トコペコ さん プロフィール

  •  
トコペコさん: Cycling Wonder
ハンドル名トコペコ さん
ブログタイトルCycling Wonder
ブログURLhttps://ameblo.jp/binetu-chunen/
サイト紹介文'08製のプレスポに乗り神奈川県内を走り回っている地域密着型の自転車日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2014/11/13 19:48

トコペコ さんのブログ記事

  • 道迷いと遭難について
  • 先日図書館で借りた本の感想と、これを読んだ直後に実際に自分も遭難しかけた時に思ったことをまとめてみる。今回のテーマは”道迷いと遭難について”です。皆さんは”遭難する”ことを考えたことはありますか?■長い前振り私は登山の基本技術を正式に誰かに教わったわけではありません。生まれが福島の山奥だったので子供の遊びの延長を長い中断期間を経て再開しているようなものと思っている。だから、自分では”登山”よりも [続きを読む]
  • 09月30日、西丹沢の峠巡りと地蔵平(その3:最終回)
  • ■マップ(1)山歩きの全体マップ赤色=往路、青色=復路。・計画・実際(2)地蔵平周辺■テーマソング今回は、ロッドスチュアート(Rod Stewart)の曲ですよ。★Rod Stewart - "Sailing" ↑2014/02/28 に公開。ロッド・スチュワートの代表曲だと思っていたらカバー曲でした。1975年にシングルリリース。全英1位を獲得するものの、全米ではパッとせず。ロッドスチュアートの若い頃って、体にフィットする衣装にブロンドヘアーが強烈な [続きを読む]
  • 09月30日、西丹沢の峠巡りと地蔵平(その2)
  • ■マップ(1)山歩きの全体マップ赤色=往路、青色=復路。・計画・実際(2)地蔵平周辺地蔵平から地蔵尾根への取付き方は、国土地理院の地図は間違いなので注意。 ■テーマソング今回は、ロッドスチュアート(Rod Stewart)の曲ですよ。★Da Ya Think I'm Sexy?(邦題:アイム・セクシー)↑2009/10/29 に公開。1979年のヒット曲で、私がロッドの存在を知ったのはこの曲でした。wikiによるとイングランド生まれですが家系はスコットラ [続きを読む]
  • 09月30日、西丹沢の峠巡りと地蔵平(その1)
  • 西丹沢の西方(西丹西:にしたんにし)の山歩きは、塔ノ岳や表尾根に比べると地味である。実を言うと前回トライした畦ヶ丸(ほぼ西丹西の中心)より西となるとどんな山があるのかさえ私は分かっていない。(知らなくても困らないし、もしかすると一生行かなくても良いかも)まずは実情を知ることから始めようとプランを考えた。今回は西丹西の峠を巡ります。 ■コースプランコースは、甲相国境尾根(丹沢主稜)と畦ヶ丸南尾根上に [続きを読む]
  • 09月24日、西丹沢の棚巡りと畦ヶ丸(その2)
  • ■マップ(1)山歩きの全体マップ赤色=往路、青色=復路。(2)大滝沢周辺■テーマソング今回は、安室奈美恵さんの曲ですよ。★NEW LOOK / 安室奈美恵 ↑2011/12/01 に公開これも企画モノである60s70s80sのうちの1曲。60'sの楽曲シュープリームスの代表曲「Baby Love」をリメイク。 ■実走報告地獄棚からの続き。(⌒_⌒)v いぇ〜い!(05)地獄棚再びその1を更新した時は眠気のため、最後の方が適当になった。改めて地獄棚から雨棚( [続きを読む]
  • 09月24日、西丹沢の棚巡りと畦ヶ丸(その1)
  • 今年のシルバーウィークは3連休が2週続くと言うラッキーなカレンダーだったのだが、天気が最悪。1回目の3連休は自宅待機で終了、2回目も連休最終日にやっと回復して山歩きが出来そうな予報であった。正直、若くはないので山歩きの翌日が出勤日だと身体の疲労が抜けきらなくてキツイ、でも行ってみたいという欲求が勝った。 西丹沢の玄倉(くろくら)川流域を便宜的に西丹沢の東方略して”西丹東”(にしたんひがし)と呼び、 [続きを読む]
  • 衆院選2017と希望の党
  • 今週末も西丹沢の西の果てを歩いて回る予定です。今回は沢なしのトレッキング、天気が良さそうなので眺望が良いことを期待している。その前に、時事コラムを更新して行く。超ロングですが良かったら読んでくださいな。小池さんが動き出すと世間が騒がしくなるのは何故なんでしょうね? ■ダイナミックな一週間私は昨日、恟然としてしまった。(◎o◎)民進党が希望の党(小池新党)に合流すると言うではないか、泥船ではあるものの [続きを読む]
  • 09月10日、白石峠〜犬越路〜檜洞丸〜用木沢(その3)
  • ■マップ(1)山歩きの全体マップ赤色=往路、青色=復路。(2)丹沢主稜線↑歩行時間は昭文社の山と高原地図28”丹沢”からの引用です■テーマソング今回のテーマソングは、”9月”がタイトルに現れるものを選んでいます。その1、その2は邦楽の注目バンドからチョイス。私のような歌謡曲全盛期に少年時代だった世代には”9月”と言えば”9月の雨”(太田裕美さん)か、そのものズバリ”September”(EW&F)なんですが、今回はどち [続きを読む]
  • 09月10日、白石峠〜犬越路〜檜洞丸〜用木沢(その2)
  • ■マップ◆山歩きの全体マップ赤色=往路、青色=復路。◆白石峠白石沢〜白石峠のルートは地図やガイドによって記述内容が微妙に違っていますので詳細に提示します。国土地理院の登山道ルートは間違っていますのでご注意ください。(1)国土地理院地図の加筆版現在の白石峠の道標が立つ場所は1307mではありません。北側に下がった場所で1285mのところです。(2)Googleマップの写真モード(3)昭文社の山と高原地図28丹沢(4)ヤマケイオ [続きを読む]
  • 09月10日、白石峠〜犬越路〜檜洞丸〜用木沢(その1)
  • 週末天気は土日とも晴れだというので、土曜日(9/9)に決行しようと準備を整えて仮眠に入った。目が覚めたのは土曜日朝7時。目覚めた瞬間に終わってしまいました。DNSです。プラゴミを出しに行き、どうするか考える。昼間寝て、日曜深夜に再度トライすることに決めた。土曜の昼は寝て過ごす。天気が良いのに勿体無かった。■西丹西コース春から夏に掛けて通った玄倉(くろくら)川流域は西丹沢の東方略して”西丹東”(にしたんひ [続きを読む]
  • あれぇ、ホンダ(Honda)ってホントはバカなの?
  • ホンダのF1活動を見ていると、つくづくこのように感じてしまう。本田技研工業は飛行機、自動車、バイク、ロボットなどハイテク製品で現在の社会に貢献している日本を代表する企業です。ですが、一般的には創業者の個性に引っ張られたバイク・車好きが集まった会社というイメージが最初に思い浮かぶ。このモータースポーツへの取り組みについて一言言わせてもらう。苦言ばかりなので、不愉快になるかも知れません。ホンダに愛着が [続きを読む]
  • 09月03日、檜洞〜ユーシン歩道〜朝日向尾根(その3:最終回)
  • ■マップ山歩きの全体マップ。赤色=往路、青色=復路。(1)計画(2)持参した地図(3)実際↑水晶平には行き着かなかったよ。(4)経角沢から水晶平の近く?↓ルートミスの様子。オレンジ色=登山道、緑色=計画、赤色=実際 ■テーマソング今回のテーマソングは。★Coldplay - Lovers In Japan↑2011/05/30 に公開。 ■実走報告中ノ沢乗越からの続き。(⌒_⌒)v いぇ〜い!(13)中ノ沢乗越12:17、中ノ沢乗越に到着。ここは同角山稜の鞍部 [続きを読む]
  • 09月03日、檜洞〜ユーシン歩道〜朝日向尾根(その2)
  • ■マップ山歩きの全体マップ。赤色=往路、青色=復路。(1)計画(2)実際(②まで) ■テーマソング今回のテーマソングは、Coldplayの曲です。★Coldplay - A Sky Full Of Stars↑2014/06/19 に公開。 ■実走報告二俣からの続き。(⌒_⌒)v いぇ〜い!檜洞(ひのきぼら)は長い沢なので、上・中・下流の3つに分割して気になったポイントを説明する。岩場や滝の乗り越えで楽しいのは下・中流までです。(06)檜洞(下流)ユーシン沢に [続きを読む]
  • 09月03日、檜洞〜ユーシン歩道〜朝日向尾根(その1)
  • 今年の夏休み(8/10)に実行したものの天候悪化で途中断念した計画のリトライです。ユーシン渓谷の沢歩きと山歩きをやりました。日照時間が短くなったことを考慮してコースは見直しています。紅葉期を見据えたルート確認も狙ったのですが欲張り過ぎました。久々にフラフラになりました。■今回のテーマ課題は3つ。(1)檜洞(ひのきぼら)を遡上して、経角沢から中ノ沢乗越に出る。(2)檜洞からユーシン歩道に合流するルートの確認。( [続きを読む]
  • テクニックvol.27 楽して坂を上るコツ(休むダンシング)
  • 最近ダンシングも身構えないで出来るようになりました。アホみたいに続けている丹沢チャリ通いの中で、ちょっとした気づきがあり、もしかしたら、「これが休むダンシングってことなのかな?」 (O.O;)と思ったので書いてみます。実に簡単なことですよ、もしダンシングに悩んでいるなら試してみてください。※お詫びなお、始めにお詫びを申し上げます。テクニック編では、私自身の意識変化により記述内容が度々違っていることがあり [続きを読む]
  • テクニックvol.26 楽して坂を上るヒルクライム・シッティング
  • 最近は丹沢通いが続いていて、山歩きのレポートばかりとなっている。東→北→西丹沢とどんどん遠い場所に変っている。決して近いとは言い難い同じ道を繰返し走っていると、分かってくることがある。速くはないけれど、確かに楽に坂道を走るコツがあるようだ。今回は、峠越えまでとはいかないが、住宅街の長い坂道や、丘越えでダンシングするかどうか迷うような上り坂(勾配8%未満程度)を楽に座って走り切る時のコツを書いてみ [続きを読む]
  • ベイビー・ドライバー
  • 他愛もないエンタメネタです。軽く読み流してくださいね。8月の週末は、雨ばかりが続くので調子が狂ってしまい気分が乗りません。今週末も天気予報はパッとせず曇りのち晴れ、一時雨だったので、山行は早々と諦めました。自宅の窓から眺める限り、行ってもよかったなと思いましたが、中途半端な気持ちの時が一番事故りやすいので完全休養にした。 西向きのエアコンなしの暑い部屋で何をしていたかというと、YouTubeを見てました。 [続きを読む]
  • 07月29日、持越大滝の巻きをあきらめて玄倉川を泳ぐ(その3)
  • 今回のコースは沢登り(川歩き)と山歩きの構成になっていて、山歩きでは同角尾根から同角山稜へのつなぎの道順を確認したかった。向山−向山丸−裸山丸は、同角尾根界隈を歩く時、とても重宝するルートで、これまでは山から里(玄倉林道)に復帰する山下りで歩いてきた。今回は山に入る向きで歩き(上り)ます。モチコシノ頭の北側には東沢乗越があり、北(同角ノ頭)と西(東沢)への道は分かった。同角沢にも降りたので、あと [続きを読む]
  • 07月29日、持越大滝の巻きをあきらめて玄倉川を泳ぐ(その2)
  • 今回が、山行レポートのクライマックスと思います。 ■マップ山歩きの全体マップ。(1)計画(2)途中まで(3)WW(WaterWalking)関連↓玄倉川中流↓このようにしてモチコシ大滝を通過しようと考えた手前の淵を越えれば出来ると思うよ■テーマソング今回のテーマソングは、日本の伝統楽器で洋楽を演奏するシリーズ(NHK blends)からです。★Let It Be-The Beatles-Japanese Cover-Biwa↑2016/08/26 に公開。琵琶というと平家物語の語り [続きを読む]
  • 07月29日、持越大滝の巻きをあきらめて玄倉川を泳ぐ(その1)
  • 夏を感じる季節に沢(川)歩きにトライしてみました。場所は、西丹沢のユーシン渓谷である。初夏に集中して通った同角尾根で女郎小屋沢やモチコシ沢の単独遡行は初心者には無理。そこで、あまり目立たない向山沢なら行けるのではと考えた。モチコシ大滝の巻きも面白そうだったから、一緒にやってみようと考えたのです。■今回のテーマ課題は次の2つ。(1)持越大滝から向山沢を歩く(2)同角沢から同角山稜の登山道に出るルートの確 [続きを読む]
  • 07月17日、同角尾根の大タギリを遂に越えました(その2)
  • ■マップ山歩きの全体マップ。(1)計画(2)実際・2D・3D(3)大タギリ周辺■テーマソング今回は、私の大好きなStandard曲”My Favorite things”(私のお気に入り)の演奏動画です。★My favorite things (Jonathan Kreisberg) - transcription↑2016/11/11 に公開■実走報告白ザレのピーク到着からの続き。↓南東から(⌒_⌒)v いぇ〜い! (08)白ザレのピーク(続き)丹沢達人さんたちのレポートに良く登場する名無しのピーク。実際見 [続きを読む]