むーに さん プロフィール

  •  
むーにさん: なきむしでいいじゃん〜ぽんたは広汎性発達障害
ハンドル名むーに さん
ブログタイトルなきむしでいいじゃん〜ぽんたは広汎性発達障害
ブログURLhttp://morimori0206.blog.fc2.com/
サイト紹介文広汎性発達障害の小6女児を育ててます。 二次障害があっても笑顔な毎日を目指して。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/11/15 20:14

むーに さんのブログ記事

  • 広汎性発達障害。三つ組みの障害の全体像は把握しずらい?
  • お久しぶりでございます。お元気でらっしゃいますか?日々の生活をこなすことで精いっぱいの方々も多いのではないでしょうか。私もその一人なのではありますが、久しぶりに投稿してみようと思います。現在ぽんたは、ある施設に入院しています。いわゆる児童精神科なわけですが、実際は精神科領域なので、保護入院か任意入院というカテゴリに分けられます。もちろん任意入院なのですが、小学生までは、『入所』ということになり、児 [続きを読む]
  • 愛着障害とネグレクト。相関性は生じやすいかもしれない。
  • 訪問ありがとうございます。少し更新がとまっておりました。お元気でお過ごしでしょうか?私はといえば。正直なところ、心身ともに少し弱っております。色んなことがあり過ぎた。。。。でも、意外となんとかなるものです。こうして、PCを立ち上げることも出来るのですから。まぁまぁ、元気。というところでしょうか。ところで。このブログは基本的に発達障害を基幹として書いております。この記事のカテゴリを「愛着形成不全」とし [続きを読む]
  • 発達障害児が、「社会」たるを知る時。
  • 訪問ありがとうございます。しばらく更新が空いておりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。いつの間にやら、六月になってしまいましたね。あと少しで小中学校ではプール授業が始まるのでは?梅雨を抜けたら、暑い暑い夏がやってきます。ああ。私も、ぽんたも。実は夏は苦手です。暑いのは苦手。夏になると盛んに活動をはじめる虫も苦手。クーラーで冷やし過ぎるのも苦手。とか何とか、愚痴を言いたくなるのが「夏」なのですが。 [続きを読む]
  • 人格形成が完了してしまってる年齢とは。
  • 訪問ありがとうございます。少しずつ、初夏の陽気を感じる日が増えてきました。今年の夏は猛暑になるような予想が出ておりますが、さてどうなることでしょうか。愛着障害に関しての考察を、日々の思考の中で継続しているような毎日ですが、わりと相手との境界線を引けるように、自分でもコントロール出来るようになってきているので、胃がひっくりかえりそうに痛むことも少なくなってきました。愛着障害に何より大事なのは、日々の [続きを読む]
  • 精神科は、成長過程を重要視しないのか?
  • 訪問ありがとうございます。GWがおわりましたが、いかがされていますか?まだしばらくは、平常運転な生活に戻っていないむーに家でございます。学習障害の件に関しての記事が止まっておりますが、今しばらくお待ちくださいませ。今回は、精神科、もしくは心療内科に関しての考察を書いてみたいと思います。まぁ・・・なぜ書こうと思ったかは、もちろん疑問に思った出来事があったからです。詳細は割愛しますが。『精神に脆弱性を [続きを読む]
  • 情報の共有はどこまでを可とするか。
  • 訪問ありがとうございます。今日は一応平日なので、今朝も集団登校の子ども達を窓から眺めながら、ママはいつものルーチンワークをこなしておりました。とはいえ、パパは連休の真っただ中・・・・。珍しく朝からTVがついており、情報番組なんぞを観ているようですが。PCに向かっている間は、ママも個人の時間。ちょっと急いで、ひと記事あげてみようかと思います。二連続で、学習障害の記事を書いていましたが、このあとからは [続きを読む]
  • 二次障害としての学習障害(2)
  • 訪問ありがとうございます。そろそろGWウィークに入りますね〜。何か予定をたてている人はいらっしゃいますか?我が家のGWは、、、どうなるんでしょうねぇ( ;^ω^)ぜーんぜん、何も考えておりません。笑けっこう、誰かの鶴の一声で『れっつごー』みたいな事になってしまって、『ええ〜、いいよ〜、めんどくさいよ〜』とぽんたが文句を言い、『しゃあないやん、せっかくのお休みやし、出かけたい気分になっても、そらしゃあない [続きを読む]
  • 二次障害としての学習障害(1)
  • 訪問ありがとうございます。久しぶりに学習障害について書きたいと思います。でもぽんたの場合は、純粋な学習障害ではない、、という診断が出ています。ですので、ここから書くのは、ぽんたを見てきて、気づいた私自身の考察に過ぎないことを、先にお知らせしておきます。『学習障害の子どものことで』といった事情で、検索に入ってきたのならば、本当にごめんなさい。さて。本題です。学習障害 - 全国LD親の会より -に関しての記 [続きを読む]
  • 発達障害児にとっての親離れ子離れ。
  • 訪問ありがとうございます。眩しいくらいの光が差し込むようになってきました。少しずつ初夏に向かっているんだなぁ。みなさまは、日焼け止めとかして外出していますか?私はまだなんですよね〜。やばい、やばい(笑)うーん、、これ以上シミは増やしたくないので、そろそろ用意しなくちゃです。さて。発達の凸凹具合は、そのお子さんによって本当に様々だろうと思います。我が子と、他の発達ちゃんとの凸凹具合等を、比較したことの [続きを読む]
  • 自分を見失いそうになる時。
  • 訪問ありがとうございます。暖かい日が多くなってきましたね〜。今日も自転車で少し出かけてきましたが、様々な花が咲き乱れ、桜の木にはもう新葉が芽吹いていました。大阪のなかでも、田舎・・・というよりは、やっぱり少し都会?意外と、わざわざ自然に触れようとしないと、ある意味見落としてしまいそうなくらいな感じのちょい都会に住んでいますので、やっぱり咲き乱れる花々を見つけると嬉しくなってしまいます。ところで。今 [続きを読む]
  • 色んなルートを作っていくには。
  • 訪問ありがとうございます。今日はどんよりとした曇り空から始まりました。皆さま、いかがお過ごしですか?今朝も、ぽんちゃんはいつも通りのルーチンをしながら、お目覚めタイムを充実しています。まあ、だいたいがタブレットを見ながら、だらりんこ♪としてるだけなのですが。笑でも、起立性疾患を持つ彼女にとって、血圧が上がってくるまでの大事な時間です。ママは、大急ぎでひと記事しあげちゃいますので、そのままのんびりし [続きを読む]
  • 愛着障害と向き合う事に伴う責任。
  • 訪問ありがとうございます。今日も朝の日差しが差し込むなか目覚めたむーにさんです。ああ、おひさま、ありがとう。以前は、抗うつ剤もよく効いてくれていて、、、いや、効きすぎてたのかな?割とハッピーな目覚めを日々実感していたのですが、親戚の風ちゃんを預かるようになってからは、起きることは起きるのですが、実際は気持ちもあがらず『どよ〜ん』な朝を迎えることが多くなりました。いや、でも、それでも朝日効果です♪ぜ [続きを読む]
  • 桂枝加芍薬湯と四物湯のインビデンス。
  • 訪問ありがとうございます。今回は少し簡潔な記事にしたいと思います。多分・・・・。ぽんたのママとしての私が書くよりも、医療関係者など専門知識がある方たちのHPのほうがおすすめだと思うからです。では、本題に入ります。記事の題名に書いた、『桂枝加芍薬湯』および『四物湯』は、フラッシュバックに対しての効果があるということをご存じでしょうか?精神科領域では、この二剤の組み合わせによる効能に関する話は、わりと [続きを読む]
  • よそはよそ、うちはうち。
  • 訪問ありがとうございます。桜を散らす風雨が、強い日が多くなってきましたね。もう少ししたら、田んぼに水も入るのかしら?田んぼに水が入る時期は、少しだけ底冷えしますが、初夏が近い合図だったりもします。雨の日と、暑い日差しが交互にやってきて、新緑の季節に向かうようになります。ところで。昨日、午後から出かけた我が家の居候(仮名:風ちゃん)から、電車の遅延で遅くなると連絡がきました。一応彼女は高校生。我が家 [続きを読む]
  • 新年度。不安と興奮はみんな一緒。
  • 訪問ありがとうございます。とうとう新年度が始まっちゃいましたね〜。なんやかんやと、忙しくされてる方も多いのではないでしょうか?そういえば、ここ最近になって。はじけるような笑顔で自転車を乗り回すお子さんを、多く見かけるようになってきました。春ですよね〜笑ぽんたちゃんも、少しずつ長袖より半袖の洋服を着る日が多くなってきました。不思議です。少しずつ脱ぎ落すように、気持ちも軽やかになってくるような気がする [続きを読む]
  • 共感力が育たない怖さ。
  • 訪問ありがとうございます。春の日差しの暖かさって、最高ですよね。今日もおうち生活のみなさん、ぜひ、東側の窓があったらカーテンを開けてくださいね。まどろみのなかで、ほっこりできますよ〜♪ところで、カテゴリをひとつ増やしました。「愛着形成不全」です。単語にすると、なんて重みのない言葉になってしまうんでしょう。人は誰でも、人に対して、恋い焦がれたり、好きって思いを抱いたり、その気持ちに依存したり・・・。 [続きを読む]
  • 前年度不登校。新年度は焦らずにね。
  • 訪問ありがとうございます。とうとう、ぽんたにとっての最後の小学校生活の一年が始まりました。皆さま、いかがお過ごしですか?さて。新年度といえば、ある意味『節目』のように捉えがちなのが、大人になった私たちの価値観かもしれません。学校だけじゃない。会社でも、新社会人を迎えるのも四月ですし、、、。今や、四月を年度の始まりとするのは、日本の習わしのひとつとなっていますよね。じゃあ、不登校だった我が子も、クラ [続きを読む]
  • 人は意外と依存とこだわりで我を保つ。
  • 訪問ありがとうございます。春休みも、もうすぐ終了〜。゚(*ノωノ)゚。ヤダわ〜、新学期が始まっちゃうやないの〜。さて。少し風の強い一日になりましたが、お花見に行ってきたむーに家。家族みんながそれぞれに、それぞれのデバイスを持ちながら、たわわに咲き誇る桜の写真撮影を楽しんできました。ああ。満開の桜って、まるで毬(まり)のようです。そぉ〜っと。そぉ〜っと。手毬がつぶれないように、桜の花びらに触っては、幼児のよ [続きを読む]
  • PDDとADHDの混在による対応は。
  • 訪問ありがとうございます。新学期もそろそろ始まりますね。いかがお過ごしですか?さて。今回は、PDD(広汎性発達障害)と、ADHD(注意欠陥多動性障害)の混在に関して、少し触れてみようと思います。この『なきむしでいいじゃん』に訪れてくださってる読者の多くは、当事者、支援者、そして発達障害児を育ててらっしゃる親御さんが多いという思いを持って書かせて頂いております。ですが。もともとは、Amebaのほうで [続きを読む]
  • 「どうしていいか分からない」は誰でもそう。
  • 訪問ありがとうございます。春の陽気の関西地方では、各所で桜の開花が始まりました。お花見、今年は行けるかしら・・・なんて毎年言いながら、結局、行き当たりばったりで出かける我が家の恒例行事です。ああ、我が家のパパは、なぜかカメラを買い替えたい趣味をお持ちなので。笑うやうやしく桜やぽんたとママを撮っては、自分のFaceBookにアップしていたりしています。おいおい。顔出し禁止よ〜個人情報がダダ漏れやないのぉ〜・ [続きを読む]
  • 『だから、〇〇言ったでしょ!?』は、ちょっと禁句、の話。
  • 訪問ありがとうございます。今回は、広汎性発達障害の範囲にも含まれるADHDのお子さんにも当てはまるかもしれない考察を書いてみたいと思います。私もそうなのですが、ぽんたもワーキングメモリ(短期記憶)に弱点を持っています。ついでに言いますと、長文記憶も多分に苦手さを抱えていることが多いと思います。・・・と、いきなりの出だしになってしまい、申し訳ありません。いえ、実は、ぽんたの年齢があがってきたことと、可逆 [続きを読む]
  • いつまでも小さな成長に嬉々としていたい。
  • 訪問ありがとうございます。・・・・・・・・・・・春休みですね〜。みなさま、いかがお過ごしですか?ところで、うーんと前にこんな記事を書いたことがありました。今日はぽんたのシャワー記念日。そう!初めて、ひとりでシャワーに入った時のことを書いたのですが。。。現在のぽんちゃんは、相変わらず一歩進んで二歩下がる状態ではあるものの・・・・『どうしても!』な状況では、一人でシャンプーが出来るまでに成長しました。 [続きを読む]
  • 障害者枠か健常者枠か、どちらも見込める場合。
  • 訪問ありがとうございます。今回は、『限りなくグレーゾーン』の範疇に入る場合の進路について考えてみたいと思います。限りなくグレー(境界域)胸の痛む言葉ですよね。。。コミュニケーション能力もさることながら、身辺自立が可能な力量を持っているか、許せる範囲の常識的な金銭感覚があるか、社会人としての最低限のルールをまもることが出来るか、、、さまざまな事が問われるところだと思うのですが。こればかりは、小学、中 [続きを読む]
  • 愛着対象と依存対象はイコールにはならない。
  • 訪問ありがとうございます。珍しく連続投稿のむーにさんでございます。いや、単純にぽんたちゃんが起きてこれない状況に陥ってるだけでございます。うううう・・・・。゚(*ノωノ)゚。せっかく朝型リズムを保っていたのに。朝の家事もひと段落したので、1杯目のコーヒーを飲みながら、書いています。いきなりですが、質問です。子どもにとっての愛着対象とは、、、特に発達障害児にとってのそれは、何から始まると思いますか?母親の胎 [続きを読む]
  • 精神疾患を伴う児童における情報の選択肢はあり得るか。
  • 訪問ありがとうございます。今回は、題名は違えども、溢れる情報から我が子を守るために出来ること。の続きとなっております。ちょっと、違う記事のようにお感じになるかもしれませんが、↑の記事からご一読いただければ、より記事の内容に統一性がでると思いますので、お時間がございましたら、どうぞ訪問くださいませ。さて。まず、発達障害児における・・・・いや、この場合は、定型発達児にも当てはまる内容になるかもしれませ [続きを読む]