ちゃあい さん プロフィール

  •  
ちゃあいさん: ちゃあいブログ
ハンドル名ちゃあい さん
ブログタイトルちゃあいブログ
ブログURLhttp://blog.chaai.info
サイト紹介文お茶や色んな人、本とかに出逢い、団欒するブログ
自由文お茶や色んな人、本とかに出逢い、団欒するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/11/04 13:38

ちゃあい さんのブログ記事

  • お茶っ葉を掬う道具にこだわってます
  • いつも使っている道具がない。不便というか、閉まらないというか、そんなことがちょっとあって。筆者は、お茶を葉っぱから淹れることが多いです。そうすると、お茶っ葉を掬いとる匙、スプーンも使いやすい形状のものを使ってます。それが、ちょっと疲れていたのか、実家の方に忘れてきちゃって。というわけで、臨時でいつもは使っていないロンドンティールームの小さなティーメジャーの出番が出てきました。ほとんど使わないから、 [続きを読む]
  • とある、お茶の日
  • すっきりした紅茶を飲みたいと、ウヴァがブレンドされたセイロンティーをムジカティーのポット小で淹れました。ティーコージーをかけていたら、持ち手が熱くって。それなら、と鍋つかみ代わりにコージーを使ってみた。お菓子と一緒に食べててカップの紅茶がなくなって、二杯目を注いだら、うっかりティーストレーナー(茶こし)なしで注いでて。ラッキーなことに、お茶っ葉は全く入らかった。お湯を注いでティーコージーをずっとして [続きを読む]
  • 新茶の季節です〜地域と品種の遅速〜
  • 皆さん、もう新茶は飲まれましたか〜?お茶の摘み取り、始まっている地域もあれば、これからのところもあります!日本列島の暖かい地域から茶摘みが始まるので、基本的に桜と同じように南から北に移っていきます。筆者が入手した新茶は、鹿児島県の種子島産で、品種は松寿。品種の特徴を知りたくなって、登録品種データベースを見てみました。結果はこちら。「くりたわせ」という品種の枝変わりとのこと。気になって、「くりたわせ [続きを読む]
  • 紅茶、充填〜♪ー紅茶缶に茶葉を補充するー
  • いつもの紅茶「堂島ブレックファースト」が少なくなって、350gアルミパックを買って。ずっとティーキャディーを使ってて、少なくなったらアルミパックを買って。そうやって蓋を開けて使っていくうちに、4箇所に凹みができるようになり。普段はしない堂島ブレックファーストの煮出し紅茶「チャイ」をして。ちなみにティーハウスムジカ堂島店では、煮出し紅茶そのままのシチュードティーって言ってました。ティーキャディーには全部 [続きを読む]
  • どうすれば、このお茶おいしくなるんやろ?
  • うまみの強い、でも渋みが隠れている煎茶があります。とあるお菓子とベストマッチな状態、つまり「うまいっ!」を体験したくて。熱湯でさらっと。お湯の温度、抽出時間、お湯とお茶っ葉の量を調整して、試しだめし。そうやって探ってみて、どうすれば、ええ感じかを調べてみる。ええ感じを体験できたら、めちゃ楽しくなります。こういう幸せが増えたら、いいなぁ。同じお茶っ葉で水出し。ずいぶん長めの抽出時間で。と、そんなこと [続きを読む]
  • その場所だからこそ
  • この場所とか、あの場所だからこそ、したいことって、何となくあるような気がしました。筆者の店「種ノ箱」は、長屋を改装したところで二階に入居していて、出窓がついてます。チャイを作ったら、なんとなく出窓で撮影したくなって、こうなりました。twitterのお茶好きで猫舌さんの投稿を見て、そういえば堂島ムジカで、こんな風にええ紅茶の香りを楽しみながら飲んでたなって思いだして。2012年4月28日撮影、堂島ムジカにて。温め [続きを読む]
  • お抹茶とほうじ茶と、お雛様
  • 和室というか、木というか畳というか、そういうところにお抹茶なんだかよくって、陰影が綺麗な気がします。点てたお抹茶の写真がいい感じで。ほうろくで、炒り立てほうじ茶をすると、種ノ箱の中は、ほうじ茶の香りで満たされて。でも、時間が過ぎると香りが弱くなり、気づかないくらいに。それでも、急須にお湯を注ぐと、炒り立てならではの香ばしくて若い香りがして。ほうじ茶おいしいって、言ってもらいました。あ、いつもの人な [続きを読む]
  • ちょっと一息、春はもうすぐ
  • 紅茶とケーキを準備して、ふぅと一息、休憩する。寒さが和らいだり、厳しくなったり。風が強い日もあったり。そんな感じで、ゆっくり春がやってきそうです。先日、天王寺公園を通ったら、梅も咲いてました。卒業とか通知票とかのシーズンでしょうか。そんな雰囲気の光景をちらほら見かけるようになりました。お店(種ノ箱)のある大きなくくりでいうと真田山地区は学校の多いところなんです。インフルエンザもまだ流行っているようで [続きを読む]
  • ティーバッグは、便利ですね!
  • お茶と本のイベント企画「木曜日にお茶を飲もう♪」や、お茶友達のお誘いでイベントの紅茶出店のお茶淹れ担当でティーバッグに大変お世話になりました。「木曜日に〜」では色んなティーバッグがありますよ。買えるところもいろいろです。こんな感じで。コンビニで、トワイニングのアソートボックススーパーで、リプトンのテトラタイプのジンジャーティー(生姜紅茶は冬に似合って身体があったまります)ケーキ屋さんで、ケーキ屋さん [続きを読む]
  • ティーバッグのジャンピングって、どうなの?
  • 「ティーバッグのジャンピングって、どうなの?」というご質問をフェイスブックのお友達からいただいて、「あっ、これブログにも載せた方がいいかも」と思ったので。確かに、お茶っ葉が舞ってないからティーバッグだとどうかな?と思っちゃいますよね。ジャンピング、要は対流で、お茶っ葉が舞うことで目に見える状態。ティーバッグでも、きちんと対流が起きれば、美味しく入るはず(*^^*)熱湯で、ティーバッグの中の茶葉が対流によ [続きを読む]
  • ティーバッグは手軽、というと…
  • 皆さん、ティーバッグでお茶淹れて飲みますか?実は、筆者はリーフというかお茶っ葉派で、茶葉の量をはかって淹れる方が好みだったりします。とは言うものの、環境というかティーバッグしか手に入らないお茶もあったりするし、メリットとデメリットを理解して使い分けたら、賢いような気がします。ティーバッグのメリットとデメリット、思いつくだけ書いてみると、メリット茶葉をはからなくてよい。茶殻の処理が楽。スパイスいりと [続きを読む]
  • 土瓶急須のツルがいい♪〜ポットの持ち手が熱い!問題(^^)〜
  • 筆者は、紅茶を淹れるところから、お茶に興味を持ち始めて、日本茶に興味を持って、日本茶インストラクターという資格も取得しました。それで、声を大にして言いたいことがあります。「和紅茶は、ツルのある土瓶の急須が最高!」上がツルのある土瓶の急須。右下は、後ろ手のポット。左下は、右利き用の横手持ちの急須。なぜかと言えば、ぐつぐつの熱湯で淹れる紅茶は取っ手も熱くなりやすいんです。和のティーコジーは、和紅茶と似 [続きを読む]
  • いずみや茶舗、猿島烏龍 緑 MIDORI
  • 大小さまざまなお茶会、実はいろんなところでされてたりします。お茶好きを続けてると、そういった情報は流れてくるもので。でも、規模とか開き具合(どのくらいオープンか)とか、気軽に参加できるのかとかが結構違っていて。先日の大大阪お茶会。ふたを開けるまで、どうなるかな?とスタッフとしては気を揉んでいたんですが、うれしい悲鳴で大盛況でした。とはいうものの副作用はないわけはなく、チャノキ(カメリア・シネンシス)の [続きを読む]
  • 第1回大大阪お茶会、大盛況でしたっ!
  • 2018年1月21日、日曜日。大阪本町の愛日会館で、第1回大大阪お茶会が開催されました!遅くなりましたが、スタッフ目線で当日の様子を書きます。筆者は、主にセミナー担当スタッフ。ほとんど4Fの一番奥の部屋にいました。なので、会場全体の様子が分からなかったのですけれど、とってもたくさんの方にお越しいただいたんですね。ありがとうございました。セミナーは定員があり参加された方が限られると思うので、さらっと紹介します [続きを読む]
  • お茶をおいしく飲みたい(4)〜お茶っ葉の大きさ〜
  • 前回は、お茶っ葉に注ぐお湯の温度について書きました。今回は、お茶っ葉の大きさが液体のお茶になるのに、どういう影響があるかを取り上げます。皆さんのお家に、お砂糖ありますか?たいていは、粉末状のものを使われているんじゃないでしょうか。氷砂糖も置いているご家庭もあったりして。たとえば、お水に粉末状のお砂糖を入れてかき混ぜたとすると、溶けますよね。では、氷砂糖だったらどうでしょうか。なかなか、かき混ぜても [続きを読む]
  • 第1回大大阪お茶会の前日です!(^^)!
  • いろんなお茶といろんな人が集まる大大阪お茶会、いよいよ明日、開催です!お茶の販売をしている人、普段からお茶の講師をされてる方、インストラクターの人、和紅茶の大好きな人、などなど。楽しみでもあり、スタッフなので、つつがなく一日を過ごせるように明日の準備しなきゃ、というのもあり。販売ブース、セミナー、お茶席、ワークショップ、いろいろありますよ〜お菓子の販売も気になるのがあるそうで、妹からお使いの依頼も [続きを読む]
  • 紅茶と、おしゃべり。TeaMeeting in 種ノ箱、開催しました!(2018.1.6)
  • TeaMeeting in 種ノ箱。これで、四回目になります。「TeaMeeting in 種ノ箱」は、紅茶の人、やすえさんが不定期に開催されているTeaMeeting(ざっくりいうと紅茶を飲んでおしゃべりしましょう♪)を種ノ箱でやる会です。主催側の二人(紅茶の人やすえさん、と筆者)としては、ずいぶんなれてきて、だいたい近況の情報交換しながら、お茶するという始まり方で。最初の紅茶は、ムジカティーのセレブレーションブレンド。ウヴァがブレン [続きを読む]
  • いつもの玄米茶がおいしくない、を解決する試み!
  • 「玄米茶がおいしくないんやけど、、」妹から、年末に相談を受けまして、お正月に実家でその玄米茶をいれて飲んでみました。どうやら湿気てしまったのか、玄米の香ばしい香りがほとんどしません。いつもの実家の玄米茶なので、本当はもっと玄米の香ばしい香りがするのですが…さて、なにかおいしく飲む方法はないかな?と思い返してみました。すると、ゴマ炒り器を買ったときの台紙に、お茶の香り付けに!と書いてあったことを思い [続きを読む]