偏酋長 さん プロフィール

  •  
偏酋長さん: 鉄道省半田鉄道局の業務日誌
ハンドル名偏酋長 さん
ブログタイトル鉄道省半田鉄道局の業務日誌
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wamu23606
サイト紹介文蒸気機関車、客車、貨車を主にした1/80、16.5mm鉄道模型の製作記や鉄道の撮影等の活動記録のブログです
自由文中年鉄道ファンです。戦前の蒸気全盛時代を模型で再現するのが夢で、客車はぶどう色1号で白青赤帯が主体になります。貧乏サラリーマンで工作機械も買えない為、若い頃買い溜めたキット工作が主体ですが、模型歴が長い割りに腕は下手。むしろ皆さんの励みになれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供425回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2014/11/09 17:38

偏酋長 さんのブログ記事

  • スハ32800系燕編成の製作(70) 床下の製作11
  • 仕事の山は一つ越え、ホッとして帰宅しました。工作は22時からなのでわずかです。給検水コック、普通はエコーのロストパーツを使うのが良いです。(写真中央)しかしスイテなどスハ32600系の給検水コックは形状が違います。給水(五ツ道弁操作コック)の方が、受けの高さが高い(台枠上面から610?)で、検水はそれより40?低いのです。そこで帯板から作ることにしました。こではオハ32000系と同様です。写真左はスパイクモデル [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(69) 床下の製作10
  • 日曜日は朝から家にこもりっ放しでした。今年は寒いので、部屋を少し片づけてストーブを出しました。模型工作と休養を繰り返した一日でした。付加空気溜めと補助空気溜めのユニットを作ります。t0.6板を取付ベースに、t0.4板をコの字に曲げてタンクの取付け座にします。タンクは2個とも、ドリルレースでバンドを削り取ってあります。単に板を□に組んだ場合は撓みやすいので、大きい付加空気溜の下にはt1スペーサーを追加していま [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(68) 床下の製作9
  • 土曜日は冷たい雨の中を出社しました。まあ、お陰で仕事の準備は出来て、かえってストレスからは解放されました。14時半には退社し安井模型さんへ。帰宅は夕方で、夕食後ビールを飲んだら21時過ぎまで3時間も寝てしまいました。やはり疲れているのでしょう。買ったパーツ類。エアタンクやその取付座を買いました。スハ32600系はまだキットがあるので余分に買いました。エアータンクをさっそくスイテに当ててみました。まあ良 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(67) 床下の製作8
  • 水曜日、木曜日とも早朝出勤と残業による蓄積疲労で模型工作ができなくなりました。珍しいことです。連続投稿も切れてしまいました。これで給料は1/2、残業お手当てが付く身になったとはいえ、60歳には応えます。金曜日はなんとか仕事を切り抜け、疲労中ながらも工作台に向かう気力が出来ました。自作した付加空気溜め、図面を改めてよく見たら直径がΦ440?でした。なのでΦ5.5でないとだめなのです。パイプは無いのでやはり旋 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(66) 床下の製作7
  • 火曜日も帰りが遅く、ぐったりで工作はなし。水曜日は普通の帰宅が出来たので、3日ぶりに工作しました。スイテの付加空気溜めはおそらくツバ付き。一応手元のパーツを見ましたが適当なものはありませんでした。そこで自作します。素材を用意。水槽本体はΦ5パイプ。両端の膨らんだ鏡板は、真鍮釘の頭をパイプに入るようにΦ4までドリルレースで削ったものです。鏡板の姿勢を保持するために、中にはΦ4パイプを入れ、これを鏡板 [続きを読む]
  • 関東合同運転会2017 その12
  • 月曜日は東三河の事業所で20時まで残業しましたが、この時間帯では電車の連絡が薄くなり、通常の通勤時間より更にかかることがわかりました。帰宅は22時過ぎ。ビールを飲んだら疲労で床にそのまま臥せってしまいました。25時にようやく起き出し、ブログを書いて風呂入って寝ます。明日以降も6時前の電車で出勤です。体持つか?ということで工作は不可能だったので、関東合運の最後のネタを書きます。今回のテーマは常磐線でしたが [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(65) 床下の製作6
  • 日曜日は父の92歳の誕生日。ささやかなケーキを持って老人ホームを訪ねました。風邪気味で声がガラガラではありましたが、幸い健康で認知症もなく安心しました。海軍で体を鍛えたのが今になって功を奏しているのかも。昔のことは特によく覚えているので、戦艦武蔵を見学し43サンチ砲弾を目撃したことや、瀬戸内海を遠泳しているとき、愛宕形巡洋艦数隻航行に出食わしただの、なかなか聞けない話を聞くことが出来ます。今日もそ [続きを読む]
  • 関東合同運転会2017 その11
  • 土曜日は朝から休日出勤。15時には目途がついたので退社しました。帰りにジョーシン大須に寄ってΦ0.5真鍮線を買ってきました。転んでもただでは起きないで模型に引っかけるわけです。工作は20時過ぎから開始しましたがスイテの制動主管を割ピンで床に固定してみただけなので写真は改めてとし、関東合運の残りを報告します。HOJCさんのブースで当局に「弩」ストライクの模型を発見しました。スハ32600系のペーパー模型です。 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(64) 床下の製作5
  • 残業時間、よく調べたら法定の時間枠にはまだ数時間あることがわかったので、2時間残業してきました。仕事が忙しいので残業できないと仕事が行き詰まり、かえってメンタルを招いてしまうので、40時間程度の時間外労働であれば仕事を片付けさせてくれた方がありがたい。明日も休日出勤します。昨晩こしらえた冶具を使って、編成7両分の制動主管を曲げました。鍵型(Z形)の大きいRの曲げ部はバーナートーチで僅かに焼き鈍して [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(63) 床下の製作4
  • 木曜日はほぼ定時で上がり、17時半には帰宅できました。残業枠の上限に達したのです。お陰で模型工作の元気が復活しました。制動主管を曲げる冶具を作りました。中央の台形状に4個並んだボスは、給検水栓受けを逃げる中央部分の曲げ用。ボスはエコーのΦ5径カプラー台です。左右に渡る部分の鍵型の曲げは、Φ10.5車輪のフランジを削って曲げガイドにしました。中央部分を曲げた後、それを縁の山形の板に沿わせて、かぎ型の部分を [続きを読む]
  • 関東合同運転会2017 その10
  • 水曜日も残業で21時帰宅で、工作台に向かって制動主管冶具の製作に取り掛かったものの、疲労でなかなか集中できません。そこで今夜も関東合運の続きを。合運のテーマは常磐線なのでED46も走っています。これは見損ないました。昭和56年に東京鉄道学園(府中)に保存されているのを見に行った時には、他の車両と合わせて解体されてなかったのです。HOJCさんの「ひな壇」展示。手前の製作中の小田急3連はIMさんの作品で、IMさん [続きを読む]
  • 関東合同運転会2017 その9
  • 火曜日は21時帰宅で鑑定団視聴の後、工作に掛かりました。制動主管は今回の7両の他、将来的にも同じものを多数作らなければならないので、ここで冶具を作ろう、と試行錯誤して進みませんでした。そこで関東合運の残りネタです。おなじみ、HOJC相武鉄道さんの1/87、12?レイアウトです。昨年のJAMで拝見した未塗装の9850が塗装されてデビュウしていました。こんな難しい機関車が自作できるってすごいです。9600の牽く旅客列車と985 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(62) 床下の製作3
  • 6日は休みです。疲れたのか起床は8時過ぎでした。朝食後、模型にかかります。なお一日家にいるときは、10時と15時にコーヒータイム、12時から昼食、昼食後30分~1時間昼寝をする、というパターンで模型は休み休み作っています。スイテの床下の続きです。UF45台枠の図面に従い、所定の位置に横梁を付けました。□1?のプラ棒です。実車では厳密には幅80?と65?があるので、後者は0.8?がニアスケールですが面倒なので [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(61) 床下の製作2
  • 11月5日も終日イベント仕事で、ヘロヘロになりました。19時過ぎに帰宅し夕食時のビールを飲んだら21時30分まで寝てしまいました。その後起き出してくつろぎ、工作開始は22時30分です。スイテの床下の続きです。各機器の取付位置は、過去TMS図面等でも明らかですが、勉強のため客車史編纂会の「スハ32800系の一族」の図面を読んで決め直しています。床板に穴を開け、機器は仮に置いてあるだけです。水槽と水タンクの関係がず [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(60) 床下の製作1
  • 11月4日はイベントの仕事で終日外出。19時過ぎに帰宅しましたが疲れたので工作はわずか。スイテの床板を触り始めました。電池箱はフジモデルのパーツを使います。水槽は珊瑚キット付属のものですが、厚さが厚く不格好です。台枠形式は3軸ボギー用のUF47Aですが、横梁の位置などは2軸ボギー用と変わらないので、スハなどの車種と一緒で良いのです。変化は暖房管位かと思います。じゃあ簡単だ、さあ、そろそろ馬力をかけて、 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(59) 電池箱の複製
  • 11月3日は会社休業日です。文化の日にふさわしく?新たな模型工作技法にチャレンジします。上記は大げさな言い方ですが、UV硬化樹脂を使って、電池箱をコピーしました。まず、以前買ってあった「お湯まる」を登場させます。お湯まるを鍋の水に入れ、沸騰させて軟らかくさせます。後では水を張った茶碗にお湯まるを入れレンジで加熱しました。使うUV樹脂はこれです。清原株式会社のUVクラフトレジン25?入り。クラフトハ [続きを読む]
  • 関東合同運転会2017 その8
  • 木曜日は残業の挙句、イベントで使う備品を買い出しに回り、帰宅は22時前。さすがにヘロヘロになり、工作は無理でした。こういう機会に関東合運の続きです。お、当局の好みの列車が。客車は当局のホイロと同じ系統の明治22年型箱型ボギーの編成ですが、ホハとホロです。等級帯が短いのはそのような解釈もあるんだな、と。機関車は軽便タイプで作業局ボギー客車は重い感じですが調子よく走っていました。このレイアウトでは踏切が動 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(58) 電池箱の原型4
  • ここのところ超劇忙で水曜日も20時30分まで延長残業。定年を過ぎたのに有給消化もできず、2か所の事業所を行き来しています。給料は1/2に減ったものの、残業が付く分緩和されるのですが、まったく割が合わんです。周囲も管理職時代のままに接するので、ことあるごとに「いやあ嘱託の分際ですから」と言うようにしています。で、水曜日は蓄電池箱の左右の金具を追加して終わりました。掛け金は幅0.5×t0.2帯板を用いました。横 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(57) 電池箱の原型3
  • 火曜日は鑑定団の後での工作。12個入り電池箱の複製原型の続きです。今夜は外から2つ目の帯板に穴を開けて0,35線で取っ手を取付、前板の上から1個めの板目の間に、0.3線でヒンジを表現しました。ヒンジは帯板5本を通し1本で半田付けし、中間を後で削り取っています。線が乗る帯板の表面はV溝を付けるところがみそです。こう書くだけだと簡単ですが、実は穴あけがずれてしまい、右から2本目の帯板は付け直しをしています。こ [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(56) 電池箱の原型2
  • 月曜日は残業とヤフオクの出荷作業で模型工作は22時から。しかし台風一過とともに寒風が吹いて寒い一日でした。夕暮れも早くなり早く家に帰ってじっとしていたい気分です。でも働かなくては。蓄電池箱の原型ですが、昨日の写真の後、中央3か所の帯板(昨晩)、左右の帯板(今晩)を取り付けました。左右の帯板を付ける際手間取り、すでに付けた部品が緩み、その挽回で時間がかかってしまいました。これで今晩はおしまい。あとは取 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(55) 電池箱の原型1
  • 日曜日は台風22号で一日中強い雨が降り続きました。部屋にこもって模型工作をしましたが、かえって集中できず牛歩の進行です。蓄電池箱ですが、市販パーツ利用するか、軽量化のために樹脂コピーするか迷った結果、一度コピーをやってみようということにしました。しかし市販品をコピーするのは、「著作権上いかがなものか?」と考えたので、自分の原型を作ることにしました。オハ32000系の時に昭和3年度の蓄電池箱を3組(15個 [続きを読む]
  • 土曜日夜の会食はインド料理
  • 土曜日の夜は、鉄道趣味仲間の定例会として、岡崎で会食がありました。まあ情報交換会兼親睦会みたいなものです。会場は定番がいくつかありますが、今回は東岡崎駅から徒歩数分のインド料理店「ガバディーパパ」でした。川沿いにあり、ゆっくりくつろげるお店です。今回はじめて、インドビールを頼んでみました。500円。美味しかったです。2本飲みました。インド製かと思ったら、同席者が見たら英国製だったようです。(自分は老 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(54) スシの床板
  • 土曜日は家にいましたが休養に努め、夜は会食に出かけたため模型は少しでした。スシの床板を作り替えが完了しました。横梁の位置をケガキます。横梁は実物で80?と65?なので厚さ1?角線、0.8?平角棒を並べればよいことにまります。スシの水槽キセの位置は、キセ端が車体中央から12.5?の位置になります。幅方向は車体中心線から8?弱(実寸で625?)です。蓄電池箱も、一瞬自作を考えましたが数が多いのではやりパーツを使うよ [続きを読む]
  • 関東合同運転会2017 その7
  • 金曜日は残業で帰宅が21時半になり、夕食後、早朝出勤の疲労もあって”昼寝”し模型工作はお休みです。そこで関東合運の続きです。これはオジサンたちの青春の思い出?カツミシュパーブラインのD51です。あえて手を入れず保存しているのだとか。デティールは控えめですが基本がしっかりしており伝説の模型。このような模型は今は無いのが残念です。ED30の駆動装置。モーターで両軸を駆動しています。外観だけではなく、メカニク [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(53) スシの床板改造
  • ここのところ飲み会や残業による疲労などで、模型もややペースダウンです。しかしめげずに工作を続けます。スシは珊瑚の台車+日光の3?高ボルスターで車高が0.5?高くなってしまったので、プラ板から交換し、これにKSモデルの2.5?高さのボルスターを付け改善を図りました。前後の部分も、宮沢の床板(板曲げでコ字断面)を短く切ったものに交換です。外した床板は別の客車に使えばよいので無駄ではありません。こういった後戻 [続きを読む]