いさな さん プロフィール

  •  
いさなさん: うたた寝くじら
ハンドル名いさな さん
ブログタイトルうたた寝くじら
ブログURLhttp://cozy-works.jugem.jp/
サイト紹介文写真、デジタル水彩満載の絵日記。6匹の猫と暮す、休眠中のダイビングインストラクター。
自由文旅に出た。海に潜った。絵を描いた。写真を撮った。笑って、学んで、仕事して。日々の事。
海も空も花も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/11/10 19:13

いさな さんのブログ記事

  • 清ら問答
  • 雨上がりの濡れた緑 一葉一葉が てらてらと光を纏っているのは本当に美しかった 未来の紅葉を想像するのは素敵な事 真夏の深緑を前に 色づいた木々を論ずるのは愚かな事 四季折々の美しさを 何事にも捕らわれず 真っ直ぐに楽しめばいいのに [続きを読む]
  • 巨人たちの夏
  • もくもくと湧き上がる霧の中から 現れたり消えたりする様子が おとぎ話の巨人の様に見えたのでした この地方には 『手長足長』と名付けられた 巨人の昔話があったっけな。。。 【磐梯山の手長足長】http://www.attaka-furusato.com/minwa/jp/fukushima/tenagaashinaga_hj.html [続きを読む]
  • 森を歩けば
  • 熊たちの住む森を歩く。 夜明けとともに雨が止んだ。 数年前に発見された滝を見に、 遊歩道とは名ばかりの森の道を歩く。 熊鈴二つ。 ポータブルオーディオに防水スピーカー。 森の静けさを壊すようで罪悪感も感じつつ、 人っ子一人いないので、せめてもの自衛手段。 思い起こせばこんなに深い森は、 学校行事や自然教室などで “連れてこられる場所”であって、 自分の意志でやって来たのは初めてだったな。 [続きを読む]
  • ほの白い闇
  • 十六夜の夜 月明かりに照らされて 生き物のように夜霧が蠢く 湿度が高い どころではない 霧吹きで水を吹いたような 水分の中 稲穂が頭を垂れ始めている 磐梯山を父に 猪苗代湖を母に 水の豊かなこの地では 夜と無く昼と無く 清らかな水に包まれて 甘く風味豊かな米が良く育つ それから数枚シャッターを切って 車に乗りこむ頃には 霧がすぐそばまで忍び寄って来ていて さっきまで輝いていた月ですら飲み込まれてしまった [続きを読む]
  • 時の語り部
  • かつてここは 130年前に磐梯山が噴火するまで 深い深い森だった 湖のあちらこちらに 朽ち果てた木々の名残が今も点在している ひたひたと波が打ち寄せる 清涼な水辺で 古木の翁は 長い時の流れを 今にも語り出しそうだった [続きを読む]
  • 星空浴
  • 岬めぐりの夜 この辺りはリアス式海岸の様に 入り組んでいて 一つ岬を経るたびに 様々な海の風景を楽しむことが出来る 月明かりの導き 足元を照らす必要も無く 降るような星の光を浴びながら 岬をめぐる やがて雲が流れて 海原の向こうに 天の川が煌めき出した [続きを読む]
  • 青い悪魔
  • 小さな池のリフレクションをかき消すかのように、 ホテイアオイが咲いている。 淡いブルーの涼しげな花は、 一見儚げに見えてその実、 世界の侵略底外来種ワースト100! に選ばれるほどの強い繁殖力を持ち、 各地の生態系を脅かしている。 去年見つけたこの池も、 晩夏〜初秋の間、 訪れるたびにものすごい勢いで 淡いブルーに埋め尽くされる様子が観察できる。 付けられたニックネームは 【青い悪魔】 なるほど納得の繁 [続きを読む]
  • 遥かなる落日
  • 南の彼方を台風が通過するという 日本列島付近に台風がある時には 大きく空が開けているところを 探しに出かける 夏草をなぎ倒さんばかりに 吹き荒れていた南風が一瞬和らぎ 茜色に焼けた入道雲の向こうに 夕陽が沈み光芒が射した [続きを読む]
  • 幻惑の花
  • 風の無い静かな水面に 純白の睡蓮 それは 澄んだ水に浮かぶようにも 深緑の木々の狭間に浮かぶようにも あるがままだけではない 想いの先を表現する その試行錯誤の過程がたまらなく楽しい [続きを読む]
  • 夜間飛行
  • 天の川を狙うには明るすぎる六日目の月が、 流れて行く雲を照らし出している。 夏草の匂いと潮の匂い。 波音は岬に反響して高く低く。 不意に、暑さも重力も自分の器すら無くなって、 ふわふわと浮遊する感覚に捕らわれた。 夏の夜空に吸い込まれそうだった。 [続きを読む]
  • 木陰の青
  • なにか涼しげな写真を。 と、あれこれ整理していたら、 木陰の紫陽花の写真が出て来た。 青い色のグラデーションは綺麗なんだけど この時の熱気とか湿気とかが 思い出されてしまって、 頭の中から暑くなってしまった・・・ 暑中お見舞い申し上げます。 重ねて、 台風お見舞い申し上げます。 大きな被害無く、 この台風が過ぎ去ってくれますように。 [続きを読む]