てる さん プロフィール

  •  
てるさん: JAZZ PIANO で行こう
ハンドル名てる さん
ブログタイトルJAZZ PIANO で行こう
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/arrowfieldshine
サイト紹介文ジャズピアノの研究とライブをこなしています。ジャズピアノの指導もしています。
自由文きのこ好きなので、きのこのオブジェを作ったり、独自のきのこキャラを描いています。きのこ&ジャズのイベントを計画中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/11/07 13:30

てる さんのブログ記事

  • クラシックもJAZZも貪欲に学ぶ
  • ぼくがピアノを始めたのはジャズピアノを聴いたのがきっかけですが、1年半で、バイエル、ブルグミュラー、チェルニー、ソナチネ、インベンションソナタの入り口まで習いました。そのかたわら、ジャズピアノを独学で勉強していたのですが、当時、好きだったのがレスピーギかな。その後印象派のフランス音楽が好きになりました。作曲を習い始めてソナタ、フーガ、和声を本格的にやり始めました。当時は現代音楽の先鋭的な表現力が斬 [続きを読む]
  • 今回のライブで演奏したオリジナルについて
  • 11月25日、フォルテワジマでのライブでは出来たばかりのオリジナルの曲を演奏しました。当日、幼稚園の絵の展示会があったようで、演奏中も沢山の人でごった返していて、うるさかったのですが、まったく気にならなかったですね。ものすごーく演奏に集中してしまいました。これはベーゼンドルファーのお陰です。とにかく、ここのピアノはすごく集中できます。自分の思った以上の世界が作れます。いつものようにディズニーの [続きを読む]
  • Steinway D-274 original jazz tune "granada blue "
  • Steinway D-274 original jazz tune "granada blue " 録音は、ZOOM のH6を使いました。下から、本体から思わぬ?ノイズが入りました。演奏はそういう騒音の中でしたので、困難を極めましたが、これも経験と思って頑張りました。都立大のNOAH さんで録音しました。音ですが、logic で録って、音圧を上げるプラグインで少し持ち上げています。 [続きを読む]
  • ベーゼンドルファー と スタインウェイの違い
  • 弾いていて気持ちが良いのは、ベーゼンドルファーです。まず鍵盤の質が非常に高いです。パソコンのキーボードでも、車のステアリングでもとにかくマンマシンインターフェースということで、考えれば、人の手に当たる質感というのは、最終的にコントロール性が命ですからね。気持ちよく鍵盤と会話できるかどうかで音楽が変わるのです。そういう観点からいうと、ベーゼンドルファーの鍵盤の質感は見た目も美しいですが、さらりと弾 [続きを読む]
  • CD制作するならピアノはスタインウェイかな
  • あいにく、下の階のテナントの工事が入っていて、下から突き上げるような音がして、演奏に集中できませんでした。しかし、我慢しながら1時間はたっぷり弾きました。弾いた演奏はZOOM H6とそれに接続したMacbook Airでlogic に取り込みました。演奏は階下からのノイズが入っていますが、ちゃんとスタインウェイの音で録音できています。この次のブログの記事に録音をアップしますので、興味のある方は聴いてみてください。それか [続きを読む]
  • ピアノ弾きの手のメンテナンスについて その1
  • ピアノを弾く上で、自由自在に自分の考えているフレーズ弾けるようになるにはやはり、思うように手や指をコントロールできるように日々練習することです。ただ、あまりに過酷な練習をし過ぎると、手を痛めてしまうことになります。私は多い時で一日7,8時間毎日弾いているわけでなく、時々休みをとって練習をしています。少ない時は2,3時間の練習をしています。今年の春に、娘の引っ越しを手伝って、沢山の荷物を運びました。 [続きを読む]
  • in love in vain
  • とはいえ、まだまだアドリブが滑らかに行かないなど課題山積。一応記録として置いておきますが、もう一度ブラッシュアップして録音し直したいところです。コード見ながらリアルタイムで弾いたので、もうちょっと洗練されたラインで行きたいですね。in love in vain pf & bass キース・ジャレットのStandards 2 に素晴らしい演奏が入っていますので、ぜひ聴いてくださいませ。キースの演奏を聞いていると、完璧に真似出来ても [続きを読む]
  • ライブをすることで得られること
  • 9月30日のライブ後、いろいろなコメントを頂きました。それは演奏後の感想や、見に来ていただいた方からのメールや、生徒さんからの演奏の感想などから汲み取れます。やはり、オリジナルの曲に対する感想が最も多いです。ライブ後の私の生徒さんとのジャズピアノのレッスン後、その方と一緒に来ていた友人がとてもオリジナルに感動したと伝えてくれました。「先生、Youtube にアップしてないんですか?」と聞かれましたが [続きを読む]
  • 9月30日のフォルテのピアノライブ
  • 毎回、ピアノソロで1時間のライブをしていますが、今回はベースの的場敏明さんと、ボーカルの岡美香さん が入って楽しいライブになります。曲目は前回有田やテイクファイブで演奏したものに新しい曲を増やします。ライブの最初はぼくのオリジナル曲を2曲演奏します。ベースの的場さんとインストの2曲、これもぼくのオリジナル曲のGranada Blue とキースのStandards に入っているMoon and Sand です。Granada がスペイン調 [続きを読む]
  • 今取り組んでいる曲
  • 自分の課題として、ハイペースでスタンダードの曲を増やしています。とにかく、心にひかかったカッコイイ曲ならなんでも食指を伸ばしています。いまのところ、スタンダードをすべて頭にいれて弾くなんてことはまだまだできません。譜面を見ながら弾きますが、最初は見ながら弾いたほうが、アドリブにしてもしっかりとした展開ができます。完全に楽譜の情報が頭に入るまではとにかく手が馴染むまで繰り返し弾くのが一番です。 [続きを読む]
  • お醤油の発祥地 湯浅でライブすることになりました
  • 先日、有田でライブをしたことについては、書きました。その当日はテイクファイブにも行って、ライブとセッションで盛り上がりました。有田のライブでは2ステージ入れ替え制でやりました。演奏後、女性のお客様から話しかけられたりしました。ピアノについては、その楽譜だけでよくあれだけの演奏できるね。どうしたらそんなアドリブ出来るんですか?簡単に説明してください。とか言われましたが、簡単に説明は無理です(^^♪  [続きを読む]
  • 和歌山テイクファイブでのピアノデビュー
  • 9月2日(土)の テイクファイブでの演奏も無事終わりました。(^^♪歌姫の美人歌手、美香さんも6年ぶりに歌ったそうです。なかなか堂々とした歌いっぷりで、落ち着いていましたね。午後、2回の有田でのライブでだいぶ演奏もこなれていたのがよかったのかも、また野田さんのドラムも、控えめで全体のバランスを壊さないように支えてくれました。(^^♪、一番嬉しかったのは、テイクファイブのマスターに褒められたことです。何を [続きを読む]
  • みかんで有名な有田でライブします
  • このお話しはボーカルの岡さんからのお話しで決まりました。有田には一度も行ったことはないのですが、このデッキカフェは有田では有名なお店なようなです。ぼくがフォルテで演奏している時に聴きに来てくれたのが、岡さんとの出会いです。ボーカルの伴奏というのはピアノが出すぎてもよくないですし、歌いやすくしっかりバッキングするというのも大切なピアノの役目です。またボーカルの後のピアノのアドリブも次のボーカ [続きを読む]
  • 9月2日セッション 告知 その1 at テイクファイブ
  • 和歌山で2ヶ月に一回ジャズピアノソロライブをはじめて5年になります。いつのまにやら5年も経ったのです。これは年に一回の投げ銭コンサート意外は無料ライブなのです。観客も近くの音楽好きな一般の方で、ジャズファンもたまにいらっしゃいますが、ごくごく不通の音楽ファンの方が多いです。不思議なもので、こういう無料ライブをしながら、オリジナル作品も数多く出来てくるのです。ピアノを弾いていると、ふと新しい音楽 [続きを読む]
  • OVER THE RAINBAW を弾いてみました
  • OVER THE RAINBAW JAZZ PIANO キースは実に瞑想的に美しく弾いていますが、真似することもないので、自分流です。先日和歌山のスーパーでオークワというのがあるのですが、そこで買い物していると、天井から降ってくるBGMがピアノソロのこの曲でした。また演奏スタイルもアレンジもよく似ているのでびっくりしましたが、若干和音の使い方が違います。コードの選択は、これは感性だと思います。どういうコードが好きか、どういう流 [続きを読む]
  • 今キースの弾いているスタンダードを増強中
  • ここに2,3年で満足の行く演奏はできているわけではないですが、随分と練習を楽しんでいるし、何時間ピアノを弾いていても一向に飽きることもなく、一日中ピアノの前に座って時間を過ごしている自分の姿は、大学生の頃軽音楽部のピアノを独り占めにしていた日曜日のあの貴重な日々と同じ透明な時間です。むしろ、年齢を経て、確実に音楽の質は高くなりました。自分のオリジナルも、その出来もかつての十代、二十代より完成度は高い [続きを読む]
  • バッハ・インベンションはジャズピアノフレーズの宝庫です
  • 今年になってから、自分の中でいろんなプロジェクト進行中ですが、面白い試みとして、昔習ったバッハ・インベンションのジャズ演奏に取り組んでいます。まずはコードを当てているのですが、コードをつけていると、これが結構勉強になるというか楽しい作業です。バッハインベンションは2声、もしくは3声で書かれているますので、コードの流れはそれで判断できます。とはいっても、古典的なコード進行ではおもしろくないので、と [続きを読む]
  • 心のうちの音を聴け
  • かつてはオスカー・ピーターソンのコピーを良くしたのですが、ハンプトン・ホーズなどもそうですが、演奏が薄っぺらく聞こえます。彼らはBlue Noteの使い方もそうですが、あまりに紋切り型のフレージングを多用しすぎて、そのうち飽きが来てしまいます。職人さんはそれはそれで何十年も同じ作業をある水準まで高めた技術を持って製品を作ります。それが惰性であろうがなかろうが一定水準以上であれば製品として成り立ちます。 [続きを読む]
  • jazz piano juku ホームページ完成
  • 時間がかかりましたが、ようやくジャズピアノ教室のホームページが完成しました。準備にかなり時間がかかりました。最近はHTML 5 , CSS3が標準になっていて、ホームページ作りは本業ではないので、まるで浦島太郎状態でした。手探りで勉強しながら、なんとか完成にこぎつけました。餅は餅屋といいますから、プロにまかせるのもいいかと思いましたが、ま、頭の体操と思って、1冊本を買って、なんとか作り終えました。メール [続きを読む]
  • ジャズピアノのアドリブができるようになるまで その1
  • クラシックピアノであれ、ジャズピアノであれ、ピアノをやっている人は、とにかく今日より明日ピアノ演奏がちょっとでもうまく弾けるようになればうれしくなります。それが、次への原動力になるのです。とにかく、ピアニストであれば、プロでもアマでも練習・練習・練習しか無いのです。うまく弾くためには、繰り返しの練習がとても大切です。よく言うのが、100回その曲を弾けば、頭にも入るし、体に染み込むそうですね。 [続きを読む]
  • キースジャレットのstella by starlight 分析-2
  • 前奏部 記譜完了しました。メロディー全部掲載したいところですが、著作権で色々問題があってはいけないので、一部のみ載せておきます。ベースとドラムスが入る寸前まで記譜しました。記譜してみてわかったことは、かなり即興的な色合いが強いなということです。ベースラインというか、コードの流れも一応、stella by starlight のコード進行に依拠していますが、後半はかなり逸脱して行きます。その予想外な展開が魅力となって [続きを読む]
  • キース・ジャレット分析−1
  • 今、スタンダードジャズでは名曲とされるビクター・ヤング作曲のSTELLA BY STARLIGHT を練習しています。そこで、参考にすべき音源というと、やはりその芸術性の高さから言えば、キース・ジャレットでしょう。ぼくのiMacの中のituens にはエディ・ヒギンズのSTELLA BY STARLIGHTが入っています。比較するのも気の毒なくらいヒギンズの演奏が軽いのです。ヒギンズの演奏は辛口になりますが、ラウンジピアノのレベルです。レベルは [続きを読む]
  • the guide book of jazz standardsの中身
  • 先日注文したjazz standardsが届きました。連休中に届いたので、じっくりと時間をかけて読むことができます。楽譜が付いているかなと思いましたが、ジャスラックの関係もあるので、それはコストに合わないのでしょう。楽譜はついてはいませんでしたが、それは黒本などでカバーすればいいことなので、とくに問題はありません。1つの曲にこれだけの文章量があれば、満足度100%です。古今東西のプロのジャズメンがどのようにこの [続きを読む]
  • JAZZの教本を集める
  • 昔から、古本屋さんが大好きで、梅田の天牛さんとか、狭い店内ですが、ついつい面白い本を見つけると、うれしくなって何時間も店でうろうろしていることがあります。さすがに、最近は時間がなくてあまり古本屋さんには行かなくなってしまいました。その昔、東京に住んでいた頃はよく神田に行きました。洋書が大好きで、雑誌NEW YORKERなんて表紙も実に渋いデザインで、都会の香りがするので、ついつい読みもしないのに、1冊、2 [続きを読む]