庭先の四季 さん プロフィール

  •  
庭先の四季さん: 庭先の四季
ハンドル名庭先の四季 さん
ブログタイトル庭先の四季
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kuma9320
サイト紹介文庭先と隣接する市民の森等の四季の変化や自然観察、動植物等を中心に 綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供456回 / 365日(平均8.7回/週) - 参加 2014/11/17 16:14

庭先の四季 さんのブログ記事

  • 山茶花咲く
  • 小寒い風に誘われたように、2、3日前から晩秋〜初冬の庭を彩る季節の花、山茶花が咲き出した。この花が咲くと、今年も秋の深まりを実感する。。♪ さざんか さざんか咲いた道 たき火だ たき火だ落ち葉たき〜 山茶花を観ると、この童謡の一節を想いだします。。 子供の頃、田舎で落ち葉を掃き集めて、たき火をしながら焼き芋等を焼いて食べるのも楽しみだった。今では街中で焚き火等は禁止され、見られなくなったが・・・晩 [続きを読む]
  • 月と火星のランデブー
  • 昨夜は、上弦を過ぎた月齢9の月と火星が接近して観える夜だったので、夜空を見上げてみた。天候が不安だったが、雲の間から月と火星のランデブーを観ることが出来た 。火星は7月31日の大接近から2ヶ月半ほど経過して、さすがに少し暗くなってきたとは言え、マイナス1等級の赤い輝きは、月のそばでもよく目立っていた。月の左下の光が、火星。手持ち撮影なので、火星はブレてしまってます。昨夜の月齢9の月。尚、明後日1 [続きを読む]
  • ホトトギスと秋明菊
  • ようやく少しづつ晴れ間も覗いて、秋らしい気候になってきた。これからは、秋の花や紅葉風景を観ながら散策するのが愉しみな季節だが・・今年の秋は台風24号による塩害でやられて、樹々の葉や公園の花壇の花なども傷め付けられ、枯れてしまったりしてガッカリ!くりはま花の国の100万本のコスモス畑も、ほぼ全滅状態らしい。。この分では、愉しみにしている今年の紅葉も期待できそうもない。何とも残念!!気分を変えて、近所散策 [続きを読む]
  • 花とカマキリ
  • このところ毎日のように庭の秋海棠や黄花コスモスの花陰で、獲物をジッと待ち伏せるカマキリを見かける。6月頃に庭先で誕生した多くのカマキリの赤ちゃんたちの中から、数匹が無事に秋まで生き延びたようだ。秋海棠の花かげからジッとこちらを見つめるカマキリ。こっちへおいでと誘っているのか?でもやっぱり目つきが恐い!こっちは黄花コスモスの陰から様子を窺う茶色の個体。カマキリは、ジッと獲物を待ち伏せる姿が拝んで [続きを読む]
  • 朝顔の花で獲物を待つワカバグモ
  • 10月半ばの庭で、まだ頑張って咲き残っているアサガオの花に見なれない緑色のクモがいた。花のに来る蝶や虫たちを狙って待っているハナグモかカニグモの仲間だと思って写真にとって調べてみた結果、カニグモ科のワカバグモだと分かった。アサガオの花で獲物を待つワカバグモ。名前の通り、若葉のような美しい黄緑色でスマートなクモです。カニのように前脚を大きく広げて獲物が来るのを待ってます。 [続きを読む]
  • 「秋思(しゅうし)」の頃
  • 今日も雨模様の曇り空、今年は秋らしい爽やかな秋晴れの日がほとんど無いまま・・2,3日前から急に肌寒くなって、一雨ごとに秋が深まって行きます。。秋は、しみじみともの思うのにふさわしい季節ですが・・「秋思(しゅうし)」とは、そんな人生の意味などを深く見つめ、思うことをいう言葉です。古来、「ものの哀れは秋こそまされ」と言われているように、秋は暮れゆく秋の夕陽や夕焼け雲などを眺めながら・・人生の寂しさやは [続きを読む]
  • 蜜集めに忙しい虫たち
  • 今年の秋は曇りや雨の日が多く、なかなか爽やかな秋晴れに恵まれません。たまの晴れ間に陽射しがあると、来るべき寒い季節に備えて蜂や虫たちが蜜を求めて、忙しく花に集まってきます。酔芙蓉の花に来たクマバチ。チョッと恐い!スズメバチも。韮の花とオオハナアブ。ピンクの千日紅の花で蜜集めに忙しいミツバチ。クマバチを始めとして、蜂やアブの仲間は身体の割にあの小さな翅で、良く空を自由に飛び回れるものだ感心する! [続きを読む]
  • 花と実が一緒に楽しめるクコ
  • 朝、窓を開けると小寒い風が吹いてきた。ついこの間まで暑い!暑い!と言っていたのが嘘のように・・もう晩秋を想わせるような肌寒い風に、季節の移ろいを感じる。。散歩の途中で赤いクコの実と、薄紫の花が一緒に咲いているのを見かけた。クコは夏〜秋にかけて紫の花が咲き、実と花が一緒に楽しめる。薄紫のクコの花。赤いクコの実。このクコの実は、美容や健康、疲労回復、滋養強壮、アンチエイジングにもよいと注目され、ものす [続きを読む]
  • 散歩で見かけた花と蝶たち
  • これから秋が深まるにつれて、咲いている花も少なくなり・・花に集まる蝶や虫たちも、だんだん観られなくなってしまうと想うと、少し寂しい気ががします。。散歩で見かけた花に集まる蝶たちの姿をアップします。アカツメクサで吸蜜するツバメシジミ。アザミの花で吸蜜するチャバネセセリ。ブルーサルビアとウラナミシジミ。ピンクの千日紅とベニシジミ。?これは蝶ではなく蛾の仲間シロオビノメイガ。最後は白いジニアと [続きを読む]
  • いたち川のイタチ像に止まるカワセミ
  • いつもの散歩コースのいたち川には、この川のシンボルとも言える、川の中で遊ぶイタチの親子の像がある。いつか、このイタチの親子の像の上に止まるカワセミとのコラボ写真を撮ってみたいとものだ願っていたが・・今まではなかなかチャンスに恵まれなかった。昨日の散歩で、たまたま親のイタチ像の頭の上にカワセミが止まったところに遭遇、ラッキー !\(^o^)/イタチ像とカワセミのコラボです!散歩用のコンデジで撮ったので画質 [続きを読む]
  • 網戸のカマキリとオンブバッタ
  • 朝、雨戸を開けて網戸を観ると、大きなカマキリとオンブバッタが止まっていた、二組の緑の訪問者です。最初は我が家の庭先を狩場にしているオオカマキリ。ンッ!あんた何んか用か?と怖い顔で睨まれてしまいました。恐!怖い顔を観た後は・・ 癒し系のオンブバッタのカップルです。大きなメスの背中に小さなオスが必死に、しがみついています。しかしなんとも、おとぼけ顔ですね!このカップル、子作がうまくいくといいですね〜 [続きを読む]
  • ヤマガラと叫ぶ?カワセミ
  • 散歩の途中で久しぶりで出遭ったヤマガラと、カワセミの姿をアップします。エゴの木に止まるヤマガラ。ヤマガラの好物エゴの実はもう食べ尽くされてしまったようです。。そして川沿いにはいつものカワセミもいました!ジッと上を見上げて。口を開けて。何か叫んで?いるみたいです!。はて?何んて叫んだのでしょうか。。 [続きを読む]
  • 庭の花とアゲハ蝶
  • 今日は庭先に咲く秋の花に飛んできたアゲハ蝶たちをアップします。庭先の酔芙蓉の花で吸蜜するキアゲハ。酔芙蓉と大型のアゲハ蝶の組み合わせは華やかで観ごたえが有りますね!こちらはナガサキアゲハ♂?。キバナコスモスで吸蜜するアゲハチョウ。この時季になると翅が傷んだ蝶が多いですね。。最後はイソトマとキアゲハ。 [続きを読む]
  • 釣瓶落としの秋の夕陽と富士
  • 昨日の当地方は、季節外れの真夏日でしたが・・今日は平年並みの気温に戻ったようです。今日10月8日は二十四節気の寒露、そろそろ露が冷たく感じられてくる頃です。。 秋も深まり、夕方に陽が傾い向いてきたかと思うと、あっと言う間に空が茜色に染まり、陽が沈んでしまいます・・・釣瓶落としとは、そんな秋の夕暮れ時をいう言葉。鶴瓶(つるべ)とは井戸から水を汲み上げる桶のことですが、井戸の底へ鶴瓶がサーッ と落ち [続きを読む]
  • 蜘蛛の巣上で輝く水滴!
  • 雨上がりの庭先で、蜘蛛の巣についた雨粒の水滴が秋の陽を受けてキラキラと輝いていた。蜘蛛の巣で輝く水滴。自然の織りなす、とてもファンタスティックで美しい光景です。一粒毎の水滴の中にも周囲の光景が写り込んでいます。まるで自然の輝くシャンデリアのようです。。いつまでも見飽きることがありません。。ラストは、この蜘蛛の巣の宿主さんと一緒に。(クモのキライな方には、ゴメンナサイ!m(_ _)m) [続きを読む]
  • 雨上がりの庭で輝く水滴
  • 今年の秋は爽やかな秋空はサッパリ見られず・・毎日曇りや雨の梅雨時のような天気が続き、台風24号に続いて、またしても25号の襲来となんとも鬱陶しい気分になりそうだが..少しでもスッキリとした気分になろうと、雨上がりの合間の庭先で撮った、陽に輝く水滴の写真をアップします。色付いた 酔芙蓉の花びらと水滴。水滴にぬれて・・いっそう色鮮やかで艶やかな酔芙蓉。刈り取り前の稲の葉についた水滴の輝き。最近ハマって [続きを読む]
  • ミズヒキとタデの花
  • 秋の散歩道や野で、よく見かけるミズヒキとタデですが・・花があまりにも小さくて目立たないので、どんな花が咲いているのか?今までは近付いて良く観たことがなかったけど。。近づいてよく観ると・・ 発見!ミズヒキの花って、こんなにきれいな花だったんだ!ミズヒキの花。おめでたい紅白で咲くミズヒキの花。次はタデの花。蓼食う虫も好き好きと言われるタデですが・・イチモンジセセリには好かれているようですね!タデの花 [続きを読む]
  • 舞岡公園〜赤トンボと稲穂
  • 先日の舞岡公園散策で撮ってきた、里山の谷戸の田んぼの風景をアップします。黄金色に豊かに実った稲穂と舞い飛ぶ赤トンボのコラボは、どこか懐かしい日本の里の秋の原風景を観るようです。。稲穂に止まるアキアカネ。稲穂の上で繋がるアキアカネのカップル。アキアカネ♀の綱渡り?♪夕焼けこやけの赤トンボ 止まっているよ〜竿の先。どこか懐かしい谷戸の田んぼの風景。稲刈りが始まってます。小谷戸の里の古民家。 [続きを読む]
  • 色づく秋の木の実
  • 今日は気持ちの良い爽やかな秋晴れに恵まれたので、午前中は野山の散策に出かけてきた。秋の野や散歩道には、木の実が鮮やかに色付いて、深まりゆく秋に彩りを添えていた。ハナミズキの赤い実。コムラサキ。カラスウリ。アケビ。ガマズミの赤い実。ウメモドキ。ギンナン。クサギ。 [続きを読む]
  • 台風一過〜朝焼けの空
  • 今日から10月、神無月(かみなづき)ですね〜。早いもので今年も残りあと3ヶ月になってしまいました。神無月の由来は、諸神が出雲大社に集まり、諸国の神々が留守になることから、「神なき月」が転訛したものと言われています。昨夜は台風24号の通過で暴風が吹き荒れて、家がガタガタ揺れてよく眠れなかった。。台風が去った今朝、台風一過のきれいな朝焼けの空が観られたので写真をアップします。自宅ベランダより観た台風 [続きを読む]
  • オベリスク姿勢で止まるマユタテアカネ
  • 先日の秋の里山散策で、スマートで小さな赤トンボに出遭った。この赤トンボは、ヒメアカネかマユタテアカネかどっち?写真にとって帰ってから図鑑等で調べてみると、顔に2つの黒い眉斑があるので、マユタテアカネだと確認できた。マユタテアカネのもう一つの特徴は、尻尾の先が反り返っていること。翅が秋の陽を受けて輝いています。杭に止まったマユタテアカネが、徐々に尻尾を立て始めました。この尻尾を立てる行動を、腹部挙 [続きを読む]
  • 田んぼの案山子
  • 今日は久しぶりで気持ちの良い秋晴れに恵まれたので、舞岡公園まで散策に行ってきた。稲刈りの始まった里山の田んぼでは、色々な案山子が飾られていた。稲架掛けの向こうから覗いているのは誰?ポケモンGO!のピカチュウ見っけ!稲わらで作った登り龍です。ハロウィンのオヤジ?こちらは人気者の森のトトロですね!こちらも人気者クマのプーさん。最後は懐かしい稲架掛けの風景。 [続きを読む]
  • ”蟄虫坏戸”〜トンボ撮り
  • 二十四節気72候、秋分の次候(9/28〜10/2)は、”蟄虫坏戸”(むしかくれてとをふさぐ)です。夏が終わって涼しくなり、そろそろ虫たちが巣ごもりの準備を始める頃です。人にとっては、冬の気配はまだまだ遠い気もしますが・・虫たちにとっては、もうすぐと感じるのかも知れません。。蝶の幼虫は蛹になって来るべき寒さに備え、クワガタやテントウ虫は成虫のまま木の根もとに春まで潜ります。庭先や散歩の途中で見かけた蝶や虫た [続きを読む]