みやびちと さん プロフィール

  •  
みやびちとさん: 漫画ゆめばなし
ハンドル名みやびちと さん
ブログタイトル漫画ゆめばなし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/o_tkasm777279
サイト紹介文主に漫画の感想的なものを書いています。時々旅行の話、映画の感想、犬や猫の話もあります。
自由文古い漫画、少年漫画、少女漫画、青年漫画、などなどジャンルは関係なくいろんな漫画を読んでいます。国内旅行、海外旅行、行った所を備忘録のつもりで書いてます。我家の犬と猫の話もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/11/14 08:54

みやびちと さんのブログ記事

  • プーシキン美術館展とみんなのレオ・レオーニ展
  • 先日、友人たちと「プーシキン美術館展」と「みんなのレオ・レオーニ展」を見に行ってきました。美術館に行くのが好きな友人たちと行ったのでゆっくり心置きなく見て回ることが出来たのでとっても良かった。うちのダンナと一緒に行ったらあっという間に見て終わり・・・。っていう感じになること間違いなし!なんですものね。(笑)どちらもとっても良かったのですが・・・久しぶりに公共交通機関で行った大阪。甘く見ていました・・ [続きを読む]
  • 浦沢直樹 (夢印)
  • これはあのルーブル美術館と共同プロジェクトで描いた作品なのだそうです。最近の浦沢作品にしては珍しい1巻完結。短いのですごく読みやすかった。・・・けど、長いものに慣れてたからかちょっと物足りなくも感じましたけどね。(笑)きちんと感想を書くとなると・・・ちょっとだけネタバレもしてしまうんですよね。だからネタバレが嫌いな方はこれより後は読まないでください。いいですか、ネタバレになりますよ。この登場人物の中 [続きを読む]
  • 岩本ナオ (金の国水の国)
  • 近頃甥に漫画を借りて読むことが多いのだけど、これも甥に借りた漫画。この年齢になると、ついつい漫画は自分の知っている漫画家の物しか読まなくなってなかなか新しい漫画家さんにチャレンジする機会があまりないんですよね。ネットなどで良さそうな漫画だなあと思うことがあっても、本屋に行くとそのことをすっかり忘れてしまって相変わらず昔から知っている漫画家の本を買ってしまいます。甥が「おススメ本」をドサッと貸してく [続きを読む]
  • 青池保子 (ケルン市警オド 3巻)
  • 帯に<巨匠・青池保子の最新作、堂々登場!!>って書いてまして、そうか・・・青池先生は<巨匠>なんだ!って、ファンとして何だか嬉しくなってしまいました。この巻の表紙の折り返し部分にこういう文章を書かれているのですが・・・「ここ数年のIT化の時流に乗ってデジタル化へと草木もなびく漫画業界。効率よく仕上がるソフトには驚くばかり。紙の本をこよなく愛し、手描き手塗りの原稿を愛する私は、もはや絶滅危惧種かも。駆逐 [続きを読む]
  • 深谷かほる (夜廻り猫 4巻)
  • 早くも4巻が出ました。原則として一話8コマで完結。(たまに何度か続く話もあります)たった8コマでその人の性格や人生がほぼ分かって、しかも感動してしまうような話が作れるなんてスゴイとしか言いようがありません。ネットでも読んでいるけれど本が出るとやっぱり欲しくなってしまいます。手元に置いていて何となくパラパラっと読み返すのもいい感じです。何度読んでも飽きません。読めば読むほど味があるっていう感じです。も [続きを読む]
  • リクがマムシに咬まれました!
  • 今朝、リクの顔を見るとものすごく腫れあがってあごの下などまるで「こぶとりじいさん」状態になっていました。一体これはなんなんだ?そういえば数日前にネットで蜂にさされて顔が腫れあがった画像を見たけど、リクも蜂に刺されたのかもしれない・・・と思いつつ動物病院に連れて行くと「マムシに咬まれたようですね」とのこと。えぇ〜〜〜!!マムシ!!!だ・・・大丈夫なんだろうか?・・・と一瞬あせったけれど、案外大丈夫ら [続きを読む]
  • 冬の白川郷
  • 最近暑い日が続くので冬の白川郷の写真で少しでも涼しくならないものかと思って今年の1月に行った白川郷の写真を載せてみました。あの時は本当に寒かった!こんなに大量の雪なんて生まれて初めて見たんじゃないかと思います。寒くて寒くて歩くのも滑らないかと思いつつおっかなびっくり状態。こういう所で生活する方は大変だと思います。私には無理です。本当に尊敬します。泊まった旅館は増改築を何度もしていたのか迷路状態。本 [続きを読む]
  • 中岡家花家紋とかかし
  • 中岡慎太郎の生家の近くにあった中岡家の花家紋。かなり大きくて綺麗でした。中岡慎太郎生家の中にあった案山子。薄暗いところで見ると一瞬本当の人間だろうかと思えるぐらいリアルです。この案山子は高知県安芸郡北川村島地区の上岡尚幸さんが作られたものだそうです。これらはいつ行ってもあるわけではなくて私が行った時に運よくこういうイベントをしていたようです。なかなか見られないものを見ることが出来てラッキーでした。 [続きを読む]
  • 御幣
  • 書こう書こうと思いつつ、はや一ヶ月以上も経ってしまいました。建前の話の続きです。屋根まで出来上がった後、棟梁とうちのダンナと娘が二階に上がり四方に酒、塩、米をまいて清めて神々に感謝し祀る行事を行いました。その時に<御幣>というものを飾ったようです。飾ったっていう表現は間違っているかもしれませんが、とにかく上の画像が<御幣>です。<幣串>とも言うのかな?こういうことは私はよく知らないので間違ってたら [続きを読む]
  • おぷうのきょうだい (俺、つしま)
  • この漫画はネットで読んでいました。猫の絵がリアルなのに出てくる人物は漫画的。リアルな猫なのに何故か時々二足歩行してるし。性格はふてぶてしいけど、どこか憎めない。実話をベースに展開する猫愛に溢れたストーリーは猫好きにとってツボにはまるかもしれません。しかしね〜、近頃<猫漫画>ってメチャクチャ世の中にあふれてますよね。猫ブームっていうことなのでしょうか?とにかくメチャクチャ多い中で本当に面白いものを見 [続きを読む]
  • 久井諒子 (ダンジョン飯)
  • この本も甥のおススメ漫画です。最近はやってないのだけど昔はRPGが好きでFFシリーズなどよく遊んでました。確かにああいう世界で戦っている人たちは食事をどうしているのか疑問ですよね。お金がなければ倒したモンスターを食べればいいって・・・まあそういえばそうですよね。この作品でモンスターの調理法などを詳しく紹介されてるのが楽しいけど、一体誰がそんな料理作るんだ?いや、その前に食材がない?(笑)生活感溢れるこの [続きを読む]
  • 萩尾望都 (ポーの一族 ユニコーン)
  • 月刊フラワーズ7月号からポーの一族「ユニコーン」の連載が始まりました。これを読んで思ったこと・・・。「私、この歳まで生きてて良かった〜〜〜〜!」本当に心からそう思ったんです。あんまり書いてしまうとネタバレになってしまうといけないので詳しくは書きませんがファンの方、単行本になってから買えばいいや・・・なんて思ってたら損をします。私も最初はそう思ってたんです。・・・が、本屋さんでこの美しい表紙を見た途 [続きを読む]
  • 井上淳哉 (妖怪HUNTER 闇の客人)(原作:諸星大二郎)
  • あの諸星大二郎の傑作「闇の客人」のリメイク版。原作の4倍以上のページで描かれ単行本1冊分になっています。絵は今風で綺麗です。でも、当たり前だけど諸星大二郎っていう感じじゃないんですよね。Amazonの感想コメントを読むとかなり厳しい評価になっていますね。そこまで酷く文句を言う必要はないと思うんですけどね。だって、諸星大二郎の雰囲気を出せる人なんて諸星大二郎以外にいる筈ないんですもの。それを承知で読んだのな [続きを読む]
  • 中岡慎太郎生家
  • 中岡慎太郎の生まれた家を復元したものです。村の大庄屋だったそうで結構大きくて立派な家でした。中岡慎太郎という人については坂本龍馬が暗殺された時に一緒にいた人程度の認識しかなかったのですが、この生家のすぐ近くにある中岡慎太郎館に行き彼の生涯について少々学ばせていただきました。大庄屋の長男だったので本来ならばそのまま大庄屋として生涯を終えたのでしょうが幕末の志士としての道を選んだ彼は竜馬と共に殺されて [続きを読む]
  • 野田サトル (ゴールデンカムイ)
  • 先日、甥に「近頃おススメの漫画って何がある?」って尋ねたところ、取り敢えず2〜30冊ほどの漫画を持ってきてくれたのだけど、その中にあったのがこの「ゴールデンカムイ」手塚治虫文化賞マンガ大賞をとった作品なので読んでみたいなあって思っていた作品なので即座にこれを貸してもらいました。その時に甥が「これ作者が(いい意味で)メチャクチャ壊れてて面白い」って言うのです。ん?作者が壊れてる?どういう意味??・・ [続きを読む]
  • ちばてつや (ひねもすのたり日記 1巻)
  • 帯に「何と 18年振りの新作単行本!!」って書いていて今は仮住まい中なので荷物を極力増やしたくなかったのですが思わず買ってしまいました。<オールカラーショートコミックで描く半生の記>作者は網膜剥離で細かい作業はもう無理・・・などと言ってますが、これだけ描ければ素晴らしい!文句なく素晴らしいです!現在の話や過去の話を1回4ページ完結の形で描いています。ちばてつや自身が描いていた幼いころの満州の話を昔読 [続きを読む]
  • コンクリート
  • コンクリートを入れてます。この画像からはちょっとわかり難いかもしれませんがかなり厚みがあります。こんなに厚くしていたらかなり丈夫な基礎だろうなあって思います。上の画像の左上にある巨大な壺のような容器ですが、この中にコンクリートが入っているようなのです。大きなクレーン車(ああいうのクレーン車っていうのよね?間違ってたらごめんなさい)に吊るして作業している場所に下ろすのです。これならいちいち現場に運ば [続きを読む]
  • 鉄筋
  • 鉄筋を組んでこんな感じ。今までじっくりと家の基礎の部分なんて見たことなかったので興味津々で写真を撮りまくっています。工事現場の方々の邪魔になっていなければいいんですが・・・。(汗) [続きを読む]
  • 基礎工事始まってます。
  • まずは木枠を作ってここにセメントを流し込むようです。その前に木枠の中の灰色に映っている部分は地面からの湿気が上がってこないように大きなビニールを敷き詰めているようです。そして周りをコンクリートでしっかりと固定した後、この写真に写っている木枠(本当はどういう呼び名なのか知りません)を作っています。 [続きを読む]
  • タケノコ掘り
  • 親戚の所有する竹林に筍掘りに行ってきました。・・・と言っても私は何もしなくて掘るのはダンナ。掘ったタケノコを車まで運ぶのはうちの長女。かなり急な斜面なので体力も根性もない私は車の中でお留守番。こんな感じで地面からほんの少しだけ頭を出しています。アップにするとこんな感じです。・・・で、掘り出したタケノコはこんな感じ。大きなお鍋で40分から1時間程度茹でます。それが結構大変なんですよね。だから茹でたタケ [続きを読む]
  • 詐欺葉書
  • 昨日、こんなハガキが届きました。見るからに胡散臭さ満載!おぉ〜!面白いものが来たぞ〜!ブログネタが飛び込んできた〜!(笑)・・・っていうわけで、記事を書いてます。まず、<消費料金>って何?<最終告知>って・・・このハガキが来たの初めてだよね。だったら<最初告知>(笑)じゃないの?しかも届いたのが4月5日で、取り下げ最終期日が4月6日!いくら何でもそれはないでしょ。でもまあ、真面目な人だと、明日までに取 [続きを読む]