はっとり7 さん プロフィール

  •  
はっとり7さん: 犀川攻略 (SAIGAWA CONQUEST)
ハンドル名はっとり7 さん
ブログタイトル犀川攻略 (SAIGAWA CONQUEST)
ブログURLhttp://syuhattori.blog.fc2.com/
サイト紹介文長野県の犀川をルアーで攻略。レインボーとブラウンのモンスターを狙っていきます。
自由文近年、益々難しくなってきた犀川でのルアーフィッシング・・・。そんな状況を打開すべく、あれこれ試行錯誤して海外級のステイタスを求めていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/11/17 21:40

はっとり7 さんのブログ記事

  • 犀川釣行 苦いロクマル
  • ようやく梅雨らしくなってきた犀川。梅雨に突入したものの、水位は下がる一方で見切られやすさを懸念しながら15日に出撃。例年だと6月中旬は期待できる事があるので、無難な1本よりも勝負をしたい気持ちです。前回はひどい有様でしたが、それを挽回できる1本を出す事ができるでしょうか?午後は雨がパラついた殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    15度〜21度・水温     15度〜18度・水位   平常+10? [続きを読む]
  • 本流リール考察 その2
  • 第2回目となった今回は、犀川で使うスピニングリールを選ぶ際に重要視している項目を並べてみました。リールは好みとは言っても、本流に合うものをなるべく選びたいです。■優先している仕様 その1 ドラグ調整自分がシマノのリールを使っていますが、それはドラグ調整が簡単な機種がある事が最も大きな理由となっています。犀川のトラウトは、手前に来てから急に走る事が多いので、フックアウトしそうな場合は瞬時にドラグを緩め [続きを読む]
  • 犀川釣行 パターンが崩壊して・・・
  • 初夏の風が吹く犀川。ようやく水位が平常に近づいた犀川ですが、また雨で荒れるのを懸念して6日の水曜に出撃。クリアーにつき敢えて雨予報を選ぶ事で、見切られやすさを回避しようという作戦です。クリアー過ぎてルアーに反応が悪いとの情報がありますが、それを何とか克服できるでしょうか?午前中は雨だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    17度〜20度・水温     16度・水位   平常+20?ほど・ [続きを読む]
  • 本流リール考察 その1
  • さて、今回は犀川で使うスピニングリールについての考察の記事になります。リールは、ある意味巻くだけのものですから、釣果に左右する度合いは少ないと思います。しかし、より効率よくヒットさせて、少しでもキャッチ率をアップさせるために考えたことを並べました。リールは飽くまでも脇役ですが、時には大きな仕事をしてくれた存在感を放ってくれる事があります。■リールを使う喜び本流トラウト以外にも様々なジャンルの釣りが [続きを読む]
  • 犀川釣行 よい水位なのに・・・
  • 初夏に差し掛かる犀川。ようやく水位が下がり始め絶好のコンディションになる兆しを感じながら、30日の水曜に出撃。この日も雨予報につき、再び増水する前に思いっきり勝負しようという気持ちでした。ルアーによる大型ヒットの情報がありましたが、このチャンスを活かす事ができるでしょうか?曇り時々雨だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    16度〜18度・水温     13度〜14度・水位   平常+30? [続きを読む]
  • 攻略編 瀬の釣り その6
  • さて、このシリーズも終盤となりましたが、今回は秋と冬の瀬の攻略についてまとめてみました。■秋の瀬の傾向自分の経験では、秋はトラウトの食い気が最も上がる季節だと考えています。しかし、食い気が上がっていても強い瀬をぎりぎり避けるトラウトが多く、それがヒットポイントを読む上で重要になっていると思います。夏に魅力だった瀬には小型の野生トラウトが多く、瀬を避けたポイントに大型のトラウトが陣取っている印象です [続きを読む]
  • 犀川釣行 ライズを狙ったら?
  • 五月雨をあつめて早し犀川。という事で今回も雨予報につき、荒れる前に勝負しようと23日に出撃しました。もう2ヶ月近く同じような増水が続いており、相変わらず強い流ればかりが目立っています。依然としてルアーに口を使わせにくい状況ですが、そのハードルを越える事ができるでしょうか?曇り時々雨だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    13度〜18度・水温     13度・水位   平常+50?ほど・水 [続きを読む]
  • 攻略編 瀬の釣り その5
  • 今回も瀬の釣りについての記事になりますが、夏の瀬について考えた事を書いてみました。■夏は最高の瀬のシーズン個人的に夏のハイシーズンと言えば、水温が16度以上の季節で初夏から初秋にかけての期間となります。更に水温が19度以上になるとガンガン瀬も狙い目になるほどで、夏の瀬はポイントとしてかなり魅力的になってきます。また、トラウトの引きが最も強くなるシーズンで、そういった意味でもアツいのが夏の瀬になると考え [続きを読む]
  • 犀川釣行 雨の日曜にて・・・
  • また雨に見舞われた犀川。依然として水位が落ち着く気配はありませんが、また雨による増水を懸念して日曜に出撃。予報では午後から強い雨になるとの事なので、濁りが入るまで時間の勝負となりました。このところは毎回同じような釣りが続いていますが、新たなパターンを発見できるでしょうか?予報どおり午後から雨となった漁協エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    12度〜16度・水温     11度・水位   平常 [続きを読む]
  • 犀川釣行 反応の正体は?
  • 春の増水が続く犀川。GWも終わり初夏に向かっていく犀川ですが、また雨の予報につき荒れる前にと思い7日に出撃。なかなか水位が落ち着くタイミングがなく、好きなポイントに入れない状況が続いています。今回も冴えないコンディションですが、それでも満足できる一本を出せるでしょうか?午後から雨となった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    12度〜20度・水温     12度〜13度・水位   平常+40?ほ [続きを読む]
  • 攻略編 瀬の釣り その4
  • 今回も瀬についての記事になりますが、経験で得た知識から春の瀬についての持論を書いてみました。■春の瀬釣りとは?以前にも春の釣り方について触れた記事を出しましたが、今回は瀬だけに絞ってその特徴をピックアップしてみました。春は、雪代の濁りが多いだけに瀬の釣りを楽しむような機会は少ないです。しかし、そうした悪条件さえ回避すれば、ズバ抜けたコンディションのトラウトに出会えるチャンスが増える季節だと思います [続きを読む]
  • 犀川釣行 バラし連発からの・・・
  • 今年もGWを迎えた犀川。あっという間に新緑に覆われ既に初夏の雰囲気が漂う犀川ですが、GWの2日に出撃。相変わらずの増水でポイント選択が厳しいものの、今回も大型を出せればという思いです。GW中につき叩かれているポイントが多いですが、前回を超える釣果を出せるでしょうか?今回も雨がほとんど降らなかった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    12度〜24度・水温     12度・水位   平常+40?ほど [続きを読む]
  • 攻略編 瀬の釣り その3
  • 3回目となった今回は、瀬の釣り方の記事となります。飽くまでも個人的にヒットしてきた内容ですので、他にもっと釣れる方法を知っている方もいるかと思いますが、参考になればと思います。■基本パターンは、ただ泳がせるだけこれまでの記事でも紹介してきましたが、波が出ている瀬でヒットしてきたのは、単にルアーを泳がせるだけの方法です。これは、流れによってルアーが非常によく泳ぐ上に、水流の変化によって勝手にナチュラ [続きを読む]
  • 犀川釣行 思いつきで出たのは・・・
  • 若葉が芽吹き始めた犀川。夏のような暑さが3日ほど続いていましたが、ようやく火曜に休みが取れたので張り切って出撃。雪代による増水は続いたままで川に入りにくいものの、水温は上昇して活性は良いはずです。水中が賑やかな季節となりましたが、この好機に大型をキャッチする事ができるでしょうか?雨予報でもあまり降らなかった漁協エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    13度〜19度・水温     11度〜12度・ [続きを読む]
  • 攻略編 瀬の釣り その2
  • さて、前回に引き続き今回も「瀬」ついての記事となります。犀川の「瀬」には、どんな条件があるのでしょうか?少し突っ込んだ内容で書き連ねてみました。■瀬を選んでいく釣りは面白い!!ポイントは自分で探して自分で良し悪しを判断できる事が理想です。人に良いポイントを教えてもらって、それを当てにするだけだと自分の読みに自信がつかずに、いつも同じポイントだけを攻める事になりかねません。とにかく見て、好ポイントな [続きを読む]
  • 攻略編 瀬の釣り その1
  • 今回のテーマは本流の大きな魅力の一つで、なおかつ攻略する上でも重要な「瀬」についていろいろと挙げてみました。■犀川の「瀬」とは?本来は、本流の瀬と言えば本流ヤマメを思い浮かべる方が多いと思いますが、今回はレインボーとブラウンを狙うための瀬となります。よく、こんな強い流れに居るはずがないと言われる事があります。確かに、渓流では強い流れを避けるトラウトを探す事が多いです。しかし、犀川のような大きな本流 [続きを読む]
  • 犀川釣行 砲弾がドンッ!!
  • 桜が残る犀川。最近、ヒット情報が増えた犀川ですが、何とか休みが取れたのは雨の翌日の木曜でした。前回も増水とゴミの流下で散々な結果だっただけに、今回はかなり気が進まない釣行となりました。状況が悪化中というかなり苦手なケースですが、それを何とか攻略する事ができるでしょうか?陽気は暖かかった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温   8度〜20度・水温     9度〜11度・水位   平常+50?ほど [続きを読む]
  • 犀川釣行 増水になって・・・
  • 桜が満開となった犀川。水温の上昇で春の好機が到来するも、何とか休みが取れたのは雨の後の土曜となりました。前日は強風もひどくて荒れ気味ですが、とにかくトラウトの顔が見たいという気持ちです。意外なほどの増水で厳しいながらも、何とか居場所を特定してヒットさせる事ができるでしょうか?かなり風が冷たかった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温   8度〜14度・水温     9度〜11度・水位   平常+ [続きを読む]
  • 産業管理外来種について その3
  • さて、3回目となった今回は、産業管理外来種であるニジマスについてその活用に取り組んでいる事例を挙げ、考えた事をまとめてみました。■全国の漁協が放流しているニジマスご存知の通り、ニジマスは全国の各漁協が地元の川に釣り大会などで放流して、大勢の人に親しまれています。この行事は一体いつから始まったのか?もう把握できないほど長く地域に根付いています。そんな行事を今さら問題視する産業管理外来種への指針が出た [続きを読む]
  • 犀川釣行 3月のラスト釣行は・・・
  • 春らしい日が続く犀川。連日のように暖かい日が続くので、トラウトが瀬に差してくる事を期待して水曜に出撃。雪代の濁りが出てはいるものの、そろそろヒゲナガのハッチが開始してもいい頃です。今年の3月は厳しい釣果ですが、今月ラストを良型のキャッチで締める事ができるでしょうか?すっかり春のようだった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    1度〜24度・水温     8.5度〜12度・水位   平常+10? [続きを読む]
  • 産業管理外来種について その2
  • さて、前回はニジマス・ブラウン・レイクの今後の扱いについて、水産庁の方針を示した内容を記事にしてみました。今回は、その方針の内容を深く掘り下げて、自分なりの意見を書いてみました。■産業管理外来種の対象についてニジマス、ブラウントラウト及びレイクトラウトを一律に産業管理外来種としたわけですが、自分としてはそれぞれが性格の異なる魚だと考えています。水産庁は一律に考えてはいないとの事ですが、魚種が違うだ [続きを読む]
  • 犀川釣行 ちょうど良い水質で・・・
  • 寒さが戻って来た犀川。ようやく春らしくなってきたものの、天候の変化が激しいので荒れを避けようと月曜に出撃。雨予報の日ですが、濁りさえしなければトラウトの警戒心が和らいでヒットしやすいと考えました。このところは冴えない釣果が続いていますが、何とかヒットの糸口を見つけられるでしょうか?一日中小雨がパラついた殖産エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    0度〜9度・水温     6度〜8.5度・水位   [続きを読む]
  • 18ステラ インプレ
  • さて、今回は初めての試みとなるリールについての記事です。取り上げたのは発売直後の18ステラで、初期のインプレとして挙げてみました。■購入したC3000今回購入したのはC3000で、これまで使ってきた4000番に比べて番手を下げました。下げた理由としては、使ってみたい7ft台のロッドには4000番は大きすぎな印象で、いつしか3000番をロッドに合わせてみたいと思っていました。そこで14ステラの3000番を購入しようと思ったのです [続きを読む]
  • 犀川釣行 濁りが取れたら?
  • 水位を取り戻した犀川。スレをリセットさせるような大きな増水が収束しつつあり、タイミングを見計らって水曜に出撃。犀川らしい水位が戻ってきたという事で、各ポイントを思う存分に攻めようという気持ちです。水量たっぷりの大きくなったポイントで、フレッシュなトラウトをヒットさせる事ができるでしょうか?まるで4月の暖かさだった漁協エリアのコンディションは、以下の通り。・気温    2度〜22度・水温     7度〜10度 [続きを読む]
  • 産業管理外来種について その1
  • ある雑誌にニジマス・ブラウン・レイクトラウトについて、取り扱いや管理の指針を水産庁が示した旨の記事が掲載されていました。今回は、対象のトラウトを巡る政府の動きについて自分なりにまとめてみました。■産業管理外来種にニジマス・ブラウン・レイクトラウトは、平成27年に産業管理外来種に指定されました。政府は、2020年までの国の行動目標等を定めた「外来種被害防止行動計画」を策定しました。これは、防除の対象となる [続きを読む]