ひばり さん プロフィール

  •  
ひばりさん: 目覚めよカラダ さらなる自分に生まれ変われ
ハンドル名ひばり さん
ブログタイトル目覚めよカラダ さらなる自分に生まれ変われ
ブログURLhttps://ameblo.jp/grace-house/
サイト紹介文埼玉県川口市ピラティスパーソナルトレーニング、内臓ほぐしデトックス、グループレッスン、薬膳
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/11/11 21:11

ひばり さんのブログ記事

  • そんなことは曖昧でどうでもいいこと
  • 子供の頃は21才になったら結婚して子供を二人産んでとか考えていて、30代なんておばさんだし、40代なんて終わってると本当に思っていて、ましてや50代とかそれ以上なんて意味不明の生き物で、自分の祖母だけは特別枠みたいに考えてた。 だけれど20代の頃に人は何歳になっても恋をすることを知って心底驚いたし、実際にいま自分が40代になって終わっているどころか、おばさんて言ったらぶっ飛ばすぞみたいな、すごい自 [続きを読む]
  • してはいけないこと、必要なこと、あなたを変えてくれること
  • 痛いことはあなたがしてはいけないこと。気持ちいいことはあなたに必要なこと。イタ気持ちいいことは今のあなたを変えてくれること。 これは私がいつも生徒さんたちに言っていること。エクササイズをやる時にはこれを基準にやると、今の自分にとって丁度いい効果的なエクササイズをやれることになる。でもよく考えると、エクササイズ以外の毎日のあらゆることにも当てはまってしまう。今やっていること目の前のことは、自分にとっ [続きを読む]
  • ひとりで頑張っている人のホーム
  • 何とか頑張れちゃいそうな自分を感じるので頑張ってきたけれど、どんどん大きくなる背中の荷物に比例して頑張りは重くなり、そして息が途絶えてしまいそうなほどそこに終わりはなく、だからついに自分のために戦った。そしてその場を後にする時に涙が溢れた。煮えたぎる激しい思いを出し切ったら、これまでに流せなかった涙がここぞと溢れた。 ほとんどの生徒さんとは月1回お会いするので、この1ヶ月はどんな感じでしたかと聞く [続きを読む]
  • いったん自分から離れること
  • アホやねー笑、と人を笑ってあげることはその人をすごく救うものだと思っていて、アホだけど大好きだよーがそこには含まれているし、やや深刻になっちゃっている人の心を「アホ」という乾いた言葉でふわっと浮き上がらせてあげられるようにも思う。言われて一緒に笑える人は大丈夫だなって感じるし、固まっている自分や困惑している自分からいったん離れて、そんな自分をアホとするのって見事に命を吹き返す。 わざと不良っぽくな [続きを読む]
  • 今の真実でいく、これが一番の健康法
  • ベジタリアンと呼ばれる人たちは世界に一定数いて、その人たちはその健康法が体に良いとしそれを選択しているわけだけれど、その中でも特に厳密なベジタリアンであるビーガンのひとりが、かのスティーブ・ジョブスで、でも彼はすい臓がんで56才という若さで亡くなってしまった。 ビーガンなのにがんになって早くに亡くなってしまうなんて、ビーガンが健康に良いって本当なの?と思うし、でももしかしたら、がんだったけれどビー [続きを読む]
  • ラクな体はラクな心をもたらす、もっと気楽にいけるよ
  • 人というのは意識をどこに置くかだけのことで、その置き場所によって心も体もみるみる変わっていく。日々の時間の中で「中心軸を取る」と意識を持つことを繰り返していけば、その人に必要な強さの中心軸はだんだんと育っていくもの。それは必然的に無駄な力や頑張りが抜けてくるので、無理なくラクな人になっていき、その過程であちこちの痛みも消えていく。だから中心軸の取り方を知って欲しい。 意外に思われるかもしれないけれ [続きを読む]
  • これ以上に強い自分てないと思うよ
  • なんとなく不調な体の世話や、体重管理、美容、婚活、妊活、仕事、家事、人間関係、とにかくやることだらけで、でも憧れの人のような素敵な感じの生活もしたいし、趣味もやらなくちゃで、半分何かに飲み込まれつつも私がんばってます、しあわせってどこ!みたいな。 頭の中で自分が幸せである理由を並べ立てて、そう私は幸せなのよ、幸せって足元にあるのよね、気づくことなのよね、と左脳的な幸せな自分を作ったところで、幸せじ [続きを読む]
  • 自分を諦めない
  • 人の体というか自分というものは、他人様の手を借りるのは助けにしかならず、実際には自分自身でやることでしか良くはならないもので、コツコツお世話をするしかないのだよ。自分を幸せにできるのは自分だけだし、自分を健康にできるのも自分だけなんだから。 何歳になったって妻であろうが母であろうが、まだまだ幸せをたくさん得ていいし、自分を無限に幸せにしてあげていいんだからさ。それを阻まれる義理なんてありゃしない。 [続きを読む]
  • ずっと追いかけて行くもの
  • どうせ死んじゃうけれど、体に良いことをしたり、一生懸命考えたり、見えない何かと戦ったりしながら毎日を生きている。過去というものを背中に連れ未来というニンジンをぶら下げてはいるけれど、でも本当は『今』しかない。 花でも人でもそれは命に限りがあるから美しいものだし、消えてしまう一瞬一瞬の尊さを味わって生きていけたならそれは最高の人生で、喜びであれ悲しみであれ、その全部は愛おしい日々を生きている証し。全 [続きを読む]
  • 勝てるわけがない笑顔
  • つくづく思う。本当に人の心と体は深く深く連動している。 バイトをしながら舞台女優をやっている生徒さんが、オーディションに受かり役を掴んだ報告をしてくれた。もともと心が開いていて真っ直ぐな彼女だけれど、今日の彼女はいつもよりオーラが濃く、でも澄んでいて、はじける笑顔はアイドルみたいじゃないか。 彼女はレッスンも相変わらず一生懸命やってくれて、今までで一番コアを感じられた!と言っていたけれど、そりゃそ [続きを読む]
  • 愛情の順番が狂うとおかしくなってくる
  • 目標を達成できない一番大きな原因は、その目標を忘れるから、なのだそう。答えは単純なことであった。 年明けに何らかの今年の目標を立てる人も多いと思うのだけれど、それを11月までずっと覚えている人は稀で、いよいよまたお正月が来るぞと12月頃になって、あ今年の目標はあれだった、と思い出したりして、でも当然取り組んでもいないから達成もできていない。というオチをみんな繰り返しているんだって。なんだか平和だ。 で [続きを読む]
  • 三日坊主な人が体を変えていくには
  • ちょっと強い言い方かもしれないけれど、三日坊主な人は、小さなことをバカにしないことがすごく大事。誰しもやればできる自分、本当はできる自分に出会いたい。でもあえて、目標までのやる事を細分化して細分化した小さな事をやる。小さな事をやることは自分を見下げることとは違くて、むしろその逆なことを知って欲しい。 こんなの簡単すぎて目標達成までにどんだけ時間がかかっちゃうんだよ、って事を確実に自分のものにしてし [続きを読む]
  • シンプルに思う、コアトレをせずに何するの?
  • 体幹トレーニング、コアトレ、という言葉がこの1〜2年で急に市民権を得たように思うけれど、そもそもその意味をみんな知ってるのかな。体幹というのは胴体のことで、コアとは体幹の中でもさらにその核となる部分。具体的には骨盤周りのインナーマッスル。英語で「コア=中心」。だから自分の中心を鍛えることがコアトレ。 私がピラティスの勉強を始めた動機というのは、純粋に解剖学の勉強がしたかったのと、自分の肉体の核とな [続きを読む]
  • すごい「気づき」だな
  • セミは何年も土の中にいる時、自分は外に出たら羽が生えてきちゃうことを知らないんじゃないか。外に出てあるとき羽が背中にあって「これが自分の本当の姿だったのか!」と気づくんじゃないか。 子供の頃いつもいじめられて泣いていたミュージシャンのROLLYさんが、ある日このセミのことに気づいちゃったらしい。ただ知らないだけなんじゃないかと。それで彼はギターに出会って弾き始めたら、なぜかいじめられなくなったんだって [続きを読む]
  • 自分の本領発揮が始まる
  • 自分にとって何かよくわからないもの、どこか居心地の悪いことには、目をそらさずに違う見方やアプローチをしてみると、なんというの、急に水が流れ出すというか、本来持っている自分の生命力みたいなものが本領発揮をし始める。それが心だったり体だったり、運とかタイミングとか全てのことにおいて。 生徒さんでも、どうにもこうにも肩の力が抜けず、怒り肩がデフォルトになってしまっている人にそのゆるめ方を指導したところで [続きを読む]
  • これ以上に尊いことはないですね
  • アントニオ猪木さんが「元気があれば何でもできる!!」と言っているのを見ては、熱くて激しいパフォーマンスだなぁと思っていたけれど、今ならわかります、猪木さんあなたの言葉は真理ですね。 心や体に休息が必要な時は、余裕を持ってゆったり構えて休息をして、自分の逃げ場に逃げ込んでしまえばいい。だけれど同時にやっぱり人には「逞しさ」も必要で、実際に強いか弱いかではなく、目の奥に生きていこうとする力、があるよう [続きを読む]
  • わかって欲しいことが一杯あったんだろうな
  • わかって欲しいことが一杯あったんだろうな、と今の私は思うけれど、子供の頃なぜかわからないけれど何かいつも私は悲しくて、本当に毎日泣いていた。近所の幼稚園の入園試験でも泣きすぎて不合格で、後日父親が入園させてくださいと頭を下げに行ったらしいし。 アレルギー体質の人は中国医学的には「肺」が苦手な体質で、この臓器は「悲」という感情を性質として持っている。自分の中にある消化しきれない悲しみの感情が多くなる [続きを読む]
  • 自信とは。楽しく育てていこうじゃないか
  • 自信が欲しい、ここは日本だしそう思っている人はきっとたくさんいる。私もそう思う。でもどうやらこの自信というものは、勝手に歯が生え変わっていくように勝手に内側から生まれて立派になってくれるものではなく、何度でも自分で育て直しながら少しずつ大きくなっていくものらしい。 自信というのは多めに持っている人の方がハツラツと元気が良さそうで、きっと楽しくて生きていきやすいに違いない。人からの評価によってくっつ [続きを読む]
  • 自分にとっての最優先て何だろう
  • トレーナーという仕事をしていると、もともと運動神経が良くてスポーツを色々やってきている人と思われるのだけれど、必要に迫られ体や心の勉強をしていて、次第にそれが楽しくなっちゃって気付いたらオタクで私はいつの間にか先生、という経緯でのいま。 でも筋力や体力がタフではないからこそ「自分にとって最優先すべきことと必要な優先順位を見極めること」を追求することになり、それは「最短でなりたい自分になる方法」であ [続きを読む]
  • 12/23 グループレッスン@港区のお知らせ
  • 自分の中心軸以外は手放していく。体も心もカッコイイ自分になろうじゃないか。男性も受けられる唯一の三雅レッスン。男女問わず大歓迎。体が硬いのも関係ないよ。 日時■12月23日(日)10:55〜12:00 場所■神明いきいきプラザ4階A室(JR浜松町駅、メトロ大門駅より徒歩3分) 参加費■2,500円 申込先■mika@gracehouse-mika.com 持ち物■動きやすいウェア、ヨガマットかバスタオル 月1回グループレ [続きを読む]
  • 体が心を連れて行ってくれる
  • 私を訪ねてきてくれる方には、体を整え元気にしていくことで心を整え元気になりたい、という方が少なからずいて、それはすごく正しいというか、心だけを取り組むよりも圧倒的に早くそのようになれます。体が心を連れて行ってくれる。 一般的にダイエットに成功すると容姿に自信が持てて人は前向きになれるし、私は「自分の軸だけで立つ人」になる指導をしていますが、体がそのように育つのに比例して、生徒さんたちは心も限りなく [続きを読む]
  • 自分を生きました、それが言えるなら100点だ
  • 真っ直ぐにいこうそれでいいや。上手くいってもいかなくても、自分を真っ直ぐにいけばもうそれでいいや。自分を愛そうということはよく耳にも目にもするし自分も言葉にしていた気がするけれど、今日は「自分の人生を愛そう」こっちの気分だ。これまでの道もこれからの道も全て「作・私」。 電車でバッタリ再会した人が元気で頑張っていることを知り嬉しくて、私から四方八方に伸びている見えない糸のひとつは彼女にも繋がっていた [続きを読む]
  • 本当に欲しい自分の姿ね
  • まだ中学生ぐらいの時に鼻炎かなんかの薬が出されて、それで確かに鼻水鼻づまりは止まるけれど、おかしな子というか、私の鼻だけ良くすればいいの?と寂しく思った子だったのです。家に帰ったらご飯の代わりに千円札が置いてあった、それと似た感覚。 それは解決といえば解決だけれど、心も含めた全部で1個の自分に、対処療法だけで終わりにしないでって感じてました。根本が治っていなければまた症状は出てくるし、お腹を満たす [続きを読む]
  • 別にそれでいいんだよ?
  • 痩せた方がいいのかなーと思って、と体験レッスンにお越しになった人がいて、確かにぽっちゃり体型なのだけど「かなーと思って」という言葉が私はどうも引っかかる。痩せたい、んじゃないのね? ダイエットをしたことがありますかとお尋ねすると、以前ダイエットをして痩せた時は、風邪をひきやすくなって体力が落ちてお肌が荒れて、、とネガティブ感想しか出てこず、健康的に痩せたいってことかなと更にお尋ねすると、人から太っ [続きを読む]
  • 結局全ては繋がっているからさ
  • もう少し痩せたらレッスンに行きますね!と言われたことがあって、ん?となった。そしてその次に思ったのが、大変そうだなこの人。 貧乏だなぁ!と明るく笑っている人がいて、実際にはちょっと困ることもあるんだろうけれど、なんかいつも人から野菜をもらってたり、売れ残ったお弁当をもらってたり、あげく旅費を出してもらって旅行にまで行ったりしてて、どんだけ愛されてるんだ。 痩せたらレッスンに来るらしいその人は、話を [続きを読む]