偏酋長 さん プロフィール

  •  
偏酋長さん: 鉄道省半田鉄道局の業務日誌
ハンドル名偏酋長 さん
ブログタイトル鉄道省半田鉄道局の業務日誌
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wamu23606
サイト紹介文蒸気機関車、客車、貨車を主にした1/80、16.5mm鉄道模型の製作記や鉄道の撮影等の活動記録のブログです
自由文中年鉄道ファンです。戦前の蒸気全盛時代を模型で再現するのが夢で、客車はぶどう色1号で白青赤帯が主体になります。貧乏サラリーマンで工作機械も買えない為、若い頃買い溜めたキット工作が主体ですが、模型歴が長い割りに腕は下手。むしろ皆さんの励みになれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供391回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2014/11/09 17:38

偏酋長 さんのブログ記事

  • スハ32800系燕編成の製作(169) 室内灯の製作4
  • 父の病院関係で火曜日午後休んだ以外、月水木は21時退社+23時帰宅、金曜日は急遽貨車仲間の飲み会で締めくくり、怒濤の一週間が終わりました。残業の成果で無事乗り切ることが出来、土曜日は父も退院し、一段落です。土曜日は帰宅して休んだ後、工作開始、と行きたかったのですがパソコンがインターネットにつながらなくなり、しばし時間を取られました。室内灯の続きです。ブリッジダイオードは、従来床板上に設置した基板に実装 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(168) 室内灯の製作3
  • 水曜日も21時まで残業を余儀なくされました。帰宅23時なので工作はなし、です。おかげでブログが1日開いてしまった。火曜日夜のクリヤオレンジによる色調整の結果です。写真では丁度良いですが、肉眼ではややオレンジっぽいです。スロの車体に収容して点灯してみました。まあ良いか。しかし、けっこう明るいです。カツミアクリル導光板方式も捨てたものではないのかな?木曜日も21時まで残業の見込みで、金曜日は私的な鉄分の濃い [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(167) 室内灯の製作2
  • 火曜日は午前、役所に申請書を出すため名古屋に出張し、午後そのまま半休を取り、父親の入院先FJ大学病院に行きました。今後について相談したところ、前にいた南大高のベストライフでケアすることになり、退院することになりました。幸い父も何処が病気なのかわからないほど安定しているので、一安心です。夕方、上前津に部品を買いに出ました。父の今後の見通しが立ったことに感謝し、休みで時間もあったことから、大須商店街の [続きを読む]
  • 鉄道模型社C61のレストア1 部品の追加納入
  • 月曜日は火曜日朝に役所に出さなければならない申請のため、21時まで4時間残業。帰宅は23時でした。模型工作は無理ですが、帰宅したら写真の荷物が届いておりました。先日、都内某所のレイアウトでお会いした大学の先輩HY氏から預かった鉄模C61レストア用の追加部品です。アダチのC62用足回り部品です。台枠は板台枠を表現した最新版? 動輪だけはタイヤのメッキが剥げた中古品でした。うーん、動輪は鉄模オリジナルに軸箱を [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(166) 室内灯の製作1
  • 日曜日は一日家に籠って模型製作です。室内灯の続きです。秋葉原で買ったLED3個直列配置用基板を使って、チップLEDを半田付けし、1個ごとに切断しました。LED基板の周囲のピン穴にΦ0.8真鍮線を差し込み、基板を背中合わせに同極同士になるよう組立て、真鍮線を基板に半田付けしユニットとしました。真鍮線は前後に大きく伸ばし、アクリル導光板に開いていた電線穴に差し込み、線を曲げることでユニットが導光板に固定されます。 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(165) 室内灯の検討3
  • 金曜日の夜は業界団体関係の懇親会で、飲んだくれて帰って来ました。土曜日は午前工作、午後は会社の鉄道クラブの行事で、夕方からは息子のフィアンセと初対面とイベント目白押し。そこで土曜午前の工作を報告します。カツミアクリル導光板も、できれば白熱電球を取り去ったスペイスそのままでLEDを装着できたらよいなと考えています。LEDを導光板の面に当てるのに、まずは基板にLEDを実装してみました。使用LEDは秋葉原のピカ [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(164) 室内灯の検討2
  • 木曜日は残業をしたため、帰宅は21時半でした。それでも工作に向かいました。スロ31120の室内灯LEDの片方が点灯しなくなったので、燕で採る手法を検討しつつ、この室内灯を改造します。今回はユニバーサル基板に砲弾型Φ5LED2個を脚を90度に曲げ背向に取付。電流制限はLED2個並列の上、抵抗1本で済ませました。基板は強力両面テープで天井裏に貼り、左右を「ひっつき虫」で押さえています(写真の白いところ)パフォーマンスは [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(163) 室内灯の検討
  • 水曜日の夜は、愚痴コメントを書いたら気が楽になり、3日ぶりに工作台に向かいました。自分の作例を見ようと、スロ31120(オロ40)を分解してみたら、片方のLEDが点灯しなくなっていました。またCRDお亡くなりか?もののついでに、カツミのシートカバーを座席の枕に被せてみました。塗装があると入りにくいです。まず、天井の低いスイテ用を検討。手持ちのテープLEDを室内長さに合わせて切ったところ、点灯しない部分ができました [続きを読む]
  • 工作ひと休み。
  • 燕編成は車内照明の取り付けが次の工程ですが、ここのところ激忙で、月曜日、火曜日とも、リヴィングで寝てしまいました。事務所への配属が自分一人きりで、雑用も全部やらないといけないのです。来年度はもっと忙しいことが確定的で、遠距離通勤も含めて、自信がありません。パートでもいいので増員をお願いしようと考えていますが、通らなければ、それなりの決断をしようと思います。若い頃はサービス残業、管理職時代も長時間労 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(162) スイテの台車改造、つなぎ箱取り付け
  • 日曜日は一日中家にこもって模型と格闘しました。日曜深夜(月曜未明)は写真のアップロードができなかったので、月曜の帰宅途中のスマホと帰宅後のPCで書いています。スイテのブレーキシュウ取り付けは、ABS板に接着し、枕ばり止めねじに共締めしました。何とかなったっぽいです。幸い、車輪の回転には邪魔になりませんでした。確かに露台側から見た台車は落ち着きました。車体が斜めっているのは要確認。形式写真っぽく撮って [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(161) スイテの付属品箱
  • 土曜日の午前はFJ大学病院に父を見舞いに行った。正直、あまり調子が良くなかった。覚悟を決めておいた方がよさそうです。心は今日の天気のようにどんよりと薄ら寒いです。帰宅後、スイテの付属品箱の再取付に掛かります。暖房管を跨ぐ脚の部分をいろいろ考えた挙句、当局お得意の角パイプを使うことにし、写真のように切り出しました。付属箱本体はエコーパーツですが写真のタイプに換えることにしました。付属品箱は脚を切り取 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(160) スイテの発電機
  • 実は木曜日から懸案となっていたスイテの発電機に取り掛かっておりました。工房ひろの発電機吊り装置の発電機を掛ける部分は、左右から突起が出ているので、パイプを短く切って嵌め込み左右を連結して足場にしました。発電機本体は珊瑚の挽ものの形がおかしいので、段差に別材を被せて、ドリルレースでKS型のように成形しました。しかし、改めて「オハ44400形の一族」等々を見ると、戦前は基本L型で、KS型は開発されたものの [続きを読む]
  • 都内某所レイアウトでのミニ運転会 その4
  • 土曜日(31日)運転会の続きですオーナーのコレクションの一つ。何と!伝説の鉄道模型社C53.同社渾身の作品で、これは実に精緻に出来ています。当局にもこのロストパーツがいくつかあります。もうひとつの鉄道模型社コレクション。ファンが組んだものですが、綺麗に出来ていますが、手で動くものの動力はありません。鉄道模型社エッチング「キット」ですが、これを動力付きで完成させるのは超達人と言われています。運転会の後は [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(159) スシの発電機付け直し、スイテのアンテナ
  • 水曜日は午後半日休暇をもらい、父親の老人ホームから貴重品を確保してくる、というミッションを果たしました。最近にしては21時前の早めの帰宅だったので、久々に工作台に向かいました。外したスシの発電機を正しく付け直すため、位置を確認します。京都鉄博の3軸ボギーの旧スロシの床板を見ると、大横梁より中心寄りに発電機吊り装置があります。付属品箱の取付が反対側で不明ですが、「スハ32800の一族」に図面も載っていまし [続きを読む]
  • 都内某所レイアウトでのミニ運転会 その3
  • 土曜日の運転会の続きです今回はレイアウトオーナーDr.KYの車両です。伯備線D51三重連で、機関車の番号はちゃんと当時の新見機関区所属機になっています。連なるセキ6000も「岡」標記。石灰石を乗せています。後方にはホキ7000が必要ですが、市販されていないので発売待ちです。続いてDr.KYこだわりの急行白山。編成の考証を行い、すべては明かではないものの、苦心してまとめられました。機関車D51の次位はオハニ36。そ [続きを読む]
  • 都内某所レイアウトでのミニ運転会
  • 都内某所レイアウトで行われた、土曜日の午後の運転会の模様です。参加したのは大学鉄研のOBで自分が最年少という超おじさん軍団。14:45に最寄り駅へ集合しその某所へ向かいました。自宅開業医院の2階です。まずは金色の燕編成以外の当局の参加車両から。4030+ホイロ500+ホニ5816。4点支持でもイコライザー式は極めて調子よく走りましたが、屋根裏のスピーカーからは音が出ません。素子が祖死になったか?続いて、下関行不定 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(158) ボルスターと台車の取付け3&試運転
  • 土曜日の午後は”都内某所”のレイアウトで運転会があるので、燕を試運転できるよう朝7時に起きてスパートをかけます。転がりが悪くなっていたスシ、スイテの珊瑚TR73台車を改善します。お約束でΦ2.3ドリルで軸受穴を拡大し、モアのメタルを接着します。工事は昼までかかり、持って行く模型の梱包も含め、電車の時間にギリギリ間に合いました。それで何とか午後の運転会に間に合いました。当局にはこの線路が提供されたので、ま [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(157) ボルスターと台車の取付け2
  • 昨晩の送別会の芋焼酎+点鼻薬+睡眠の効果か?右の鼻の奥の炎症も治り、肩の痛みもなくなり、久々に体調が万全になりました。そこで工作台に4日ぶりに復帰しました。スロ用のTR23は日光のBレーキシュウが別体でメタル入りになった新タイプです。それを組立て。車体に装着しました。メタル入りで軽く転がります。スハニ、スハとも連結し具合を見ました。高さは揃っているようです。転がりも良好。あと、珊瑚の台車を履いたスシとス [続きを読む]
  • 東京での撮影 その2
  • 木曜日、突然父が緊急入院したFJ病院から電話があり、手術について相談したいので病院に来られたし、とのこと。慌てて会社に休暇届を出し、病院へ。そこでは甲状腺の腫瘍(悪性)が軌道を塞ぎつつあり、腫瘍除去の手術・放射線治療も高齢のため不可。肺に転移の影が見える。そこで気道確保のパイプ注入をするがいずれ眼で死ぬか、そのままにして気道閉塞で死ぬかという、いわば”死に方を選択”する状況に直面しました。父、同席 [続きを読む]
  • 東京での撮影 その1
  • 火曜日の夜は、鼻の奥、右側だけの炎症で体がだるく、帰宅後もそのまま寝てしまいました。水曜日は回復し仕事も元気にできたたものの、今度は父親が血痰が出たとかで豊明の巨大病院に緊急入院。帰宅途中病院にも寄り、疲労困憊し帰宅後やはり寝てしまいました。晩酌も抜きです。今その仮眠から目覚めて書いています。今夜は先の出張の実車撮影コーナーで。金曜日、東京駅でE3系のつばさ新塗色(だよね)に遭遇。スナップしました。 [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(156) ボルスターと台車の取付け
  • 月曜日の工作です。スハニの端バリにつなぎ箱と連結器胴受けを接着しました。エアホースはどうしようか迷っています。土曜日の運転会で試運転できるよう、床板の穴にボルスターを接着し、台車、IMONカプラーを取り付けます。実はボルスターは以前に取り付けたのですが瞬間接着剤が弱いのか全部脱落してしまいました。今回はキッズランドで買った「超強力」瞬間接着剤を用いてみました。台車は日光のTR23そのままです。転がりは悪 [続きを読む]
  • 東京での調達部品
  • 巣鴨でスィーツを食べた後、都営三田線で本蓮沼に。エコーモデルに行きました。スエード調塗料のグレーを買い足しました。無くなるかもというと未完の客車を多数抱える当局は先々不安なので、買っておきました。1両では少量しか使わないので都合3缶のストックがあれば持つのではと。IMONカプラーも買っておきました。パーツの特売コーナーでは、ニワ、珊瑚のパーツを安売りしていたので左をGET。止め弁3個はC51やD50用。下の [続きを読む]
  • スハ32800系燕編成の製作(155) 乙種加減器の取付け5
  • 日曜日は自宅から一歩も出ず、休養と模型工作に費やしました。午前中は買ったIMONカプラー、#0205、#0209、各10両分を組立てました。また#0209の部品封入違いで1個が組立てられませんでした。部品同梱の不具合はこれで通算3件になります。そして残りのスハニ、スハ、スロ、5両の乙種加減器を取り付けました。スシは十文字配管を組みましたが、他は手抜いて目立つ側の片方のみとしました。乙種加減器の根元の布撒き管を細く削り [続きを読む]
  • 将棋会館に行ってみた
  • 3月23日金曜日は東京に出張だったので、例によって土曜日は模型店めぐり。しかし、それに先立ち、気になっていた千駄ヶ谷の将棋会館に行ってみました。千駄ヶ谷駅から徒歩数分、鳩森神社の裏手の閑静な場所に将棋会館はありました。Nikon持参だったのに、スマホ写真なのは入手した古いズームレンズを何気に装着し持って行ったら、70-300?だったので至近距離が撮れない、というお粗末をしてしまったからです。1,2階のみ一般 [続きを読む]