ゴルフ惑星 さん プロフィール

  •  
ゴルフ惑星さん: ゴルフ惑星
ハンドル名ゴルフ惑星 さん
ブログタイトルゴルフ惑星
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/golfplanet
サイト紹介文ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/11/07 09:18

ゴルフ惑星 さんのブログ記事

  • EPICフォージドドライバーと絶好調の秘密
  • 貧打爆裂レポートのキャロウェイEPICフォージドドライバー編が公開されています https://www.facebook.com/golfesinfo/videos/1457006267717167/このドライバー、試打していて超気持ち良かったのです 飛距離性能が抜群なのはEPICらしさなのですけど、つかまり具合がドンピシャで、自由自在だったんです。改めて、動画を見てみて、気持ち良く振っています。最後のショットのアングルは弾道が見えないからと最近は撮っていないので [続きを読む]
  • お買い上げありがとうございます!
  • ロマン派ゴルフ作家って、印税で生活できるの?と聞かれることがあります。チョロッとした悪意を感じつつ、丁寧に「無理ですね」と笑顔で返答するのです あまり知られていませんが、紙の本は出版された時点で売れる売れないにかかわらず部数に対して印税が発生します。しかし、電子書籍は半年に1回、売れた分の印税がまとめて支払われます 10月は半年に1度の支払いの月です。電子書籍は売れないから作家として商売にはならない [続きを読む]
  • 秘かな秋の楽しみについて
  • パー3のティーで、『今シーズンもよろしくね!』と思ったのです。わかる人にはわかるのです。頑張れ〜!とエールを送っていたから尚更なのです アップにするとこんな感じです このティーは高麗芝とティフトン芝が混じっています。どちらも夏芝なので、寒くなると休眠します。冬に備えて、冬芝の種を蒔いたのです。いわゆるオーバーシードです ライ麦系の芝生が芽吹いていました 細くて長い葉がそれです。もう少し刈ったほうが [続きを読む]
  • 34と32しかないところもXXIOなのだ
  • XXIOXのことを何度が紹介しましたが、実はパターも出ます 来年の1/27発売なのでまだまだ先の話ですけど、先日、打つ機会がありました。冒頭の画像を見て ネック周りなどのラインが丁寧に作られていることはわかりますが……SUS303の削り出しで、ソールを見ても考えられる機能は全て漏らさずに搭載されています 打ってみると、気持ちの良いパターでした。癖がなく、狙った所にきっちりと打てること。転がりも良かったです 1本 [続きを読む]
  • 曇り時々雨の中で遠き山は霞む
  • 中学の同窓コンペは12回目で、いつも楽しいです さり気なく調子を合わせて良いところを見せたいと思ったりもしますけど、今回は過去最低の調子で逆に笑い合えて面白かったです 団体戦なのですが、失敗しても笑えるところが仲間としての信頼がある証拠なのでしょう 寒い1日でした。最高気温15度は冬です 芝生も黄色くなってきました。グリーンの先に霞んだ山が見えました そこに山があることを知っているから、見えるシーンで [続きを読む]
  • カッコイイことは良いことだ
  • もう発売になっています。キャロウェイのEPIC STAR アイアンは高額にもかかわらず売れているそうです 貧打爆裂レポートのEPIC STAR アイアン編も公開されました https://www.facebook.com/golfesinfo/videos/1449306825153778/しつこいぐらい語ってるのでいつもよりも長めの動画です。新しい時代のアイアンは誰のためのものか?という部分について表現が難しかったからです。ご覧になって下さい コースで打ったのが遥か昔のよう [続きを読む]
  • 乗ったり、入ったり、想像は止まらない
  • ティーの脇に馬鹿デカイきのこが傘を開いていました 渋滞していたのでボールを乗せて撮りました。作り物みたいに見えます。ドライバーイップスで苦労していた頃は、林の中でボールを探すことがたくさんあったので、色々なきのこを発見して、ときには不思議な世界に迷い込みそうになりました (まあ、あり得ないですが、想像したということで)どうやっても、思い通りに飛ばないドライバーに落胆しながら、このまま消えてしまいた [続きを読む]
  • XIIOXにかんする可能性と現実
  • 昨日は、XXIOテンのメディアの試打ラウンドでした 有名な方々に囲まれて楽しい1日でしたが……『やっぱドライバー、飛ぶなぁ』『あれ? 10.5度のほうが飛ぶ』『微調整を考えずに、オートマチックに打ったほうが楽ちんなんだなぁ』『やっぱ、スプーンが凄い』『アイアンは右にばかり行って上手く打てない……』色々と感想はありましたけど、今度のゼクシオはとにかく良いです。国内女子ツアーでは早くも使用者が優勝しました。易 [続きを読む]
  • 秋のコースと猛毒なアレ
  • 拾ったボールと落ちたシバクリ 同じくらいの大きさだったので、ちょっと面白いなぁ、と思ったのです。割ってみたら、中にロストボールが……という妄想をしました。だから、この大きさなのです、という落ちまで考えて、『あぁ、秋だなぁ』としみじみしたのです マムシグサの実を先週見ました。トウモロコシのような形状です。何度か紹介していますが、見られる年と、見られない年があるので、今年はラッキーです 昨日、ほぼ同じ [続きを読む]
  • 馬鹿にできない918についても再び
  • ミズノプロ918の貧打爆裂レポートが公開されています 真夏の撮影で、フェアウェイとかもけっこう芝生が伸びているホールで撮っていたのだと、変な反省をしています。https://www.facebook.com/golfesinfo/videos/1443270112424116/時間が経って……今のほうが918の立ち位置というか、存在意義がわかります。他のアイアンと違うだけでなく、ありそうでなかったアイアンを現実にしたのが918なのです。 『お金で腕は買える』ジョー [続きを読む]
  • タイトなハイブリッド、再び
  • タイトリストがこの秋に発売するのは、アイアンだけではありません。個人的には、こっちが気になっていました。ハイブリッドです 818H1と818H2です 今回、ハイブリッドとして初めて調整機能を搭載した点だけでも十分に興味津々ですが、構えた瞬間にビビッと来るものがあったのです。左はH1で、やや大きめのヘッドが特徴です 中央と右は、H2でシャープなヘッドが特徴です H1は19度〜27度まで、5つのロフトがあり、H2は17度〜23 [続きを読む]
  • XXIO・Xを打ってみて……
  • XXIO X のドライバーです。快音、振り易さ、飛び。揃っています。ミスヒットにも強いです 流石の完成度、更に上をいくという宿命に応えるクラブになっています。こちらもXXIO X です。黒いですよね?Miyasakiシャフトバージョンは、ブラックなのです 左がMIyazakiシャフトモデル。右はレギュラーモデル。レギュラーモデルの青のカラーは、なかなか美しく、角度によってグラデーションに見えます 高級感もあり、ブルーが心を落ち [続きを読む]
  • ラスボス登場! XXIO X
  • 昨日発表になりました 10代目のXXIO、『ゼクシオ テン』です。XXIO X と書くそうです 秋の新製品発表の中、最後の最後に登場するという感じが、まさに、ラスボスです 今世紀になってから毎年、最も売れたゴルフクラブという名誉はXXIOが独占してきました。今回の『テン』が順調に売れれば、累計販売本数が2000万本を超えるそうです。化け物です 契約プロも登場して大いに盛り上がった発表でした。XXIO X も出ていましたが、強 [続きを読む]
  • タイトなAP3について
  • AP3、打ってみました 土曜日に発売なので、もう入手した人もいるかもしれませんが……タイトリストが、日本市場のために投入したというAP3は小顔で、ちょっとシビアな面もあるアイアンでした APシリーズの飛び系アイアンは48度のウェッジが特徴なのですけど、フェース素材や構造が新しくなって、その役割がどうなるのか?興味津々だったのです その部分については……期待をしすぎたようで、単純に番手の問題だと考えても良いと [続きを読む]
  • ゴルファーは欲張りなのだ
  • 昨日、プロギアの赤eggの貧打爆裂レポートが公開されました https://www.facebook.com/golfesinfo/videos/1437812179636576/どうが、よろしくお願いします。(念のため、駄洒落です) 動画コンテンツは、 再生回数が出ているので本人の意図とは別に評価基準が明確で面白いです。先週のヨネックスのアイアンは過去最高再生回数を記録して、皆様のおかげです、と感謝感激しております 気にしないようにしていますが、どうしても [続きを読む]
  • やられたと痛感する瞬間
  • 情報公開できない試打があって、たっぷりと試打して、特別なものだと実感して……ここまでは、よくある話です 僕が打っているのを見て、フィッターさんがカチャカチャと別のシャフトを装着して渡してくれました 噂には聞いていました。国内より海外で評価されて、秘かに話題になっているもので、内部的な構造は以前に見せてもらいましたが、実際に打ったことはなかったシャフトでした 先入観なしに、普通に打ちました。『恐ろし [続きを読む]
  • 秋ゴルフと零余子飯
  • 大きなエゴの木からツルがぶらんと垂れていました。カート道の真上でカートの屋根に当たる高さです。少し前の台風で枝を這っていたものが外れたのかもしれいとよく見てみると…… むかごがたくさんなっていました。むかごの炊き込みご飯で有名なむかごです 『秋ゴルフで食べてみよう』というキャンペーンは今年はやっていないので収穫しませんでしたが……むかごのツルは自然薯のツルなのです 辿っていけば1メーターを超える自 [続きを読む]
  • RMX118アイアンは使いよう
  • ヤマハRMXアイアンも打ってきました もう少し打ち込まないとわからないと思いました。言葉が難しいのですが、このアイアンは特別なんです。他に経験したことがないという感じなのです 中空構造。トウ側に重心があり、ヒール側には凹み。それでいて、ヘッドは小振り 見た目ではわからない何かがあるのです。ドライバー同様に左に行きにくいのですけど、ちょっと油断すると右に抜けるボールも出たりするのです 更に悩ましいのは [続きを読む]
  • RMX118はかぶっていない
  • ヤマハ『RMX 118』を打ちました。10/6に発売ということは、来週には市場に出ます。ある意味で、販売直前ですからホットな試打ラウンドになりました 小ぶりのヘッド、真っ直ぐに近い感じに見えるフェースが特徴的でした。ストレートに飛ばすというコピーのドライバーは、なかなか面白かったです 飛びますし、本当に真っ直ぐに行きますし、打っていて、気持ちが良かったです ミズノプロと型番の「118」がかぶっていると気にしてい [続きを読む]
  • アイアンを替えるのかと聞かれるのだが……
  • 貧打爆裂レポートも回を重ねて、色々なことが見えてくるわけで、 今回のヨネックスのEZONE CB301 編では僕のスイングがおかしいというご指摘も複数届きました 少しでも興味のある方は是非ご覧になってください。https://www.facebook.com/golfesinfo/videos/1432202560197538/ヨネックスのアイアンの撮影はシャフトがハードだったこともあってけっこう苦労したんです 美しいアイアンでしたけど、打ち手を選ぶ強者でした。更に、 [続きを読む]
  • 音叉のマークはちょっと甘酸っぱい
  • ヤマハの『RMX』です 新発売される118 ドライバーは直線的に飛ばす、というコンセプトです。218というつかまえて飛ばす、というドライバーもあるのですけど、こっちのほうに興味がありました。週末に試打します。楽しみです アイアンも118が発売されます。面白いと思ったのは、上級者用に設計されたのに無理した雰囲気がしないところです。それでいて、ソールなどになかなか渋い工夫が詰まっています。こっちもたのしみです パ [続きを読む]
  • 台風一過のコースでのあれこれ
  • 敬老の日は夏でした ティフトン芝のティーで思いっ切りダフって落ち込んでいたら……数ヤード先にコレが落ちていました ティーが刺さったまま芝生が飛んでいったのです ティフトン芝の強さを改めて知りました。ちなみに、ディボット跡にはちゃんと目土をしておきました ティフトン芝は気温が下がると休眠してしまうので、茶色になって成長が止まります。お世話になっているコースではその少し前にライグラスをオーバーシードし [続きを読む]
  • 3番目のEPIC ドライバーは……
  • 9/15から注文可能になったキャロウェイの『EPIC フォージド ドライバー』です 日曜日は雨中で、月曜日は猛暑の中でコースに持ち込んで打ってきました サブゼロとスターはカーボンとチタンのコンポジットヘッドですが、今回限定発売されるEPIC フォージド ドライバーはフルチタンのヘッドです コンポジットヘッドの独特な打感がNGというゴルファーがいますし、フルチタンだからこそ、今までの技術が活かせる、という部分もあるよ [続きを読む]
  • ツアー系ボールのススメ
  • ブリヂストンのTOUR Bの新しいボールのインプレ動画が公開されています https://www.facebook.com/golfesinfo/videos/1426550847429376/これなかなかの力作でアプローチのスピン量を比較するための部分は本当に苦労して、何人かに協力してもらって、チームで頑張りました。見てもらえると嬉しいですし、参考になりますので、是非ちなみに……ツアー系ボールとしてTOUR B X という新製品はかなり優秀で、使用プロが優勝したり、急 [続きを読む]
  • TDSでゴルフを想う
  • 初めて東京ディスニーシーに行ってきました。結婚記念日のお祝いに、と妻がプレゼントしてもらって実現したものです ランドが出来たのは高校2年のときで、高3の遠足はランドでした それ以降、何十回も行き、園内の地図が頭に入っているほどです。シーが出来ても親戚の子供などを連れていくのはランドのほうでした。そもそも約10年ぶりの東京ディズニーリゾートでした。東京ディスニーシーは色々な海に見立てた池が随所にあって [続きを読む]