庭先の四季 さん プロフィール

  •  
庭先の四季さん: 庭先の四季
ハンドル名庭先の四季 さん
ブログタイトル庭先の四季
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kuma9320
サイト紹介文庭先と隣接する市民の森等の四季の変化や自然観察、動植物等を中心に 綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供457回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2014/11/17 16:14

庭先の四季 さんのブログ記事

  • 夏の衰えと、しのびよる秋の気配
  • お盆も過ぎて、また普通の日々が戻ってきましたが・・ 気がつけば横浜地方の日の入り時刻は、夏至の頃は午後7時でしたが、今日は6時28分で30分以上早くなっています。これから、月末に向かってさらに一日一分強の割合で、日没時間が早くなって行く。。日中の日差しはまだまだ強く、残暑も厳しいですが・・・ 差し込む太陽の光はすでに衰えはじめています。。木陰の伸びや日暮れの早まり、朝夕の風の涼しさ、昼のツクツクボ [続きを読む]
  • 晩夏の実り
  • 8月も半ばを過ぎて、今夏の猛暑もようやく少し和らいだようで・・今朝は、窓から入る風が涼しく心地よい。もう季節は晩夏、暑さの中でも少しずつ近づく秋の気配も感じる頃。あのうるさかった蝉の声も少しずつ勢いを失い・・ 朝夕には葉陰から、リーリーリーッと秋の虫の音も聴かれるようになってきた。。そんな、晩夏の散歩道で見かけた木の実をアップします。ザクロの実も膨らんで色付きだした。秋の味覚、クリの実も。昔懐 [続きを読む]
  • 残暑の朝散歩
  • 相変わらず厳しい残暑が続いていますが・・今朝は風があって、少し涼しさを感じたので久しぶりに朝散歩にでかけてきた。残暑の朝散歩で見かけた夏の花々をアップします。夏空バックに咲き誇る百日紅の花。アメリカノウゼンカズラ。ピンクの芙蓉。白いタカサゴユリ。残暑の散歩道では、降るような蝉しぐれが聴こえてくる・・中でもシャーシャーと、一番ウルサイのがこのクマゼミ。若い頃は、この辺でほとんどクマゼミの鳴き [続きを読む]
  • 朝が来たのに咲かないアサガオは何故?
  • 例年なら今頃は、毎朝数多くのアサガオが咲いて楽しめるのだが・・・今年は、この異常な暑さのせいか?花数が例年の半分も咲かない。しかも、朝が来てもつぼみのままで、まだ開花していないアサガオが何個もあった。それらのつぼみは、開花するには充分な大きさに育っているにもかかわらず、何で朝になっても開花しないのだろう?不思議に思って調べてみた結果、アサガオの開花には、一定の温度と光の条件が必要だと分かった。 [続きを読む]
  • ベニとヤマト、シジミチョウの競演
  • お盆になりましたが、相変わらず厳しい残暑が続きますね!あまりにも暑くて、このところ散歩もお休みしていいるので運動不足でも、食欲だけはおう盛なので、”夏太り”気味です。(^_^;)猛暑の庭先で元気に咲き誇る、ルドベキア・タカオの花にやってきたヤマトシジミとベニシジミの競演をアップします。ルドベキアの花で吸蜜するヤマトシジミ。ヤマトシジミの幼虫は、都会の道端の僅かな土にも生えるカタバミを食草としている。そ [続きを読む]
  • お盆とショウリョウバッタ
  • 八月のお盆ですね。お盆には、先祖の霊が子孫の元に帰ってくると言われますが・・昔からショウリョウバッタはいつもお盆の頃になると姿を現すので、先祖が姿を変えたものと考えられていた。そのためショウリョウバッタは、「精霊ばった」と呼ばれるようになり、精霊流しの精霊船に似ることからこの名がついたと言われています。。ナスの枝に止まるショウリョウバッタ、まだ子供?。ショウリョウバッタは、おもに背の低いイネ科植物 [続きを読む]
  • カマキリがいつもカメラ目線なのは何故?
  • 我が家の庭先をいつも狩場にしている害虫ハンターのカマキリだが、写真に撮ろうとするといつもカメラ目線で、こちらをジッと見つめている様に見える。カマキリの大きな目の中には、瞳のように観える黒い点が見えるが・・ この瞳のような黒い点が見る角度を変えても、こっちをジッと見ているように動く。しかし、どうもこれは目の錯覚らしい・・カマキリの目は小さな目が集まった複眼だが、人間の視線と平行な小眼にだけに眼の奥 [続きを読む]
  • 新月〜今宵は月に願いを
  • 今日8月11日は、新月です。月は新月から始まり、徐々に満ちて上弦から満月へ、やがて欠けて下弦から新月へと戻りますが・・月の満ち欠けは、人の無意識の領域や健康状態にも影響を与えるとされ、月のリズムに合わせて暮らすことは、私達の生活を快適にしてくれると考えられています。満ち欠けの周期は29.5日で、新月〜上弦〜満月〜下弦のそれぞれ月齢に適した特徴があり、その特徴に合わせて行動することにより、ムーン・パワー [続きを読む]
  • 砂山
  • 台風が去り、また猛暑復活で朝から真夏の太陽がジリジリと照りつけている。もうすぐ8月のお盆ですが、八月お盆と言えば、頭に浮かぶのは故郷新潟で過ごした少年時代の懐かしい故郷の風景。。田舎の両親も亡くなった今では、お盆に帰省する機会もほとんど無くなってしまったが・・毎年この季節になると、田舎で過ごした少年時代の思い出が懐かしくよみがえって来る。故郷の山と川。(写真は2016年夏に帰省した際のもの)左から弥彦 [続きを読む]
  • 長崎原爆の日〜運命を分けた空。。
  • 今日は長崎の原爆の日、下記は2年前に書いた過去記事ですが・・この時期になると毎日アクセスが増えています。もし私の生まれ育った故郷新潟に、原爆が投下されていたとしたら・・私は、この世に生まれていなかった可能性がある。。 それを思うと・・ 二度と愚かな戦争など繰り返してはならない!と改めて思う。。興味のある方は一読願えれば幸いです・新潟も原爆投下の候補地だった!今日は8月6日 [続きを読む]
  • 笑いの日〜笑いの効用
  • 今日は何の日カレンダーによると、今日8月8日は8(ハッ)8(ハッ)の語呂合わせから、笑いの日だそうです。(笑)日本不老協会が1994年(平成6年)に「笑いの日を作る会」を発足させ、この日を笑いの日に制定。そこで今日は笑いの日にちなんで、笑いの効用についてメモしてみたいと思います。「笑いと健康」笑うことが健康によいと言うことは、巷ではよく言われる事ですが、確かに心と体の関係からも、心がゆかいで朗らかであ [続きを読む]
  • 立秋 ”涼風至る”
  • 今日8月7日は、早くも二十四節気の立秋です。立秋は、夏至と秋分のちょうど真ん中に当たりますが、気温の変化は光の変化に対して約45日遅れるため、暑さも盛りのちょうど今頃に、「秋が立つ」事になってしまうそうです。72候立秋の初候(8.7〜8.11)は、”涼風至る”です。夏の風に交じって、朝夕には少しばかり涼やかな風も吹き始める頃。今朝は小雨も降って、窓から涼しい風が入り、さすがの猛暑も一休み文字通り、立秋 ” [続きを読む]
  • 被爆のアオギリ2世実を結ぶ
  • 今日8月6日は、73回目の広島原爆の日です。1945年午前8時15分、人類最初の原爆が広島に投下された日・・・いつも散歩で通る神奈川県本郷台駅隣のあーすぷらざの通路脇にも、広島に投下された原爆の爆心地近くで被曝した、アオギリの2世が移植され元気に育っています。あの原爆投下後、70年にわたって草木も生えないと言われていた土地で、被曝の翌年には新しい芽を吹き返し・・・人々に生きる勇気と希望を与えてくれた [続きを読む]
  • 朝日に輝く水滴
  • 今日も、朝から真夏の太陽がジリジリと照りつけて暑い!(@_@)2年後、生命の危険さえある灼熱地獄のようなこの時季の東京で、オリンピックが行われるが・・・ 何で?よりによって、こんな過酷な時期に?と思わずにいられない。。全ては経済優先、アスリート・ファーストより、お金ファーストで、アメリカ様側メディアのご要望に従った結果だと思うが。。世界の国からコンニチワ〜、 そこで一句。 東京は 猛暑・酷暑で ”お・ [続きを読む]
  • 猛暑日になると蚊に刺されないって本当!?
  • 連日記録破りの猛暑が続いてもうウンザリ・・ ですね。例年だと今頃は、庭に出るとヤブ蚊軍団の総攻撃を受けるのだが、今夏は庭の草取りや水やりをしていても、あまり蚊の姿も見かけず蚊に刺されない。何故なんだろう?と疑問に思って調べてみると・・ アース製薬によれば、「蚊は気温25〜30度のときが一番活発で30度を超えると動きがにぶくなる」そうで、蚊は暑さですぐ死ぬわけではありませんが、昼間の活動が活発といわれるヤ [続きを読む]
  • てんとう虫って益虫?害虫?
  • 小さくて可愛いてんとう虫は、♪てんとう虫もしゃしゃり出て〜 サンバに合わせて踊り出す〜 と結婚式でもよく歌われていたように、虫嫌いの人にも割りと好かれるお馴染みの虫ですが・・。てんとう虫は、種類によって益虫と害虫に分けられています。簡単に言えば、植物に付くアブラムシ等を食べる獰猛?な肉食性のてんとう虫は、益虫。反対に植物の葉や実を食べる、おとなしい草食性のてんとう虫は害虫扱いされてます。ナナホシテ [続きを読む]
  • 日本はトンボの国って本当!?
  • 野や水辺に、トンボがたくさん飛び交う季節になりました。古くは日本のことを、秋津(あきつ)と言ったそうです。秋津(あきつ)とは、トンボのことで、古くから田んぼが開かれた日本には、水辺に暮らすトンボがたくさん飛んでいたそうです。日本書紀によれば、神武天皇が大和の国を一望して、「秋津がつながっている姿のようだ」と言ったことに由来すると言われています。神武天皇は、いったいどんな形を想像したのでしょうか?。 [続きを読む]
  • 八朔の雪〜澪つくし料理帖
  • 今日から八月ですが、旧暦の八月朔日、朔日とは「ついたち」のことで、「八朔(はっさく)」と呼ばれ、重要な節日だったそうです。旧暦ではその頃とれ始める早稲の穂を、日頃お世話になっている人へ贈る習慣があり、田の実の節句ともいわれたそうです。そのことから、田の実が転じて「頼み」となって、「よろしくお頼みもうします」の風習となり、この贈答の風習が明治になってから「お中元」の風習に移ったと言われています。。さ [続きを読む]
  • 今夜は地球と火星が大接近!
  • 今日7月31日は、地球と火星が最接近する日。夜8時過ぎに南東の夜空を観ると・・地球から5800万kmまで、大接近した火星が赤く輝きながら昇ってきた。南東の空から赤く輝きながら昇ってくる火星。この時期の火星はマイナス2.8等星で明るく輝いている。(注)これは月ではありません、火星です!窓の網戸越しに写真に撮ると・・網戸がちょうどクロス・スクリーン代わりになって何ともファンタスティック!火星はこの時期、一晩 [続きを読む]
  • 庭先に来た夏の虫たち
  • 台風後2,3日涼しくて、比較的過ごしやすい日が続いていたが・・また再び、蒸し暑い夏が戻って来たようです。。今日は、夏の庭先を訪れた、夏の虫たちをアップします。最初はキボシカミキリ。キボシカミキリは、その名の通り体に薄黄色の斑点があるカミキリムシ。幼虫はクワ、イチジク、ミカンなどの生木を食害する悪いヤツ。次はヨツスジトラカミキリ。毒を持つアシナガバチに擬態することで、外敵から身を守っているらしいが [続きを読む]
  • 夏の舞岡公園花散歩
  • 初旬に西日本を襲った豪雨災害に始まり、梅雨が明けると生命にかかわるほどの記録的な猛暑・酷暑が続き・・最後は掟破りの逆走台風と、色々大変だった7月も明日で終わりですが・・どうやら地球の気候が変動期に入って今までの常識が通じなくなってきている気がします。。先日の舞岡公園散策で撮ってきた、里山に咲く夏の花々をアップします。涼しげに咲く桔梗の花。野辺でひっそりと咲くカワラナデシコ。百日草の花粉を食べる [続きを読む]
  • 舞岡公園に咲くヤマユリ
  • 何とも人騒がせな逆走台風12号は、我が家の庭の皇帝ダリアを2、3本なぎ倒して、西へと去りましたが・・ 台風一過とは行かず、陽が射したがと思えば、急に土砂降りの雨が降って来たりで、まだ不安定な天気が続いている。先の豪雨災害に遭われた西日本地方の方々に、これ以上の被害が出ないようにと祈ります。先日の舞岡公園散策で撮ってきた、里山に咲くヤマユリの花をアップします。今年は猛暑で散歩に出かけるのを躊躇して [続きを読む]
  • ルドベキアとベニシジミ
  • 庭先のルドベキア・タカオの花にベニシジミが止まって吸蜜していた。ベニシジミは、いつも花に止まると、あまり動かずにゆっくりと回ってポーズを決めてくれるので、とても良いモデルさんです!なかなか美形さんですね♪カメラ目線で、ハイ・ポーズ!前後をボカすと・・ ファンタスティックで良い感じ。まるで花の妖精のようです。。今朝、パソコンを開いてgooブログの編集画面をみると・・トータル閲覧数(PV)が、100万ア [続きを読む]
  • 昆虫界最強のプレデター、シオヤアブ
  • 今朝は窓をあけると心地よい涼風が入ってきた、昨日辺りから少し気温も下がって過ごしやすい、今夏の猛暑も漸く一休みか?今年は季節の進みが早いので、8月のお盆過ぎ頃には秋風が吹いて涼しくなるのでは?(個人的な願望!)と期待している。猛暑の間は危険なので散歩は控えていたが、昨日は平年並み?(それでも30度)に下がったので散歩に出かけた。散歩の途中で、あのスズメバチさえも恐れると言われる昆虫界最強のプレデタ [続きを読む]
  • 十三夜の月とカラスウリの花
  • 明後日28日の満月は、皆既月食なんですが・・どうも台風12号の影響で観られそうにも無いので、今夜の十三夜の月と、隣りの夜の森に咲く幻想的なカラスウリの花をアップします 。月齢13今夜の月。月光の下で、白いレースを広げて幻想的に咲くカラスウリの花。この白いレースは、明日の朝になれば閉じてしまいます。。 [続きを読む]