ソウタ さん プロフィール

  •  
ソウタさん: 王様日記 〜ADHDの息子話
ハンドル名ソウタ さん
ブログタイトル王様日記 〜ADHDの息子話
ブログURLhttps://ameblo.jp/02173204/
サイト紹介文ADHDの小学生の息子様々な療育を経て社会スキルを身につける記録になって欲しいなぁw
自由文ADHDの小学生の息子と実験、研究、説教を通して、交流をはかり、社会とどう折り合いをつけていくかを探る記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/11/12 11:51

ソウタ さんのブログ記事

  • 発達障害児 上半身と下半身の繋がりの認識を高める
  • さて。ドンドン進む発達性協調運動障害の改善。オネェ座りの膝を開いた状態で前に倒れるのも、もう、朝から一人で出来ます。今は、その状態で太ももは、固いところもあるが、『ガンガン』よりは和らいでいるので、今は、肩を和らげるようにマッサージを始めた。肩が、ガンガンw上半身を倒す時に肩と背中を固めて使っている長男。まだ、肩周りを解していないので、手を後ろに回すと、力が入らなくなる。(これも、腕を使うのに、背中 [続きを読む]
  • 発達障害児と鉄拳制裁の是非
  • 我が家は発達障害児兄弟(小5、小1)がいる。定型発達児(いわゆる普通の子)より、『虐待』率が高くなるのは、圧倒的に、発達障害児のいる家庭だろう。こだわりが強く、火種が多い。うちは、『怒られる事』に対して、鈍感で、普通の注意程度では、挨拶と変わりなく流される事もある。わかりやすく、顔も声もしっかり怒った状態を作らないと、頭に留め置いてくれないのだ。感覚の過敏性や、姿勢維持の問題から、ワーキングメモリーに『 [続きを読む]
  • 発達障害児が自ら身体の不具合を教えてくれた
  • どうやら、長男の上半身の上げ下げは、肩や腕を全部硬直させてやってるらしい。両足をサイドにオネェ座りをして、前に倒れるのに抵抗があるが、肩を脱力させる様にゆらすと、「うわぁぁ!」と叫んで、抵抗が無くなり、ペタンと、前に頭がつく。ゆっくり起き上がらせながら、肩を揺らし、脱力させると、肩の抵抗を感じ、なかなか起き上がれないw次男は、すんなり出来る。母がやってみると、上半身の上げ下げは、膝や腿で床を押し付 [続きを読む]
  • 発達障害児 脱力法 まとめ
  • 発達障害児話をしてて、思い出した。発達性協調運動障害の長男は、始めから、脱力を簡単に出来た訳じゃない。発達障害児のほとんどは、過緊張パーツと、無意識パーツを持っている事が多い。次男も4歳後半から、独自の療育ストレッチを始めたが、チョロチョロ逃げるし、体幹も定まらず、クニャクニャで筋を伸ばしにくい。背中やふくらはぎなんかの過緊張パーツは、ちょいと大きく摘むと、「にゃー!!!!」と、すぐ逃亡する所から [続きを読む]
  • 体制変えたら、問題が次々出てきたw
  • ポスターに後押しをもらったので(前回おブログ参照)、骨盤改善にまた舞い戻る。秋から春にかけて、寝た姿勢で骨盤改善。春から夏まで、タオルケットを丸めて背中に入れて、骨盤前傾状態を寝た体制で作って骨盤改善に励んできた。ここに来て、伸び悩み。ハムストリングが、やや固いが、改善の伸び率が低い。伸び率の高いストレッチとは、カンカンに筋肉が張ってる体制を作って、そこをさすったり、圧をかけて本人に脱力してもらう事 [続きを読む]
  • 百聞より、一見。
  • さて。日常話。ハムストリングをほぐしつつ、首にアプローチをかけ始めた。背中にタオルケットをロール状にして、骨盤前傾状態を作る。足を組ませたまま足を持ち上げ(母の肩に乗せる)、膝をお腹につける。この時、お尻を上げないように膝を上から付け根に向けて抑える(母の頭で抑える)。両手の腕で、ソウタの肩を床に固定して、手首で頭を顎を下げるように持ち上げる。主に親指で首周りを触って、筋肉の状態を確かめる。ペタンとオ [続きを読む]
  • 発達性協調運動障害 克服 まとめ
  • 発達性協調運動障害だった長男。5歳で走れない(足が地面から離せないので競歩しか出来ない)。跳べない(足が地面から離れない。着地も必ず転ぶ)。つま先立ち出来ない。スキップは出来たw体操教室に1年通った小2で、片足立ち2秒と出来ない。前転(起き上がれない)、後転(立てない)出来ない。トランポリン跳べない(勢いを殺すタイミングになり、跳んでいられない)。逆上がり出来ない。跳び箱跳べない。ブリッジは出来るwしらみ潰しに訓 [続きを読む]
  • ソーシャルスキルの次の目標『己の気持ちより全体行動』
  • 2学期に入ってから、連絡帳で密に連絡をくれる様になった担任の先生。今まで以上に細かく把握出来る様になりました。先生の方も『大事な報告』と『些細な報告』の感覚の違いをお互いに感覚が違うと、確かめあえたので、かなり細かく報告してくれています。で、この1カ月で長男(小5)の学校での様子を今までになく、把握出来てる気がする。せっかくの機会なので、長男が『集団下でどこまで出来るか』『母からの指令を母のいない環境 [続きを読む]
  • 発達には、ストレスが有効。
  • 『ストレス』と聞くと、良いイメージを描く人は少ない。しかし、成長には、『ストレス』が欠かせない。『責任が人を育て、立場が人を作る』と言うが、その通りだと思う。子供を産んで、育てる事で母になれたように。発達障害を受け入れて、勉強して、我が子の専門家になれたように。病気や事故にあって、健康のありがたみを知ったり。仕事で苦手な部門任されて、勉強した事で得意分野が身についた。新しい環境や立場ってのは、常に [続きを読む]
  • 子供に迎合した学習方法
  • ソーシャルスキルが、結構底辺だった長男をアニメで洗脳して、着実に成長しつつあるが、過去にも書いてるので、今回は、学習編。学校で授業を受ける事を一時は諦めたので、中学までを想定して、どうやって、『義務教育部門を教えるか』『自学自習で成立させる為の勉強法』を模索したわけです。(去年の冬に書字障害がノートを取れる様になって、そこから、計画は変更されて、今は、『授業受ける』を目標にしている)『学校がダメ』じ [続きを読む]
  • 有意義な遊び
  • 我が家では、オモチャフェチな母が、10月くらいから、クリスマス、誕生日(1月と2月)のオモチャを探して確保しておきます。1月、2月は、オモチャ品切れが多いからね。あと、たまにセカイモンで海外から取り寄せたりすると、時間かかるからね。普通に『オモチャ』を検索すると、キャラクター物が出てきて、『ゲーム』を検索すると、DSやSwichが出て来る。大手企業が売りたい物が出て来るわけです。大手企業が売りたい物じゃないもの [続きを読む]
  • 発達障害と駄々っ子は違う。(自論)
  • うちの発達障害兄弟とちょっと遊んだ友人によく「普通じゃん」って、言われる。何をもってして『普通』と言っているのかと思い、話して行くと、『私が息子達を注意した時に、そこそこ言う事を聞くからだ』「もっと、泣きわめいて言う事聞かないのかと思った」「手がつけられなくなるぐらい、わがままのかと思った」と、言われるのね(嫌な感じの言い方じゃない)。もちろん、兄弟の注意をしっかり引いてから、聞きやすく言い、頭に入 [続きを読む]
  • 発達障害児の取説〜保護者の皆様へ
  • 道徳公開授業で、保護者に向けて、長男の取説をするかもしれないので、短くまとめる為の覚書。先日の『腹パン通り魔疑い』の少年の親子面談で言われた事で思ったが、まぁ、その子にどんな不具合があれ、他所の親には関係ないのが現実。邪魔になるなら、隔離しろって、言いたいのを感じちゃうわけだ。なので、ここでただ長男の身体状態の大変さを伝えるだけじゃダメだね。もう、一捻り必要で、○交流する事のメリットを提示出来ると [続きを読む]
  • ソーシャルスキル。意外と進んでる!
  • ソーシャルスキルの大きな違いを体感したのは、小3。発達性運動障害から、動きが悪く、やるよりはやられるし、日々の報告も無かった(覚えてない)ので、ソーシャルスキルの遅れに気づくのが遅れたのだろう。『ちゃんと小さい頃から、人の気持ちや優しさについて伝え続けて来たから、きっと、皆まで言わなくても、わかってくれている』っと、言うのは、都合のいい思い込みだったね。真相心底まで、どう思うか、聞いていくと、ソウタ [続きを読む]
  • 新しいつっかえ棒発見。
  • いじめ問題で、バタバタしようが、生活は続く。仕事もすれば、徹夜製作もするし、朝の訓練も続いてる。いじめの事書いてるうちにまた随分と進んだよ〜。相変わらず、タオルケットをグルグル巻きにして、背中に入れて、背中を反らせ、肩や首の力が入ってない事を確認しながら、両足を曲げて、膝をお腹につける。その膝を左右に倒す。あんなに「ぎゃー ぎゃー」言ってたお腹はもう大丈夫。腰を撚れるようになった。片足をオネェ座り [続きを読む]
  • 発達障害児いじめ問題 ひとまず終結
  • さて。『腹パン通り魔事件』のSさん親子との面談。5分前に面談をよくやる部屋に行くと、隣から通級のボス(優しい女性ですw)が!ボスは、去年、ソウタの通級を担当してもらっていたので、気安い。母「ボス〜。聞いて〜!」ボス「お母さん!何かあったんですか?今日、私も呼ばれていて…」やった〜‼?ボスいるなら、的確にはっきり、発達障害での状況を理解、説明してもらえる!どんなに母が勉強して、知っていても、結局は、『専 [続きを読む]
  • いじめ問題 どんでん返し編
  • 発達障害に対して不理解な、うやむや担任と、通級、スクールカウンセラーで、4者面談後の話。4者面談で確認したのは○いじめ問題の終息地点を共通認識(学級に入るのに恐怖が無くなれば終わり)してもらって、対策を続ける事。○ソウタの反社会行動は、情緒の乱れから来ているので、居心地のいいクラス作りから、始めてもらう。○発達障害への理解度合いを確かめる。→夏休み中に先生の進展はなかった。→学ぶ機会を作る。まだ、残っ [続きを読む]
  • 母 家庭教師も兼ねようかと思う。
  • 家庭教師を本気でやろうかと思い、教える勉強をしようと、本を買い込みました。漫画だけどwwまずは、現国。どの教科の問題も現代日本語で書かれているからね。で、日本語で答えるしね。最初に読んだのは、『現代文の勉強法をはじめからていねいに (東進ブックス』出口汪漫画ですw大学受験に向けた高校生向けに勉強の仕方を論理的に説明しながら教えている漫画です。現国は、『なんとなく』じゃなく、『論理的に解く』。「論理の勉 [続きを読む]
  • 発達障害の理解から、療育の目標を決める。まとめ
  • 発達障害を改善させて行くのに、まずは、対象となる発達障害とはどんな状態かを知っておかないと原因を予測する事も、改善策持ち出すタイミングも掴めない。我が家の兄弟達を改善させて行くにあたって、彼らの感覚世界に没入すると、最適なスモールステップが見つかる。彼らの感覚を聞いて、観察して、それが自分では経験の無い感覚であったとしても受け入れて、そのベースで次のステップ探す作業が『療育』なのだろう。発達障害は [続きを読む]
  • いじめ発覚後面談。動かない担任への対処
  • 昨日、ようやく担任、通級担任、スクールカウンセラーとの面談が成立した。面談申請してから、夏休み挟んだ1ヶ月後だ。始めに司会をすると言った担任は、表を出した。朝から下校までを区切って、問題点、子供への対応、学校の取るべき対応など。ちょ〜っと、待った〜‼?母「これでは、解決にならないし。それを先生に知ってもらいために、専門家も同席の面談をお願いしました。私が仕切っていいですか⁇まず、専門家2人に経緯を知 [続きを読む]
  • 発達障害児 胴まわりの改善を図る。
  • 最近の胴回りの話。足も手もやりたいが、最近母の仕事の出が早いので、ワンパーツのみ。○腰にタオルケットをくるくる巻いてロールを作る。そこに背中を乗せて、肩ラインと首の付け根は布団につける。お尻も布団につける。まずこの段階から出来ないwこれは、立ってる時や、座っている時の背骨の姿勢。骨盤周りが可動しても姿勢維持が保たなかったのは、これらが原因だったのか。お腹は中に内臓な分、危機が遅い。お尻が上がらない [続きを読む]
  • 泳げない母が水泳を教えて、母が泳げるようになったw
  • 母は、小学生時代、プール学習で、15mまでしか泳げません。そのまま大人になりました。しかし、他の科目が良かったからか、北海道はプールに力を入れていないからか、通知表の体育は良かったですw何がダメって、進まない。息つぎしたら、沈む。しかし、プールに行けば、兄とプールでプロレスしてたし、海は浮力があるので、シュノーケル付ければ、いくらでも楽しめたし、不自由が無かったのよね。って、言い訳で、プールで泳ぎ続け [続きを読む]
  • 発達障害児 忘れやすい 記憶に関する考察 まとめ
  • 忘れやすいADHD兄弟。学校に忘れ物ももちろん。宿題を持って行ってても、持って行ってた事を忘れて出さない事も頻繁にある。小学生中学年くらいまで夕食後に「お母さん、今日の晩御飯何?」とか、よくあったし、文字も『ウ冠』の途中から書き忘れて、その後数文字後から書いていたり。もちろん、シングルタスクで、「歯磨きして来て!」と言うと、「はい!」と言って、洗面所に行って、しばらくして「何するんだっけ?」と帰って来 [続きを読む]
  • 発達障害児家庭療育方法 ぎこちない身体改善
  • たまに頂く、コメント、メッセージとても嬉しいです。専門家じゃないですが、色々実験してる母として、同じ発達障害の悩みを私なら何から始めるか考えて返事するのも楽しいです。このブログを始めたのも、発達障害児を前に「自分が何したらいいかわからないけど、出来る事があるならやっていきたい」と、途方にくれてた経験があったから、同じ境遇の方の家庭療育をする切り口になれたら、嬉しいし、孫が出来るなら、指針になりたい [続きを読む]
  • 夏休み後半戦。 身体改善(手、首、胴、骨盤)
  • さて。身体の発達は中から(肩→指先、骨盤→足先)と感覚統合の方に言われた様にやってきましたが、行き詰まったので、先→胴 でやり始めた、発達性協調性運動障害 改善計画。手のひらを開くマッサージと、指を反らせたり、広げたり回したりで「ぎゃー!ぎゃー!」言っていた息子達も、今では、勉強に疲れたら、自分でマッサージして、「スッキリした〜」と言ってますw手首もオネェ座りで手首の内側を外に見せて反らせるのも、手首 [続きを読む]