池川友一 さん プロフィール

  •  
池川友一さん: 日本共産党都議会議員池川友一「都政への架け橋」
ハンドル名池川友一 さん
ブログタイトル日本共産党都議会議員池川友一「都政への架け橋」
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/u1_ikegawa
サイト紹介文日本共産党東京都議会議員池川友一のオフィシャルブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2014/11/12 15:33

池川友一 さんのブログ記事

  • 安倍政権は完全に「詰み」の状態
  •  将棋で言えば、安倍政権は完全に詰んでいます。 私も将棋に明るいわけではありませんが、いわゆる「王手」と言われる前に先を見通して「参りました」「負けました」と投了します。 安倍政権の現状は、王手飛車角金銀桂馬取り(こういう言い方があるのかは不明ですが)という、ありえない状況です。 しかし、安倍政権は先を見通して投了することはおろか、完全に詰んだ状態でも、将棋盤をぐちゃぐちゃにして、なかったことにし [続きを読む]
  • 町田市の学童保育の指導員の賃上げ──保育の質に直結する
  •  町田市が学童保育指導員の賃金アップに踏み出しました。 私も市議会議員の時に、保育士の賃上げとともに学童保育指導員の賃上げ問題に取り組んで来ましたが、現場の指導員の方々からも喜びの声が上がっています。 学童保育の保護者から、指導員の定着は保育の質に直結すると訴えられたことがありました。 その職種の専門性をしっかりと尊重し、専門性にふさわしい賃金を支払うことが保育の質につながります。にほんブログ村← [続きを読む]
  • 東京で行われた2つの補欠選挙で日本共産党候補が勝利
  •  東京で行われた2つの補欠選挙。 練馬区議補選(定数5に10人が立候補)、多摩市議補選(定数2に3人が立候補)で日本共産党の候補が当選しました。 練馬区ではのむら説候補が、多摩市では菅原しげみ候補が当選しました。のむら説 区議候補 当確!??22758票いただきました! 応援ありがとうございました!???????? pic.twitter.com/oIYRHHkRSF― 日本共産党練馬地区委員会 (@jcpnerima) 2018年4月15日??当選 [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず──五輪関連施設を共産党都議団で視察
  •  共産党都議団(あぜ上都議、とくとめ都議、里吉都議、池川と党都議団事務局)で、オリンピック・パラリンピック関連施設の視察を行いました。 一言で感想を言えば、「百聞は一見にしかず」。 視察したのは、選手村、有明アリーナ、有明体操競技場、有明BMXコース、有明テニスの森、大井ふ頭中央海浜公園、お台場海浜公園、潮風公園、青海アーバンスポーツ、海の森水上競技場、海の森クロスカントリーコース、都立夢の島公園、 [続きを読む]
  • 双方向のやりとりができるコンパクトな集い
  •  地域の後援会の集まりで、都政報告を行いました。 都政で焦眉の課題となっている問題を丁寧に解きながら、いかにして身近な問題だと受け止めてもらえるかは報告する方にかかっていると言っても過言ではありません。 小池都政をどう見ているのか、どう対峙しているのか。共産党都議団はその中でどういう役割を発揮しているのか。 出された質問に一つひとつに丁寧にお答えしつつ、新しい宿題もいただきました。 報告会と一口に [続きを読む]
  • 市議会と都議会の報告──意見交換することで内容が深まる
  •  佐々木とも子市議とともに、地域の集いに出席しました。 「都政への架け橋をつくる」と公約して初当選して以来、多くのみなさんに都政報告ができるようにしたいと思っていきました。 この日は、第1回定例会の様子について報告しましたが、シルバーパス条例提案や迷惑防止条例、岸記念体育会館をめぐる問題については大変関心が示されました。 佐々木市議からは、市長・市議選直後の議会がリアルにされました。 国保税につい [続きを読む]
  • 鶴川第三小学校の入学式、鶴川学童保育クラブにもごあいさつ
  •  今日は、地元の鶴川第三小学校の入学式へと向かいました。 新入生のみなさんに心からのお祝いのメッセージを送ります。 一年生のドキドキとワクワクが、溢れ出している姿に触れ、とても嬉しい気持ちになりました。 また、改修が完了し4月から新しい環境でスタートした鶴川学童保育クラブにも寄らせていただきました。 一昨年の夏、真夏にエアコンが設置されていないと保護者のみなさんから多数声が寄せられ、当時は市議会議 [続きを読む]
  • 新生活──小学校という新たなステージに
  •  新生活のスタート。 一番上が小学生になります。保育園からいきなり学童クラブです。 我が家にとって、すべてが未知の領域ですが、一歩ずついきたいと思います。 ちなみに、「友だちできるかな」とドキドキしながら言った一番上は、「一人友だちできた」と帰って来ました。 きっと、本人はとても嬉しかったのでしょう。親の方も、とても嬉しくなりました。こうして、親にしてもらっているのだなと実感する日々です。 パート [続きを読む]
  • 一球入魂──快晴の中、町田市少年野球春季大会の開会式
  •  快晴の中、町田市少年野球春季大会の開会式が行われました。 「一球入魂」「リスペクトの気持ちを大切に」という気持ちでプレーしてほしいと思います。 また、少年野球の指導に携わり、40年という表彰もありました。元野球少年の一人として、監督コーチには感謝です。 町田市の日大三高が春のセンバツ甲子園に出場しています。 スポーツの裾野を広げていくことができるよう、都政の場からしっかりと取り組んでいきます。にほ [続きを読む]