ヒノマチコ さん プロフィール

  •  
ヒノマチコさん: ヒノマチコの機械じかけの預言者
ハンドル名ヒノマチコ さん
ブログタイトルヒノマチコの機械じかけの預言者
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hino_matico
サイト紹介文趣味のアンティーク国産機械式時計のコレクションや古時計についての紹介が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2014/11/14 08:30

ヒノマチコ さんのブログ記事

  • 春の家族旅行:8
  • 九州旅行記三日目その1鹿児島、福岡を満喫していましら、あっという間に三日目になってしまいました。福岡の博多駅前で宿泊したシティーホテルを早めに出発します。海沿いの道を走ります。。。朝も早くからどこに行くかって!?それはですね。。。「呼子」です^^佐賀県は唐津市の「呼子の朝市」に行きます!呼子と言えば「イカ」ですよね^^実は私の好物は「イカ」なんです!呼子には私の我儘でイカを食べに来たというところで [続きを読む]
  • 春の家族旅行:7
  • 九州旅行記二日目その2鹿児島から福岡へ移動し、大宰府天満宮を参拝しましたので更に移動します。目的地は福岡市の博多です。博多は凄い都会ですね^^久しぶりの博多です。お次は予約しておいた料亭へ向かう前に、少しの時間だけお寺でも見に行きます。博多の街中に「聖福寺」という禅寺があります。ここは1195年に日本最初の本格的な禅寺として創建された禅の専門道場とのこと。この「聖福寺」は18年位前に参拝しに行ったことが [続きを読む]
  • 春の家族旅行:6
  • 九州旅行記二日目その1一日目を充分に満喫し、家族旅行も二日目へと突入しました^^鹿児島薩摩半島最南端の指宿市から一気に北上し、福岡県を目指します!今回は鹿児島市内には行きません。大河ドラマ「西郷どん」を放映しているので賑わっていると思います。しかし、以前女房と宮崎鹿児島と旅行して充分に観光しているので今回はパスです。訪れたことのある場所へは今回は行かず、行ったことがない所へ行くつもりです。今回御世 [続きを読む]
  • 春の家族旅行:5
  • 九州旅行記一日目その4鹿児島県の知覧は武家屋敷群、特攻平和会館をあとにし、一日目の宿へ向かいます。お宿は、鹿児島の薩摩半島最南端の指宿市にあります温泉旅館「白水館」です。指宿で有名なのが砂むし温泉なのです。この「白水館」でも室内温泉は勿論ですが、館内での砂むし温泉もできるのです。結構有名ないい旅館なんですよ^^正面玄関を入ると目の前にこんなにデカい羽生さんが。。。昨年末の2017年12月に羽生さん対渡辺 [続きを読む]
  • 春の家族旅行:4
  • 九州旅行記一日目その3鹿児島県の知覧武家屋敷群をあとにして、知覧特攻平和会館へとやってきました。鹿児島の桜は満開をやや過ぎた頃でした^^桜が沢山でした。。。散る桜、残る桜も散る桜。。。同期の桜。。。かぁ。。。精神的に心の支えになる言葉って大切だったのでしょうね。たくさんの美しい桜を見て、女房も子供も綺麗だねと。。。入館します。何とも言えない重い雰囲気の館内でした。しかし、多くの来館者が特攻兵の最後 [続きを読む]
  • 春の家族旅行:3
  • 九州旅行記一日目その2鹿児島県は知覧にやってきました!知覧の武家屋敷群を散策です^^綺麗なお屋敷ロードですよね。雰囲気もいいです。屋敷内の庭も独特ですが、手入れも行き届いています。皆さん、大河ドラマの「西郷どん」見てますかー!?結構面白くて私は好き好んで見てます^^さて、鹿児島の知覧と言えば、知覧茶です。武家屋敷内にある喫茶で茶休憩します。勿論この日のお伴君「ロードマーベル」を添えます(笑)。あと [続きを読む]
  • 春の家族旅行:2
  • 九州旅行記一日目その1さぁ、家族皆で行く旅行の旅立ち日となりました^^(実は家族揃ってでは最後になるであろう旅行なのです)朝食を羽田空港のカフェにて食べ終え、搭乗する飛行機へ向かいました!この瞬間ってワクワクするもんなんですよね(笑)さぁ、早速ですがこの日のお伴君を紹介いたします!セイコー「ロードマーベル23石」です^^1958年当時の国産最高級時計は伊達ではありません!国産古時計で一番最初に憧れた手巻 [続きを読む]
  • 春の家族旅行:1
  • 窮屈だったので3月に息抜きを!!〜まずは事の成り行きを〜今年に入ってから忙しく、疲労とストレスの化身となっておりました。子供が春休みですので、家族旅行を兼ねてガッツリ休暇を取りました!さぁ、どこ行こうか!?と、計画を立てた当初の行き先は皆で「ハワイ」でした!いいですよね〜^^ダイバーズを思いっきり使えそうで(笑)。でもね、旅行会社へ問い合わせても、もう無理でした。春の繁忙期です。超高額プランしか空 [続きを読む]
  • 復活の情報をいただきました!
  • まさかの「TKANO(タカノ)」が復活先日、とある方よりこんな情報をいただきました!あの「リコーエレメックス」の時計サイトページに・・・「TAKANO」が追加されていました!革バンドメタルバンド若干ザシチ自動巻っぽくにも見える。この二種類です。復活といいますか、高野創設80周年の記念の復刻と言った感じです。ムーブ見るところ、どうやらシチズンの機械のようですね^^安心の国産機ということで、なんか嬉しいです。しか [続きを読む]
  • GSの行方。。。
  • 愛媛の後日談皆さん、以前に記事にした愛媛の先輩の話を覚えていますでしょうか?お忘れの方、確認したい方は下記の過去ブログよりどうぞ^^エピソード1エピソード2その後の話として、エピソード2の続きとなります。先輩たちは3月中に結納の運びと相成りました!おめでとうございます!\(^o^)/以前先輩が投げかけてみた欲しいGSがこちらです。「SBGR305(限定968個)」これが欲しいと言ったままで、購入しに行ったのは相手の家 [続きを読む]
  • 何のルール?
  • 3/4からの3秒・・・新年度になり、色々な手続きをする為に法務局へやってきました。暫くは新年度の新しい風を感じたいと思います^^休日明けや午前中の法務局というのはいつも混んでいます。時間が掛かりそうな内事情ですので、空いていそうな時間帯に行きます^^何かとすんなり行かずに苦戦し、終了したのが2時間後でした。こういう法務局相手の手続き変更資料製作は疲れるものですよね(-_-;)でも、大丈夫!!腕元には安心安全 [続きを読む]
  • 新年度の始まりです。
  • 心機一転が大事なんです!4月に入りました^^新年度の始まりです!今日は女房が新年度の門出を祝って、おやつにケーキを買ってきてくれました^^何かと切り替わりますが、私も気持ちを入れ替え新しい風を取り入れます。そうそう。。。その辺のお店にふと立ち寄ったら大層立派な箱があったので購入してみました。何が入っているの楽しみですね^^何だかやけに大げさですね(-_-;)でも、中に入っていた時計が素敵な雰囲気でした! [続きを読む]
  • 三月ももう終わり
  • 4月になろうとしていますそろそろ新年度を迎えようとしていますね^^新しく色んなことが切り替わる4月です。そういう意味では3月というのは、期待感もありますが、寂しさもあります。皆さんは一体どんな4月をお迎えになるのでしょうか!?因みに私は職場でのポジションが変わります。。。忙しくなるかもしれませんが、仕事にやる気を出して頑張れそうです!年度末ということもあり、忙しく車で移動することも多いのです。この前 [続きを読む]
  • スポーツマチックカレンダー17石中期型
  • SEIKO(セイコー)SPORTS MATIC CALENDER(スポーツマチックカレンダー)17石 中期型 この「スポーツマチックカレンダー」は、1966年(昭和41年)頃に発売された同製品群の中でも中期型モデルになります。この製品は、1963年(昭和38年)に登場した「スポーツマチックカレンダー820」という製品になり、当初のキャリバーは820(最初期)で、後に7625A、7625C、7625D、7625Eというように変遷していきます。因みにここで紹介するモ [続きを読む]
  • シチズンハイネス36000
  • CITIZEN(シチズン)HIGHNESS 36000(ハイネス36000)28石(7730)デイデイト 後期型 この「シチズンハイネス36000」が登場したのが1971年(昭和46年)9月です。ベースとなる製品は「77系レオパール8」です。このシチズン機械式製品の中でも晩年の最高傑作系統機といえるのが「77系」です。そして、この系統機の最終到達点は、シチズン技術の集大成ともいえる、最高級機の「グロリアスシチズン」へと上り詰めます。私の考えるシチ [続きを読む]
  • セイコーマチック62シルバーウェーブ20石 白
  • SEIKO(セイコー)SEIKO MATIC 62 SILVER WAVE(セイコーマチック62シルバーウェーブ)20石 白リング 強化防水仕様 SD初期 この「セイコーマチックシルバーウェーブ20石」が登場したのは1962年(昭和37年)です。この製品は「セイコーマチック20石」の強化防水ケースとなる、初代シルバーウェーブ製品となります。 1962年という時代は防水ケースの流行真っ只中であり、高級機としての位置付けがされていました。1959年頃より本格的 [続きを読む]
  • ようやくかなぁ。。。
  • 忙しさの山を越える先日、時間を作って息抜きにいつもの中野をぶらり。。。今回はあまり行かない南口へ^^駅から程よく離れた所に「アイレット」さんがあります。ここは佐世保バーガーが食べれるアメリカンなバーガー&コーヒー店です。店内では私が一番客でしたが、ランチ時もあってそのうち満席に。。。レストランでは提供しないカップ&ソーサーですよね^^ランチの佐世保バーガー(小)ですが、とても美味しかったです^^ま [続きを読む]
  • オリエントスターダイナミック(耐震付その2)17石
  • ORIENT(オリエント)ORIENT STAR DYNAMIC(オリエントスター ダイナミック)17石 耐震付き(その2) この「オリエントスターダイナミック」が登場したのは1956年(昭和31年)4月頃です。そもそもこの製品は、1955年12月に登場した「オリエントスターヒノマチックスポーツ17石」がおよそ3か月間程度の製造期間でしたが、そのあとに内容を変更し、製品自体をコストダウンさせたような製品に変遷したものが「オリエントスターダイナ [続きを読む]
  • お宝発見!
  • 濃い内容の2時間30分今回のお伴ウォッチでおでかけ記事は時計ブログに相応しい内容となっています!いきり記事冒頭でハードルを上げてしまっていますね(笑)さて、最近忙しい中でもポツリポツリと合間に時間を作るようにしています。そこで、今度は女房を誘ってランチしに行きました^^何処にだって!?そりゃ、レストランですよ!そこはお高いレストランかって!?そりゃ、リーズナブルな昭和レストランですよ^^なら、何てい [続きを読む]
  • 二代目 グランドセイコー後期(57GS)35石
  • SEIKO(セイコー)57 GRAND SEIKO(57グランドセイコー)35石(57GS)2代目後期 この「57グランドセイコーカレンダー(57GS)」が発売されたのは1966年(昭和41年)10月頃です。この製品は、初代「グランドセイコー」が発売されてから4年後の二代目「グランドセイコーセルフデーター」の改良型となります。初代「グランドセイコー」に日付カレンダーを付加し25石から35石へと変わった「グランドセイコーセルフデーター」は前期型 [続きを読む]
  • 春を感じて。。。
  • たまには時計ネタではないものを私の中で春の訪れを教えてくれるもの。。。それは。。。「蕗の薹(フキノトウ)」です。(何だか「蕗の薹」の「薹」の字がパソコンだとゴチャゴチャしていますね)今年も2月の半ばあたりから、我が家の庭から顔を出す「フキノトウ」。毎年恒例なのでsが、収穫して保存食にします^^我が家の父から伝授していただいたものです。「フキノトウの煮浸し」とでも言うのでしょうかね(笑)収穫したフキ [続きを読む]
  • 花粉症はつらいよ。。。
  • 御無沙汰です。忙しさを理由に、ブログの更新が滞っています^^いつも御覧いただいている方、本当に申し訳ありません。仕事が忙しいので、特に何もしていません(笑)。おまけに時節柄花粉症という厄介なものを例年の如く患っています。へっくしょ〜ん、花ズルズル、目ごしごしの繰り返し。。。これでも薬飲んでいるのだけど、意味がないような感じです。慣れてはいるけど、つらいです。。。さてさて。。。何か更新するネタはない [続きを読む]
  • ジュニア17石(Cマーク)SS
  • CITIZEN(シチズン)JUNIOR(ジュニア)17石 Cマーク SS この「ジュニア」が発売されたのは、1958年(昭和33年)12月です。ここで紹介するものは、比較的初期の製品で「Cマーク」が入ったものです。アップライト「Cマーク」の下には筆記体でペットネームが表記されています。全体のバランスがよくとてもいい雰囲気の文字板です。 詳細については過去ブログにて紹介していますので、こちらをどうぞ。「ジュニア(チェック柄)」 [続きを読む]
  • 息抜きには温泉
  • 目指すは箱根!段々と自分らしい時間を取り戻せてきています!先日の休日に、日帰りで気分転換にでも行こうと思い付きました^^もうね、疲れや気分を変えるには温泉地へ行くことが一番です!南関東の温泉地と言えば、「箱根」しか思いつきません。ということで、小田急線町田駅より箱根ロマンスカーで向かいます!これはロマンスカーでは一番古いタイプの特急ですね。乗車中に見える富士山です^^なんか、富士山が見える景色って [続きを読む]
  • マーシー 4石 二代目国産腕時計
  • SEIKO(セイコー)MERCY(マーシー)国産2代目腕時計 4石 この「マーシー」は1914年(大正3年)に国産の二代目腕時計として登場しました。国産時計史に於いて、国産初の腕時計は1913年(大正2年)に登場した「ローレル」です。「ローレル」はあまりにも有名な時計です。しかし、ここで紹介する二代目の国産腕時計「マーシー」はあまり知られていないような存在です。「ローレル」はその後に何度も初代に肖るような形でそのペット [続きを読む]