里山暮らし さん プロフィール

  •  
里山暮らしさん: 里山暮らし
ハンドル名里山暮らし さん
ブログタイトル里山暮らし
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/naberinaberi
サイト紹介文千葉の里山での 小さな村の四季の風景や畑仕事の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/11/07 17:01

里山暮らし さんのブログ記事

  • ホタルカズラ(蛍蔓)
  •  今週 里山へあがってきたら Kさん家の小屋前の躑躅が咲いていて、明るく目が覚めるようでした。暫くは 皆の家の手入れされた盆栽のような躑躅が楽しめます。 家でも 前の土手のが 真っ赤な花で迎えてくれました。家のは手抜きで伸び放題ですが 綺麗に咲いてくれてます。 今年は総じて 花が早い感じです。 畑の周りでは 去年亡くなったU婆ちゃん家の 大きな梨の樹が真っ白になりました。 前庭に 雉の家族が来てまし [続きを読む]
  • 夏野菜の苗作り
  •  桜が終わり 畑は草共の蹂躙が始まりました。鍬や鎌で成る丈見えないように、仲間に顰蹙をかわないように、と 頑張るんですが 草共等の生きる力には負けます。 先日終わった蚕豆とじゃが芋の土寄せで 耕運機に引き回された所為で 腰が痛く お爺さんのように腰を曲げて歩く始末、草取りで屈んでの仕事は苦痛の極致に。周りの藪からは雉共に ケーンケンと囃し立てられています。  すっかり季節が切り替わったようで もう [続きを読む]
  • 山は芽吹きです。
  •  今年は季節が進むのを急いでいるみたいです。山は何となく色付いて来たようです。所々 山桜の暖かい色が入り、随分賑やかになりました。 早くもカラスの子が巣立って 頭の上で親に甘えた声でおねだりをしてます。 家の樹共も芽を吹いて来ました。この前までは気配も無く 冷たい風にじっと耐えていた枝先が 開いて軟らかい葉を押し出してきました。 家の前の土手上、杉に這い上ったアケビがもう花を着けている筈、と 藪に [続きを読む]
  • 芽吹いて来ました、筍も
  •  ここにきて 周りが賑やかになってきました。皆の屋敷の桜が咲き始め、上がって来る道の公民館の分館の桜も3分咲き位でしょうか、タラの芽も綻んできました。 家に入る小道際の山椒が芽吹きました。もう少し伸びてきたら 沢山摘んでニシンの山椒漬けを作ります。 良い香りの菜で 色々と重宝します。  蝋梅は家では芽吹きが早い樹の一つです。枝に有る夫々の芽が、このあいだから緑に膨らんで居たんですが、この温かさで急 [続きを読む]
  • 菜っ葉の花
  •  一昨日 里山に上がって来ました。家の入口の白木蓮が咲き出していて 明るくなりました。鶯の下手くそな囀りの声がします。前の雨から春の進みが加速したようです。 畑の土手の菜っ葉が花盛りです。小松菜の種が飛んで 野生化したんです。顔を近づけると 菜の花の甘い香りに包まれます。寒かった所為で 花に寄る虫は少ないのが気になります。 水菜もこんなに薹が立ってます。摘んで 軽く塩漬けにして1品出来ます。  蕪 [続きを読む]
  • 夏野菜の苗作り開始
  •  どうやら寒さの峠は越えたようです。今年は本当に 冷えました。畑を起こしていても 付いてくる鶺鴒に申し訳無い位 虫が出て来ないんです。いつもなら 掘り起こす度にミミズや甲虫の幼虫、羽虫の幼虫なんかが出て来て 鶺鴒には良いご馳走になるのに。冷え込みがきつかった分 虫共は深く潜ったか 死んでしまったか、それ位寒かったと言う事でしょうか、 霜も前ほど酷いのはもう来ないんでしょうか。来ないのを期待して 遅 [続きを読む]
  • 南高梅がやっと咲きました
  •  昨日は春の嵐の後 風は残りました。が お日さんを背に 鍬を使っていると汗ばむ程でした。このまま暖かくなるようだったら 忙しくなります。寒さが続いたんで 色んな仕事を後回しにしてきたんで。  南高梅が咲き始めました。3月まで咲かなかったのは 植えてから15年ばかりになりますが初めてです。もともと南高梅は 同じように実を採る白梅よりは半月以上遅れて咲きますが 今年の遅さは異常です。 今年初めに 電動チ [続きを読む]
  • やっと梅が咲き
  •  乾いて寒くての冬が続いて来て 春が来るのが遅れてます。それでも 家の古い白梅が漸く咲きました。いつもの年に遅れる事1か月位でしょうか。 元の幹は枯れてしまったんですが 生き残った芽が育ってかなりの枝になり、今年は沢山花が着きました。この分では 梅の実が少しは採れそうです。前庭が明るくなりました。  蕗の薹もやっと出て来ました。こっちは梅よりもっと例年より遅い、2か月は遅いんではないかな。早速摘んで [続きを読む]
  • 椎茸の菌駒を打ちました
  •  新年早々にKさんが切ってくれた 橡(クヌギ)、雪が降ったりで寒いのを口実に伸ばしてきたんですが、に 駒を打ちました。菌駒は富士種菌さんの F206と言う品種、美味くて大きな奴が私のような素人でも採れる、を今年も取寄せました。 Kさんが切ってきてくれたのは コナラでは無くて 硬く重たい橡でした。橡の方が木質が詰まっている分 椎茸に食い尽くされるまでの期間が長いようです。   昨日と一昨日の晴れて温かかった [続きを読む]
  • 味噌の仕込み
  •  先週は冷え込みがきつかったんで 畑は霜でどろどろ。家の周りの樹を切ってその片付けに専念しました。 ここに来てもう16年経ちました。来た時に植えた栗や夏椿なんかは もうすっかり一人前で 栗は大木です。前からあった樹も伸び放題にしたもんで すっかり鬱陶しくなってしまいました。 高木の方は どうにも届かないんで 村の仲間でその方の専門家に頼むことにして ヒイラギとか金木犀や 栗、梅や枇杷なんかの実が成る樹 [続きを読む]
  • +年末
  •  今年は曜日の関係で 村の集会所とお寺の大掃除が24日と早目でした。境の植え込みを刈り揃えて 倒れ込んで来そうな木や竹を切ったりしました。 集会所とお寺は埃を掃き出し 板の間は拭いて すっかり新年を迎えられるように清々しくなりました。 お寺の軒に大きなスズメバチの巣が掛かっていて いつもお寺の世話をしていた婆さん達も びっくりしてました。軒が高く蜂が集っていたのに気が付かなかったようです。もう蜂は居 [続きを読む]
  • 大根を干しました
  •  大根を干しました。夫婦2人で食える量だけを 小屋の軒下に。小雨だったんですが 濡れる程では無かったんで 抜いて来ました。 今年は 家の大根が 出来があんまり良くなくて遅れていましたが、漬ける時期には間に合いました。 大根の育ちには心配させられましたが 葉っぱの方は ネットを掛けて置いた所為で、虫が付かず軟らかく良く育ってます。調理したら小松菜なんかよりは 軟らかく美味いんで、大根の方と一緒に漬け [続きを読む]
  • 初霜
  •  初霜が来てました。あんなに草を押し退けて 葉を伸ばしていたヤム芋が一晩で こんなに枯れてしまいました。蔓を手繰ってでないと 何が植わって居たかわからないようになりました。 こうなったら この先の冷え込みで 芋が傷まない内に掘らないと 腐らせてしまいます。今年はKさんが余した種芋を沢山貰って植えたんで、掘りでがあります。  秋のじゃが芋も 霜で焼けてしまいました。こいつは寒さに強いんで 次にゆっく [続きを読む]
  • 柊の花
  •  庭にある何本かの柊が咲き出しました。金木犀ほどは強くはないんですが 良い香りです。字の通り 冬の日溜りが良く似合う樹の花です。 ここに来た時 居間の前角に老木の風情の1本が有ったんですが 枯れてしまいました。その後 海棠を植えても2年ばかりで枯れてしまい、この角は祟りが有るんじゃ!と言って 祟りに負けない樹はと探し 山茶花にして今はそれが頑張ってくれてます。 柊は実が一杯成って 庭のあっちこっちに [続きを読む]
  • モッテノホカかが咲き始めました
  •  朝晩寒くなって 周りの木々が葉を落とし始め 柿の実が目立つようになってきました。里山も晩秋です。ただ 家の柿はすっかり食われて無くなり もう冬の風情です。どうしてか 家の果樹は真っ先に無くなります。前の藪の狸か、裏の方のハクビシンか、落ちた実が残っていないので 狸が来ているのは確かです。それに 大食いのカラスとヒヨも群れで来てるし、この冬は しっかり木々の枝を払って 隠れ場所が無いようにせねば、 [続きを読む]
  • 蚕豆蒔き
  •  台風の後 晴れた2日目の昨日、蚕豆を蒔きました。夏前に採って ペットボトルに入れておいた今年の種です。  40センチばかりに棒を折ってきて 蒔く間隔の尺にしました。 この畑は夏前にトラクターでYさんに 耕してもらって、何にも作らずにおきました。夏の間 何回か刈払い機で草は刈ったんですが、秋口の長雨で草が伸び 酷い事になってました。先日 大草になっていたのを2日掛りで刈って 乾くのを待ってました。一昨 [続きを読む]
  • アケビ
  •  前の土手上の杉に登り付いた アケビが色付きました。藪にしてしまっていたんで 見逃すところでした。  向かいのOさんが もう良いんじゃないかと教えてくれたんで 高枝切を持って来て 採ったのがこれです。10個余り採れました。届かない高い所のは 小鳥達の分に残して。 丁度開き始めた 色の良いのが採れました。開いたのを 早速頂きました、子供のころの懐かしい味です。  小鳥は目敏くて もう先に試食してます。 [続きを読む]
  • 月下美人、2度目
  •  今年になって 2度目のの開花です。株が再生中で 花に栄養が行き届かなかった所為か 花は小ぶりでした。 1回目見逃していました。未だだろうと 油断していた翌朝 咲き終わった花のぐったり萎んだ姿に しまったと思ったが 後の祭りでした。 実は去年の冬、ベランダに出しっ放しにして 株をすっかり痛めてしまいました。春に植え替えて 挽回を図ったんですが そうは簡単にはいかなかったんです、当たり前ですが、  少 [続きを読む]
  • 蛇草も実りの秋
  •  前の畑の土手はすっかり秋色に変わってきました。彼岸花はもう終わりです。蔓延るだけ蔓延った草共が種を残して 色あせてきました。去年はこのヒガンバナの株の隣に かなりの白い花の彼岸花が有ったんですが、通りかかったどっかの小母ちゃんがすっかり掘って行ってしまい もう在りません。土手上の畑のNさんが植えて 楽しんでたんですが。  台風は夜の間にさっさと行ってくれました。それでも畑にはかりの悪さをしていき [続きを読む]
  • 落花生、もぐのが早過ぎた
  •  出来が悪かった今年の豆の中で 落花生だけが かなり良く育って 期待してました。枝の伸びは良く、畝の間は完全に枝葉で覆われてしまってました。  ところが 株元に食われた殻が見えて 根が穿られているのに気が付きました。向かいの畑のA婆ちゃんのや 隣のYさんのが穿られて遣られていたんで いずれは 家に獣が回ってくるなとは覚悟してました。 試しに株を抜いて見たら 結構良い莢がついてました。これを食われては [続きを読む]
  • ベラドンナリリーが咲きました
  •  急に涼しさを通り越して 寒くなって、長袖のシャツ引っぱり出して畑に行きました。 前の日までは 水をかぶっても暑く グッショリの野良着を何回も洗濯に出していたのに。昼から北風が吹いて 夜にはすっかり秋、台風の所為だそうです。 今年の夏は 変な夏。梅雨から 全く雨が降らないで トマト以外は全滅、蒔いた大豆も全滅、その後はお日様が出ず 降り続き。漸く暑くなったら物凄い暑さ、その暑さが台風で吹っ飛ばされ [続きを読む]
  • 栗が落ち始めました
  •  栗が落ち始めました。今度上がって来た一昨昨日の晩、小屋のトタン屋根に落ちる音がしていたんで 落ち始めてはいるかなとは気が付いてたんですが、窓から見えている毬は未だ開いていないんで、拾いに行かないでいました。  朝、裏へ出て見たら 少し落ちてたんで、トンクを持って拾ってみました。バケツに半分ばかり有りました。夏の盛りに今年は雨が降らなかった所為だと思うんですが、拾った栗の粒が小さい。  それでも” [続きを読む]
  • 台風の余波、やっと降りました
  •  乾き切った里山の畑にやっと雨が降りました。作物はトマトなんかを除いて 胡瓜も茄子も半分枯れてしまい この雨で少しは息を吹き返してくれるか 微かな望みを賭けてます。 それに比べて 蛇草なんかの厄介者の生きる力の凄い事、刈って放って置いたのまで 値を出して生き返る生命力に瞠目。 朝 畑に来たら 一面の露で、昨日からの雨も有ってか、朝日に光って 宝石をばら撒いたようです。  蛇草には細かい産毛が葉や茎 [続きを読む]
  • 雨が降りません
  •  里山のこの辺りだけ 雨が降らないんです。木更津や袖ケ浦でも海寄りは 降っていたよ、と そっちを通って来たのが 言ってましたが、降りそうな雲は来て ゴロゴロ音はしても。 もう雨らしい雨が無いのが 何週間続いたかな、 昨日は村の道掃除、道の草刈や 道に被って来た木や竹の枝を払ったり、道に捨てられた缶なんかのゴミ掃除でした。刈払い機がおかしくなってしまい、隣のOさんに見てもらったが 駄目なようなんで、O [続きを読む]
  • 稲穂が垂れ始めました
  •  里山の家へ上がって来る 道の棚田は 稲穂が垂れ始め、わたって来る風は良い香りです。大きなトラックに囲まれて暑い目をして来た身には 極楽の風です。 お盆前には 稲刈りが始まります。盆前の 村の神社の夏祭り支度、今年は 不幸があって参加しなかったんですが、大きな幡を立てる事は 今年から止め、国旗を立てる簡単な方法にしました。幡を立てる柱が壊れて 改修する費用が多くなって 負担しきれなくなったんです。 [続きを読む]