学習法指導塾PHI さん プロフィール

  •  
学習法指導塾PHIさん: 大逆転続々!学習法指導塾PHIの次世代教育法(^^)/
ハンドル名学習法指導塾PHI さん
ブログタイトル大逆転続々!学習法指導塾PHIの次世代教育法(^^)/
ブログURLhttps://ameblo.jp/gakusyuuhousidoujuku-phi/
サイト紹介文子供のなぜ?を大切にし勉強法をゼロから教える。変化がハッキリわかると大好評のPHIの学習法指導。
自由文子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
勉強法をゼロから教える。
「子供の変化が目で見てわかる」
と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供222回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2014/11/15 00:50

学習法指導塾PHI さんのブログ記事

  • テストの後の話し方で大切なのはリスク管理!
  • 予め予告しておきます。今回は辛口です。絶対の自信がある教育論をお持ちの方は読まないで下さい。というより,読む必要がありません。ではいきなりですが、質問です。以下の2つの塾ならどちらにお子様を通わせたいですか?・偏差値が10伸びる可能性はあるが、40%の確率で10下がる可能性もある塾・最大でも2しか伸びないが、下がる事はない塾この場合、大抵の方は2しか上がらなくても、下がらない方を選びます。もう一つ [続きを読む]
  • テストの後の叱り方で子どもは変えられる!
  • 二期制の学校はそろそろテストでしょうか。PHIの子どもたちもテストが終わってきましたが,出来具合はなかなか。1年の時に30,40点だった社会が80,90点になる子が続出!毎年の事とはいえ,今年はいつも以上に全く点が取れていない子たちばかりだったので,ここまで80点以上ばかりになると爽快\(^o^)/自己ベスト更新も半分くらい。ほとんどの子が伸びていて,下がった子は数人。そんなわけで叱る必要がなさそうなPHIの結果 [続きを読む]
  • 夏の結果が試される試験!どう声をかけるべき?
  • 昼休み時間の教室が騒がしい。ということでこっそり隠れて聞いていると,みんなでしりとりをして盛り上がっていました。でもその内容が第二次世界大戦以降の社会に関するものを使ってしりとりするというもの。小学生も交えて,思いついた人がヒントを出しながらみんなでつなげていくというスタイルでした。「ナチス」「スイス」「スイスって第二次世界大戦で出てきたっけ?」「中立国として軍隊は出してるし,いいんじゃね?」「じ [続きを読む]
  • 2018年8月の時事問題!(*'ω'*)
  • 2018年8月の時事問題を公開,更新致しました。★以前の時事問題に関してはこちらを 。とうとう検索ランキング,公式ハッシュタグで1位になりました!\(^o^)/続々と「全部ここから出ました!ありがとうございます!」といったメッセージを頂く事が多くなり,大変嬉しく思います(*´ω`*)しかしながら,時事問題は先生の興味や関心にも左右されます。ここから出ると信じ込むのではなく,ここにある問題は押えておく [続きを読む]
  • 勉強してるのに空回りするのはなぜ?どうすれば防げる?
  • とある保護者様からこんな話を聞きました。「最近とても勉強するようになったんですよ。今までは私が帰ってくるとゲームや携帯ばかりいじっていて、勉強しなさいっていうやり取りばかりだったのに、今はご飯が出来たと呼ぶまで勉強するようになったんです。」と。私はおかしいと思いました。私が見る限り全く勉強している様子はなかったからです。そこで本人に聞いてみるとこんな答えが。 「いつも帰ってくると,『遊んでばかりい [続きを読む]
  • 受験の夏も折り返し!大量の教材,プリントに振り回される皆様へ
  • 夏も折り返しになると親の焦りもどんどん強くなるもの。それに対して子どもの危機感は全く現れず,危機感のギャップは日増しに大きく…果たしてこんな状態で受験に間に合うのか…日々自問自答が繰り広げられてきます。不安がつのってきた時にやりがちなのが教材の積み上げ。色々な教材を出して来たり,購入してきたりして机の上が山積みに。量があるとやっていないことに不安を覚え,やろうと思っても終わらない。選んでみようと思 [続きを読む]
  • 作文はどうやって書かせればいいの?
  • 夏休みになると多くの方が悩まされるのが作文。最近は読書感想文だけではなく,課題作文を課す学校も増えてきて,ますますその重要さは増してきています。そのため,今回はまず読書感想文の書かせ方について。読書感想文と聞くと気遅れする人も少なくないでしょう。苦手な人にとってはほんと何を書いていいか全く分からず手も動かない。でも書け書け言われて,とりあえずあらすじや本文から抜粋して書いて…最後に感想を載せる, [続きを読む]
  • 2018年7月の時事問題!(*'ω'*)
  • 2018年7月の時事問題を公開,更新致しました。★以前の時事問題に関してはこちらを 。とうとう検索ランキング,公式ハッシュタグで1位になりました!\(^o^)/続々と「全部ここから出ました!ありがとうございます!」といったメッセージを頂く事が多くなり,大変嬉しく思います(*´ω`*)しかしながら,時事問題は先生の興味や関心にも左右されます。ここから出ると信じ込むのではなく,ここにある問題は押えておく [続きを読む]
  • 早稲田アカデミーの子の学習法診断φ(..)
  • これは早稲田アカデミーに通っていた中学生の英語のノートです。この子はご近所の英語塾にも通い,早稲田アカデミーにも通っているので英語は出来ていたのですが,どんどん下がっていってしまったということで学習法診断の依頼が来ました。早稲田アカデミーでは最近面談もあったようで,先生とも話をしてきたとのことですが,その時に話された内容は,「夏挽回しましょう!」だけだったとのこと。具体的な方法や戦略の話はなかった [続きを読む]
  • 火星の最接近を見て,考える力を試してみよう(*´▽`*)
  • 2018年7月31日は火星が地球と最も近づく日です。前回の最接近が2003年の5576万km。今回が5759万kmなので前回には及びませんが,6000万km以内まで近づくのは15年ぶり。しかし15年前となると今の小中学生は見ていないはずなので,実質初めて見る最接近となります。といっても月ほど明るい訳ではないので,せいぜい遠くに見える飛行機のライトと同じくらいの大きさですが,いつもよりも赤く,大き [続きを読む]
  • 夏休み!子どもを伸ばす自由研究の題材探しと進め方は?
  • 暑い日が続いてますね。そして夏休みが始まりますが,自由研究はお決まりですか?(笑)PHIでは自由研究の質問も受け付けているので毎年子どもたちから質問の嵐になります。でもPHIが教えるのはあくまで方針や考え方のヒントであって,手伝ったりはしません。あくまで研究とは何か、どう進めていくのがいいか,などの指南。手伝ってしまったら自由研究ではなくて誘導研究になってしまいますからね(笑)というわけで,今回は子ど [続きを読む]
  • 七夕を「たなばた」と読むのはなぜ?
  • 七夕を「たなばた」と読むのはなぜでしょうか。由来はともかく,どうしてこうなったかは意外と推測できるので,子供に考えさせてみるのもいいでしょう。結論から言ってしまえば,七夕というのは元々違う読み方で,「たなばた」と呼ばれていた行事と一致していたため,合わさってしまったというところです。もう少し詳しくお話し致しますと,七夕は本来「しちせき」と呼ばれていた宮中行事の1つでした。これは中国から伝わった詩歌 [続きを読む]
  • 早稲田アカデミー中学受験の子の診断をしてきましたφ(..)
  • 先日は早稲田アカデミーの中学受験の子の診断をしてきました。早稲田アカデミーの場合,先生の個性が割と出るため一概に言えないのですが,この子の場合は公式集というものを作らせて,それを見ながら解かせるという手法を教えられていました。そのため角度の問題を解かせてみると,やはり公式を用いて「これかな?」という感じでよくわからないまま当てはめて解いて,1回目は不正解,2回目に別の公式に当てはめて正解しました。 [続きを読む]
  • 大麻はいわゆる麻と同じ植物!
  • 先日,参院議員会館で大麻が発見されて大騒ぎになりましたね。大麻なんて見る機会もないですからあっても気付かないですけどね。子どもたちにも「大麻って何?」と聞かれたのでちょっと話をしていました。大人なら大麻と言われれば麻薬とすぐに結びつくと思いますが,小中学生には麻薬が理解できません。中学生の保健体育で少し習う程度ではないでしょうか。しかし意外と知らないだけで,結構身近なものでもあるのです。まず大麻と [続きを読む]
  • どんどん増えている「STEM教育」とPHIの教育論
  • STEM教育というのをご存知でしょうか。・S : Science 「科学」・T : Technology 「技術」・E : Engineering 「工学」・M : Mathematics 「数学」の頭文字を取ったもので,実戦的な研究を通して教育を行うものです。トランプ大統領がSTEM教育に2億ドル(約220億円)の補助金を出したことでも有名になりました。日本でも2020年から国立大学の入学者の3割を,優れた研究をした高校生とする検討に [続きを読む]
  • 2018年6月の時事問題!(*'ω'*)
  • 2018年6月の時事問題を公開,更新致しました。★以前の時事問題に関してはこちらを 。とうとう検索ランキング,公式ハッシュタグで1位になりました!\(^o^)/続々と「全部ここから出ました!ありがとうございます!」といったメッセージを頂く事が多くなり,大変嬉しく思います(*´ω`*)しかしながら,時事問題は先生の興味や関心にも左右されます。ここから出ると信じ込むのではなく,ここにある問題は押えておく [続きを読む]
  • ホタルから学ぶ中学受験の勉強\(^o^)/
  • みなさんホタルは見た事ありますか?以前(1950年代)はそこかしこの川で見られたらしいのですが,今では山の中の自然が残っているところや,保護されている地区でしか見る事ができません。そのためホタルを実際に見たことがない子どもも多いようです。しかし,中学受験にはホタルは出てきます。まぁそんなに必須と言われる程ではありませんが,一度生で見ておく機会はあってもいいでしょう。そんなわけで,まずホタルについて知 [続きを読む]
  • テスト前とテスト後,大切なのはどっち?
  • テストが近い子にとって,テストで何が出るかはとても重要な問題。親も何点くらい取って欲しいとか,何位ぐらい目指して欲しいとか,偏差値いくつは必要とか,色々期待を込めて予想することと思います。もちろん予想することはいけないこととは言いません。期待するなとも言いません。しかし,成績を予想すると,大抵希望的観測が入るため,実際には予想よりも悪くなることの方が多いでしょう。そのため,予想通りに行かないと「裏 [続きを読む]
  • 兄弟の教材は取っておくべき?
  • 先日相談を頂いたご家庭は,お姉さんの中学受験の時の教材を取ってありました。しかし下のお子様も塾に通っており,そちらの教材もあふれていました。上の子が通っていた塾と下の子が通っている塾は違うため,教材も異なります。そのため,上の子の教材を下の子でもやらせて数をこなさせようと考えていたようです。このように兄弟の教材を取って置くご家庭も多いのではないでしょうか。そこで今回は兄弟の教材を取っておく必要性に [続きを読む]
  • 教え方の違いとその差が表れました(*^▽^*)
  • 四谷大塚の小5理科,てこの応用問題を解いたノートがこちら。 若干間違えていますが,自分で気付いて正解にたどり着いています。丁度これを解いた時に,大手の四谷大塚系の塾から転塾して来た生徒が一言。「これ難しくない?応用とか全然わからないから適当に解いてたよ。勘だけど,よくわかってないからテストでは5点とかだったよ。」「え?それって10点満点?」「ううん,100点満点。でも先生にも何も言われなかったから [続きを読む]
  • 2016年10月までの時事問題(^^)
  • 2016年10月の時事問題を公開,更新致しました。以前の時事問題に関してはこちらを 。続々と「全部ここから出ました!ありがとうございます!」といったメッセージを頂く事が多くなり,大変嬉しく思います(*´ω`*)しかしながら,時事問題は先生の興味や関心にも左右されます。ここから出ると信じ込むのではなく,ここにある問題は押えておくという考え方にして下さい。また,PHIでは基本的に社会的,科学的発展性 [続きを読む]
  • ショートケーキのショートはスカートと同じ意味!?
  • 「ショートは英語で短いという意味だから,ショートケーキは短いケーキっていう意味?」と先日子どもに聞かれました。もちろん違います(笑)ホールケーキは全然短くないですからね。これは英語の単語には複数の意味があるというのを教えるいいきっかけになると思います。ショート(short)には「短い」以外にも「もろい,さくさく崩れる」という意味もあります。また料理をする方はご存知と思いますが,食用油を原料とした食用油脂 [続きを読む]
  • 2018年5月の時事問題(≧▽≦)
  • 2018年5月の時事問題を公開,更新致しました。以前の時事問題に関してはこちらを 。続々と「全部ここから出ました!ありがとうございます!」といったメッセージを頂く事が多くなり,大変嬉しく思います(*´ω`*)しかしながら,時事問題は先生の興味や関心にも左右されます。ここから出ると信じ込むのではなく,ここにある問題は押えておくという考え方にして下さい。また,PHIでは基本的に社会的,科学的発展性が [続きを読む]
  • 子どもに自白させる方法(・∀・)
  • 例えば取り上げてたゲームや携帯をこっそり持ち出してやっていたり,こっそりテレビを見ていたり。答えだけ写して宿題が終わったかのように見せかけたり。「勝手に持って行ってやってたでしょ!」と問い詰めても,「持って行ってないよ!」と言い張られ,「テレビ見てたでしょ!」と問い詰めても,「見てないよ!」と言い張られ,絶対認めないこと,ありませんか?こういう時に有効な自白誘導法があります。取り上げたゲームや携帯 [続きを読む]