はっとり7 さん プロフィール

  •  
はっとり7さん: 犀川攻略 (SAIGAWA CONQUEST)
ハンドル名はっとり7 さん
ブログタイトル犀川攻略 (SAIGAWA CONQUEST)
ブログURLhttp://syuhattori.blog.fc2.com/
サイト紹介文長野県の犀川をルアーで攻略。レインボーとブラウンのモンスターを狙っていきます。
自由文近年、益々難しくなってきた犀川でのルアーフィッシング・・・。そんな状況を打開すべく、あれこれ試行錯誤して海外級のステイタスを求めていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/11/17 21:40

はっとり7 さんのブログ記事

  • 犀川釣行 更なる増水で・・・
  • 増水が続く10月の犀川殖産。大型台風が迫る目前につき、10月最後の釣りになるかも知れないと考えて20日(金)に出撃。前日の雨による増水となっているものの、少ないチャンスを見出そうという思いです。増水のコンディションの中で、満足できるサイズをキャッチきるでしょうか?1日中減水しなかった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    10度〜16度・水温     14度・水位    平常+40?の増水・水質    [続きを読む]
  • 犀川釣行 増水中につき・・・
  • 秋雨が止まない犀川殖産。一週間先まで不安定な天気予報につき、また荒れる前にと思い16日(月)に出撃。終日雨の予報でも前日まではマシな水位なので、少しはチャンスがあるのではと思いました。予報では一日中雨となっていますが、増水で動き出す大型をキャッチきるでしょうか?1日中ずっと雨だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    11度〜14度・水温     14度・水位    平常+20〜30?の増水・水質  [続きを読む]
  • 犀川釣行 フライ強し・・・
  • 秋雨が続く犀川殖産。しばらくは雨の予報ばかりなので、荒れる前にと思い13日(金)に友人フライマンと出撃。この日も雨の予報につき、濁りで釣りにならない可能性のあるイチかバチかの釣行となしました。予報では穏やかな雨ですが、自分も友人も楽しめる釣行ができるでしょうか?午前中はずっと雨だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    12度〜15度・水温     15度〜16度・水位    平常−10?から30? [続きを読む]
  • 犀川釣行 ベイトでロクマル!!
  • 釣り人で賑わう秋の犀川殖産。前回の釣行から中3日ですが、たまたま祝日に休みが取れたので9日に張り切って出撃。2日前のまとまった雨からの回復直後というタイミングにより、大型のチャンスを期待します。前回は数の釣行となりましたが、今回は1本で満足できるサイズをキャッチできるでしょうか?まるで夏のような陽気だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    17度〜29度・水温     16度〜18度・水位   [続きを読む]
  • 犀川釣行 幸先良い?スタート
  • 秋色が見え始めた犀川殖産。いよいよ第二シーズンが開幕となり、1年で最も賑やかな季節が到来しました。しかし、やや渇水傾向で苦手感がありながらも、十分な計画をして5日に出撃。前回と同じ水位ですが、第二シーズンのスタートを良い釣果で飾る事ができるでしょうか?今季一番の冷え込みだった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    7度〜20度・水温     14度〜15度・水位    平常より−10?ほど・水質  [続きを読む]
  • 犀川近況とブログリニューアル
  • さて、第二シーズンがついに開幕となります。そんな中で、今回は久々に犀川遠征をされる方が出くわすかも知れない環境面の課題について書き出してみました。■カワウを銃で乱射?釣行記でも触れていますが、このところのカワウの数は尋常ではなく、殖産などで見かける個体はほんの一部に過ぎません。犀川とその下流にある千曲川周辺の河川敷は、日本の野鳥の3分の2の種類が生息すると言われるほどの繁殖盛んなエリアです。そういっ [続きを読む]
  • 犀川釣行 減水し過ぎか?
  • 9月が終わろうとしている犀川。9月後半にしては珍しいほど落ち着いている犀川ですが、状況を確かめるつもりで26日に出撃。かなり渇水傾向だとわかっているものの、ちょうどよいくらいだと思っていました。ハイシーズン最後の釣行ですが、第二シーズンに向けて手応えを得る事ができるでしょうか?かなり快晴だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    13度〜26度・水温     16度〜17度・水位    平常より [続きを読む]
  • 犀川釣行 水位が戻って・・・
  • 風が爽やかな9月の犀川。台風通過から3日経ちましたが、水位が平常に戻ったのを確認して21日木曜に出撃。増水からの回復直後という絶好のタイミングにつき、かなり期待をしていました。いろいろと条件が揃った環境で、大型をヒットさせることができるでしょうか?水の冷たさが体に応えた殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    12度〜26度・水温     16度〜17度・水位    ほぼ平常・水質    弱い濁り最 [続きを読む]
  • 10月からの第二シーズンに向けて 2017年編
  • 来月からいよいよ犀川殖産エリアにおける秋の第二シーズンが開幕となります。今年も各イベントの開催や、気が付いたことなどを挙げてみました。■本流道場にようこそ!!個人的に本州の大型トラウトの3大聖地を挙げるとすれば、九頭竜川、中禅寺湖、そして長野県の犀川だと思っています。いずれも野生の大型トラウトをキャッチできるフィールドであり、大型のキャッチについては列挙にいとまがないです。また、年間に訪れる遊漁者 [続きを読む]
  • 犀川釣行 台風の前にて・・・
  • ハイシーズン終盤の犀川。やはり今年の9月も台風が通過するようなので、荒れる前にと思い金曜の午後のみ出撃。今回はベイトリールの練習どころではなくて、何とかトラウトの顔を見れればという思いです。午後の2時からの短い時間ですが、何かしらの収穫を得る事ができるでしょうか?風を寒く感じた殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    16度〜24度・水温     17度〜19度・水位    平常+10?の増水・水質 [続きを読む]
  • 犀川釣行 ベイトの試練
  • 涼しい季節になった犀川。過ごしやすい日が増え、釣果に加えて友人と爽快感を味わうべく11日月曜に出撃。翌日が雨予報なので、コンディションが荒れる前にベイトタックルで手応えを得ようと思いました。久しぶりに友人フライマンとの釣行になりましたが、お互いに充実した釣果を出せるでしょうか?1日中曇りだった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    18度〜28度・水温     18度〜19度・水位    平常+10 [続きを読む]
  • 犀川基本情報 その3
  • 今回は犀川殖産エリアについての基本情報です。しかしながら、犀川殖産にはホームページが存在していますので、あまり出されていない注意事項などを書いてみました。■犀川殖産 水内ダムより上流部のマップグーグルマップを継ぎはぎしてみました。この上流部がメインエリアとなる理由は、水内ダムから下流にはダム湖が3つ連なっており、山に囲まれて釣りをする場所がほとんどないためです。それ故に、このマップのエリアではニジ [続きを読む]
  • 犀川釣行 ベイトのデビューで・・・
  • 9月らしい雨の後だった犀川。このところは良いコンディションなので、再び増水する前に釣りをすべく水曜に出撃。しかし、結構な雨の予報につき、濁りでダメになるのか?イチかバチかの釣行になりました。ベイトタックルのデビューですが、魚をキャッチして手応えを得る事ができるでしょうか?寒ささえ感じた殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    18度〜21度・水温     17度〜19度・水位    ほぼ平常・水質 [続きを読む]
  • 犀川釣行 今週は朝練のみで・・・
  • 初秋の風が吹く犀川。心配していた台風の影響はないようなので、平和な犀川で釣りをすべく土曜の朝のみで出撃。今週は忙しかったので釣行はあきらめていましたが、何とか予定を空けることができました。出勤前の限られた時間の中で、トラウトの顔を見ることができるでしょうか?肌寒ささえ感じた朝の殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    18度・水温     18度・水位    ほぼ平常・水質    かすかな濁り [続きを読む]
  • 大型ニジマスのキャッチでわかった事
  • さて、今年はブラウンも含めて大型トラウトのアベレージがようやく少しだけ上がってきたようなところがあります。そこで、先週の釣行で判明した事、感じた事をまとまてみました。■当日の濁りの程度は?考えますと、70?のブラウンを釣った時もこんな程度の濁りだった事を思い出します。トラウトのやる気が上がり、なおかつラインの気配を消してくれる濁りとは?そのタイミングを選ぶのは難しいながらも、イチかバチかの賭けに出る [続きを読む]
  • 犀川基本情報 その2
  • 今回は、犀川漁協エリアの基本情報を作成してみました。今の時代は、ネットを調べれば誰でも詳細なマップを見る事ができます。しかし、マップやネットには釣りをする上での注意点が載っていません。本来は漁協が作成するべきですが、自分の知る範囲で注意事項を書き出しました。■犀川漁協エリアの基本マップごくシンプルな全体マップです。犀川橋の辺から、R19と篠ノ井線が重なって見えにくくなっています。平日の朝は、R19の松本 [続きを読む]
  • 犀川釣行 ニジマス自己記録!!
  • 夏の終わりに近づいた犀川。早いもので季節はだんだんと涼しくなってきており、秋の気配を感じながら火曜に出撃。濁りがひどい火曜だけは避けたかったのですが、この日しか休みが取れず渋々の釣行でした。先週のようなひどい濁りになったとしても、良型をキャッチすることができるでしょうか?夕方5時頃から雨だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    22度〜31度・水温     19度〜21度・水位    平常や [続きを読む]
  • 犀川基本情報 その1
  • 今回は犀川についての基本情報となり、ブログ記事というよりは情報紹介です。最近は釣り規則における誤解の話をよく聞きますので、改めて漁協ごとにまとめてみました。また、今後レギュレーションが変更された際は、表示した内容も変更します。■2つの漁協の全体マップ平ダムより上流が犀川漁協エリア、平ダムより下流が犀川殖産漁協エリアです。それぞれの漁協で別々の遊漁券が必要となり、遊漁期間や規則が違います。■補足 ブ [続きを読む]
  • 犀川釣行 お盆中に行ってみて
  • 今年もお盆を迎えた犀川。祝日スタートのお盆につき、例年よりも忙しさに追われながらも何とか出撃。最近はゲリラ豪雨が多く、殖産のコンディションは非常に悪いと聞き不安な釣行となりました。いつもよりも混んでいる状況で、普段通りの釣果を出すことができるでしょうか?小雨から晴れに変わった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    22度〜28度・水温     19度〜21度・水位    平常+10?・水質    [続きを読む]
  • 本流ウェーダー考 その3
  • 今回は夏を中心としたウェーダーについての記事ですが、ちょっと中途半端な時期になりました。本来記事にするならば春から夏にかけてのタイミングの方が参考になりやすいのですが、使用したウェーダーがちょうど増えた段階につき、秋になる前に記事にしようと思いました。■本流におけるウェーダーについての考え方本流用のウェーダーを検討する場合は、サーフ用よりも丈夫で渓流用ほどタフさにこだわらなくてよい前提での選び方に [続きを読む]
  • 犀川釣行 殖産ようやく復活?
  • 8月に突入した犀川。猛暑が続くと思いきや、このところは意外に涼しく十分に英気を養ってから8月2日に出撃。濁りが少ない漁協エリアを考えましたが、減水傾向になってきたので結局殖産に行く事にしました。殖産もヒット情報が増えてきましたので、そろそろ楽しめる釣行ができるでしょうか?曇り時々晴れだった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    21度〜31度・水温     18度〜19度・水位    平常よりやや [続きを読む]
  • 夏の天気を読む part3
  • さて、前回に引き続き夏の天気がテーマである今回は、天気予報から当日の釣行がどうなるのか?その予測をしてみました。前回の記事でも書きましたが、釣行の行先は殖産であっても天気予報を参考にするのは松本市もしくは安曇野市です。■晴れ予報 その1真夏の日中は、30度ほどの予報であっても35度になる事がたまにあります。それを踏まえますと、普通の釣行を考える上ではかなり厳しい暑さに見舞われると思います。ですので、こ [続きを読む]
  • 犀川釣行 漁協エリアで頑張って・・・
  • 連日雨模様となった犀川。強い濁りから徐々に回復している犀川ですが、また荒れそうなので慌てて25日に出撃。驚くような釣果報告を聞き、そろそろマシな釣果が出せるのでは?と期待をして繰り出しました。天気予報では一日中において小雨の可能性があり、トラウトの活性が高まりそうです。濁りが減ってきている状況につき、捕食意欲が旺盛なトラウトをキャッチできるでしょうか?雨が降ったり止んだりだった漁協エリアのコンディシ [続きを読む]
  • 夏の天気を読む part2
  • さて、前回にひき続き夏の天気から釣行判断を考える記事となります。今回は、天気予報の見方について紹介したいと思います。天気予報通りになった場合、釣り場ではどんな影響が出ているのでしょうか?■参考にしている松本の天気予報自分がよく見ているのはヤフー天気予報で、主に松本・安曇野地域を参考にしています。自分のホームは殖産エリアですが、夏の雨雲のほぼ全てが西から東へと動いていきます。つまり、松本方面から移動 [続きを読む]
  • 犀川釣行 白濁りでやっと1本
  • 梅雨明け直後の犀川。大増水から2週間以上経過し、ようやく釣れ始めたとの情報を得て期待をして出撃。白濁りは残っているとは聞いていたものの、釣りを楽しむ上では十分な状況だと思っていました。大増水の爪痕が残る犀川で、果たしてトラウトの顔を見る事ができるでしょうか?典型的な真夏の快晴だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    20度〜32度・水温     17度〜21度・水位    ほぼ平常・水質   [続きを読む]