ぷしゅねこ さん プロフィール

  •  
ぷしゅねこさん: 虹ぷしゅ
ハンドル名ぷしゅねこ さん
ブログタイトル虹ぷしゅ
ブログURLhttps://ameblo.jp/nijipsych/
サイト紹介文誰もが適当に酔い乍ら生きている社会からはぐれて、生き辛さにヒリヒリと歩いている友に。
自由文人間には、2割の「支配者」と8割の「虚無」とごく僅かな「光」の3つの種が存在するそうです。虚無を素のまま究極まで生き切った人はお釈迦さまです。本来虚無にはどんな執着も煩いも存在しません。でも、私たちが感じている生き辛さは身近な支配者らによって吹き込まれた偽りの快感から引き起こされています。支配者の支配から解放されるために「心に聴く」を一緒にしていきましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2014/11/03 22:40

ぷしゅねこ さんのブログ記事

  • イラクから帰った兵士が内緒で家族に会ってみた
  • 泣いた、泣いたなんで戦争なんてなくちゃいけないの戦争に行かない人たちの決めた一つの戦争の裏には間違いなく、何万、何千の涙があるのに敵も味方もない。大切な人と別れて、そこに送り込まれた一人一人が同じく誰かの大切な人をなくそうとしなくちゃならない ── それが戦争このサプライズ帰還動画、たくさん出てるんですね。─ 命はつながり ─ですね。泣いた、泣いた… [続きを読む]
  • [メルマガ選]生きよう、という意志はひとつの壮大な善意である。
  • このメールを読まれているあなたに平安がありますようにいくつか、似たテーマの言葉を立て続けにいただきましたので、こんな共時性を感じた時はアップしないとですね【報酬の目的無しに善を行なうところに、ほんとうの幸福(人間の内部を感動させる幸福)がある。スウェデンボルグ/科学者、神学者(1688?1772)】(「ほんとうの幸福」に、つよく魅かれます。k◎心に残るコトバのバックナンバー・配信停止はこちら⇒ http://bn.mobil [続きを読む]
  • なんでも仙人ふたたび
  • 最近、ああ、そうそう、『なんでも仙人』と思って、Amazonで検索するとちょうど新しい本が2冊出ていました。1冊目は↓ 宇宙のリズムに乗ってどんどんユルユル楽になる♪ ≪なんでも仙人≫の魂レベルでスッキリ解決! 「...1,740円Amazon こちらは、↓の本の新装完全版でした。 あなたのよろず悩み事 魂レベルでスッキリ解決 さあ《なんでも仙人》にど~んと聞いてみよう11,469円Amazon ↑の値段みてください! 新装版が出る前の値段 [続きを読む]
  • [メルマガ選] 照りもせず 曇りも果てぬ 春の夜の
  • このメールを読まれているあなたに平安がありますように名歌鑑賞さんに広告がなくなった名歌鑑賞さん、本気だな************************** 名歌鑑賞 ************************ ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/sakuramitih15バックナンバー http://geocities.yahoo.co.jp/gl/sakuramitih15************************************************************** 照りもせず 曇りも果てぬ 春の夜の朧月夜に しくものぞな [続きを読む]
  • “10秒のキス” 時間よとまれ…
  • 全国亭主関白協会ホームページより“10秒のキス”〈全亭協から許可を得て同会HPより以下に転載> 例年より桜の開花が遅れていた。総合病院のエントランス脇にある数本の桜も5分咲きで、春の訪れを待ちわびている。6時にロビーで待ち合わせていたが、高1になる長男から携帯に「少し遅れる」とメールが入った。高3の長女と中学2年の次男と一緒に一足先に妻の待つ病室に入ることにした。 乳ガンが全身に転移し、余命幾ばくも [続きを読む]
  • もし常に生命を保って滅びることのない真理に頼れば、 [前]
  • もしお前が心の平安を、自分の感情やその人とつきあってゆくことのために、誰かに依らせ、その人の手に委ねるなら、お前は心の落着きを失い、煩いに巻き込まれよう。だが、もし常に生命を保って滅びることのない真理に頼れば、友だちが遠ざかろうと死のうと、そのために悲嘆に陥らないですもう ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 人からの批難や悪口、悪意ある所作で、こころが沈んでしまったときな [続きを読む]
  • 私は、ここで、祈らなければ生きてゆけないという体験をしました。
  • 『祈りの人 リーズ・ハウェルズ』の古書を探していて、「祈りの人」との検索ワードから『祈りの人 クサヴェラ レーメ』という古書を見つけて、『大祷告者 リーズ・ハウェルズ』(『祈りの人 リーズ・ハウェルズ』は同書の新翻訳本でした)と共に注文しました。 リーズ・ハウェルズ―大祷告者 (1954年) 『祈りの人 クサヴェラ レーメ』は旭川にある藤学園高等学校を創設したシスター・クサヴェラを偲んで編まれた小さな小 [続きを読む]
  • 雲のあなたは 春にやあるらむ ♪
  • こんにちは。このメールを読まれているあなたに平安がありますようになかなかいいメルマガが、「名言から学ぶ幸せのヒント」さんと「名歌鑑賞」さんから送られてきて、名言とこの季節の短歌とが妙にリンクして、心に沁みましたので、まとめて転載します。「名歌鑑賞」の方は、2014年度まぐまぐ大賞にみごと入選されていました。***********************************◆名言から学ぶ幸せのヒン [続きを読む]
  • ”精神病の正体・・・”
  • 同ブログで取り上げたホストの方は、理論の部分には共通の認識があり、賛同されていますが、著者の治療論については反対のようです。しかし、私はこのアプローチで善くなる人がいるのかもしれないと思うと、頭からそれを捨てられません。ぜひ、読んでみたいと思います。 「精神病」の正体 Amazon 下の本も、よくぞ書いてくれましたとお礼を言いたくなる勇気ある貴重な報告です。発達障害治療で名高い杉山登志郎先生が書かれてい [続きを読む]
  • 家で有機菜園しようと思ったけれど‥
  • 「先生、ブログの記事、リクエストってできるんですか?」「ああ、できるよ、けっこう、読者や患者さんの要望で書いたりしてるよ」「そしたら、書いてほしい記事があるんですけど── 有機栽培家で有機菜園しようと思ったんだけど、いざ、ホームセンターいってみると、牛糞や豚糞、鶏糞って売ってあって、魚粉はまだいいのかもしれないけど、この牛や豚たちはどんなふうに飼育されたんだろうって思ったら、なんか違うような気がし [続きを読む]
  • 虹ぷしゅくん、‘詩人’になったことある?
  • 夢みたものは         立原道造    夢みたものは ひとつの幸福(しあわせ)ねがったものは ひとつの愛 山なみのあちらにも しずかな村がある明るい日曜日の 青い空がある日傘をさした 田舎(いなか)の娘らが着かざって うたをうったている大きなまるい輪をかいて田舎の娘らが 踊りをおどっている告げて うたっているのは青い翼の一羽の小鳥低い枝でうたっているよ夢みたものは ひとつの愛ねがったものは ひ [続きを読む]
  • [メルマガ選]人生は共同ブドウ園
  • おはようございますこのメールを読まれているあなたに平安がありますように⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒     ☆ 20 世 紀 の 名 言 ☆                     vol.05238■…………………………………………………………………■「20世紀の名言」をご愛顧いただき、ありがとうございます。■…………………………………………………………………■    ∞∞∞ [続きを読む]
  • 報復を主張することがどんなに「正しい」としても平安はこない
  • …マイケルの父親は、親にとって最もつらいことを学んだ。しかし、それはどんな境遇にあっても、私たちみなが学ぶべきものだ。自分を傷つけたものに対して赦すこころを持たなければ、報復を主張することがどんなに「正しい」としても、平安は来ない。……自分が傷つけられたのと同じ暴力で相手が傷つけられるのを見たいという思いは、満足に至ることはない。報復を追求して自分たちの傷を癒そうとする人々は、空虚と怒りのなかに取 [続きを読む]
  • ?君が絶望に追いこまれて、自殺したい気持に誘われる場合には
  • そして、ついにどんな逆境にも揺るぎのない精神の安定を得る                         カール・ヒルティ最もきびしい試練の最中には、慰めの根拠がどれもこれもみな疑わしかったり、あやふやなものに思われたり、さらに、そんなものは自分と同じ苦しみをなめたことのない人たちの閑談と見えたりしがちなことは、われわれもよく知っている。それは事実であることもあるし、そうでない場合もある。しかし、 [続きを読む]
  • 「治るということは病気になる前に戻るということじゃないんだ」
  • 「治るということは病気になる前に戻るということじゃないんだ」 と言うと、たいていの方が意外だという顔をされます。そこですぐに 「病気の前というのは、これから病気になるという“病気の種子”がある状態で、不安定で危ういところがあったと思うが、どうだろう?」 と申します。…治るというのは病気の前よりもよくなることだと私は思います。見栄えは二の次で、病気の前よりも安定してゆとりのある状態になることです。 中井 [続きを読む]
  • 御言葉を持たない人に、真の意味での試練・誘惑はない。
  • 今日読んだスエデンボルグの著作からです。 .:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*: 試練・誘惑は、遠い原因と近い原因がなければ起こるはずはありません。 近い原因となるのは、人に宿る悪と偽りで、これが本人を試練・誘惑に誘い込みます。さらに、それを吹き込むのが悪霊で悪鬼です。 ただし、良心を持っていなければ、だれも誘惑されることはないし、ある種の霊的試練・誘惑を耐えることはあり得ません。 [続きを読む]