ゴルフ惑星 さん プロフィール

  •  
ゴルフ惑星さん: ゴルフ惑星
ハンドル名ゴルフ惑星 さん
ブログタイトルゴルフ惑星
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/golfplanet
サイト紹介文ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供246回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2014/11/07 09:18

ゴルフ惑星 さんのブログ記事

  • キノコと秋ツタと大事件
  • ラフに行ったボールを打とうとしたら……近くにキノコがあって、狙いを決めるスパットとしてバッチリでした。夏から秋に向けていつものコースではたくさんのキノコと遭遇します。今年はコースの近所で収穫されている椎茸の美味しさの虜になっている関係でキノコが特別に見えます。食べようとは思いませんが、『帰りに椎茸を買おう』と思うのです。ちなみに、椎茸は好物ではなく、むしろ嫌いでしたが、鍋用に帰りに買ったら信じられ [続きを読む]
  • その朝、朝日で燃える赤、彼女の足跡は濡れて
  • 2週間振りにいつものコース、朝の気温は5度でした。防寒のシャツを今シーズン初めて着て挑みました。いつもはアウトスタートですが、日曜日はインスタートでした。習慣でアウトに行ってしまって、指摘をされて、慌ててインコースに移動しました。そういう1日でした。トップスタート。朝日が昇る中で、木の頭にだけ朝日が当たって、少しだけ紅葉した葉が綺麗でした。紅葉はまだ少し早いようです。多くの落葉樹の葉はやっとちょっ [続きを読む]
  • ご注意と謝罪です。
  • ゴルフ規則はゴルファーとして手元におくのが正解だと何度も書いています。先週も、そういう話を書きました。さて、本日よりJGAのHPにて日本語版の2019年のゴルフ規則が販売されています。予定通りで素晴らしい、のですけど、トラブル発生です。現在は修正されましたが、午前10時半ぐらいまでに購入した方で、送料無料に惹かれて合計4000円以上買った方は送料無料にはなりません。送料無料は1万円以上購入が対象です。HPには4000 [続きを読む]
  • いよいよ来週一般発売です
  • 2019年のルールブックです。上が日本語版。下が英語版。左がプレーヤーズ版。右がフルバージョン。プレーヤーズ版はプレー中に使う目的の簡易版です。今までのものと比較すると、薄くなって、短くなって、幅が広がりました。プレーヤーズ版があれば十分だと思います。女性ゴルファーのシルエットから男女のゴルファーが握手をしているシルエットに変更になりました。背景の空も良い感じです。ゴルファーを減らさない、増やしていこ [続きを読む]
  • アウトに向かって行く喜びを
  • 関東の山間に紅葉の見所がやってきた、と天気予報が伝えています。秋ゴルフはフィナーレが最高なのです。今年は秋が暖かだったので、通常より1、2週間遅く紅葉の見所が来るようです。秋のコンペのシーズンもど真ん中です。予約サイトを見て仰天しました。『キャンセル待ち』という文字が並んでいました。安いけど、遠いゴルフコースから埋まっていった様子が読み取れました。ゴルファーは増えています。先日、こんなシーンを見ま [続きを読む]
  • 敷居を跨ぐも跨がないのも自分次第
  • 敷居がない家が増えて、敷居も鴨居も説明しないと通じない昨今……ふっと思いだしたのです。昔は、敷居でパットの練習をした、と。敷居そのものが水平だという前提で、綺麗に真っ直ぐに転がすのがけっこう難しく、ヘッドを真っ直ぐに引いてインパクトで狙い通りの方向に打ち出す練習になります。また、打ち出しの速度を意識して、距離に応じた速度を狙い通りに出す練習もやりやすいのです。一点だけ注意したいのは、ボールの転がる [続きを読む]
  • 謎が謎を呼ぶ腕輪
  • 「c-noさんは、どうして腕にバンドをしているのでしょうか?」時々、質問されます。きっかけは、体幹のバランスが良くなるというものでした。今は、一言でいえば『習慣だから』なのです。画像は、少し前に撮ったもので、ウレタンのバンドですが、紫外線に反応して色が変わるものです。紫になっていますが、普段は白いのです。紫外線を探知する機能は全く利用していません。この画像を撮った時を含めて、色が変わったと確認したのは [続きを読む]
  • バカになれないバカなのだ
  • 義父の一周忌でした。1年経つのが早すぎて……年はとりなくないと、老いを改めて意識しました。そういうこともあって、先週はゴルフに行きませんでした。お経をたっぷりとあげていただきました。この数年、お経が心地良くて、本当に戸惑います。その心地良さの中で、生前の義父を強引にでもゴルフに連れ出さなかったのか、自問自答しました。大工さんを引退した後、チャンスは何度もあったのに僕は動きませんでした。真っ当な理由 [続きを読む]
  • あの暴風の残したもの、残ったもの
  • 秋ゴルフの始まりは、毎週のように来た台風と記録的な暴風でした。ヒマラヤ杉という名前は杉だけど、DNAは松という木の松かさです。開く前に風で落ちていました。だいぶ前に撮ったのです。忘れていました。ボールを探しに行ったら、こんなシーンも見ました。たぶん、山桜です。急に目の前に出てきて、ビックリしたのです。探せば、もっとこういう傷跡が見つかるのだと思います。これは先週です。手前の黄色い花は背高泡立草です [続きを読む]
  • 目土袋を愛おしむ
  • 目土袋は使用すればするほど馴染んできて、味わい深いものになります。Golf Planet オリジナルの目土袋も同様ですが……良い感じに馴染んだのに帆布が擦れて、穴が空いてしまうことがよくあるのも目土袋あるあるです。妻の目土袋も、僕の目土袋も、小さな穴が空いて乾いた砂だと砂時計のように一筋の砂が底から流れでてしまうようになってしまいました。当て布を表と裏から接着して穴を埋めます。砂まみれなのでまず砂を綺麗にして [続きを読む]
  • 半袖の季節が終わっていく
  • 今週はオープンウィークでゴルフの予定がありません。(法事などがあるので)それでも、コースの天気予報を見てしまうのは……習慣なんですよね。最低気温を見て『あぁ、修行が始まる。衣替えが必要だなぁ』と思ったのです。青い字の最低気温は一桁のオンパレードです。最も低い日は3℃。3℃は、真冬の気温です。何枚か着込まないと戦えません。11月のゴルフの予定は今のところ2回だけです。秋ゴルフから冬ゴルフへ、変わってい [続きを読む]
  • 影絵のイメージと左肩の報告
  • いつもお世話になっているコースの打ち上げのパー3。ティーの周囲が木に囲まれていています。左側の木も大きくなって、グリーンの左側を覆うような感じです。フェード打ちにはちょっと厳しいのですが、右サイドは崖なので右に打ち出すのも勇気が必要です。このホールで自分の弾道を打つ前にイメージする際に、『影絵みたいだなぁ』といつも思うのです。明るくするとこんな感じで、カート道の先にグリーンがあります。グリーンはう [続きを読む]
  • 青春が蘇る一日は雨のち晴れ
  • 土曜日は、高校同窓ゴルフでした。真剣にボールを打って、腹がよじれるほど笑って、本当に楽しかったです。朝は雨でけっこうブルーでした。でも、スタート時間には急に雨が止んで、天候はドンドン良くなり、昼には太陽が出て、暑いぐらいでした。これは2番ホールです。雨が止んだ直後で少し靄っています。亜脱臼した左肩は、少し違和感があって、ビビりながらでしたが、チーム戦には貢献して前半と後半で完全優勝しました。いきな [続きを読む]
  • ミズノルートを選ぶのも道
  • ミズノGXドライバーです。自分の手のように使えるようになりました。もう何年も使っている感じになりつつあります。秋晴れの太陽に照らされて、誇らしげに光っていました。後方でボケた味を出しているのは18番ホールです。少し前にスリクソンルートを紹介しましたが、ドライバーがピンポイントで打てれば『ミズノルート』が王道中の王道です。GXで打てば、残り距離は120〜150ヤードです。アイアンはMP68ですから、まさに、ミズノ縛 [続きを読む]
  • オープンコンペのアレコレ2018秋
  • いつもお世話になっているコースの開場記念コンペに愛妻と友人と参加しました。朝は小雨がぱらつきましたが、スタート後、天候はドンドン良くなって、5ホール目では青空になりました。友人は自他共に認める晴れ男でして、お見事な展開でした。パットの読みが相変わらず冴えずに1オーバーでした。いつもアンダーがベスグロなので、『残念』と諦めましたが、終わってみればベストグロスになりました。順位は22位で、数字を足せば『 [続きを読む]
  • 朝露とニオイスミレと
  • 練習グリーンの脇、葉っぱの上で朝露が光っていました。パターにも朝露が……朝、シューズのダイヤルを回して、しっかりと締めるのは練習グリーンに入る前です。そのときに屈むので、こんな風に地面に注目します。この日、わかったことは野芝や高麗芝が休眠に向けて元気がなくなってきたということでした。ちなみに、この日はツアーレッドは良い感じでしたが、読みが悪かったようで、カップに嫌われまくりました。それもまた道です [続きを読む]
  • 遠く見えるグリーンとスリクソンルート
  • 木が倒れてしまった10番。すっきりとして、グリーンが遠く見えるようになりました。フェアウェイにある木を基準にして距離を感じていたのだと、今更ながらわかりました。いわゆるピーカンです。秋晴れ。快晴。これだけでも十分に幸せな気分になります。スリクソンZ F85 の7番です。思いっ切り活躍して、頼りになっています。まだバンカーからは使用していないのですけど、フェースには細かい傷がたくさんつきました。上部に付いて [続きを読む]
  • 友人代表と晴々ゴルフと赤ティーと
  • 土曜日は中学同窓のコンペでしたが、休日出勤もあれば、怪我をする友人もいて……たった3人になってしまいました。コンペではなくプライベートなゴルフを堪能しました。天気もコンディションも最高で、本当に楽しい1日でした。ゴルフをしていた良かった、と思える時間があることと付き合ってくれたKくんに感謝です。ここでいきなり宣伝です。貧打爆裂レポートの『クリーブランドRTX4 編』が公開されています。https://www.faceb [続きを読む]
  • ゴルフが親孝行になるのであれば
  • 何年か振りに父と弟の3人でプレーをしました。最高の天気で最高でした。昼に向けて雲も出ましたが、半袖でプレーできる秋ゴルフを親子水入らずで出来たことに感謝です。自我撮りで3人並んで撮りました。父が本当に楽しそうにゴルフをしていたので、それだけでも十分に意味がありました。年間40ラウンドはしていた父が2年間ゴルフに行けなかったのは町内会長になって、それに関連する活動が忙しかった、ということなのですけど、 [続きを読む]
  • 曇天に赤い実
  • 秋の曇り空は特別です。曇天でも雲がハッキリと見えるからです。先週の土曜日はゴルフ人生で初めての経験をしました。コースは満員で、たくさんのゴルファーで溢れていましたが、平均年齢が30歳ぐらいで、僕らの組は50代だけだったのでぶっちぎりでオールドだったのです。都内から遠く、コスパが良いコースでは若者のゴルファーが確実に増えています。とはいえ、ここまで極端だったのは初めてでした。コバノガマズミの実です。渋滞 [続きを読む]
  • ピンというメーカーの底力を知る
  • 記憶が曖昧なのですけど、1980年代の後半、この機能を持ったパターが市場にあったのです。売り場で腰が痛いゴルファーに何本も売ったのです。メーカーも、名称も忘れてしまいましたが……昨日紹介したシグマ2の『FETCH』です。このパターのヘッドはカップの中に入る大きさになっていて、カップに入ったボールをパターを使って拾えるのです。穴にボールがはまって取れる構造です。腰を伸ばしたまま、屈まなくともOK!というわけで [続きを読む]
  • あなたには何て聞こえた?
  • ピンが新しいパターを発表しました。シグマ2です。12/14発売なので、まだ少し先です。上の画像は、左からFETCH(フェッチ)、TYNE 4(タイン4)、KUSHIN C(クッシンC)です。シルバーは、『プラチナム仕上げ』と呼びます。他にアンサーとZB 2がラインアップされています。下の画像の下二つです。黒いヘッドは、『ステルス仕上げ』と呼びます。上から、VALOR(ヴァラー)、TYNE(タイン)です。上から、ARNA(アーナ)、WOLVERINE [続きを読む]
  • その日、池の周辺で(18秋)
  • いつもお世話になっているコースのパー3の蓮池です。土曜日は、薄曇りでこの秋初めて、プレー中の気温が20℃を越えませんでした。半袖だけだと寒かった1日でした。蓮も冬支度です。蓮池の弱点は、夏場以外の見栄えが悪いことだと言う人がいますが……僕はけっこう好きです。荒涼とした冬のシーンまでもう少しです。実は、珍しく鷺が降りてきたので、カメラを向けたのです。望遠で撮りましたが、その場では老眼故に小さなモニター [続きを読む]
  • 秋の精霊の使いに囲まれて
  • 朝日の中のスタートホール。Hさんは「今年最後かな」と半ズボンでした。長い影の向こうに紅葉した落葉樹が綺麗で、カメラを構える自分も影でわかります。長い影と濃いグリーンのフェアウェイはそれだけで絵画のようです。こういうシーンを見ているとゴルフコースはファンタジーな世界と現実世界の狭間に存在すると思ってしまいます。愛妻も一緒にプレーしていて、これはパー3のティーです。撮れないだろうと覚悟して写した1枚で [続きを読む]
  • 静かに見守るのもゴルフの内
  • 台風直撃で、お世話になっているコースのシンボルツリーの一つが根本から倒れてしまいました。グリーン方向から1枚。木があった場所は修理地でした。風景がかなり変わって、ちょっと面白かったです。ここで宣伝です。貧打爆裂レポートのヤマハ インプレス UD+2アイアン編が公開されました。https://gridge.info/articles/89421分ぐらいで見られます。ご覧になってください。話は戻ります。途中でこんなシーンもありました。こち [続きを読む]