mirojoan's Blog さん プロフィール

  •  
mirojoan's Blogさん: mirojoan's Blog
ハンドル名mirojoan's Blog さん
ブログタイトルmirojoan's Blog
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mirojoan
サイト紹介文世界びっくりニュースへのコメントだよ! HPは http://salvadordali.jp です。コピペしてね!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/11/16 21:40

mirojoan's Blog さんのブログ記事

  • 装飾用に加工された人間の頭部。「干し首」という文化とその作り方
  • Youtube版もご覧くださいませm(__)m 男の動画をどうぞ! かつて地球上には「干し首」を作る部族や集落が数多く存在していたとされている。干し首は装飾用に加工された人間の頭部である。 だが、記録に残っているのは極めて限られたごく僅かな部族のみで、エクアドルやペルーなど、南アメリカのヒバロー族やシュアール族の干し首「ツァンツァ」が知られている。 当時干し首は、敵を打ち取った強さの象徴や部族内でのランクを示す [続きを読む]
  • 2018年、海外で人気の猫の名前トップ10が発表される
  • Youtube版もご覧くださいませm(__)m 男の動画をどうぞ! 家族にペットを迎えた飼い主の初仕事の一つといえば、その名づけだろう。楽しくもあり、悩みどころでもある。  これからずっとその名で呼ぶから…といろんな名前に頭を巡らす慎重派もいれば、見た目、直感でパッと決めちゃう人もいるだろう。 そしてもう一つ、人間の名前と同様、猫の名前にもトレンドがあるようだ。 ここでは、世界最大の動物病院が発表した、2018年、 [続きを読む]
  • 毒殺に利用された8つの料理とそれに入れられた毒の種類
  • Youtube版もご覧くださいませm(__)m 男の動画をどうぞ! 人は毎日何かを口にする。食べることは生きていくうえで必要な営みなのだ。どうせ食べるならおいしいものを食べたい。だがそこに油断もある。 歴史を通じて、多くの人が食べ物や飲み物に毒を盛られて殺されてきた。 毒入りの危険があろうとも、美味しそうな料理の魅力に抗える者などそうはいないのだ。 ここではかつて毒殺に利用された8つの料理と一体何の毒が使用され [続きを読む]
  • 心理学者が教えてくれた、心の健康を改善する6つのちょっとしたヒント
  • Youtube版もご覧くださいませm(__)mpixabay ストレスや疲労を抱える大勢の人々にとって、セルフケアという考えは、時間に余裕がある人だけに許される贅沢品のように聞こえるかもしれない。 しかしある研究によれば、自分自身を大切にすれば、健康や幸福感が改善するために、かえって目標実現を後押ししてくれるようになるという。 ここではアメリカの掲示板サイト「reddit」で、心理学者がユーザーからの質問に回答した最近のス [続きを読む]
  • 本当にあった悪魔祓い(エクソシズム)に関する10の話
  • Youtube版もご覧くださいませm(__)m  エクソシズム(悪魔祓い)の話は、いつでも人々の恐怖を煽るものだ。おもにカトリック教会との関係が深いが、最古のメソポタミア時代以来、現代に至るまでの世界各地のさまざまな社会にみられるものである。  こうした悪魔の所業を祈祷や儀式で祓う話は、いまだに人々の想像力に大きな影響を及ぼしているのは明らかだ。  信仰の世界ではとくに、悪魔とか憑依といったことは、多くの人 [続きを読む]
  • あの恐ろしい噂はまんざら嘘でもなかった。10の都市伝説の裏に隠された真実
  • Youtube版もご覧くださいませm(__)m 都市伝説。この根拠のない恐怖話は、わたしたちの想像力を刺激し、人から人へと伝わるたびにどんどん恐ろしげなものに変遷していく。 今はインターネットのおかげで、こうした話は一瞬にして拡散されるが、人はこれまで何世紀もの間、こうした不気味な逸話を人づてに語り継いできた。 心理学者によれば、わたしたちがこうした話にどうしても耳をそばだててしまうのは、おぞましいものにどこ [続きを読む]
  • 1980年代のB級恐怖映画の新聞広告はモノクロだから恐怖度アップ
  • Youtube版もご覧くださいませm(__)m 一昔前では考えられないほどインターネットが浸透し、日常生活になくてはならないものとなった。猫も杓子もデジタル化され、紙などの物理的なメディアは時代遅れの感すらある。 今や新聞をとっている人も少なくなった。新聞広告をチェックして映画を観に行ったり、コンサートに行ったりする人も減少しているだろう。 しかし1980年代、新聞は第一線の貴重な情報の宝庫だったのである。 多種 [続きを読む]