nico1984 さん プロフィール

  •  
nico1984さん: Paris 2014 + 3
ハンドル名nico1984 さん
ブログタイトルParis 2014 + 3
ブログURLhttp://nico1984.hatenablog.com/
サイト紹介文パリのローカル情報、日本人の就職活動の仕方、不動産事情など自分の興味に沿ってパリの情報を発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/11/06 00:21

nico1984 さんのブログ記事

  • ミュンヘンの休日
  • 今週は会社の研修の一環でミュンヘンだったので、前乗りして週末をミュンヘンで過ごすことにする。パリに負けず劣らずの曇天。寒い。すごーく昔に来たことがあったこともあり、ゆるい感じで観光。というかモチベーションが上がるほど、何かあるわけでもないような。(失礼)同僚が見つけてきたヒットラー台頭にまつわる街歩きツアーに参加。正直半分くらいしかわからなかったが、最近アメリカでも日本でもヨーロッパでも、ナショナ [続きを読む]
  • Bureau de legendes
  • うちにはテレビがない。仕事でフランス語漬けなのに、帰ってまでフランス語のテレビ番組なんて観る気がしない。本も読みたくない。新聞も読みたくない(ダメ)。そんな私には革命。Caneal+制作のLe Bureau des Légendesというテレビドラマがかなり面白かった。スパイものが好きな人にはかなりオススメ。         フランスの諜報・情報機関 DGSE(アメリカでいうCIA?)が舞台。主人公ギヨームは、ポールという名のフラ [続きを読む]
  • フランスの休暇日数
  • 夏休み中に見た各国の休暇についてのまとめ記事をご紹介。Les Echos ? Qu'est-ce que tu fais pour les vacances ?3カ国だけ抜き出してみるとこんな感じ。日本   25日(祝日15日 + 有給10日)米国   20日(祝日10日 + 有給10日)フランス 36日(祝日11日 + 有給25日)これだけ見ると、フランスも日本に比べて10日間多いだけなんだと思うかもしれないれど、これは法廷日数での計算で、実際は有給はもう少しあるかな?と [続きを読む]
  • Biglove caffèでブランチ
  • まだ人がまばらな8月のパリ。マレも閑散としていて、観光客しかいない。そんななか行列ができるのがマレにあるBiglove Caffè。12時に待ち合わせしたものの、私たちが遅刻してしまったのでひやっとしたけれど、ラッキーにもすべりこめた。これで満席。11区のOber Mamma, East Mammaなどのトラッテリアがあり、どれも行列ができる。ここはグルテンフリーのカフェでブランチにぴったり。写真は帰り際の15時頃なので、さすがに行列 [続きを読む]
  • 三日坊主ランナー
  • 私の短所は「熱しやすく冷めやすい」と「三日坊主」。最近もう諦めがついてきた。なので最近思うのは、三日坊主を繰り返していくことしかないということである。「走る」ことに関して言えば、もう何回やめているかわからない。マラソンに凝っていた上司の影響で5kmのファンランに出たのが、おそらく5〜6年前。同時期に走り出した先輩は、みるみるうちに痩せて、今ではマラソンも何回も完走している。元上司は、海外遠征してマラ [続きを読む]
  • 続・北モロッコ旅行
  • アシラで2泊したあとはシェフシャウエンに向かう。海沿いの街から内陸に2時間半。カサブランカに住む友人が教えてくれた宿泊先で、正確にはシェフシャウエンの外側。駐車場に自分たちの車を残し、迎えの四駆に乗り換えてB&Bに向かう。山の中腹にある村を抜けると眺めのいいB&Bに到着。家畜の鳴き声で目を覚ますと、テラスからは雲海が広がる。めちゃくちゃ気持ちがいい。早起きは三文の得とはこのこと。周りは農業中心の質素な村で [続きを読む]
  • 北モロッコの片隅で日本人に会う
  • モロッコ人とユダヤ系アメリカ人の友人が、トランプ政権になってからの入出国の混乱に不安を感じて、今年の春にNYで予定していた結婚式を見送った。アメリカの重苦しい雰囲気を身近に感じさせるできごとで、それなりに思うところはあったが、とりあえずの問題は、宙ぶらりんになってしまった5月の休暇をどうするか。そして連想ゲームのように、私たちは急遽モロッコに行くことにした。カサブランカで友人を訪ねてから、アシラ、シ [続きを読む]
  • 自家製パスタ
  • 忙しさにかまかけて、旦那が全く料理をしなくなってしまった。おいしいごはんが食べられるから、NYからついてきたのに。そんな不満がつのっていたところに、2年前に購入してから、1回しか使ってないパスタマシーンの存在が目についた。突然パスタを作ろうと思い立ち、BHVに走ってパスタマシーンを購入。勢いに任せて暑い日に作ったため、パスタがすべてくっついてしまい、なんだかよくわからないカタマリを食べるという悲しい結果 [続きを読む]
  • 『MAGNUM ANALOG RECOVERY 1947 - 1979』展
  • キューバからサンフランシスコに向かう荷物から、一眼レフが消えた。それまで必ず手荷物にしていたのに、その時だけなぜかスーツケースに入れてしまったのだ。そもそもキューバでも写真を撮りたいという意欲はあまり湧いてこず、重たい一眼レフがさらに重く感じられた。そういう後ろめたい気持ちがあったので、盗難にあったことも、どこかで納得してしまった。それを機に、一眼レフ熱は冷めてしまった。それが3年前。旦那には、何 [続きを読む]
  • 『記憶と光ー日本の写真(1950ー2000)』展
  • なんのキャンペーンなのか、パリのあちこちで日本にまつわる企画展がたくさん開催されている。マレにあるヨーロッパ写真館(Maison Européenne de Photographie、MEP)で行なわれている『記憶と光ー日本の写真(1950ー2000) DNP寄贈コレクション』展に行ってきた。足を運んでから知ったけれど、これは全て大日本印刷が13年間にわたりMEPに寄贈してきた作品らしい。DNPによるMEPへの現代日本の写真家の作品の寄贈は、1990年 [続きを読む]
  • 『パリの日本建築(1967-2017)』展
  • 私が二十歳くらいの時には、「結婚相手の職業にしいて希望を言うならば、建築家とかいいな」とぼんやり思っていた。芸術系と理系を足して二で割ったようなところがいい。コンセプチュアルに物事を発想するセンスと実際に具現化するための現実的なアタマが必要なところがいい。アーティスト的な要素がありつつ、一般社会で生計を立てていけそうだ。ついに建築家とは結婚できなかったなぁ、と『パリの日本建築(1967-2017)』展(Pav [続きを読む]
  • 映画に行く友達がいない
  • パリはすっかり夏休みモードで、会社も今週に入ってゆるゆる。Parc de Villeteでは、7月末から屋外上映をやっている。週末に行ってみたが、準備不足で場所取りがイマイチ。明るいうちからピクニックしながら待つというのが正しい楽しみ方のよう。今日は Délice de Tokyo(原題『あん』)だったので、張り切って行きたかったのに、一緒に行く人がいないという悲しい結末。映画館なら一人で行くけど、屋外映画はどうだろう。傍目に [続きを読む]
  • タイトルを衣替えして再出発
  • 何ヶ月ぶりかに自分のブログを覗いてみる。昨年10月以降何もなかったかのようだ。「飽き性」の性格が如実に現れてしまっている。恥ずかしい。目に止まった風景もその時々の些細な気持ちの流れみたいなものも、記憶からこぼれおちてしまい、もったいないなぁとは思いつつも、「パリに引っ越しました」というフェーズも過ぎてしまったし、しっくりこないなぁと、もたもたしていた。パリも3年目という意味を込めて、「Paris 2014 + 3 [続きを読む]
  • 20km de Paris
  • 先週、20km de Parisに挑戦。故障することなく、歩くこともなく、完走できたことが地味に嬉しい。振り返ってみれば、運動部経験も趣味のスポーツもなかった私が、5年ほど前に少し走り始めた頃には、3〜5kmも走れば上出来だった。途中、膝が痛む時期があり、走ったり休んだりを繰り返していたけれど、今年の初めに中敷きを作ったことで、ピタッと痛みが止まり、コンスタントに走ることができるようになった。今年春に10kmランに参 [続きを読む]
  • 結婚 1 周年
  • 時間が経つのは本当にあっという間で、結婚式を挙げてからもう一年。パリに何年暮らすことになるのやら。お友達夫婦が1周年記念にASTIER de VILLATTEの花瓶をプレゼントしてくれた。日本人にとても人気のあるお店と聞いたけれど。この一年、勉強に明け暮れて、周りを見渡す余裕がなかったので少し周りのことに興味を持ちたいものです。パリに移住して2年、ようやく生活が落ち着いたと言えそうな今日この頃です。 [続きを読む]
  • Café Kitsune
  • 最近、パリでの感度が低くなっているような気がするが、滞在許可証の更新の日は一味違う。自分が外国人という立場を思い出して、気のせいか風景も違って見える。昨年痛い思いをしたので、万全の体制で臨んだおかげで、前回の悪夢が嘘かのように、1時間半で終了。晴れ晴れとした気分でシテを出て旦那と散歩。普段はパリの中心に行かないので、なんだか新鮮な気持ちで歩く。気がづけばパレロワイヤルまで来ていた。こんなところにC [続きを読む]
  • ロンドン
  • 友達に会いにロンドンへ2泊3日。そのついでに、ロンドンで働く日本人お二人にアポを取り、お茶をしてもらった。Linkedinで世の中とても便利になったもんだ。イギリスに欧州拠点を持つ日系企業は、フランスのことをどう見ているのかなというのが気になっていた。やはりビジネスボリュームなどの関係もあり、やはり大陸ヨーロッパ進出は、それなりにハードルがあるのだなあと再確認。6年前にも新人研修で1週間ほど来たけれど、記 [続きを読む]
  • 就職活動&バカンス
  • さてさて、マスターに戻り一年間ワーキングスチューデントをしたわけですが、7月末にそのまま正社員で残るオファーにサインをして、スッキリした気分で8月を迎えています。6月頃までは、チームに空きもないので普通に就職活動をしていたわけですが、6月に今働いているチームで社内異動する人が出たために、後任として残らないかと上司が打診をしてくれました。フルタイムにそのまま雇用する義理は特にないので、自分を信頼してく [続きを読む]
  • ニースのテロを受けて
  • 7月14日の革命記念日の祝日を境に、夏のバカンスに行く人も徐々に増え始め、私も今週末はちょろっとパリを脱出して、ポルトガル第二の都市のポルトにいます。のんびりした気分で過ごしていたところに飛び込んできたのは、南仏ニースでのテロ。フランス 第5の都市で、家族連れのバカンスや海外からの旅行客も多いニース。先日までフランスで開催されていたEUFA ユーロ 2016は、大きな混乱もなく終わって、内心ホッとしていたけ [続きを読む]
  • 配偶者ビザ更新の必要書類(2015年9月版)
  • ハッと気付いた時には時遅し。配偶者ビザの期限は6月までなのに、予約を取るのに出遅れてしまい、webで予約を取った時には9月になってしまいました。昨年は旦那を連れて行き忘れる(というか、同伴するという認識がなかった)という失態を犯しましたが、今年も期限に間に合っていないというダメな感じでスタートです。期限切れの期間は、警察署に行けばレセパセを出してくれということなんですが、もらいに行ったほうがいいのかな [続きを読む]
  • 不機嫌なパリ
  • 日本でもセーヌ河の増水は報道されているようですね。ちなみにカナルサンマルタンは運河なので、水量調節されており特に氾濫する気配はないので大丈夫です。それにしても、かれこれ10日間くらい太陽を見ておらず、鬱々とした気分が続きます。と、いうレベルを超えて発狂しそうです。心なしか周りもみんなどんよりしてるかイライラしている人が多いし、太陽って精神状態に大きく関係しているなぁと改めて感じます。木曜には、この空 [続きを読む]
  • DAIDO TOKYO展 カルティエ現代美術財団
  • 旦那の強い希望により、6月で終わってしまうDAIDO TOKYO展のために、カルティエ現代美術財団へ。森山大道氏の写真は、新宿、ハワイ、パリなど、場所を変えても同じ写真というイメージ。雑踏の中をファインダーを覗かないでバシャバシャ撮っていく、という一貫したスタイルで、どれもノスタルジックさは残るけれど、逆にどの場所でも、それしか感じるものがないので、別に行かなくてもいいかな〜とさえ思っていたのです。実際、私の [続きを読む]
  • La Maison du saké
  • 先日友人と歩いていたところ偶然見つけたLa Maison du saké(ラ メゾン ド サケ)。こんなのできたんだね、とバーカウンターで一杯試してみることにしました。2月にオープンしたばかりで、毎月酒蔵を変えてお酒を紹介しているようです。外からは見る限り、バーカウンター兼ブティックという様子のこのお店、実は奥に続いてレストランが隠れているのです。広くてびっくりして、思わずサービスの方に誰が経営しているのか尋ねて [続きを読む]
  • 遅い冬眠から覚めました
  • なんと4か月以上もこのブログを放置してしまいましたが、冬眠から覚めたと思ってまたアップデートすることにします。パリでもようやく20度を超える気候になりました。忙しさを理由に遠ざかっていましたが、その合間にも色々感じたあことがあったのに、そういうことがカタチに残せず、やっぱり残念なので、また独り言をアップデートすることにします。春になってサボテンファミリーも増えました! [続きを読む]