sneaker さん プロフィール

  •  
sneakerさん: 楽描き水彩ギャラリー
ハンドル名sneaker さん
ブログタイトル楽描き水彩ギャラリー
ブログURLhttp://imatthew.blog.fc2.com/
サイト紹介文気の向くままに、風景や花を中心に描いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/11/09 15:02

sneaker さんのブログ記事

  • 坂上の作業場
  •   180705 A4(Sunflower) 何の作業場だったのだろう。今は人気のない廃屋だが、裏に回ると壁際に設備の跡らしい機材が残っている。この辺はアップダウンの多い地形で結構見晴らしもよく、折々にモチーフが拾えるのがいい。  [続きを読む]
  • 朝の散歩2
  •   180703 A4(Sunflower) このSunflowerという紙は時々使う。安い画用紙(ア、画学紙というそうだ、学生用の教材という意味らしい)なのでそんなに面倒な描き方いじり方はできないけれど、ウォッシュにも意外に波打ちが少なくてあっさり描くには向いている。 四辺を百均で買ったマスキングテープで留める。安上がりだが結構しっかり描けるのもいい。さらに、この紙はA4サイズなので、スキャナーにかけやすいという利点もある。 [続きを読む]
  • 谷・擁壁
  •   180625 F4(LAMPLIGHT) 周辺の地形から見て、なんでここだけがこんなに急峻にえぐられた谷になっているのかわからない。上流も下流も浅いところを流れるせせらぎなのだが。一見無表情に連なる岸壁を見ていると、こんな擁壁のなかった往古はどんな様子だったかを、つい想像してしまう。無論、今自分が立っている橋などなかった時代だ。  [続きを読む]
  • 山滴る
  •   180618 F4(LAMPLIGHT) 今の時季、里山の?はまさに滴るがごとき美しさだ。遠近感を無視してでもくっきりと描きたくなる。 「山滴る」という俳句の季語は、千年もむかし北宋の画家郭熙(かくき)が夏山を形容した言葉に由来するという。はるかに時空を隔てて今は日本人のなかに生きている感覚、不思議としか言いようがない。  [続きを読む]
  • 山路初夏
  •   180609 F5(ARCHES) 急勾配の坂道をここまで登ってきてやっと一息つく。ふだん歩くことのない道だ。梅雨の合間のロケハン。これがこの日唯一の収穫だ。汗びっしょりだったが、風が心地よかった。  [続きを読む]
  • 代掻きが終わった
  •   180605 F4(LAMPLIGHT) 代掻きが終わって静まり返った田んぼ。今はただ周囲を映すだけの、空っぽの様子がちょっと面白い。 田植えが終わると、この風景が初夏らしく一変するだろう。そんな景色に一役買うツバメは、もうだいぶ前から姿を見せている。  [続きを読む]
  • ミズキ花盛り
  •   180604 F4(LAMPLIGHT) ミズキの花は決して派手ではないが、里山でも町中でもよく目につく。木全体が一所懸命といった咲き方がいい感じだ。 ここは市立図書館の前、近くに大学病院があるせいもあって、結構人通りが多く通路のようになっている。  [続きを読む]
  • 公園のタチアオイ
  •   180601 F4(LAMPLIGHT) 池の畔といっても、そうは見えないだろう。一面葦が生い茂っていて、水面が見えるのはずっとこの先だ。秦野市おおね公園の池、水面の広がる辺りではいつも水鳥の姿を見かける。葦は鳥たちのいい隠れ家になっているのかも。  [続きを読む]