朝見 豊 さん プロフィール

  •  
朝見 豊さん: 21世紀の教育を探して
ハンドル名朝見 豊 さん
ブログタイトル21世紀の教育を探して
ブログURLhttp://kyoiku21.blog.fc2.com/
サイト紹介文小学2年、年中の男児2人の育児・教育を考えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 40日(平均6.0回/週) - 参加 2014/11/11 21:11

朝見 豊 さんのブログ記事

  • 熱中症予防に関する緊急提言(追記)
  • 「熱中症予防に関する緊急提言」が日本救急医学会・熱中症に関する委員会から出ています。一読推奨(PDF注意)http://www.jaam.jp/html/info/2018/pdf/info-20180720.pdf初期症状に注意しましょう。仕事を休めない成人、外回りや工場労働者の方々も危険な状況です。空調環境が整っていない場合は、予防策を越えた状態となっております。ご注意ください。我が家の冷蔵庫は暑さのため1週間で2回もオーバーヒートを起こし、一時的に冷 [続きを読む]
  • 今週末は天文台で火星を見よう
  • 7/31がいよいよやってきます。火星が15年ぶり数十年ぶりに地球に最接近する日です。なぜ15年ぶり数十年ぶりなのか。それは、火星がかなり歪んだ楕円軌道を通っているから。このことは小学生にも教えとくべきと僕は思ってます。天体運動や日時計の影の動きとセットの円錐曲線(二次曲線)には小学生から触れましょう。子供には楕円の描き方を教えましょう。たくさんの楕円を描く「遊び」をしたうえで、小学3年で円の特殊性の「教育 [続きを読む]
  • 日本語教育をやり尽くしたので外国語教育を始める
  • 長男はもうすぐ8歳になるのですが、最近になって日本語教育をやり尽くした感があります。習い事での長男の反応をみてると、1学年上のかなり勉強できるっぽい子よりも優っています。もちろん、知識量は1学年上の子に負けてます。語彙力は足りません。漢字練習は小学2年の真っ最中で、小学3年の漢字なんて全く書けません。掛け算を習ってないので、まだ九九も言えません。ただ、掛け算の原理は分かってます。そういった、世界の原理 [続きを読む]
  • 算数を文章で説明する問題
  • 小学2年の長男の算数の宿題に、おもしろいものがでました。問題「3けたの数をかいたカードがあります。どちらが大きいかを考えて、せつめいしましょう」(ア)901、8☆6(イ)427、43☆(ウ)5☆9、502これは、非常に重要な問題です。算数は人工言語ですが、それを自然言語で説明する訓練です。これができるかどうかで、小学5年以後の算数成績が変わります。というわけで、気合いをいれて長男に教えました。日記を書くときと同じよ [続きを読む]
  • 祇園祭のお稚児さんから、京都のお受験事情をみる。
  • 今回は下衆い話です。すみません。京都は祇園祭真っ盛りで、今日が山鉾巡行です。今年は暑くすぎて、昼間は見る気がしませんが、昨晩の宵山は相変わらず混雑したようです。祇園祭の山鉾巡行の先頭は長刀鉾ですが、長刀鉾のお稚児さんは毎年名家から選ばれます。お稚児さんに選ばれると、衣装代や祭壇や警備の人件費やらで費用が約1千万円かかり、それはお稚児さんに選ばれた家が負担します。それだけの金持ちかつ名家が選ばれるわ [続きを読む]
  • 音楽絵本と音楽教育CDと初めての楽器
  • 次男があまり音楽教育に乗り気でないので、音楽絵本の読み聞かせをしようと、今朝は本棚を漁ってました。長男が音楽教育に乗り気なのは、絵本の読み聞かせがきっかけだと思ってます。Amazonの購買記録をみると、だいたい長男が2歳になったときに買い漁った音楽絵本が多いです。おそらく、我が家の教育方針が固まったころなのでしょう。その頃と比べると絶版本が増え、古本価格が上昇してますねぇ。以下、我が家にある音楽絵本を列 [続きを読む]
  • 早寝早起き
  • 長男が生まれて1、2年たった頃。中学受験合格した親の談話を読み始めたのですが、どれもこれも早寝早起きとあるのです。子供は夜7時半に就寝、と書いてる母親もいました。当時の僕は、7時半就寝なんて無理無理w と思ってました。しかし、今となっては、非常に意味があることと分かります。朝の学習が進むのです。我が家では、朝は楽器練習ですけどね。そして、朝は父親が子供の学習をみることができます。ここが非常に大事。母親と [続きを読む]
  • 子供が4歳9ヶ月までにしておくこと
  • 長男のときは育児も手探りで、変なところへ連れてったりしました。川遊びに行ったら別の川と間違えて、石灰岩の石だらけで水のない、人っ子一人いない川原で半日過ごしたこともあります。そこで長男と一緒に適当に石遊びしてました。一方、3歳違いの次男に対しては、長男にあわせて博物館とかの教育施設によく連れて行ってました。しかし、なぜか次男の自我の発達がいまひとつです。長男に比べると、次男には自発性を感じられませ [続きを読む]
  • 関西の中学受験情勢が激変したため方針変更
  • 雑誌「ダイヤモンド セレクト 2018年8月号 中高一貫校・高校 大学合格力ランキング 2019年入試版 本当に子どもの力を伸ばす学校」を見たところ、衝撃的なことが書いてありました。京大合格者数ランキングで、大阪の公立高校の北野高校が34年ぶりにトップになってました。2018年3月の時点で話題になっていたようですが、僕は昨日初めて知り、驚きました。合格率でみると灘や東大寺のほうが京大に合格しやすいですが、中堅レ [続きを読む]
  • 教科書の読み聞かせ
  • 学校の毎日の宿題の一つに、国語教科書の音読があります。毎日、少しずつ2ページくらいずつ読んでいきます。そのとき、アクセントとイントネーションを子供に指導する、という話は以前にしました。しかし、小2になってからは長い文章が増えてきて、何度も音読したり、いちいち注意するのが時間的に難しくなってきました。また、学校から指示される音読回数も1回だけになりました。そこで、僕が国語教科書を読み聞かせすることにし [続きを読む]
  • 教科書の読み聞かせ
  • 学校の毎日の宿題の一つに、国語教科書の音読があります。毎日、少しずつ2ページくらいずつ読んでいきます。そのとき、アクセントとイントネーションを子供に指導する、という話は以前にしました。しかし、小2になってからは長い文章が増えてきて、何度も音読したり、いちいち注意するのが時間的に難しくなってきました。また、学校から指示される音読回数も1回だけになりました。そこで、僕が国語教科書を読み聞かせすることにし [続きを読む]
  • 音楽教室での習う姿勢について
  • 長男と次男は、年中から音楽教室に通ってます。多声音楽と外国語・日本語と数学は、どれも同じ言語系の学問です。どれかをしっかりやれば十分です。ただし、数学は大学レベルの数学であり、算数や高校数学では不十分です。一方、音楽は楽譜に書かれた人工言語にアクセントを加えることによって自然言語に変換するという、おもしろい言語です。日本語の音読や読み聞かせを重視するのも、アクセントがあるゆえに日本語が自然言語たる [続きを読む]
  • STEM教育としてのファボラボ 、Maker Faire Tokyo。
  • もうすぐ、Maker Faire Tokyo 2018の季節ですね。年長以上の子供なら楽しめること請け合い!。手芸や食といった女の子向けのワークショップもたくさんあるそうなので、入り浸ってくださいね。昨日は、メイカーズバザール大阪に行ってきました。LED万華鏡を長男次男それぞれが作りました。次男は手間取り1時間半くらいかかりましたが、楽しくやりきりました。紙に伝導性のあるテープを貼り付けて、乾電池とLEDを貼り付ける。筒に入 [続きを読む]
  • 親が頑張ると、子供は頑張れない。
  • 勉強にしろスポーツにしろ音楽にしろ、親が頑張って指導するときの注意点について。ここでは音楽について書きますが、勉強でもスポーツでも同じことです。どうも長男の楽器練習がドツボにはまってるらしく、ずっと弾いてきた曲がなかなか仕上がらず、長男がその曲に嫌気がさしてきた。というわけで、急遽、長男の家での楽器練習を僕がみることにしました。我が家では、「学習」と名のつく時間は、親が横についていることを義務とし [続きを読む]
  • 豪雨と気象学入門
  • 今年の関西は災害の当たり年です。1ヶ月前は大阪北部での地震。そして、昨日から今日は豪雨です。JR東海道線は、京都と西明石の間だけ動いてますが、滋賀県内のJRはすべて始発から運転見合わせです。1時間あたり20mmとか40mmとか予報が出てます。先週の土曜日午後も大雨で、JRは午後4時半から運休となり、運転再開したのは夜の10時頃でした。子供のころは、大雨で学校が休みになるかも、と思うとワクワクしたものです。大人のいま [続きを読む]
  • 教育の前の「遊び」と、電気。
  • この前の日曜日、京都の模型店で展示会があり、ジオラマ教室に参加して子供達はジオラマ製作体験を作ってきました。小学低学年と幼児が作る簡単なものですけどね。その模型店では多数の鉄道模型愛好家サークルが集まっており、NゲージやHOゲージの運転を20回くらいさせてもらってきました。で、色々とやりたい気持ちが高まったのでしょう。家に帰ってから、僕が2年くらい前に買っておいたモーターや豆電球やコードを、息子達は棚 [続きを読む]
  • 半夏生とグレゴリオ暦
  • 今日7/2は雑節の半夏生です。現代の二十四節気・雑節では黄経100度を半夏生と決めてますが、カレンダー的には7/2は1年の真ん中の日です。1年は365.2422日です。覚えやすい数字ですよね。365.2422×4=365×4+0.9688=365×3+366×1-0.0312つまり、4年に1回閏年366日となります。しかし、0.0312が端数として残ります。しかし、100年でみると…365.2422×100=365.2422×4×25=(365×3+366×1-0.0312)×25=365×3×25+366×1×25-0.03 [続きを読む]
  • 登山では死ぬことがある
  • プレジデント・ファミリー2018年夏号の自然遊びコーナーに、涸沢カールへの登山が紹介されてました。我が家も登山をします。僕が高校で登山部に入っていたため、その文化を家庭に持ち込みました。長男が0歳後半のときから家族で登山をしています。長男がちょうど1歳になったとき、長男を登山用ベビーキャリアに背負い上高地から徳沢に泊まり、徳沢から涸沢カールへトレッキングしました。そして、涸沢から上高地へはパノラマコース [続きを読む]
  • 栗の小さな実
  • 庭の栗の木に、小さな実ができていました。クリはブナ科で、ブナ、ナラ、カシ、シイと同じ仲間で、ブナ科は被子植物で双子葉、離弁花とのこと。僕は「陽樹?ほう葉?被子植物?胚珠って何?」状態で、植物の系統分類の勉強にまでまだ手がまわってません。1ヶ月前に栗の花が咲いていたのですが、注意して見てませんでした。離弁花だったっけ?虫媒花ということは、虫が来てた可能性あるよね……はて?……来年に持ち越しです。Z会 [続きを読む]
  • 生物の系統分類と進化
  • 中学受験・理科の入試分野に生物の系統分類と進化があります。灘中学の過去問では、数億年前の進化に関する問題が出ています。というわけで、系統分類に関する本を探してるのですが、良い本がありません。この分野は21世紀に入ってから分子生物学により大きく進歩しました。一時期は分子生物学万能論が跋扈してましたが、最近は再び形態学も盛り返し、形態学と分子生物学の両輪で系統分類研究が進んでいます。2008年に出版された「 [続きを読む]
  • 小学2年の生活科から中学受験勉強は始まっている
  • 長男が通う公立小学校2年の生活科では、ザリガニとダンゴムシを飼います。(生活科教科書の出版元や学校によっては、飼う生き物が違うかもしれません。)そして、ザリガニの絵を描く授業もあります。中学受験の参考書には、どう書いてあるかな。と、「自由自在 小学高学年 理科」「中学入試 塾技100 理科」をチェック。どちらも甲殻類で、触覚や脚の数が入試に出るようです。そして、無脊髄動物の系統分類における甲殻類の位置付け [続きを読む]
  • 天文年鑑と球面幾何学
  • 今晩は土星が衝となる土星観察の好機ですが、あいにくの曇り空で見えないかもしれませんね。我が家の「天体分野」の教育方針。親の知識習得過程。(1)「自由自在・小学高学年」理科(2)「中学入試 塾技100」理科(3)「国立天文台・暦計算室」用語解説・暦wiki・トピックス(4)「天文年鑑」誠文堂新光社←毎年発行(5)天体望遠鏡(6)天文好きな解説員がいるプラネタリウム。生解説が重要。(7)天文台。惑星観察のため [続きを読む]
  • 漢字ドリルは細かくチェック
  • 1日前のこと。長男の学校の2日前の宿題を見直してたら、漢字ドリルで同じミスが1行分続き、それを後から1行まとめて直した跡がありました。2日前の宿題は、妻が見てたのです。その時、妻はは夕食の支度をしてたため、ずっと横についてなかったとのこと。すべての宿題が終わってから、まとめてチェックしたらしいです。そのとき(1日前)は僕もミスの繰り返しをそれほど気に留めず、その日の学校の宿題を横について見ました。長男 [続きを読む]
  • 中学入試 塾技100理科
  • 最近、「中学入試 塾技100」森圭示(文英堂)の算数と理科を買いました。この本の素晴らしいこと。塾で習うテクニックがたくさん書いてあります。そして、こんなテクニックばかり机の上で習ってたら逆に物事の本質が分からなくなりそう、とも感じています。しかし、中学受験には必要なテクニックだ、というアンビバレンスな気持ちもあり、テクニックを直接教えずに、そのテクニックが自然に身につく方法はないものでしょうかね。長 [続きを読む]