花柳 彦純香 さん プロフィール

  •  
花柳 彦純香さん: 今からはじめる日本舞踊 西宮市甲子園教室
ハンドル名花柳 彦純香 さん
ブログタイトル今からはじめる日本舞踊 西宮市甲子園教室
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/hiko-sumika/
サイト紹介文甲子園球場にもららぽーとにも程近い、大人からでもいつからでもはじめられる日本舞踊教室です。
自由文着付けから踊り終わって畳むところまで、丁寧にお教え致します。

甲子園教室 阪神甲子園駅東改札より徒歩7分。
北浜ワークショップ(月1〜2回) FLY sow seeds 京阪本線・地下鉄堺筋線 北浜駅4番出口より徒歩5分。

花柳流 専門部名取(師範)。芦屋市邦舞協会会員。

日舞以外の学びは、アレクサンダー・テクニック(身体の使い方)、メソッド演技、ベルカント唱法、ピアノ、など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/11/06 15:37

花柳 彦純香 さんのブログ記事

  • メール不具合
  • いつものyahoo!メールアドレスに、9月3日19時以降にメールを下さった方で、こちらからのお返事の届いていない方は、お手数ですが、以下のメールアドレスへご連絡ください。19.hikosumika.88☆gmail.com(☆を@に変えてお送りください。)ご迷惑をおかけ致します。よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 陰影と角度 〜ミケランジェロ展〜
  • 8月初旬、バレエフェスのついで(コラ!言い方!)に、国立西洋美術館で9月24日までやっている、ミケランジェロと理想の身体 展 へ。行くちょっと前に、絵を描かれる方から、人の顔の陰影がどうの〜という話をお聞きしていて、影なんて、特に顔に出るやつなんて、ぜんぶ光で飛ばしたいものなんじゃないの!?と、思ってましたが、影、だいじでした。配置込み、ライティング込み、で、ひとつのアートなんだな、ってことに、初め [続きを読む]
  • 善悪ボーダーライン 〜 トーマス・ラープ「静寂」
  • ダンスコンポジションのワークショップ(過去記事リンク)に行ってから、ずーっと善悪の線引きについて考えてます。。善悪について考えるのに、先生のおすすめはカミュの「異邦人」だったのですが、太陽が眩しいから人殺したっちゅう主人公の話なんかいやや〜〜〜!と思って放ってたら、Amazonのおすすめで出てきたトーマス・ラープの「静寂」が、趣味で読む小説としても、善悪を考えるためのお勉強本としても、良かったです。この [続きを読む]
  • 8月雑感&ダンスコンポジション
  • 8月は、前半、たっぷりお休みを頂きまして、世界バレエフェスティバルAプロ・Bプロ鑑賞と、中旬からは、洋舞系のワークショップに行って参りました。(KHDTとGAGAとコンポジション)脳から湯気でも出そうな感じの、濃い3週間近くめっっっちゃ詳しく書きたいですが(ええ。求められてなくてもゴリ押しです)それはまた後日。ひとまず、1ヶ月近く更新してなかったので、去年の記事でも引っ張りだしてみますか。更新サボっており [続きを読む]
  • GAGA people
  • GAGAってきました。ガガといってもレディ・ガガではなく。イスラエルのバットシェバ舞踊団で毎日行われているというワークアウト・GAGAの、一般向けバージョンのクラスへ。先生のおっしゃる言葉を、そのまま動いていきます。身体の中に風が通り抜けるとか、炭酸水になってみるとか。イメージで動く。どうしたらいいかわからなければ、周りを見て真似てみればいい、というのが、私にとっては良かったです。風や水やはちみつや炭酸水 [続きを読む]
  • 2018/07/28
  • こう、天候不順とか災害があった時(起こる可能性が高い時含む)、自分がどういうスタンスでいたら良いのか、未だに、その度にオロオロ迷っておりますが、生徒さんにおかれましては、どうぞご無理なさいませんよう。安全第一で、遠慮なくお休みくださいね。自宅と教室がドアtoドアなので、私の方から「今日はやりません」と申し上げることはほぼ無いかと思いますが、いらしている時は大丈夫でも、帰り道に不安が残ったり、(生徒さ [続きを読む]
  • 2018/07/10
  • ご無沙汰しております&暑中お見舞い申し上げます。今月はじめに書いた記事をアップし忘れていました。。。暑さのせいさふふ。↓以下、そのまんま載っけます。↓ワタクシ心配性ですので、昔お稽古した曲を生徒さんにお教えする時は、事前に先生に見て頂いてから、教えさせて頂いているのですけども、先生の、説明のしかたといいますか、動きを分解して伝える言葉が、めっっっっちゃくちゃ、わかりやすくなっていてあらためて尊敬の [続きを読む]
  • 澄んだ感覚
  • 踊るとき、私の場合は、〈身体の中が「音楽」と「すべきこと」だけになっている〉時だけ、本当にちゃんと踊れる・動ける、ので、うまくできていた時のその感覚をつかまえに行くのだけども、最近雑音を断つのが下手になってきたなと思います。惰性で、やりやすい癖付いた動きに流れるのではなく、かといって、自分の動き方にダメ出ししまくって見張りながら動くのでもなく。(「音楽」と「すべきこと」の間に「見張る」が挟まると、 [続きを読む]
  • 募集再開
  • ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。思った以上に治りが遅く、再開時期が5月14日(月)の午後以降、となりました。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。宜しくお願い致します。かなめ返し、ちょっくら試してみたら激痛があれ、中指だけ使ってると思ってたら、結構人差し指で支えてる動きだったんですね。。。西宮・芦屋・神戸と、近辺には素敵な先生が多くいらっしゃいますので、ぜひそちらへも…??? [続きを読む]
  • 右手が動かしにくい時の着付け
  • 利き手なので不便になるから、と、固定なしで病院から帰されたので、お化粧やら髪をまとめたりやらは何とか出来ておりますが、(リキッドのアイライン以外は、左手でメイクしてもわりと大丈夫。普段もテケトーだから眉なんか右手の時よりうまく描けるんだぜ。)んが!着付けはなかなかに大変です普段は使わないコーリンベルトに助けられてます。ゴムの締めつけ感が苦手で、ふだんの腰紐はモスリン派でしたが、コーリンも、これはこ [続きを読む]
  • お知らせ
  • 怪我のため、新規の生徒さんの募集を今月いっぱい停止します。右手人差し指の骨にヒビが入っており、お扇子を握る事は出来ますが、かなめ返しなどの細かい動きのお手本が出来ない状態です。通ってくださっている生徒さんへはメールをお送りしておりますが、振りうつしが最後までいっている生徒さんと、お扇子を使わない曲の生徒さんはそのままお稽古、お扇子を使う曲の生徒さんは今月いっぱいはお休み(頂いているお月謝は、残り回 [続きを読む]
  • グループレッスン開講と個人レッスンの料金改定
  • 3月よりグループレッスンを開講いたします。着付けから学ぶ初心者クラスと、経験者クラス(着付けがご自身でできれば、初心者さんも参加可。)を、開講予定です。それに伴い、4月より、個人レッスンの時間と料金を改定致します。稽古時間を、着替えの時間を含まず正味で50分とし、その分料金を上げる予定です。(今現在、通ってくださっている生徒さんの料金は変わりませんので、ご安心ください。)基本的には、習い始められた [続きを読む]
  • 2月25日 国立文楽劇場 花廸会
  • きたる二月二十四日(日)、大阪日本橋にあります国立文楽劇場にて、師匠の主催されます舞踊会がひらかれます。詳細は以下の通りです。花柳流 「花廸会」平成30年2月25日(日)開場 / 午前 10:30開演 / 午前 11:00国立文楽劇場(地下鉄 千日前線・堺筋線、近鉄線 各「日本橋駅」⑦号出口より徒歩1分。)チケット料金 5,000円 全席自由席(追記。うちへ通ってくださっている生徒さんへは、無料でお渡ししております。ご [続きを読む]
  • 2月のお休み
  • 2日(金)〜12日(月)まで、お休みを頂きます。この間、メールチェックは致しませんので、お問合せへのお返事は13日(火)以降となります。また、22日(木)、25日(日)は、師匠の主催される舞台の下合わせと本番のため、終日お休みとさせて頂きます。こちらも、携帯・パソコンを触れる環境におりませんので、お急ぎのお問合せには対応しかねます。(普段は対応しております、前日予約等への対応ができません。)悪しからずご了承 [続きを読む]
  • そりかえる動き
  • 座っている時でも立っている時でも、日舞でそりかえる振りがやりづらい場合は、足を少し大きめに開きます。カメラの三脚を立てる感じに。バランスが取りやすくなります。また、背骨がどんどん上に伸びていくー、とイメージしながら反ると、腰への負担が軽減されます。背骨が上に伸びていくイメージは、反りながら捻るような動き(汐汲の櫛のくだりなど)の時に、柔らかすぎて変にグニャッとなってしまいがち(過去のワタクシ…いや [続きを読む]
  • 抱負
  • 更新せねばと思いつつバタバタしておりましたら、ついに、ついに、小正月も過ぎてしまった。。。本年も宜しくお願い致します!今まで、出来ているところを不安がってほじくり返し、クリアすべき課題のほうはお留守になっている、という、「何それ何のコントですか」状態を続けてきてしまっていたので、今年はそこをサクサク進めるように、精進いたします。では!過去記事リンク※「削除されたか未来記事設定になっています」の表示 [続きを読む]
  • 年末年始
  • 本日をもちまして、2017年のお稽古は無事終了いたしました。年明けは4日(木)からとなります。今年一年、関わって下さいました皆様、誠にありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。 どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。 [続きを読む]
  • 理想の理想のゆるんだ身体
  • 音楽が身体を通り抜けていく時に、引っかかりのない身体であること。身体も心も音楽に融けて「私」がなくなるような感覚になる時、一番幸せを感じます。こういうこと言うとなんかめっちゃ酔った人みたいでちょっとイヤですが(笑)。。要らない力みと感覚の錯誤が消えた身体と心は、音楽に対してどんな反応をするのだろう…。(訂正:以下の記述のヴィルヘルム・ライヒを、ウィリアム・ローエン(ローウェン)と取り違えておりまし [続きを読む]
  • 「調子にのる」は「波にのる」
  • ってことなんだよね(うろ覚え。意訳。)と、高校時代の数学の先生が仰っていたのを最近思い出し…ある子が、「中一の時に勉強しなくてもわかったから、調子に乗ってそのまま勉強しなかったらわからなくなった」というようなことを話した時に、「調子に乗ったらもっと沢山するじゃない?調子に乗れる時って波に乗れてる時だよ」というようなお返事をされて、お箸が転げても可笑しい年頃だった私達は、先生の、理系らしく天然っぽい [続きを読む]
  • 会話
  • って難しいですね。。。人様がお話しになったことを、うっかり「へ〜そうなんですね〜」って流してしまうことが多いのですが、フォローが必要だったのかも!?と後から懊悩してみたり…。世間的にはよろしくないとされていることで(リコンとかトウコウキョヒとか)、私にとっては良いも悪いもないこと(ああ、そういうこともありますよね、くらいの)で、っていう内容だったりすると、フォローすると、逆に、それを問題視してる気 [続きを読む]
  • 厳しさと厳密さ
  • 何をもって「厳しい」というのか。言葉の定義って難しいですね。最近の私は、「厳しさ=服従を求める圧力」ではなく、「厳しさ=(より良くするための)厳密さを求める姿勢」だと捉えられるようになってきたので、「厳しいけれどこわくない」境地に、行けるかも…!と。私、自分の師匠のことは「厳しいけれどこわくないなー、すごいなー」と思っていたのに、自分が生徒さんに細かい注意を入れる事にはものすごく抵抗がありまして… [続きを読む]
  • 募集再開
  • 遅くなりまして申し訳ありません。ご不便・ご迷惑、おかけしております。本日より募集再開とさせて頂きます。ほんとにほんとに待ちぼうけは疲弊しますので、気が変わられても大丈夫ですので、「今回はやめておきます」だけ一言下さいましねでは! [続きを読む]
  • 習い事の効用
  • ※以前書きかけていた記事を手直ししてアップ。過去記事のこれとか、力みがちな方へこれとか、すくわれた言葉たち②これとか、ウィークポイント〜一回ですんなりできたことでもこれとか!真面目「すぎる」ことへの処方箋めっちゃめっちゃめーーーーーっちゃ、お役に立つであろうことを山盛り書いているのに、いまひとつ問い合わせの件数も増えず(ずーっと横ばい)、あれれ…?と思っていたら、私ってば、 ・今現在どちらかで習っ [続きを読む]
  • お稽古回数 おすすめは?
  • 趣味として楽しむのであれば、月2回〜4回程度がお勧めでしょうか。(月一回でも大丈夫ですが、時間を長くされるのをお勧めしております。次の回までに忘れてしまわれる方が多いので…)少なくても多くても、お好きなほうで例えば…1.回数は少なく、一回一回の濃密さを増す方式→お忙しい方にお勧め。日舞のお稽古を「日常から離れる特別な時間」にしたい方、深く集中したい方に。 一回一回のお稽古が真剣勝負!です。 2.回数 [続きを読む]
  • 着崩れにくい帯の締め方
  • 帯を締める時は、下をきつめに、上をゆるめに、極端に言うと、台形を逆さにしたかたちに締めていきます。(腰周り(下の方)は呼吸の影響を受けにくいのできつく締めて安定させ、呼吸で大きく動く胸〜お腹まわり(上の方)はゆるめておくって寸法です。※厳密に言うと、腰周りや背中も呼吸によって動いて(動きの波が届いて)いますし、逆に、腰周りが全く動かない呼吸は結構苦しくお勧めではないのですが、今はざっくりとしたご説 [続きを読む]