背番号31 さん プロフィール

  •  
背番号31さん: 闘うSCD
ハンドル名背番号31 さん
ブログタイトル闘うSCD
ブログURLhttp://fightingscd.seesaa.net/
サイト紹介文難病と闘うSCD患者の日記。SCD=脊髄小脳変性症。人生は一度だけ。あきらめません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/11/15 09:01

背番号31 さんのブログ記事

  • パーキンソン病
  •  報道によりますと、パーキンソン病にも有効か=皮膚がん薬に可能性−神戸大などとのこと。 皮膚がんの一種である悪性黒色腫の薬「ダブラフェニブ」には、神経細胞の死滅を抑制する作用もあり、パーキンソン病の治療薬になる可能性があると、神戸大と大阪大、東京大の研究チームが発表。論文は16日付の英科学誌ヒューマン・モレキュラー・ジェネティクス電子版に掲載。  パーキンソン病は脳で神経伝達物質「ドーパミン」を生 [続きを読む]
  • 脳関門を通過
  •  少し前のプレス発表ですが、画期的なので取り上げます。 東京医科歯科大学の発表。神経難病に対する新薬開発において最大の障壁となっている血液脳関門を通過して、代表的な分子標的薬であるアンチセンス核酸を中枢神経系に送達する新技術を開発したとのこと。三つの脳血管内皮細胞の角が接する部位(三細胞間)の密着結合に作用する蛋白質断片「アンギュビンディン1」を静脈注射したマウスでは、その後に静脈注射したアンチセ [続きを読む]
  • ALSの症状が改善した!
  •  報道によりますと、幹細胞を静脈点滴することでALSの症状改善したとのこと。以下は記事からの抜粋です。------------------------------------------------------------------ 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者に本人の脂肪組織にある幹細胞を培養して静脈に点滴したところ、症状が改善した例があったと、NPO法人再生医療推進センター(京都市下京区)が5日、発表した。幹細胞は無血清の培地で培養しており、安全性も確認したという [続きを読む]
  • 治験の人数
  •  報道によりますと、京大のパーキンソン病 iPS治験 対象患者は7人で年内移植とのこと。以下は記事からの抜粋です。---------------------------------------------------------------------  京都大は30日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞を神経難病のパーキンソン病の患者の脳に移植する世界初の臨床試験(治験)を8月1日から開始し、年内にも1例目の移植手術を実施すると発表した。患者計7人に神経.. [続きを読む]
  • パーキンソンの治験承認
  •  報道によりますと、「iPS再生医療、パーキンソン病患者で治験へ。京大が国内初」とのこと。世界初のiPS細胞のパーキンソン病への応用です。待ってました!以下は記事からの抜粋です。---------------------------------------------------------------- iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞をパーキンソン病患者へ移植する再生医療の治験を京都大が始めることが29日、関係者への取材で分かった。近く参加 [続きを読む]
  • 大日本住友
  •  報道によりますと、「大日本住友製薬は他家iPS(人工多能性幹細胞)細胞由来の再生医療向け細胞医薬品の量産を確立し、2019年度から人への投与が可能な体制を整える。大阪府内に今年立ちあげた細胞医薬工場で製造・品質の管理基準GMPに沿う生産体系を築く。同社の細胞医薬事業は京都大学と共同開発中のパーキンソン病治療などに加え、細胞や臓器を遺伝子操作をした「遺伝子治療」への応用が視野にある。その基盤技術にもなるとみて [続きを読む]
  • 大日本住友
  •  報道によりますと、「大日本住友製薬は他家iPS(人工多能性幹細胞)細胞由来の再生医療向け細胞医薬品の量産を確立し、2019年度から人への投与が可能な体制を整える。大阪府内に今年立ちあげた細胞医薬工場で製造・品質の管理基準GMPに沿う生産体系を築く。同社の細胞医薬事業は京都大学と共同開発中のパーキンソン病治療などに加え、細胞や臓器を遺伝子操作をした「遺伝子治療」への応用が視野にある。その基盤技術にもなるとみて [続きを読む]
  • 滑舌
  •  最近滑舌がワンランク良くなったと思ってます。先日保有していた中国株の手仕舞いを電話で證券会社の社員と電話で話した時に気が付きました。一度も聞き返されずに会話できました。約10分間。私はオンライン株なので、證券会社の社員と初めて話しました。 発病前の滑舌を10として、3年前に2まで落ちましたが、その頃に訪問リハビリを始め、4まで戻っていましたが、今回5まで戻った感じです。やはりリハビリは嘘をつかないですね [続きを読む]
  • 滑舌
  •  最近滑舌がワンランク良くなったと思ってます。先日保有していた中国株の手仕舞いを電話で證券会社の社員と電話で話した時に気が付きました。一度も聞き返されずに会話できました。約10分間。私はオンライン株なので、證券会社の社員と初めて話しました。 発病前の滑舌を10として、3年前に2まで落ちましたが、その頃に訪問リハビリを始め、4まで戻っていましたが、今回5まで戻った感じです。やはりリハビリは嘘をつかないですね [続きを読む]
  • いよいよ治験
  •  報道によりますと、パーキンソン病とALSの遺伝子治療、来年にも治験…数年後の治療薬実用化目指すとのこと。 京大IPSでも治験の話が進んでいるようですから、一気に前進。下記は記事からの抜粋です。延長線上に脊髄小脳変性症もあるので楽しみです。------------------------------------------------------------------------ 運動障害などを引き起こす難病「パーキンソン病」や、全身の筋肉が衰える難病「筋 萎縮いしゅく [続きを読む]
  • 片足立ちの練習
  •  歩く時に歩幅が広げられないのは、片足立ちが数秒しかできないことが原因という仮説に基づき、片足立ちの練習を始めました。 この動画のように練習しています。 外歩きの時に、安定感と歩幅改善を療法士が確認。 地味ですが、今後に期待しています。 [続きを読む]
  • iPS偏重から脱却、ESも
  •  報道によりますと、京都大学は7月にも再生医療向けに、受精卵から作る万能細胞の提供を始めるとのこと。ES細胞を使う治療研究は世界で活発だが、別の万能細胞であるiPS細胞を重視する日本は出遅れていました。これを機に産官学で研究の裾野を広げ、柔軟に治療法開発を進めるべきというのが結論。下記は報道からの抜粋。---------------------------------------------------------------------------- 受精卵から得る細胞は胚.. [続きを読む]
  • ALS治療で大きな一歩
  •  報道によると、ALS原因を抗体で除去、京大・滋賀医大など手法開発…治療へ「大きな一歩」とのこと。以下は記事の抜粋。脊髄小脳変性症にも関連があると思います。-------------------------------------------------------------------- 全身の筋肉が衰える神経難病「筋 萎縮いしゅく 性側索硬化症(ALS)」で、病気を引き起こすとされる異常なたんぱく質を除去する手法を開発したと、滋賀医科大や京都大などのチームが発 [続きを読む]
  • リプロセル近況
  •  報道によりますと「リプロセルが再生医療製品の開発加速、22年3月期に黒字化へ」とのこと。  iPS細胞関連の研究試薬などを手がけ、再生医療の実用化を目指すリプロセルは、2022年3月期にも黒字化して投資を回収する目標を明らかにしました。脊髄小脳変性症向けの細胞医薬品は遅くとも19年度までに国内での臨床試験(治験)を始めて21年度ごろの発売を視野に入れるほか、中枢神経の疾患を対象にしたiPS細胞の再生医療製品は20年代 [続きを読む]
  • ネタが少ない
  •  最近、脊髄小脳変性症/パーキンソン/ちりとALSに関する画期的な再生医療の情報が超少ないのです。 それにキッセイのロバチレリンの承認やステムカイマルの治験についても表には何も出て来ないので、困ります。 自分のリハビリを工夫するのが精一杯。 株主総会シーズンが終わればと、淡い望みを持っています。 辛抱ですね。 [続きを読む]
  • ロバチレリン
  •  最近の報道によりますと、「キッセイ薬品工業株式会社(代表取締役会長兼最高経営責任者:神澤陸雄)は、このたび、脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373(一般名:ロバチレリン)の第Ⅲ相臨床試験において、主要評価項目である運動失調を評価するSARA合計スコアの変化量について、プラセボと比べて統計学的に有意な改善が認められなかったことをお知らせいたします。当社は今後、今回の試験により得られた結果について、重症度による部 [続きを読む]
  • 伝子改変で認知症の原因物質抑制
  •  報道によりますと、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った脳細胞で、アルツハイマー病との関連が疑われる遺伝子を改変すると、原因物質の分泌が抑えられたとの実験結果を米国の研究チームが31日付の米科学誌ニューロン電子版に発表したとのこと。 遺伝子は「アポE」と呼ばれる。100人に14人程度はこの遺伝子に特定の変異があり、他の人よりアルツハイマー病を発症する危険性が高いことが分かっているそうです。 米マサチュ [続きを読む]
  • ALSの原因、抗体で除去
  •  報道によりますと、全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因タンパク質を細胞内から除去する「抗体」を開発したと、滋賀医科大の漆谷真教授(神経内科)のチームが31日までに英科学誌電子版に発表したとのこと。京都大、慶応大との共同研究。マウスを使った実験で、原因タンパク質の減少を確認しており、ALSの根治療法に道を開く可能性があるという。ALSは脳や脊髄の神経細胞内に、構造に異常があるタン [続きを読む]
  • 近況
  •  最近は株主総会前で、再生医療特に新薬の発表が控えられていて、ニュースが少ないので、日大アメフトに比べると盛り上がりがありません。(苦笑) 我が家は明日の娘の運動会が大イベント。昼過ぎにシルバーカーで学校に行くつもりです。 私のリハビリは粛々とやっていますのでご安心を。 [続きを読む]
  • 見直し
  •  靴下のおかげで、踵でまず地面に接触できるようになりました。次は、重心をつま先に移動させ、最後はつま先の伸びる動作で前に進むこと。この伸びる力が病気のために弱く、鍛える方法を模索中。それに加えて、つま先を下に曲げる足首の動作も弱い。 そこで見つけたのが、モーションナビというステッパー。従来のステッパーでは足首の角度が一定の90度で、90度以上に曲げられませんでしたが、この機器は可能。一度試してみること [続きを読む]
  • 介護認定
  •  昨日2年ぶりに介護度合の見直しの面談をしました。約40分。この2年で自力歩行がほぼ不可能になったことを伝えました。あとは普段の生活の状況を聞かれ、面談終了。おそらく要支援2から介護1にはなれたような気がします。利用できるサービスが変わるので重要。 [続きを読む]
  • 発見
  •  脊髄小脳変性症の患者は足の親指が適切に動かないために、普通の靴を履いた時に、踵から地面につきにくく、つま先からついてしまう傾向があります。まず踵でついて、重心をつま先に持って行くのが理想。 私も長い間悩んでいましたが、つま先アップ型の靴下を試したところ、靴を履いて歩く時に、踵から連続的に地面につくことが出来ました。部屋の中で履いている時には気づかなかったのですが、外に出ると差が歴然。 広島大学の [続きを読む]