池田仮名 さん プロフィール

  •  
池田仮名さん: 太陽がまぶしかったから
ハンドル名池田仮名 さん
ブログタイトル太陽がまぶしかったから
ブログURLhttp://bulldra.hatenablog.com/
サイト紹介文Webデザイン・JavaScript・SEOなどについての調査・実装、書評やネタテキストなどについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2014/11/04 22:25

池田仮名 さんのブログ記事

  • 同窓会から逃げない非モテはかっこよくない小金があるおじさんに収束する
  • 非モテ同窓会に参加してきた 少し前に非モテ同窓会のようなものがあった。「非モテ」をテーマにした同人誌『クリルタイ』のメンバーが集まる会だ。非モテ論壇が華やかだった当時の自分は一介の読者に過ぎなかったのだけど、関わっていくうちにサークル末期の編集・執筆・売り子などを手伝うことになっていた。 同窓会に参加しての印象は、「同窓会から逃げない非モテはかっこよくない小金があるおじさん」に収束するということ。 [続きを読む]
  • Web 2.0 ノスタルジア
  • Web 2.0 ノスタルジア ここのところで、改めて「インターネットとは何か?」を考えることが増えた。落ち着いたとはいえ、未だに僕自身の仕事や趣味の中心がそこにあることは間違いないし、必須インフラともなっている。フェイクニュースやアドフラウドなどの闇が増えていくのも、それだけの経済規模があることの証左だ。 2005年頃には「Web 2.0」という言葉も流行った。結局のところで明確な定義はないし、そもそもiPhoneが日本 [続きを読む]
  • 日産・神戸製鋼・タカタ〜コツコツドカン体質を抱える日本企業
  • 投資判断的に優良だった企業の不祥事が続く ここのところで、自分の投資判断的に「優良」と判断していた企業の不祥事が続いている。北朝鮮リスク等もあって個別株のポジションを解消した後だから直撃はなかったけど、以前までは日産株をそれなりに持っていたし、神戸製鋼に限らずPERやPBRが低めになりやすいB2Bの製造業や鉄鋼業は小型優待株につづいてポートフォリオの上位を占めていた。 莫大な損失がなかったのは運の問題だっ [続きを読む]
  • 自分がモブおじさんであることを受け入れた36歳の誕生日
  • おじさんであることを受け入れた 2017年10月10日で36歳となる。銭湯の日。どこからどうみてもアラフォーである。もう言い訳のしようがない。実際問題として、25歳ぐらいから生活スタイルがそれほど変わっていない焦りのようなものはある。結婚もしていないし、住宅ローンもないし、趣味も変わっていない。体力はなくなったと思うけど、昔だって無茶をしたら当たり前に体調が悪くなっていた。読書、映画、酒、昼寝。ひとり上手。  [続きを読む]
  • Real-Time Google Finance API で Google Spread Sheet に株価を取得
  • 日本株に使えない株価取得API 投資信託への気絶投資は別に小型バリュー株の積立をやっているのだけど、総合的な配当利回りを把握する手段がなくて難儀していた。過去にあった Yahoo!や Google のエンドユーザー向けAPIは廃止されており、その他のサービスもアカウントのアクティベーションなども必要となる。 Google Spread Sheet の GOOGLEFINANCE 関数も日本株データへのアクセス権限が剥奪されている。 それで、しらべてい [続きを読む]
  • 深夜食堂に行ったらなに頼む?
  • 深夜食堂にいってみたい 深夜に読んだ増田。深夜食堂は以前から好きだ。豚汁定食と酒しかメニューにない深夜営業の食堂。「できるもんなら作るよ」と自由に注文ができるのだけど、そう言われると思い出の料理や心に決めた一品を頼みたくなるのが人情だ。 だけど、はじめていくのであれば豚汁定食と冷酒が外せない。初めての店では基本メニューを頼みたい性分。醤油ラーメンの店で初手から味噌ラーメンを頼むと大抵後悔する。店名 [続きを読む]
  • 西麻布「アダムアンドイブ」〜芸能人御用達の自由すぎる爆熱サウナに宿泊
  • 深夜料金なら安い高級サウナ ハードな仕事に疲れ果てた金曜日の夜。一杯やるにも遅い時間だし生憎の大雨。そんな夜には西麻布のアダムアンドイブに足が向かう。仕事の激詰めも大雨もサウナがあるなら前戯にすぎない。今いる西麻布のサウナ『アダム&イブ』がボクのホームサウナなんですが、こうやって週4日も通って常連になると顔なじみがどんどん増えてきて、それも醍醐味だと思うんですよ。 アダムアンドイブは芸能人にも愛好 [続きを読む]
  • ファンドマネージャーの仕事は冷蔵庫の入出庫管理
  • 投資は冷蔵庫と思え なかなか使い切れない株主優待、ポイント、プリペイドカードなどの整理をしていたら『インベスターZ』の言葉を思い出した。投資はこれ……冷蔵庫と思え(中略)繁盛しているレストランほど冷蔵庫はキレイだ!優秀なシェフは毎日の食材の在庫管理が上手い!つまりはそもそも仕入れが上手い!食材が常に新鮮でメニューに偏りがなく飽きがこない!インベスターZ(2) (モーニング KC)posted with ヨメレバ三田 紀房 [続きを読む]
  • 今月は現金を使わないで生活するので株主優待やポイントを棚卸し
  • ポイントや優待券を使い切りたい 金券ショップに通ったり、優待株を保有していると、カバンの中にプリペイドカードや優待券が貯まっていく傾向にある。各種ポイントや電子マネーにも相応の残高があるから資産を正確に把握するのが難しいし、有効期限の問題も個々に発生する。 そういうことに認知資源を消費すべきではないと主張しているのに、実情が乖離していく現状。そこで今月は現金を使わないで生活することとした。現金以外 [続きを読む]
  • 第一生命の「健康第一」アプリで歩いてスムージーをもらおう
  • 歩けば歩くほどプレゼント応募 以前に歩けば歩くほどポイントやプレゼントを貰えるアプリを紹介したのだけど、その中でも第一生命が提供する「健康第一」が便利。健康第一 - 健やかに生きる、幸せになるDai-ichi Life Insurance Company,Limitedヘルスケア/フィットネス無料 iPhone のヘルスケア機能と連携しているので、起動し続けなくても毎日歩数がスタンプカードのように記録され、1日9000歩以上歩くと毎週1000人にローソン [続きを読む]
  • 天一の日には天下一品に行かないと宇宙の法則が乱れてしまう2017
  • 天一の日2017年版 毎年10月1日は天一(テンイチ)の日。天下一品でラーメンを食べるとの次回の無料券がもらえる。今日は天下一品の日です。これが最後のツイートです。https://t.co/kHKP2rBC57— 天下一品bot (@10_1) 2016年10月1日 天下一品bot凍結などの波乱がありつつも、無事に10/1を迎えた。全宇宙に感謝。天下一品におけるカロリー等価交換の原則 しかしながら、現在はダイエット期間中であるため、基本的にはラーメ [続きを読む]
  • au WALLETポイント/プリペイドカードでAmazonギフトカードを購入する
  • au 解約時にセットでやっておきたい au からのMNPを考えているのだけど、下取りサービスや月々の支払いで貯まっていく au WALLETポイントが余ってしまうことに気がついた。これまでは電話料金の割引に利用してきたが、6ヶ月単位での設定しかできないので無駄になる。au マーケットは割高だし、通信容量の追加で使い切るのも難しい。 それで調べてみたら、au WALLETプリペイドカードには MasterCard ブランドがついているため、Am [続きを読む]
  • 貧活〜節税のために手取り収入を限界まで下げる
  • 勤倹貯蓄による貧活に着手した 本多静六の『私の財産告白 』に感化されて勤倹貯蓄を加速しようと思ったのだけど、現代においてはそのまま貯蓄するよりも課税標準総所得を限界まで下げたり、税額控除を増やすことで所得税や住民税を下げる効果のが高い。 手元の現金で最低限の生活ができるのであれば、所得控除や天引きを全力活用して手元に残るお金を低年収化させるほど税金が安くなるし、質素に暮らすモチベーションにもなる。 [続きを読む]
  • 池袋「永斗麺」〜広島から進出したサンマらーめんにマー油と豚バラ玉ねぎ
  • 池袋で新オープンのラーメン屋水風呂とヴィヒタアウフグースがあったタイムズスパ・レスタに行く前の腹ごしらえ先を探していたら、「サンマラーメン」という文字に惹かれて入店。永斗麺は広島から東京に進出してきたラーメン屋で、9月に渋谷から池袋に移転してきたとのこと。 サンマと言えば、サンマ節から出汁を取っていた麺屋武蔵を思い出すけど、現在は使われていない。幻となっていたサンマらーめんに期待を膨らませて入店。 [続きを読む]
  • フールペナルティビジネスはパニック時にこそ忍び寄る
  • 鍵のレスキューに11万円 鍵を落として、深夜にウェブサイト経由で鍵のレスキューを頼んだら11万円支払ったことが話題となっている。冷静な状態なら請求時点で断ることもできたし、疑義を唱えることもできたはずなのだけど、提示どおりに支払ってしまえば、後から取り返すのは難しい。①不正を行う「動機・プレッシャー」がある ⇒ 営業ノルマが課されている。達成すれば高給を得られる。次の客がいつ来るか不明。②不正を行うこと [続きを読む]