Suu さん プロフィール

  •  
Suuさん: Life like a journey in インド
ハンドル名Suu さん
ブログタイトルLife like a journey in インド
ブログURLhttps://ameblo.jp/like-a-journey/
サイト紹介文ヨーロッパ→中国→インド(デリーグルガオン)。各国を転々としてきた駐在員妻が見たインドと生活記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/11/13 22:06

Suu さんのブログ記事

  • 3年、9年、15年
  • 4回目のDiwaliを迎えたという事は、インドに来てから丸3年経った、ということ。サークル活動に習い事、ヨガしたりブログ書いてたら、退屈する暇もないくらいで、3年なんてあっと言う間だったなぁ…。今の所、インド生活で心配していた大きな病気やトラブルも無く過ごす事ができて、ホント感謝!2008年の冬に日本を出てベルギーへ赴任。そのまま2010年に上海へ行き、約4年。日本へ帰るかと思いきや、まさかのインドへ再度スライド [続きを読む]
  • 4度目のDiwali
  • インドに来てから迎えるDiwali(今年は19日)も、今年で4回目。 一年目→ 初めて迎えるお祭り 二年目→ ディワリの前は 三年目→ ひとりぼっち いつものように、各地でデイーワーリーメーラーやセールが開催されたりして、どこも賑わっている。・・・が、去年や一昨年に比べると、なんとなく人が少ないというか、ちょっぴり活気に欠ける気がする。一つには、今年は花火や爆竹の販売が禁止になったというのもあるかも。 去年 [続きを読む]
  • 北の人々、南の人々
  • インドは広い。場所によって、自然環境や民族が異なるからか、人々や街の雰囲気もそれぞれ変わってくる。 今回、南のタミルナードゥ州へ行って、「やっぱり南はのんびりとして穏やかだ」と思った。 そういえば、南インドの観光地では、私達の他に平たい顔族の観光客はほとんど見かけなかったけど、インド人からの「一緒に写真撮って」攻撃に遭わなかったなぁ。そっと見られてる感はあるのだけど(笑、シャイなのか無関心なのか、 [続きを読む]
  • インドの中のフランス
  • さて、今回の旅の最終目的地は、かつてのフランス領・Pondicherry(Puducherry)。 1673年にフランス東インド会社が植民地としてから、オランダ東インド会社やイギリス領になった時期を経て、1763年にフランスが再び奪還してからインドに返還されるまで、200年以上もフランス領として統治されてきた都市。現在ここは連邦直轄領になっていて、税金などタミルナードゥ州とは扱いが違う点があり。 特に観光するところは少なくて、オ [続きを読む]
  • マハーバリプラムの世界遺産②
  • 「ガンガーの降下/アルジュナの苦行」を後にして、500mほど海岸へ向かいマス。 歩ける距離だけど、とにかく暑いのと、ドライバーが「ちょっと無理じゃないか」と言うので、車で移動。この時点で2人とも汗ビッショリ チェンナイが雨だったから油断して手足に日焼け止めを塗らなかったら、すっかり日焼けしてしまった。マハーバリプラムの観光には帽子とサングラスと日傘と日焼け止め、水分補給が必要デス。 ここには、7世紀後半〜 [続きを読む]
  • 妻と夫のフェスティバル
  • 旅行記の途中ではありますが・・・ 金曜日、ドライバー君が聞いてきた。「マダム、土曜日と日曜日のスケジュールは何ですか?」 「うーん、土曜日はヨガ行ってからランチに出て、買物かな。日曜日は多分使わないからお休みね。 何か予定でもあるの?」 「日曜日は、ハズバンドとワイフのビッグフェスティバルです。」 は?そんなお祭りあったっけ? と思ってカレンダー見たら、"Karva(Karwa) Chouth(カルワチョウト)"と書いて [続きを読む]
  • マハーバリプラムの世界遺産①
  • 夜中に窓を叩きつける雨音と雷で目が覚めた。デリーが乾燥したセカンドサマーになった一方で、タミルナードゥはこれから12月までが雨季だそう。今日は雨か曇りか・・・と思いきや、次の目的地(約60km位南下)に向かう途中で晴れてきた。 今回の旅の一番の目的地、Mahabalipuram(マハーバリプラム)。 先ずは、この町にある花崗岩でできた小高い岩山を見学。(無料)ここには、斜面の途中で止まっている巨大な丸い岩「クリシュ [続きを読む]
  • タミル人の国へ〜チェンナイ観光
  • 今回の三連休で出かけたのは、ワタシにとっては初めての地、南インドのタミルナードゥ州。 本当は今年の1月に予定していたのだけれど、ちょうどその頃"Jallikattu"という牛追い祭りを最高裁が禁止したことによる反対デモが行われて危険が高まった為、取りやめたのだった。インドで旅行できるタイミングというのは意外と少ないから、もう今しかない、ということで行って来マシタ。 デリーから飛行機で約3時間半、州都であるチェン [続きを読む]
  • ガーンディー誕生日とClean India Mission
  • 3連休だった週末。今年は旅行の計画を立てていたので、養生スープで体調を回復させて、無事に行って帰ってきマシタ。 Dussehreのお祭りと日曜日、そして10月2日はGandhi Jayanti(マハトマ・ガーンディーの誕生日)と、数少ないインドの国民の祝日が続いて、大勢のインド人で街や観光地は賑わっていた。 デリーにもガーンディーさんに因んだ場所は色々あるけれど、旅先でもガーンディー像が建っていて、昨日は♪Gandhi ji〜♪と歌 [続きを読む]
  • 養生スープ
  • 今週に入ってから、体調がイマイチすぐれない。頭痛に吐き気、そして貧血症状・・・ 偏頭痛や貧血(脳貧血も含む)は今まで何度も経験しているけれど、深呼吸したり薬を飲んでしばらく休んでいれば大抵回復する。 ・・・が、今回はなかなか頭痛と胃のむかつきが治らず、だるくて力も入らない感じ。う〜ん・・・おかしい・・・ 自己判断だけど、多分ちょっと重い貧血状態かな思う。ヨガをやっているのに情けない・・・。 (あ、因 [続きを読む]
  • 菜食期間と不寛容
  • 秋のNavratri(ナヴラートリー)が始まって、30日はDussehra、来月にはDiwaliと、お祭りシーズンに突入したインド。新聞広告も日に日に増えて分厚くなり、Diwali商戦もスタートした感じ。 Navratriの9日間、ヒンドゥー教徒は断食をしたり、普段ノンベジの人も菜食をすると言われている。→ 女神と断食 地域によって異なることもあるし、もちろん個人信条だから人によっては少しは動物性のものを食べるという人もいるかもしれない [続きを読む]
  • 美味しい紅茶を飲むなら
  • 紅茶の国・インド。ご存じダージリン、アッサム、ニルギリと、産地名がそのまま品名になっているほど有名デスネ。 ダージリンなど限られた高級品種のお茶は、多くが外国へ輸出されたり、贈答品などにされる特別な存在で、フルリーフの紅茶をストレートで飲む人は少ないと思う。インド人が日常的に飲む「チャイ」はミルクとお砂糖たっぷりのスパイスが効いたお茶。これには生産量が一番多いアッサムの、安価な茶葉が使われる。(そ [続きを読む]
  • ヨガ研修@リシケシ
  • 先週末、共にヨガを修練している仲間達と、リシケシへ行って来マシタ。 TTC受講中に、「先生とリシケシへ行ってヨガしたい!」という受講生の一声から実現したヨガ研修。都合がつかずに残念ながら参加できなかったメンバーもいたけれど、今回は先生も含めて総勢7名。ワイワイと、いつも以上に賑やかで楽しい研修旅行になりマシタ。 ワタシにとってはこれで3度目のリシケシ。 1回目:ヨガを知る旅2回目:二度目のリシケシ 行きはニ [続きを読む]
  • 追突される
  • グルガオンの目抜き通りになると言われているGolf Course Road。ワタシ達がインドへ来る前(つまり3年以上も前)から道路工事&建設工事が行われている。 大部分の道路幅は広くなり、アンダーパスとRapid Metroも開通して、すごーくスムーズで便利になった。ただ、日本人も多く住む大型アパートメントやショッピングモール、オフィスビルやホテルなどが並ぶ、人や車の行き来が一番多い部分が未だに工事中で毎日渋滞・・・。 その [続きを読む]
  • 日印蜜月
  • 安倍首相がグジャラート州のアーメダバードに到着した13日。 空港でモディ首相から熱いハグに始まり、インドの音楽やダンスのパフォーマンス、オープンカーで街を走れば沿道では来印を歓迎する人々の歓声が。 2年前のバラナシ訪問の時もそうだったけれど、アーメダバードでは数週間前から街をキレイにしたり看板を立てたりと様々な準備が用意周到になされていた模様。 とにかく、現地は熱烈歓迎。 当然ですが、インドではこれがト [続きを読む]
  • 見た目年齢
  • 先日の日本語レッスンでのこと。この日はちょうど「〜と思います」という文型を勉強していたので、それを使ったQ&Aをしていたら、 「先生、クラスの中で誰が一番若いと思いますか?」と質問された。 そのクラスは男性ばかりで、出身地はバラバラ(肌の色も違う)、身長や体格も色々。ただ、それほど年齢に差はなさそうだ。2−3人で迷って、 「う〜ん・・・Cさん?」と答えると、みんなドッと笑った。 「あれ?じゃぁ、Bさんかな? [続きを読む]
  • インドでも栗ご飯
  • 先日のトップブロガーさくもんちゃんの「栗ご飯食べた」という記事を見て、「お〜、もうそんな季節になったのか〜」と、ムショーに栗が食べたくなってしまったワタクシ。 ちょっと早いような気もするけれど、ヒマラヤの方はもう秋なんだよね・・・。まだまだ夏野菜が中心だけど、野菜や果物の種類も少しずつ入れ替わっていく季節。 暑い時季が長いからつい忘れてしまいがちなのだけど、2年前に、インドでも栗が買えるという事が [続きを読む]
  • トリプルパーンチ!
  • 9月に入って、爽やかな朝を迎える日が増えてきた。昨日は雨が降ったけれど、天気予報ではこの先は晴れマーク続き。湿度も少し下がった代わりに太陽の陽射しが強くなったので、デリーのモンスーンはもう終わりかな。 これからは爽やかな秋晴れ・・・と言いたいところだけど、セカンドサマーがやって来るのだった。そう、9月は暑いんだよね〜と思い出す。 そして蚊や虫なども活発化する季節らしい。ここのところ連続して、夜や朝に [続きを読む]
  • 今日は何の日?
  • インドにおいて、9月5日は何の日でしょうか? ハイ、 Teacher's Day デス。 (ってケーキに書いてある) 学校がお休みになるわけではないのですが、この日は学生達が先生への感謝の気持ちを表して、歌やダンスのパフォーマンスを披露したり、プレゼントをあげたりするのだそう。 実際にインドの学校の様子は見た事はないけれど、ボランティアで教えている日本語学校の学生達が、授業の後でケーキを買ってお祝いしてくれて。ク [続きを読む]
  • 久々にシヴァナンダヨガ
  • TTCが終わってからというもの、毎日のようにヨガをやって過ごしているここ数か月。頭の中の半分以上はヨガに関することで埋め尽くされているんじゃないかなぁ〜という感じ(笑 修了生として、実際にクラスを担当する機会を与えて頂いたので、仲間同士で練習の日々。自分の得手不得手を意識したり(苦手なポーズは入れないとかね)、修了生でも自然とそれぞれの個性が出て、気付く点も違うので、毎回新しい発見があって楽しい。 何 [続きを読む]
  • 靴の修理
  • ここのところ夕方や夜、今朝もまとまった大雨が降り、ぐっと涼しくなったデリー&グルガオン。ムンバイでは記録的な豪雨で街中が大変なことになっているみたいで、大丈夫なのかな・・・。蒸し暑いモンスーンもあともう少しだと思うけど、早く終わって欲しいわー。 カラッカラの酷暑やジメジメの雨季を過ごしてると、色々なモノやダメになる。(→ ボロボロ)先日は、オットが会社へ履いていった靴の底がまた剥がれちゃったそう。 [続きを読む]
  • バニラビーンズ?
  • 「あぁ、プリンが食べたいな〜。コンビニ寄って買ってこよう」 ・・・というわけにはいかない海外生活。 まぁ、グルガオンにある日系のお店ではプリンやシュークリーム、ショートケーキなど日本のデザートが買えるので、恵まれた環境なんだけど・・・。ただ、わざわざ車に乗って行かなければならないのでいつでも買いに行けるわけではないし、お店に必ずあるとも限らない。 何だかムショ〜にプリンが食べたくなって、「家にある材 [続きを読む]
  • ハリヤナ暴動と新興宗教
  • (Times of Inidaより) 既にニュースでご存じの通り、金曜日からデリーNCRは厳戒態勢。 パンジャブ州の宗教指導者が2002年に起こした性的暴行事件の判決が出され、有罪が確定すると裁判所前に集まっていた多くの支持者が暴動を起こし、それがデリーにも飛び火。各地で車や電車が放火されたり、政府の施設や警察、報道陣も襲撃され、多くの死傷者が出た。 大使館からは前日に注意喚起が出ていて、電話会社からもSMSやデータ通信が制 [続きを読む]
  • 美味しいもの集合
  • 楽しかった束の間のスリランカ旅行が終わってしまい、暑くて煩くて混沌とした、いつのもインドの現実に戻っておりマス。 6〜8月の間は、学校や会社のお休み中に日本へ一時帰国したり、インドの祝日に絡めて旅行へ行くなど、多くの方がインドを離れる。そして、再びインドに戻ってきて会うと、各国各地の美味しいお土産を頂戴したりする。 海外に駐在していると、「いつから一時帰国?」とか「連休はどこか行くの?」というのはよ [続きを読む]
  • 象と紅茶とシーフードと
  • 爽やかな高原の朝を迎えて、今度は首都コロンボへ向かう。 コロンボでは、街歩きとティーサロンでのお茶、買物などでそれなりに時間が必要なので、できるだけ早く到着したいなーと考えていた。 キャンディーからコロンボへ戻る途中に、ツアーなどでは組み込まれている「ゾウの孤児院」があるのだけれど、個人的には「別に寄らなくていいかなー」と思っていて。一応、旅行プランを立てている時に、『ゾウは見なくてもいいよね?』 [続きを読む]