シュレーゲル雨蛙 さん プロフィール

  •  
シュレーゲル雨蛙さん: シュレーゲル雨蛙、ちいさなつぶやき
ハンドル名シュレーゲル雨蛙 さん
ブログタイトルシュレーゲル雨蛙、ちいさなつぶやき
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/harmankardonpm665
サイト紹介文クラシック音楽をLPレコードで。オーディオも大好き。その他、民俗学、文化論、昆虫、などなど。
自由文北海道生れて、東京に遊学、名古屋に職を得て、関西に転職しました。末は南半球か。どこもまた、楽しそうです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2014/11/14 16:12

シュレーゲル雨蛙 さんのブログ記事

  • このジャケットは何だろう?
  • ショスタコーヴィッチです。レーベルはこのようなもの。国内盤ですが、重さがあり、音質もよいと思います。今日はYAMAHA GT-2000L →テクニクス SU-40A →LUX SQ38FD(パワー部)それはまあいつもの。問題は、いつも不思議に思うこのジャケット‼? ショスタコーヴィッチの交響曲第1番がメインかと思うのですが、バレー黄金時代の組曲に引きずられたジャケットらしい。裏の解説には、「後に残るほどの優れた音楽とは言 [続きを読む]
  • CDのリッピングを続ける
  • CDの整理がしばらくほかっておいたものが多く、行方不明やなんやかやで、リッピングの作業も止まりがちです。ぼくの持っているICレコーダーは3種。いずれもオリンパス製。パソコンの中の作業を煩瑣にしないためソフトを統一しているのです。仕事に使用しているのは、64ギガバイト容量のSDカードを入れてあります。インタビュー用。音楽聴く用は、32ギガバイトのものです。その中にあれこれ、データが入っています。FM [続きを読む]
  • リッピング。
  • ぼくはレコードとCDとFM放送とを楽しんでいる蛙です。ところがこの2日ほど我が家のCDプレーヤーが不調になり、こうなるとレコード、FM放送よりCDに却って執着する悪い癖が出てしまった。しかし山水の古いCDプレーヤーを修理できるかしら?仕方ない。このしばらくはICレコーダーにリッピングしてそれをアンプに繋いで凌ぐことに決定。パソコン家で使うのは味気ない。が仕方ない。何をリッピングしよう。久しぶりがいいな。というわ [続きを読む]
  • 2018年12月2日 神戸市内
  • 師走ふつかとなりぬ。空晴れぬ。神戸市内めぐりて、虫といふものをるやをしらべけり。師走なりぬれば山川いと寒かりなん、虫なんどのをるべうもあらず、とおもひたりしが……。クマバチカスミカメの仲間かキゴシハナアブセスジツユムシのメスかオンブバッタアキアカネのオスか同メスかヤマトシジミベニシジミ冬型事典見ていないので種の同定は心もとなし。 [続きを読む]
  • これは何だろう? ガガンボモドキ? 
  • 一昨日、歌家人が発見し、自宅の階段にて撮影しました。しばらく撮影して、近づきすぎたら飛んだのですが、ガガンボにしては飛び方がふわふわしていませんし、ずんぐりに見えます。目が綺麗です。体の色も鼈甲に似て綺麗。ガガンボモドキ? それにしても腹部を120度くらいにピーンと立てるのは何だろう?ヤマトシリアゲとは尻尾の上がり方が全然違う。ベッコウガガンボとは羽が違う。息もよう分かりませんとのこと。どなたか、ご [続きを読む]
  • マイルスの小川
  • 某日、マイルストーンにいきました。この店は、かつてよく通いましたが、神戸からなかなか行かれるものじゃござんせん。相変わらずなのがうれしいですが、トイレの張り紙に、電蓄SPコンサートの予告(よく見たら先月でした)があって、電蓄流行っているんですか? よく分かりません。聴いたのはマスターが次々とかけるLPやCD。リクエストはしません。いつもは聴かないプレイヤーや曲を楽しめます。たとえば今回は1993年の [続きを読む]
  • ぼーっと…枯葉
  • 土日に埼玉辺りにいましたが、今日は職場でいつもの仕事。帰宅してから何をする気力もなく、これは遺憾とレコードをかけています。これはKING盤。枯葉です。昨夜のポートライナーから見た海。いまラブ・フォー・セールに。これ邦訳したら(しても!)身も蓋もないねえ。 [続きを読む]
  • フルトヴェングラー&バイロイト祝祭の第九
  • ネコパパさんのブログに誘われて、家捜ししました。手元にある同演奏異盤。左上に立て掛けてあるのがモノラル国内レコード全集。その下に寝ているのが疑似ステレオ5&9。右の寝ているCDが1984年英国referenceモノラル盤。右の下手前が足音入り9&1モノラル盤。フルトヴェングラーさんはやはり偉大だ。知らず知らずたまっていました。まずはCDからききはじめました。山水のCDプレーヤーにフィデリックスの20000ヘルツ以上を補正して [続きを読む]
  • 猫と鉄道 尾道
  • https://www.msn.com/ja-jp/news/national/尾道駅駅裏の名物猫死ぬ-愛され%ef%bc%92%ef%bc%90年、全国にファン/ar-BBPRAws?ocid=spartanntp?毎日新聞の記事、「尾道駅:駅裏の名物猫死ぬ 愛され20年、全国にファン」ひょっとしてこの子か? あまりに人懐こいので家族とも記念撮影しましたが有名猫だとは存じませんでした。合掌2017年3月我が家の鈴虫・鈴江さんも11月17日にお亡くなりになりました。蛙は旅にしあれば最期は家人 [続きを読む]
  • 飛行機から見た地理学習('_'?)その2
  • 近畿から東海に移ります。伊吹山、関ケ原近辺かな。ど真ん中じゃない感じ。南にずれているか。さて、木曽三川も見えにけり。西から揖斐川、長良川、木曽川。ナガシマスパーランドや桑名市辺りになるのかしら。名古屋は、東山タワーは (゜Д゜≡゜Д゜)? たぶんあそこ。天竜川? 大井川?ここは?安倍川辺り? まんなかが静岡市。右が清水市。左が焼津市。と昔なら言うんだろうが。すみません静岡県はよく判りませんでした。し [続きを読む]
  • 飛行機から見た地理学習('_'?)
  • 蛙は高い所も大好きです(じつは金槌です)。というわけで、飛行機乗るときは窓側を大抵予約します。さて先日の神戸空港〜羽田空港の移動は、淡路島を下に遠くは四国です。これは姫路か岡山か、この辺りから右旋回、兵庫県山間部、寒さで朝霧です。京都市です。手前の川は桂川。御所、右の鴨川と高野川合流点。合流点Y字上方が下鴨神社、Y字下方右隅からが京都大学辺り。琵琶湖南側。_(^^;)ゞ絶景かな! [続きを読む]
  • 真鍋昌賢さんが第40回サントリー学芸賞を受賞しました。
  • 隣人氏の友人、真鍋昌賢さんがこのたび第40回サントリー学芸賞を受賞なさいました。https://blogs.yahoo.co.jp/harmankardonpm665/40859114.html? 以前、ご紹介した本です。真鍋さん、おめでとうございます。蛙は、信仰はあんまり熱心じゃあないんですが、夢見ということはありまして。先週木曜の暁に、関敬吾先生の夢を見ました。細部はさておいて、なぜか関先生と蛙とが東京から京都駅(今のじゃなくて、古いやつ)まで出かけ [続きを読む]
  • N響レジェンド 2018年11月3日放送分を聴いて
  • 11月3日のN響レジェンドは、大野和士のN響デビューでした。内容は次のとおりです。------------▽大野和士のN響定期デビュー 檀ふみ【解説】池辺晋一郎(1)「ジークフリートの牧歌」 ワーグナー作曲(19分45秒)(2)「交響曲第10番 ホ短調 作品93」 ショスタコーヴィチ作曲(55分20秒)以上(管弦楽)NHK交響楽団(指揮)大野和士〜NHKホールで収録〜 (1991年2月14日)(3)「組曲から序曲」 バッハ作曲、マーラー編曲(7 [続きを読む]
  • 蛙放談
  • だいたい蛙が人間気取りで政治に首を突っこむなんてえのは、ケシカランね。あんなもんはぶっつぶしてしまやいいんだ。などと小浜利得先生に叱られるのを承知でいままで書き込んで参りましたが、先日、ヨシタカさんにどうしたの?などと、尋ねられると、どうもナンデスナ、くじけてしまいまして……。今日は、反省ついでに、懺悔(これは中世にはサンゲと「サ」は清音だったンですよ)いたします。それというのも、政治家を見くびっ [続きを読む]
  • ここで1時間以上いました。何だか立ち去りがたいところでした。
  • 広島市の中心部に紙屋町というところがあります。名古屋でいうと栄の三越前か矢場町の松阪屋前でしょう。神戸でいうと三ノ宮のそごう前か元町の大丸前でしょう。エディオンの本店が工事中でした。広電が走っています。ここは紙屋町西停車場です。ここ、どういう場所か御存じかしら。明治には紙屋町じゃなくて猿楽町といっていた一角です。この工事中の場所は、スズキミエキチという人の生家跡です。いま、周囲に人家はありません。 [続きを読む]