きまぐれ和次朗日記帳 さん プロフィール

  •  
きまぐれ和次朗日記帳さん: きまぐれ和次朗日記帳
ハンドル名きまぐれ和次朗日記帳 さん
ブログタイトルきまぐれ和次朗日記帳
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/wajirou2988
サイト紹介文あわてないと思っていても ついついあわててしまいます 酒でも飲んで唄でも歌いながら ぼちぼちい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/11/07 00:11

きまぐれ和次朗日記帳 さんのブログ記事

  • 霙と霰
  • ここ数日はカミナリ様が忙しない…また電話や給湯器がやられないかとヒヤヒヤものです今朝は霰(あられ)模様…積もるとまではいかないからいいけど風が強くてツライ…12月の平野はあんまり有難くないベチャベチャの雪が多い…いっそのことグンと冷え込んでサラサラの雪になった方がまだマシだ…雪に分類される霙(みぞれ)は先日初雪認定されているけど…チョビッとだったちなみに天気記号は雹(ひょう)は霰の大きい物…直径5mm [続きを読む]
  • 冬の音
  • 身に染みて寒くなった…この歳になって冬という言葉があまり好きでは無い事に気付いている暗闇に外壁を擦るような…ふえを吹くような風の音が虚しささえ感じさせるあられが屋根を叩き始めると雷が追いかけるように騒ぎ始める深々と…吹き上げるように…視界を遮るように…いろいろな様の雪が降り続ける [続きを読む]
  • 大塚博堂氏の中古CD
  • 随分むかしに持ってたんだけど今は何処かへ…大塚博堂(おおつかはくどう)氏のCDを改めてオークションで落札したご存命であれば74才になるが37才で脳溢血で天に召された…表舞台での活躍は30才過ぎてから1977年の「ダスティンフォフマンになれなかったよ」は120万枚以上のヒット曲短くも濃い歌手活動をされた方だ…哀愁漂う歌声が懐かしい…極めて歌唱力のある方だと思うクラブ歌手として下積みを重ね恋心の歌には定評のある方だ [続きを読む]
  • しぼり蕎麦
  • 所用で一人長野へ…昼食は何度か立ち寄った事のある信州信濃町の道の駅季節を感じる「野沢菜」の山…ひと束400円家で漬ける方も多いようだここの蕎麦はなかなか美味い…何時もは普通にざる蕎麦にしていたが今回は「しぼり蕎麦」出てくるまで「しぼり」はたぶん大根の事とは感じていたのだが…完璧な大根のしぼり汁…超辛い!脳の血管が切れるかと思った薬味皿にある味噌で味をまろやかにするらしいのだが…それでもやっぱり辛い! [続きを読む]
  • 新幹線高架下の漏れ漏れ
  • 上越新幹線の高架下の太い配管から大量の水漏れ…直径80cmはあるだろうか…フランジ接続部から元気よく噴き出している消雪用の配管の試運転で不良箇所のチェック中なのだろうがこんなのは初めてだこの夏は40度超えなんて日もあったからフランジのパッキンも悲鳴をあげていたのかもしれない [続きを読む]
  • お金をかけないライブ
  • 2週間前になるが素人だらけのライブを開催した5ヶ月前から8バンドに声掛けした企画…自分達も入れて9組日曜日の昼から50人程の賑やかやライブになった三条市の酒屋さんが道楽で倉庫を改造した本格的なライブ会場会場の親方の太っ腹で会場費は無料…飲み物はアルコール含めオールフリーでオードブル他の食べ物付きで一人2000円4時間くらいの長いライブ…後半は酒が随分入り出来上がっていたバンドもあったけど楽しい時間を過ごさせ [続きを読む]
  • そろそろ冬支度…その②
  • 日に日に朝の冷え込みが増してきた昨日は特に寒かった…白鳥の飛来は一ヶ月も前から始まっていたが街路樹は葉が落ちきり風前の灯…寒そうです北風が殴りつける国道116号は急ピッチで風除けを起こしている人の事ばかり気にしているが自分の冬支度はちっとも進んでいない… [続きを読む]
  • ハーモニカ入れ
  • ハーモニカ吹きではないのだが必要にかられ数だけが増えたテンホールズハーモニカを少し整理するために某ネットショッピングで送料込みで1000円程のケースを注文したネット上の写真は以下の様…小さなテンホールズハーモニカが裸で3本入るタイプ…ライブに持って行くには丁度良いお届けは中国から1週間から10日程度となっていたが6日で届いたしかし梱包がやけに大きい…中身を確認すると色は一緒だがやっぱり大きい…何故か手提げ [続きを読む]
  • そろそろ冬支度…
  • 甘い柿をいただくと秋深まり冬支度…いただく柿は出荷出来ないキズモノだが味は間違いなく美味い…そして…柿が無くなる頃には巷は冬支度が始まる今日見かけたのは消雪パイプのチェック…穴の詰まり修理晴れていても雨具を着て腰を屈める難儀な作業…行き交うクルマに気をつけながらご苦労さまです [続きを読む]
  • クルマのエアコンの修理と…
  • エアコンの修理と言うか…9月下旬から風が吹き出さなくなった夏も終わったし直すのは後回しにと思っていたが雨降りの日にはガラスが曇る事に困りオークションで安くて適合するブロアーの中古探し…3000円で落札以前エブリィに乗っていた時は自分で交換したが流石に手に余りクルマ屋さんにお願いした…カーステレオの後ろが交換場所…クルマ屋さんも難儀したようだ…そして…昨日クルマの色塗り替えも決行…予算3000円5m以上離れて [続きを読む]
  • インディアン・サマー
  • アメリカのある所では「小春日和」の事を「インディアン・サマー」と言うらしいヨーロッパでは「老婦人の夏」と言う所も…土曜日からとても穏やかな日が続いています宿借りの猫はあまりの天気の良さで昨日出かけたまま帰っていません近くの道の駅の芝生に生き物が嬉しそうに動いていた…トンボは並んで日なたぼっこだ…飛行機雲じゃ無い…穏やかな風に乗って来た蜘蛛の…これが本当の飛行機雲…今年の小春日和はまだあるのかなぁ… [続きを読む]
  • おじさん達のライブまであと少し…
  • 夏前から企画していたライブまで一週間に…「半分が初めての出会い半分が何時もの出会い」そんな思いをコンセプトに9組に声掛けしたら全員OKの大所帯になってしまった会場は酒屋さんの倉庫を改造した立派なライブハウス…音響と照明も完備してます酒は売るほどある酒屋さんでスーパーフリードリンクどんなライブになるか楽しみですそして今日は練習です…上手くいく保証はありませんがね [続きを読む]
  • 海の見える寺
  • 秋雨も繰り返すたびに寒さが深まります今日は浜の町に墓参りに行ってきた海からそそり立つ小高い山の中腹を横切るように歩く…この細い道を歩いて行くといくつかの御寺様に通じる今はツワブキの黄色い花が咲いてる肩を寄せ合って家族のようだ…父母と兄には花が飾ってあった祖父母と叔母さんには無かったから今度持って行こう冬間近です久しぶりの日本海… [続きを読む]
  • 食用菊
  • 食用菊の生産といえば新潟県の「かきのもと」山形県の「もってのほか」などが二大産地と思っていたが愛知県が1位らしい…愛知県の生産は全国の半分…と言っても刺身や煮物に飾り付ける小菊の生産がほとんどらしいお浸しや天ぷら酢の物などに食される食用菊は新潟県と山形県が主要産地小さな空き地を利用して自家用に作る御年配の方々も多い…彩りの良い紫…渋みが癖になる黄色…目に良し高血圧に良し…先人から伝えられる良薬です [続きを読む]
  • 猫の訪問
  • 火曜日の朝 玄関先に見慣れない箱…玄関を開けたら突然「ミャー」何も聞かされてないからビックリ…というか聞かされる時間も無かったから仕方ない…私が就寝後に仕事から帰って来た次男が私のクルマの下で泣いている猫を見つけて可哀想という事でこの事態になったようで…だいぶ痩せてるが随分人馴れしている捨てられたのかなぁ…昨日の内に引き取り手が決まったらしい…果樹農家の方でまだ忙しいので10日後に里親さんへしかし良 [続きを読む]
  • 野に咲く花の名前は…
  • ?野に咲く花の名前は知らないだけども野に咲く花が好き…?寺山修司さんの詩…私が小学二年生の時ヒット曲らしい我が家の何時もの駐車場スペースの横に今年見知らぬ花が咲いていた…直径1cmあるか無いかの小さな花…たった二輪なんだけど1ヶ月以上咲いてる今朝よく見たらまだまだ咲きそうな気配が…この花の名前を調べてもよくわからない…紫の小さな花… [続きを読む]
  • 何から食べるか?
  • ラーメンと餃子とライスの定食…何から食べようかなどと思わぬまま何時も食べていたが…今日はあえて意識しながら食べてみようと…先ずはスープ…ナルト…そして麺餃子はまだ熱いので後回しに…チャーシューをご飯にのせて口にかきこむメンマを一つ食べてご飯…そしてスープ…麺あんまり意識して食べ進めた事は無いけど…こんな事から自分を再認識です [続きを読む]
  • 田んぼも静かになって
  • 田んぼ道の脇は稲が何も無い風景に…真ん中のふたこぶの山は弥彦山(やひこやま)右が角田山(かくだやま)左はネット炎上供養で最近テレビで話題になった国上寺(こくじょうじ)のある国上山(くがみやま)この先数キロの所は下町ロケットのドラマロケ地でもあるJR弥彦線の線路の脇には雑草が目立ちます1日に列車は何本走るんだろう…本当に静かだ真っ直ぐの線路の行き先は吉田駅…矢作駅…弥彦駅 [続きを読む]
  • 赤とんぼ
  • 赤とんぼが賑やかに飛んでるボンヤリした写真だけど夕焼けに似合うトンボだ…赤とんぼ…アキアカネ…暑い夏は標高の高い所で避暑に行く赤とんぼ…ナツアカネ…夏の暑い日にも平地に飛んでる見てもどっちがどっちかわからないけど愛しいものだ…もうすぐ冬…産卵をして一年で一生を終えてる [続きを読む]
  • ターレ
  • 築地市場が遂に終えて豊洲市場になる…随分話題になっていたがこれからどうなるんだろうニュースでターレの移動の話題が賑やかに放送されていた…40年以上前の事を鮮明に思い出している新潟から名古屋の大学に行って人生初めてのバイトが市場だった…名古屋市西区の名古屋市枇杷島市場…朝早くに起きて名鉄金山駅まで自転車乗って…いろんな人たちに出会った…今でも鮮明に覚えているターレもあった…あの時は皆んなターレットって [続きを読む]
  • 木の隙間から秋…
  • 台風…台風…まただ…まただ…慌ただしさに背中を押されている間にチラホラと秋の気配に包まれて始めていた駅前の木を見上げてみると隙間から空が…黄色に彩りを移ろえた秋の葉の向こうに青い空隣の木ものぞき込む…テッペンで紅い葉が風に揺られていた足元にはガマン出来なかった紅い葉が寝そべっている前にも見たような風景だけど同じモノは無いのです…同じモノは無いのですよ… [続きを読む]
  • 秋バテ…
  • 一昨日の夕方のニュースで「秋バテ」が話題として取り上げられていた年齢層に関係なく多くの人たちがお疲れの様子…夏の酷暑の後の昼夜の寒暖の差 押し寄せる台風などの雨風…心身ともに知らないうちに疲労を与えいるようです稲刈りの終わった田んぼにはサギたちがエサ取りをしてるゆっくりしてるから養生しているようにも見える仕事の合間…人間も一休み…日陰に爽やかな風…ひと時の休息を新幹線の音だけが邪魔をしてくる [続きを読む]
  • HPが6本
  • HPって言うとホットペッパーとかのフリーペーパーのようですが…ブルースハープの事を略してHPって書いたりする…あまり正確じゃありませんが…そんなハープも6本目に…全て音階が違うので大事なのですなかなか上手になりませんが必要にかられての購入です最初は20数年前にHOHNERの2940円最近購入はAriaのB♭送料込680円だんだんと安物買いになりましたが…アドリブで音が合わせられると嬉しいものです [続きを読む]
  • 秋…ラーメン2杯
  • テレビで宣伝していたあの店で今日は昼食…期間限定の昔中華290円(税別)を目当てに…大盛りにしても390円(税別)だから当然大盛りの予定で入店したが…「食べ比べセットどうですか?」と勧めらたので勧誘に弱い気持ちが反応して「それで」と即返答してしまった「2杯ありますが大丈夫ですか?」と勧めておきながら何を言うかと思ったものの元からスープは血圧に良く無いから残すつもりでいたので2度目の「それで」を発した左が [続きを読む]
  • 金は無いがポイントなら…
  • 北海道の地震も関西や中四国の台風や豪雨の災害はまだまだ収まりがつきそうも無いようだ…何か出来ることは無いかと思うがお金も無いし… しかし探せばあるもので…ポイントなら…Tポイントなら…ファミマやエネオスやクロネコヤマトでいつのまにか貯まる…暇な時は携帯からも…使い道の無さそうなちょっとしたポイントも意外と価値があったりするまぁ…ハズレの方が多いですが…コツコツと… [続きを読む]