太陽光発電道楽人 さん プロフィール

  •  
太陽光発電道楽人さん: 元太陽光発電技術者の道楽ブログ
ハンドル名太陽光発電道楽人 さん
ブログタイトル元太陽光発電技術者の道楽ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sunnytomato/
サイト紹介文太陽光発電に30年余り携わった技術者が運営や保守、検査、評価などの技術を中心にブログします
自由文30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
今では屋根太陽光発電、分譲太陽光発電所を運営しながら業界や製品の動向、他の発電所の状況などを勉強しています。
ブログではこれまでの経験を活かし、太陽光発電の技術の話をはじめ、できるだけいろいろなことを紹介していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2014/11/14 11:07

太陽光発電道楽人 さんのブログ記事

  • サハラに風力や太陽光を設置すると雨が増える?
  • アメリカの研究者たちが、サハラに大量に太陽光や風力を設置すると雨が増えるという研究報告を発表しました(Green the Sahara. A model demonstrated how renewables could increase rainfall)。 サハラにそういうものを設置すると、少し熱が緩和されて雨が増えるというのは感覚的には想像できますけれど、ホントですかねぇ。風力は地上の風を弱めることで、太陽光は地表の反射光を弱めることでそのような結果になるそうです。 [続きを読む]
  • パナソニック、テスラに足を引っ張られるか
  • パナソニックが相変わらずテスラにてこずっているようです。数日前の記事でしたが、テスラの影響で株価にも影響しているらしいです(パナソニック、「朋友テスラの経営悪化」が深刻な経営リスク)。 私がパナソニックとテスラの関係を知ったのは、パナソニックがテスラの太陽電池事業への協業を発表した時でした。その時のテスラは、屋根材型太陽電池のような魅力的な商品を発表した直後だったので、この協業は楽しみだなと思って [続きを読む]
  • 朝日新聞の太陽光発電「19年問題」社説
  • 住宅用太陽光発電の最初の高値買取りユーザーの買取り期限が切れる「2019年問題」は、太陽光発電の関係者の中ではよく知られていますが、一般的にはあまり知られた話ではないかもしれません。そのためか、朝日新聞がわざわざ取り上げていました(「社説」太陽光発電「19年問題」に備えよ)。一般向けになるとこのような記事になるのでしょうかねぇ。しかし、一般の人が「2019年問題」を知る必要はそれほどないと思いますし、逆に、 [続きを読む]
  • おっ、シャープが不良パネルの回収へ!
  • シャープが太陽電池の安全点検・交換を行うと発表しました(シャープ、“瓦型”住宅用太陽電池モジュールの点検・交換を無料で実施)。交換まで行うのは2003年2月から2005年6月までに製造した10機種、点検だけ行うのは2005年7月から2006年1月までに製造した10機種。 確かに2003年から2005年頃の太陽電池で不良が多発したということを風のうわさで聞きました。私も設置後におかしくなった屋根太陽光発電を発見したことがあり(本 [続きを読む]
  • 2018年9月16日から20日の屋根発電実績
  • 定例の発電実績報告です。昨日までの5日間の発電実績は下表のようになりました。 今回も冴えなかったですね。パネル1kW当たりの一日平均発電量は2.412kWh、設備利用率が何とか10%にとどまった程度でした。9月も後半に入っていますが、この調子だと今月はあまり良い結果にはなりそうにないですね。 ------------経産省から督促されていた太陽光発電設備設置の諸費用などの報告(経産省のHPへの入力)の入力期限が9月20日だったと思 [続きを読む]
  • 中国の会社が日本でメガソーラーを作る!
  • トリナソーラーというと中国の大手の太陽電池メーカーですが、事業拡大の一環としてメガソーラーの建設や運営も手掛けています。今や世界各国でのメガソーラー開発を手掛けており、日本も対象国の一つとして既に60MWを稼働させ120MWが建設中とか。石巻では連系出力10MW(パネル出力14MW)のメガソーラーを稼働させたようです(「設計時にO&M担当者も議論」、石巻のゴルフ場後に見るトリナ・ソーラーの太陽光開発)。 記事を見ると [続きを読む]
  • ソニーもRE100に参加
  • RE100というのは、企業が自社で使う電力を100%再生可能エネルギーで賄おうという国際的な活動で、イギリスのNPOが運営しています。民間活動で日本ではあまり知られていませんが、世界で約140社が参加し、その中にはグーグルやアップルなど著名な大企業も含まれています。その活動にソニーも参加するというニュースがありました(ソニーもRE100加盟、「自己託送」で拠点間の再エネ融通も検討)。    RE100に参加する企業は再生可 [続きを読む]
  • 北海道の火発動き出す
  • 北海道の地震で止まっていた苫東厚真火力発電所の1号機が復活するようです。まだ試運転してみての話のようですが、とにかく良かったですね。 今回の地震では、一時北海道が全域停電になり、その後も電力供給不安が続きました。大地震の怖さを今更ながら感じます。それにしても、今回の停電に関しては外野がやたらうるさかったですね。原発派は「原発が動いていたら停電にはならなかった」、反原発派は「原発を動かしていても停電に [続きを読む]
  • ペロブスカイトとCIGSの積層太陽電池で変換効率22.4%達成
  • カリフォルニア大(UCLA)の研究室でペロブスカイト太陽電池とCIGS太陽電池のタンデム(積層)太陽電池で変換効率22.4%を達成したそうです(ペロブスカイト―CIGS積層型太陽電池で変換効率22.4%達成)。 22.4%というと、今のシリコン太陽電池の研究レベルで出されている変換効率よりも低いと思います。それでもこのニュースに意味があるとすると、低コストで製造できるとか、もっと高い変換効率を達成できるなどの可能性があるとい [続きを読む]
  • 2018年9月11日から15日の屋根発電実績
  • 定例の5日間発電実績です。昨日までの5日間の発電実績は下表のようになりました。 この5日間はあまり良い天気ではなかったですね。パネル1kWありの一日平均発電量は1.881kWhしかありませんでした。どうも今月は調子悪そうですね。そう言えば、先日、NHKの天気予報を見ていると、解説者が「9月は1年で一番日照時間が短い月」と言っていましたが、ほんとですかねぇ。日射量が一年で一番少なくなるのは11月か12月です。日照時間が一番 [続きを読む]
  • 太陽光発電の政府公式コストは過積載が前提
  • 先日、太陽光発電のFIT買取り価格が2020年代半ばに現在の半分になるというエネ庁発表を紹介しましたが、もう少し詳しい記事がありました(政府が太陽光発電のコスト目標を見直しへ)。 買取り価格を下げた経緯などはもう判った話なので特に触れませんが、この記事で関心があるのはFIT買取り価格引き下げのベースになる太陽光発電コストの詳細です。下表のようになっています。 今後の参考になるかなと表を見ていると、はぁーーー? [続きを読む]
  • 太陽電池の技術で中国が日本の特許取得
  • 中国大手のJAソーラーが太陽電池の製造方法で日本の技術をとったということです(JAソーラーのPERC技術を用いた両面発電セルの知的所有権が日本で特許取得)。記事のタイトルだけを見ていると何のことだか理解しづらいですね。ここでは技術の細かいことには触れないようにして、中身を検証してみたいと思います。 まずPERC技術も両面太陽電池技術も既知の技術なので、それだけでは特許をとることはできません。ただこれらを組み合 [続きを読む]
  • 太陽光発電の買取価格を半額以下に下げる!
  • 経産省がFITの太陽光発電買取り価格を2020年代の半ばに現在の半額以下にする方針を発表しました。下のような記事です。 当然のことですが、現在運営している人の買取り価格を下げるのではなく、今後新規に始める人の価格を下げていくという話です。記事に買取り価格を下げていくグラフが載せられていますが、これを見ると、これまでの価格低下とほぼ同じペースで行くと2020年代半ばに現在の半額が達成されるので、特に新しい話とい [続きを読む]
  • 電力がデジタル化されるの?
  • 九州電力がデジタルグリッドに参加するというニュースがありました(九電もデジタルグリッドに出資、再エネ電力の直接取引を実現)。 デジタルグリッドという名前を私が初めて聞いたのは東ガスが出資した時で、どうもこれはブロックチェーンを利用した電力取引システムらしいということだけは理解できました。そのころ東電もブロックチェーンを利用した電力取引事業を始めるという話があり、東ガスはそれに対抗したのかなと思って [続きを読む]
  • 2018年9月6日から10日の屋根発電実績
  • 急に涼しくなりました。定例の発電実績報告です。昨日まで5日間の屋根発電実績は下表のようになりました。 パネル1kWあたりの一日平均発電量は3.672kWh。まぁこんなものですかね。 日も短くなってきました。もうすぐ秋分です。これからはますます日が短くなっていって、太陽光発電をやっている人間にはさみしい季節です。せめて秋晴れの日が多くなることを祈っています。 ブログランキングに参加しています。ブログを面白いと [続きを読む]
  • 太陽光の出力が強制制御されるってぇ!
  • 昔は「抑制」されると言っていたように思いますが、今は「制御」されると言うのですかね。とにかく太陽光発電の出力が電力会社から制御される時代になりました。ここで言う制御とは、太陽光発電の出力が大きくなりすぎると、電力会社が太陽光の出力を抑えることができるようにするシステムのことです(再エネの発電量を抑える「出力制御」、より多くの再エネを導入するために)。「抑制」の方が適切な表現だと思いますが、婉曲な「 [続きを読む]
  • 太陽光の落札ゼロ! まさか談合じゃぁ???
  • 日本の太陽光発電は高いというのが今やこの世界の常識です。これにはFITで高い買取り価格が設定されていることが原因と言う見方があります。経産省もこれには問題意識が強く、昨年からFITを入札制にし、競争原理で価格低下を誘導するようにしました(ただし、入札制は2000kW以上の大規模発電所の場合だけで、中小規模は従来通り)。 しかし第1回目の入札では売電価格の上限を公表して行ったため、落札のFIT価格が公表値近くに高止 [続きを読む]
  • 災害に強い家とは
  • 北海道の大地震でメインの発電所が止まり、全域停電となって多くの人が不自由な生活を余儀なくされています。幸い北海道電力の努力で3日目には何とか全域に給電できるようですが、まだ完全な形でなく不安が残ります。報道で停電している状況が報じられるのを見ると、我家は太陽光があるので、少なくとも昼間に電気が使える分、安心だなと感じます。しかし、夜は使えません。バッテリーがあると良いのでしょうけれど・・・。 という [続きを読む]
  • 台風で壊れたパネルはリサイクルされるかな
  • 今回の集中豪雨や台風で多くのパネルが壊れて廃棄処分になるでしょう。廃棄太陽光パネルは産廃扱いになります。リサイクルについてはいろいろ提案されていますが、まだ実用化には至っていないと私は思っていました。しかし太陽光発電協会(JPEA)がパネルのリサイクル対応する産廃業者を発表しました(JPEA 太陽光発電協会の8/27のトピックス)。 下記のように21社が掲載されています。 パネルのリサイクル技術については、NPCがガ [続きを読む]
  • 台風のあった9月1日から5日の屋根発電実績
  • 西日本集中豪雨の災害もまだ記憶に新しいうちに台風21号の災害が大変だと思っていたら、今度は北海道で震度7の地震。今年はまるで神に祟られているような年ですね。とにかく、北海道の被害が少ないことを祈ります。で、昨日までの5日間の屋根発電実績は下表のとおりになりました。 台風21号の直撃は免れましたが、関東地方に停滞していた驟雨前線が刺激されて悪い天気が続き、パネル1kWあたりの一日平均発電量は2.346kWhしかありま [続きを読む]
  • 台風でパネルがいっぱい飛んだ
  • 台風21号で太陽光パネルが飛ばされたという話をあちらこちらで聞きました。Twitterでもその写真が随分流れていました。下の写真はその一部です。    今回の台風の風の威力は凄まじく、場所によっては50m/sを超える勢いで吹いていたとか。屋根瓦や看板、更には車までも風で飛ばされていたようです。50m/sというのは凄いですよ。私の太陽光の設計耐風速は38m/sまでしかありません。これでも基準風速に対応しているのですけれどね [続きを読む]
  • 家庭用エネルギー管理の進化を期待
  • 家庭のエネルギー管理と言うとHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を思いつきます。これまでのHEMSがどうであったか良く知りませんが、これからはかなり進んだHEMSが普及してくるのではないかという気がします。それは、2019年問題で太陽光発電の高値売電が終了したユーザーが、太陽光発電の自家消費のために進化型HEMSの普及をけん引してくれるという予想からです。最近のHEMS関係の次のような記事を見てそう感じ [続きを読む]
  • 「停止要求」って何のこっちゃ!
  • 電力業界では普通「抑制」と言うのですが、「停止」とはまた随分きつい言葉を使ったものですね。朝日新聞さんは何か意図があるのでしょうか(太陽光発電、九電が停止要求の可能性 原発再稼働も)。 記事に書いてありますように、太陽光発電も普及が進み、九電ではこのゴールデンウィーク時に太陽光発電が電源供給のほとんどを占める(8割以上)という事態が発生しました。問題は、太陽光発電が急に増えたり減ったりした時、それを [続きを読む]
  • FIT法の抜本的見直し
  • 少し前の記事にFIT法が2020年に抜本的に見直されることが説明されていました(迫るFIT法“抜本的見直し”/再エネ自立へ新支援策を模索)。抜本的というのは廃止を意図しているようです。 既に大規模太陽光は入札になり、産業用小規模も買取り価格18円/kWhで2020年にはもっと下がるでしょうから、売電価格での優遇はほとんど無くなっているでしょう。記事にもありますが、もともとFIT制度は普及のための一時的なものという位置づけ [続きを読む]
  • 2018年8月の太陽光発電まとめ
  • 先月の我が家の8月屋根発電の結果がまとまりました。まず設置以来の、月平均1kWあたり一日発電量の経過です。赤線が2018年です。 この8月は、5年間の8月では最高の発電量となりました。これは7月に続いて2ヵ月連続です。この調子で行ってくれたら良いのですけれどね。なにしろ今年はずっと(特に5月が異様に)悪かったですから、まだまだこれまでの悪かった分を取り返していかなければなりません。 次に、他発電所との比較グラフで [続きを読む]