振り子で病気は治せます さん プロフィール

  •  
振り子で病気は治せますさん: 振り子で病気は治せます
ハンドル名振り子で病気は治せます さん
ブログタイトル振り子で病気は治せます
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/masanada2011
サイト紹介文適切な問いかけなら細胞は反応して振り子は振れます。 そのままに振らせばよいのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/11/07 15:53

振り子で病気は治せます さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ノーベル賞、おめでとうございます
  • 本庶佑特別教授のがん治療オプジーやボ研究えのノーベル賞おめでとうございます。「振れたら治せる」の制御性T細胞・オブジーボは基本的に同じです。大きな違いは、「振れたら治せる」は、生体の絶対能力で治すため間違いが起きないことです。(これも本?庶教授のような基礎研究によるもであり感謝しています)「振れたら治せる」の「制御性T細胞」は、既に、実用化されていて、どんな病気にも使えます。がんは、「制御性T細胞」 [続きを読む]
  • 失敗を繰り返してはいけないのです
  • 沖縄県の知事が膵臓がんで亡くなりましたが、私は膵臓がんを、振り子で治していますが、今の医療では、進行すると治せないのが現実です。同じ失敗を延々と繰り返し、治せないが当然の様になっていて間違いが公然になっています。「振れたら治せます」は、本物で、何千回やつても治せています。普通に仕事しながら治せるのです。手術の様に体力の衰退、免疫力低下、抗がん剤の障害がないのです。また、がん細胞は免疫力の働きをとめ [続きを読む]
  • 優しい心が奇跡を起こすのです
  • 振れたら治せます。どんなに小さい振れでも治ります。このためにには、素直に信じれる優しい心が大事です。また、高い次元にある絶対能力と一体化する意識に持って行く必要があります。これは、繰り返し意識すると条件が整います。(この努力は生涯に渡り必要です)また、一体化は共振波動でもあります。考えが、考える能力を磨きます。(神界からの声です)「経験が勘を磨きます。」実行するから経験が生れ次の治し方に結び付くの [続きを読む]
  • 振り子でないと治せないのです
  • 振り子が振れたら治せます。混乱しやすいのは、振れていたのが、止まってすぐやっても振れません、時間の間隔を開けると振れます。また、自己判断でやづと間違います、必ずイラスト図を使う必要があります。これは、病症があると振り子が振れ治してくれますが、正常な所は振れないメカニズムがあり、イラスト図を使うことが大事なのです。振れたら治せることによって、心不全など、治せる可能性があるのです。心筋細胞と問い掛ける [続きを読む]
  • 意識の次元は高くできます
  • 低い次元の意識からは高い次元の世界は見えないのです。これを変えるのには、高い次元に上げる必要がありなす。やり方は、「高い次元に上がりました」としっかり、儀式として躊躇せず、しっかりした思いを、徹底的に繰り返し宣言すると意識の次元は上がります。「振れたら治せる」は、本物です。しかし、「そんなことありえない」となりがちです。顕在意識はあまのじゃくで柔軟性のある思考が出来ないのです。素直な潜在意識に変え [続きを読む]
  • 振り子は未来を開きます
  • 「振れたら治せます」この発見は大きく世の中を変えみぎると思っています。がん、認知症、関節リュウマチなど、少し努力をすると治せる様になります。また、悪い意識が潜んでいると治せないので必然的に治せる意識に変わり助け会う理想的な世の中に変わると思っています。既に、多くの人が振り子をやり出し広まっています。どうやればよいか戸惑う人がいますので、やり方を説明します、机の上に肘をつけ右手で振り子を垂らし、下に [続きを読む]
  • 最先端の医療法です
  • 振り子が振れたら治せます。治して貰らうのが当然となりがちですが癌など簡単に治せるので振り子は覚えてほしいのです。難しいと勘違をしている人が多いのですが、振り子を自然に垂らすだけで、自分で動かしてはいけないのです。細胞の方で治すのです。治し方は、必要なイラスト図を使い図面上を指し異常あれば振り子が振れて治します。全く難しくはないのです。間違い易いのは、祈ったり、治そうの自分本意はダメです。「治せる」 [続きを読む]
  • 喜びを共有しましょう
  • 振り子で治すと普通に仕事をしながらがんは治せます。治し始めた時点からがんは治り始め、体力、免疫力が失われないのです。治し方は、必要な所のイラスト図を使い振れるところを振らすと治しはじめます。完全に振れなくなるまで繰り返しやればよいのです。がんは、最も治しやすく、私は何回も治していて、その件数が多すぎて思いだせません。治してやった人も普通と変わらないうちに治るため、実感がないため記憶が消えて、がんは [続きを読む]
  • やれば意識の次元が上がります
  • ミクロの粒子と波動は宇宙に非局所的に存在し量子物理学の実験での結論として「意識が現実を創造している」としています。振り子に問い掛け「振れたら治せる」は量子物理学の現象と言えます。振り子を始めたときは、祈りや、治そうの自分本意でやって完全に挫折し、一時の期間やめてしまったことがありました。その後、素直に聞けば治せることにきずきました。また、「絶対的能力の次元にあがりました」を繰り返して一体化の努力を [続きを読む]
  • 科学的に認められています
  • 研究視点:意識で病気は治せるか治せないか、また、潜在意識にある未知の絶対能力を確かめ「振り子が振れたら治せる」の成果を得ました。NHKテレビ、モーガンフリーマン時空を超えて 科学が潜在意識の力に迫る。この中で潜在意識で生かされている、凄さは遺伝子まで動かす、特に経済性が高いと伝えています。注目点は、潜在意識には絶対能力があることで、「振り子が振れたら治せる」は、この力にあると思われます。「治せる」と [続きを読む]
  • 振り子が振れたら治せます
  • 「振れたら治せる」は法則です。だから、どんな病症でも使えるのです。やって見ることが出来て効率的に適切な知識が得られ、また、イラスト図を使い具体的に振れるところを振らすだけで治せるのです。こうしたが出来るのは絶対的神界の力が背後にあるからです。私は、神界を見てきています。姿は人間界と変わらず、それぞれ役割を持っていて霊界、神界えのチエックし振リ分けをしています。悪いことをしなければ、死を恐れる必要は [続きを読む]
  • 脳も掃除が必要です
  • 自分は大丈夫となりがちですが、脳に老廃物が溜まって行きます。この老廃物の掃除は誰にも必要です。やり方は、脳のイラスト図を使い「老廃物がありますか」の問い掛けで図面上を指し振り子が振れたら掃除が出来ます。「治せる」の強い決意は必要な知識を呼び込み、また、絶対能力≪神)の恩恵も受けられます。治すのは細胞です。自分本意の祈りや「治そう」は伝わらないのです。どんな小さな振れでも治せます。また、どんな病気で [続きを読む]
  • 努力は神界に通じます
  • 「振り子で治す」は細胞との一体化で治すのです。治そうする強引な意識は障害となります。意識は変えることが大事です。最高の次元に上がっていると意識し徹底し繰り返すこと変えることが出来ます。これによって、一切の我欲・自己中心が消えて優しいこころに成り、絶対能力と一体化がスムズになります。人間の能力には限界があり、絶対能力の力が必要なのです。がんは最も治しやすいのです。必要とするイラスト図を使い図面上を指 [続きを読む]
  • 優れた能力は誰にでもあります
  • 放射線・抗がん剤の治療、40%の小児が後に身体に異常が出て深刻な問題となっているとテレビ報道で伝えています。振り子で安全に治すことが出来ます。真剣に成れば誰でも出来ると思っています。脳には、人工知能と同じ学習能力があり真剣に取り組めば治せるようになります。大事なのは「治せる」と信じて完全に治るまでやり抜くことです。この過程での成功経験が次の治し方に進化していきます。やらない人はいつまでも成功経験はゼ [続きを読む]
  • 喜びは絶対能力を呼び込みます
  • 喜びは超越した心を生み出し治せる条件が整います。疑い、焦り、祈りなどは障害となります。「治せる」の思いを繰り返して揺らがない心にすることが大事です。治す過程で粘り強さを失い諦めるからです。特に大事なのは、治るまでやり抜くことで、この経験が次の治し方に生かされてきます。人間は細胞体であり、細胞と対話ができ、今の医療では治せないものが治せるのです。実践では、病院で治せなくなった癌も治していて、「信じて [続きを読む]
  • 後悔先に立たずとならないでほしいのです
  • 「振り子で治す」は絶対能力を背後に持っています。「やって良かった」と実感できるよう成ります。手術は細胞にとって破壊で望ましものではないのです。また、がん細胞の拡散の恐れがあります。治せなくなったがんを振り子で治していて、間違いなく治せるのです。生命は意識で成り立っています。自然のルールを守った振り子の方が望ましいのです。少し訓練をすると誰でも出来るのです。問い掛けが適切であれば細胞の方で治すのです [続きを読む]
  • 振り子で治すのがベストです
  • 夫が、悪性リンパ腫ステージ4で、教えてのメールがあり、リンパ球B細胞、胸腺、脾臓、全身のリンパ節のチエックし乳糜槽、胃がんなどを治しました。驚いたのは、病院では全く治していないことです。その後、下がっていた白血球の数値が回復しましたとメールがありました。今の医療は、一方てきで「細胞にきく」が欠けているのです。人間は細胞体であり振り子の反応として対話が出来るのです。問い掛けが適切であれば振り子が振れ治 [続きを読む]
  • ハイテクの開発と同じです
  • 振り子には空振りはないのです。振れたら治せるのです。また、どんな小さい振れでも効果が出ています。これは細胞の方で治しているからです。「治せる」と思い込んでいると脳に必要なシステムが作られてきます。これは、人工知能の深層学習ティープランニングと同じ働きが脳にもあるからです。だからがんなど簡単に治せるのです。また、論理的にも量子論に基ずいていて矛盾がないのです。これを信じ「治せる」と思い込んでいれば徹 [続きを読む]
  • 喜ぶ心が大事です
  • 喜びは、細胞との一体化に結び付きます。真剣やれば、次第に小さな進歩が生れてきます。この進歩を喜ぶことが大事で、小さい喜びが能力を磨き、やるきと細胞とも一体化に結びつき、治せる条件が整います。人間としても本物になり、自分本意が消え、細胞との対話がスムズになってリアルな凄さと「助けてくれている」を感じるようになります。特に大事な実践を紹介します。オートファジー(自食作用)制御性T細胞(免疫細胞の働き止 [続きを読む]
  • 医療革命が起きています
  • 「振り子で病気は治せます」間違いなく本物です。(既に、走りだし成果を上げています)今の医療は、人間の判断でやっていますが、振り子を使い細胞に問い掛け適切であれば振り子が振れて治してくれます。人間は間違いますが、細胞は間違いがないのです。がん、関節リュウマチ、アルツハイマー病など治しています。(今の医療に比べ、細胞に聞く方が優れているのです)また、画期的ななのはイラスト図を使い治せることです。(どこ [続きを読む]
  • オートファジーは実用化できます
  • 大隅良典教授のノーベル賞の授賞で喜びを頂きました。このテーマ「オートファジー」の実用化を振り子で試み成果が確かめられました。実践は、脳の断面図のイラスト図を使い(オートファジーのシステムをイメージ)し、脳の図面上をくまなく、チエックし振り子が振れるとこるが何か所もあり、それぞれ振らして治すことが出来ました。面倒くさい、記憶が鈍いときは「オートファジー」の働きが悪くなっている恐れがあります。科学的に [続きを読む]
  • 過去の記事 …