いさな さん プロフィール

  •  
いさなさん: うたた寝くじら
ハンドル名いさな さん
ブログタイトルうたた寝くじら
ブログURLhttp://cozy-works.jugem.jp/
サイト紹介文写真、デジタル水彩満載の絵日記。6匹の猫と暮す、休眠中のダイビングインストラクター。
自由文旅に出た。海に潜った。絵を描いた。写真を撮った。笑って、学んで、仕事して。日々の事。
海も空も花も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/11/10 19:13

いさな さんのブログ記事

  • やがて光があふれだす
  • 快晴 この時季にしては なんだか暖かくて 梅雨時のような湿気で 薄ぼんやりと霞がかかり 焼けないまま夕日が沈む そんな日 コスモスを眺めながら 黄昏を楽しむ 木の梢に夕陽が止まり やがて金色の秋の陽射しがあふれ出した [続きを読む]
  • 花埋み
  • 今日はただ、 咲き乱れる花の中にしゃがみ込んで、 自我が無くなるまでじっとしゃがみ込んで、 意識が花に紛れるまでしゃがみ込んで、 見えた景色を数枚写真に写し取った。 [続きを読む]
  • かさこそ。
  • 遠目に、 小さな茶色のモンスターが 整然と並んでいるように見えたのが不思議で、 近づいてみると、 落花生の畑だった。 房総に来て十年近くになるが、 落花生の畑をそれと認識して見たのは初めてだった。 あまりに地味で、 何も感じずそばを通り過ぎてしまうばかりだったのだろう。 些細な日常にも発見のあることが楽しい。 北風が吹くたび、 土の香りが立ち昇り、 掘り起こされた落花生の葉が“カサコソ”音を [続きを読む]
  • 3years
  • 謝辞 三陽メディアフラワーミュージアムにて 【花の世界】写真展 無事に終えることが出来ました。 『 夏 宵 』 『嵐が来る』 年に一度の『花の世界』展も三度目の参加となりました。 春夏秋冬、野山や海辺を歩き回って、 ひたすら写真を撮る。 花の季節の端境期や気象条件で 撮影に出られない日が続く時は、 都内に足を延ばして、 写真展や現像方法などのワークショップに参加する。 振り返れば、良くも悪くも写真漬けの三年 [続きを読む]
  • A Wild Goose Chase
  • 春夏秋冬森羅万象のすべてを、 「カメラに収めてみたい」 そう思える場所がかつてあった。 昨年そんな場所に出会って、 今年も来年もその先もずっと、 そこはそのまま存在し続けるものと思っていた。 春先、そこを訪れると、 立ち入り禁止の看板が立てかけられ、 重機が縦横無尽に小さな棚田を突き崩している所だった。 春には桜、 夏にはノカンゾウや蓮、 秋には彼岸花、 冬枯れの棚田も美しくて、 小さいながらも四季折 [続きを読む]
  • 大気が動く時 2
  • 息苦しいほどの湿気を帯びた生暖かい風。 見る間に雲は形を変え、 暮れがかった空と不思議な色の空を作り出す。 未だ波は穏やかで、 鏡のように空の色を写すけれど、 明日には暴風圏は沿岸に達するとの事。 大気の動く気配に胸の奥がざわざわと波立ち始める。 [続きを読む]
  • 大気が動く時 1
  • 日本の遥か南、 台風が勢力を増している。 こんな日はドラマチックな空のショーが見られるはず。と、 見晴らしの良い場所に車を走らせる。 案の定、 巨大な雲が湧き上がり、 沈み始めた夕日がそれを染め上げる。 嵐が来る。 瞬きする間に大気が動く。 [続きを読む]
  • 揺れる心
  • 炎暑。 天頂から照りつける容赦のない正午の陽射し。 乱反射する水面。 時折吹く風も熱を伴い、 暑い空気をかき回すだけ。 ホテイアオイ。 花言葉は“揺れる心” 涼しげな淡いブルーの花を水面に揺らすけれども、 見た目と裏腹に撮影は過酷そのもの。 カメラを構えて小一時間。 ゆらゆら… と、言うよりも、くらくら… 暑さに呑みこまれる前に切り上げますか。。。 [続きを読む]
  • 一瞬の夏
  • 今年の夏はとても曖昧で 不意に訪れる一瞬の夏を 掬い上げるように探し出さないと ポロポロと零れ落ちて行ってしまう 夏の岬にて [続きを読む]