tomo's diary ・:・。*・私の向かう先にあるもの さん プロフィール

  •  
tomo's  diary  ・:・。*・私の向かう先にあるものさん: tomo's  diary  ・:・。*・私の向かう先にあるもの
ハンドル名tomo's diary ・:・。*・私の向かう先にあるもの さん
ブログタイトルtomo's diary ・:・。*・私の向かう先にあるもの
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tomo_2012
サイト紹介文☆ 私のきまぐれスピリチュアル記録とゆるゆる成長日記 ☆ 自分の道をマイペースでも探りなが
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供275回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2014/11/16 16:11

tomo's diary ・:・。*・私の向かう先にあるもの さんのブログ記事

  • 聞くこと、話すこと
  • 誰かが自分の意見を言ったときに頭ごなしに否定して自分の意見が正しいように言ったりするのは良くない。そうなのに、つい言ってしまうこともある。後から反省するけれど、発しながら失敗に気づいたりする。もっと、何を自分が言おうとしたのか発する前に意識するべきだ。もっと人の話をしっかり聴くことを意識しながら会話しようと感じる。 [続きを読む]
  • 胃もたれ
  • 昨日、バーベキューをしたときにガーリックを食べたせいか野菜不足だったせいか、胃の調子が悪くて夜中に起きて寝付けずにいたのですが気持ちを切り変えてそのまま起きて録画していた番組を見ていた。寝る前に、やらなくちゃいけないことをネットで調べていたりしたのも良くなかった・・・と、言うことで久しぶりに朝の散歩をしてきました。気持ちのいい日差しでしたよ〜今晩はしっかり眠れるように胃にも優しい野菜メインの食事に [続きを読む]
  • 何が大事なことなのだろう?
  • 幼稚園、小学校低学年、大学生らしき人まで電車に乗ってきたとたん「座りた〜い!席ないのお〜!」と大声で席探ししながらキョロキョロ慌てて車内に入ってくる光景をよくみる。電車通学をする小さな子供はきっと、ある程度の生活レベルがあるご家庭にいることが想像できる。教育には力を入れていることも想像できる。では、道徳やマナーは・・・?育った環境というのはその人の「当たり前」という道徳やマナーそして、また家庭を持 [続きを読む]
  • 自分のレベルを上げる
  • 同じことを言われても、それぞれのレベルでしか物事は理解できない。同じように、それぞれのレベルでしか話すこともできない。どんなにいいアドバイスをされたとしてもどんなに素晴らしいであろう人に会ったとしても自分がまだ準備ができていないのなら何も響くものはない。でも、自分のレベルなんて分からないもの。どんなにかみ砕いてもなかなか理解してもらえないときがある。きっと、そんな時は話しても難しいだろう・・・何と [続きを読む]
  • 今日という日
  • ずっと同じままなことはない。前にもココに書いたことがある。時はどんどん流れている・・・何もしないままではいられないしずっと、動き回ってもいられない。今の幸せが一生続くわけでもなく今の辛さが一生続くわけでもない。時は流れているし細胞も刻刻と変化していく。今の自分をベストにしないで明日の自分をベストにしようとするの?明日より今日。今日をベストにしよう。 [続きを読む]
  • 古さと新しさ
  • 時代の流れによって物事はもちろん動いている。それによって、進化しているものもある。古いものにしがみつづけると衰退する。新しいものにばかり飛びつくのも危険だ。古いものに新しいものを新しいものにも古い良いものをどちらかではなく、上手く融合させることができたらうまくいく。最近の傾向は新しいものに媚びるところがある。古いものが全て悪でもないのではないか?逆も同じで新しいものが全てダメなばかりではない。ネッ [続きを読む]
  • 成功への進みた
  • 全体を大きな視点で見ているものを頭の中に置きながら、今に集中すること。全体のために突っ走るのでは細かいものが見えない。かといって細かなことばかりではいっぱいいっぱいになってしまうだろう。それぞれの夢をそれぞれの成功をいつか掴めるように頑張りたいですね。 [続きを読む]
  • それぞれの責任
  • 中年になってくると老後のことを考える。定年を迎えたとき大丈夫かとか?老後の暮らしはやっていけるのか?病気は?自分のことだけだって老後のことを考え始めたらきりがない。親のことや子供のことについて先のことばかり心配して今も不安になったりする。もちろん、その時々で対処しなくてはいけない。それぞれ自分の責任はある。自分の責任は自分で対処する術は身につけなければいけない。誰かの分の責任を抱えないよう誰かに自 [続きを読む]
  • 問題は奥深い
  • 突然自分にトラブルが起こるとパニックになるし内容によって、怒りや恐怖や悲しみが襲い掛かる。以前、仕事で私自身出る杭は打たれるように権力で一個人の夢や努力を叩き潰されたこともある。大きな組織や力がある人の周りにおいては縦社会の中で、誰もが見てみるふりをするし彼らをおだてたり、たてたりゴマをすることで自分にとっての得も計算するので変わることなくそのゲームは続くし繰り返されることが多いのではないかと思う [続きを読む]
  • 波動
  • 自分自身のエネルギー誰かと一緒にいるときのそこに在るエネルギー大勢の人の中にいるときのエネルギーエネルギーを少しは把握することは大事だと思う。特に多くの中で自分に向けられるエネルギーがあるときは意識しておくと違ったものになる。あまりポジティブでないエネルギーがある時は直ぐにそのエネルギーを変える必要がある。ネガティブなエネルギーが小さなうちに切り替えると楽だ。エネルギーは伝染するので、一人が大きな [続きを読む]
  • 見えるもの、見えないもの
  • 私たちはいったい何を真実としてみているのだろう?見たいものを見ているだけなのかもしれない。信じたいものだけを信じているようだ。今見るもの聞くものを疑わないのは何故だろう?それが、何処からかの情報でも信じてしまう。逆に、何故疑わないのだろう?ここ最近はすっかり忙しさで何の疑問も持たずに現実の中にいるような重い感覚の中にいた。何か変、何か変と心の片隅にありながら楽な方へ、考えなくていい方へと引っ張られ [続きを読む]
  • 無知
  • 最近特に自分の知識のなさを思う。知りたいと思うことが偏っているということもあるけれど興味がなければ知ろうとしないのは良くないことでもある。あえて、嫌なもの興味がないものは遠ざけるようでもある。見て心地悪くなったり嫌悪感を抱くのが嫌だからということもある。だから、あえて知る必要もないし知らなくていい。でも、私のような人ばかりになったら世の中回らなくなるのだろうし・・・ダメです。世の中の一員、自分が所 [続きを読む]
  • 傾向と対策
  • 最近18〜20才前後の人と話すと驚くことがある。「高校生活の終わりで人生終わった・・・」え”〜!! 始まったばかりじゃない!?大学出てから大学院へ・・・大学出て専門学校へ・・・専門学校出て留学へ・・・などなど。いつになったら、社会へ出て自活するのだろう?強い目的があるのなら現実にするために頼み込んででも出世払いとして必要な学びをして現実にすればいい。でも、ただ自立することを遅らせたいだけならちょっ [続きを読む]
  • 可能性の広がり
  • 自分に制限をつい設けてしまうことがある。自分自身がそうしていることになかなか気づけないものだけれど・・・真面目に生きている人ほどその傾向にあるかもしれない。頭であれこれ考えてしまう。今思うと、私は沢山の制限を設けていたし今も気づかないうちにそうしていて解放するそんな作業をしている。慎重であること、真面目であることと制限を設けることはとても密接だから気を付けないと、可能性の蕾を刈り取ってしまうことも [続きを読む]
  • 選択を恐れない
  • 誰だって人から見た自分と言う見方を少しは考える。集団という世の中に属しているときは特にそうだろう。そして、その中で何かしらの思いがあったのなら余計に「彼らはきっとこう思うだろう」と自分自身が考えた彼らを作り出して勝手にまた自分の見え方をこうっするべきかと考える。でも、それは本当に必要なのだろうか?私自身、最近そう考えることがあった。私の場合は自分のことではなく自分が大切な人の周りで起こったことにつ [続きを読む]
  • 今の時代
  • 戦後の国を発展し、経済を潤わせること企業がより大きくなることに注目があった時代。自分たちが住むこの地球、自然を破壊してきたツケを払いながらこの地球に共存させてもらっているという意識を改めて認識しなくてはならなくなっている今の時代。人間が、自分が全ての力を手にしたような傲慢さ。もう、その時代は終わりを迎えている。いつまでも以前のままの自分だけが権力を持とうとするとひずみが大きくなる。自分さえよければ [続きを読む]
  • 思ったこと
  • そこに居るということは、何かしらの理由があるのだろう。そこに在る・・・自分が何かを否定しようともきっと、そこから流れ来る何かが必ず自分の中にあるのだと思う。それに気づくことで初めて活かされる。個々が持つ文化を統合し融合してそこから活かされ始めるものがあるのかもしれない。私自身をつくり上げてきた私の文化はいったい何だろうか?もっともっと、私という素材を活かせるかもしれない。素質というのはそんな風にし [続きを読む]
  • コミュニケーション力
  • 昨日はバスツアーで山梨へ・・・今回はとにかく疲れた。暑いは、内容はイマイチ、帰りはとにかく時間がかかって5時間位かかってしまい家に着いたのは夜11時くらいだった。本当に疲れた。まぁ、遊びに行って疲れたとかいうのも何ですが余り充実せずにダラダラと過ごして時間を取ることは疲れるものです。年齢の高めの夫婦らしき人達もかなりいましたが皆さん余り会話をしないものですね。そういった中で感じるのは感情の表し方も [続きを読む]
  • 少し先のこと
  • どんな人も一年一年必ず歳をとる。どんなに綺麗な人もどんなにお金持ちでも結婚していても独身でも子供がいてもいなくても必ず歳はとる。今が一番若い。20代、30代の時は歳をとるのは分かっていても実感としてなかったのだと思う。今はもっと実感している・・・それでも細胞が老化することなんて受け入れたくない人は多いだろうけれど・・・どんな風に過ごしたいのかな?どんな風にできるのかな?元気で自分でしっかり動けるよ [続きを読む]
  • 流れる時間
  • 私たちは同じ時間の中にとどまり続けることはない。たとえ、今辛い時間を過ごしていても答えが出ない時間をすごしていても幸せな時間を過ごしていてもずっと同じままではない。その時間の中にいるときはそれがずっと続くかのような錯覚をしてしまうけれどそうはならない。一つ一つの点をつなぎ合わせているだけなのだと感じる。だから、自分が考えていること意識していること目指していることそんな考えていることへの点の繋がりが [続きを読む]
  • 自分への取り組み
  • 少し後ろめたさがあることについてつい世間に対して、自分に対して言い訳をしたくなる。私も考えてみると、つい自分に言い訳していることがある。「最近、瞑想しようと思いながらしていないな・・・やることが多くて時間がないんだよね〜」・・・今朝、そんな言い訳をした自分。「私なんかよりもっともっとも〜と忙しいのに実行している人がいるのに私に時間がない?言い訳じゃない!」何でもそう。言い訳するくらいならやろう!! [続きを読む]
  • 意識の矛先
  • 人は自分が意識していることが口からでる。聞いていないのに、話題の中にプラスして盛り込むようです。特に気にしていることは言い訳のように付け加えてきたりする。自分の中の何か意識していることは常に優先順位が上だからだと思うけれど・・・40代を過ぎたころから年齢のことをやたら口にする人も多い。体型のことも多い。子供がいる人なら子供のことも多いだろう。何となく、意識していることはネガティブなことが多いような [続きを読む]
  • シンプルに過ごす
  • 30度を境にこんなにも過ごしやすさが違うのかと今朝起きたときに実感しました。気持ちの良い気候って心がまろやかになる感じがします。時間がゆったり使えるときにはエネルギーを蓄えられそうな気がします。以前は「どうしてこの人はこうなのだろう?」とか人の批判の方に意識がいっていた。ちょっと、批評家的な嫌な部分があるわけです。でも、最近はやっと(笑)少し客観的に慣れているようです。協調性があるように見せていて [続きを読む]
  • 年末に向かって
  • 今朝の空はすっかり秋の気配でした。風は強かったのですが、爽やかさが秋ですね。夏の猛暑の間、寝室のクーラーが壊れたままで八月に入って注文ミスで未だに発注できていないまま涼しくなってしまう予感・・・それならそれで良いのですが。どちらにしても、もうすぐ夏も終わりそうですね。毎年のことですが、八月が終わると年末にかけてスピードアップしていきますからね。のんびりしてられません・・・と、言っても何かを慌てたと [続きを読む]
  • 自分の枠を広げる
  • 人それぞれ自分の中だけでの物差しがある。頑張ってるもう無理こういった限界を自分の中に設けたり逃げる口実を自分に作ったりするときに使う。だからと言って、他と比較する必要もない。間違いなく言えることは自分の枠を小さくしてしまうのは自分自身だということ。逆に、自分の枠を広げることができるのも自分自身。最近の人は打たれ弱いゆとり世代はそんなことはどうでもいい。どの年代も同じような人はいるので自分がどうやっ [続きを読む]