Cent Man さん プロフィール

  •  
Cent Manさん: MT4セント口座でのFX自動売買記録
ハンドル名Cent Man さん
ブログタイトルMT4セント口座でのFX自動売買記録
ブログURLhttp://mt4cent.blog.fc2.com/
サイト紹介文裁量トレード関連の記事も増強中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2014/11/11 08:42

Cent Man さんのブログ記事

  • ■ Belkaglazer 別設定でもフォワードテストを実施予定。
  • Belkaglazer公式サイトはこちら。販売サイトはこちら。(購入特典あり。)当ブログにおけるフォワードテストと販社のフォワードテストを同じ記事内で見ることができるように整理し直しました。3つの戦略を採用 ※ブレイクアウト(BR) ※モメンタム(M) ※逆張り(MR)本EAは多くの戦略に対応可能で、販社により数多くの設定ファイルが準備されています。それにあわせて販社では使用する設定ファイルを変えて多くの口座でフォワード [続きを読む]
  • ■ 格安VPS利用日記 11/1
  •  以前よく記事にしていたこちらのVPSについてです。 利用を開始してからすでに2年以上が経過しています。 前回の記事で、Windows Server 2008R2からWindows Server 2012R2に変更されて、メモリも512MBから800MBに変更されたことについて書きました。 現在では、下図の通り、MT4を3つ立ち上げています。そして、合計12枚のチャートを開き、12個のEAを稼働中です。 以前より多くのMT4を立ち上げることができますし、特に不満は [続きを読む]
  • ■ SFE Price Action 収益(Gain)が高値を更新。
  • 当ブログにおけるフォワードテスト 以前にも書きましたが、右サイドバーに貼り付けてある販社のフォワードテストでは、今年9月に入ってから金曜日にトレードを停止するような設定にしているようで、直近の損益曲線が当ブログのフォワードテストとは違ったものになっています。 販社のフォワードテストの中には、金曜日にトレードを停止していない口座もあるようですので、比較のためにはそちらを参照する必要もあるかもしれませ [続きを読む]
  • ■ 格安VPS利用日記 10/25
  •  以前はよく記事にしていた当ブログで利用しているVPSについてです。昨日、ログインできないのでチャットで相談。パスワードを教えてくれたので、(リセットしてくれたということだと思いますが、)ログイン。なぜか、Windows Server 2008R2からWindows Server 2012R2に変更されていました。メモリはなぜか、512MBから800MBに変更されているようです。事前に何らかの告知があったのかもしれませんが、気づきませんでした。腑に落 [続きを読む]
  • ■ Momentum EA - Aggressive と Conservative 2つのリスクモードについて
  • 本EAがリリースされた当初から使用されている設定(リスクモード)は、現在では、Aggressive と呼ばれている。(以前は、Normalと呼ばれていたように思う。)そのAggressiveよりもオーダー数が少ないのがConservativeと呼ばれるリスクモードである。具体的には下記の通りのようである。 Aggressive モード: 1つのエントリーポイントに対して2つのオーダーが設定される。ひとつはTPあり。もうひとつはTPなしでトレーリングあり。 [続きを読む]
  • ■ Momentum EA H1 Gain(収益率)が150%を超えてきました。
  • Momemtum EA H1 については先週こちらに詳しく記事にしました。当ブログにおけるフォワードテスト販社におけるフォワードテスト販社のフォワードテストでは、ごく最近に収益率が100%(証拠金が2倍)を突破したタイミングでロット数も2倍に大きくしているようなので直近の収益の伸びが特に大きくなっているように見受けられます。上のスクリーンショットをとった時点では、含み益も大きくなっています。当ブログにおけるフォワード [続きを読む]
  • ■ SFE Price Action の作者が SFE KISS をリリース
  • SFE KISS販売サイト: https://www.mql5.com/en/market/product/25527※ 10%割引クーポンコードあり。 割引クーポンコード入手後、購入前に販売者に連絡する必要あり。 ご興味のある方(割引クーポンコードとその使い方に関する情報を入手されたい方)は、右サイドバーのメールフォームからお問い合わせ下さい。(1) プライスアクションベースのEA よりシンプルでパラメーターがより少ないEAの方が、バックテストとフォワード [続きを読む]