったのよねぇ〜?。それが それがまた今は片づけるとなっても娘はクラブ活動で不在。あら!何やら複雑・・・しまう箱と [続きを読む]
  • 「ありがとう」贈る気持ちのお手伝い
  • ピンクの枝花を水引で結んでみました。私としては桃か桜か、という思いですがどうでしょう?春は旅立ちの時期。以前友人の息子さんが遠方の大学に決まった時に、 引っ越しの折に言ってくれた「ありがとう」の言葉に涙が止まらんかった!!という話にもらい泣きが止まらんかったことを思い出します。言葉に出来ないこともある ありがとうの感謝の気持ち。でもどうにか伝えたい。そういう時って あります〜!!!もどかしい気持ち [続きを読む]
  • もうすぐお雛様
  • お雛様を飾りました。2年ぶりです。 昨年は 「出さんと〜!」と思いつつ結局出さずじまい。 ぎりぎりに出すことはあっても、お雛様を飾らなかったのは初めてでした。 娘が成長して、バタバタと毎日が目まぐるしく過ぎ、どんどんいろんな物事を端折るようになってしまいましたが出来ればこういうことは娘がいくつになっても 端折らないように、丁寧に保っていきたいものです!! 何度かブログに書いた [続きを読む]