山城めぐり さん プロフィール

  •  
山城めぐりさん: 山城めぐり
ハンドル名山城めぐり さん
ブログタイトル山城めぐり
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tomiokamusasi
サイト紹介文新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供451回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2014/11/17 21:53

山城めぐり さんのブログ記事

  • 神成城③
  • 曲輪3から二の丸へ三の丸西側から帯曲輪に廻ります。帯曲輪を歩き帯曲輪の南側に来て土塁が仕切り、西への通路から三の丸西下曲輪仕切りの土塁を北に向かい、三の丸城壁を見ています。三の丸城壁は東に進むと空堀と繋がり空堀が三の丸南側を走っています。三の丸の櫓の南土塁櫓台三の丸から南に歩くと、広大な曲輪(仮に二の丸北下曲輪とします。)縄張り図は「境目の山城と館」宮坂武男氏著、これによれば広大な曲輪を曲輪2とさ [続きを読む]
  • 神成城②
  • 三の丸から北尾根の遺構石門をくぐって(右の大きな岩と、道を挟んで少し小さな岩が通路を作っています。)大きな岩の上に曲輪11(余湖さんの縄張り図にないので11とします)尾根を登り曲輪6曲輪6の西に空堀を挟んで三の丸三の丸を北から見ています。三の丸を南から見ており、一段下がってます。余湖さんは曲輪4としています。俯瞰図は「余湖くんのお城のページ」より曲輪4の北に横堀、東に虎口横堀の土塁北に曲輪5曲輪5− [続きを読む]
  • 神成城
  • 神成城は群馬県富岡市宮崎にあります。神成城地図国道254号線で信号駅前(一ノ宮駅)から西に県道209号線に入り、バス停の宮崎入り口の信号の二又を左手に進み(西中入口の案内があり)700mくらいで突き当り、左折します。宮崎公園の道を進まず、手前を右折すると乗願寺(小幡氏の菩提寺でしたが、徳川時代になって水野氏に代わったそうです。)を過ぎて200mくらいで西中に着きます。校舎手前を右折しハイキング道入 [続きを読む]
  • 宇田城③
  • 本丸から北城へ本丸南下第一腰曲輪第一腰曲輪に立って見ています。本丸東下腰曲輪本丸東城壁本丸下帯曲輪帯曲輪を北に廻り、本丸北城壁を見ています。本丸、残念ながら草に覆われています。北尾根第一堀切第二堀切の二重堀です。北城の三段の曲輪、北側下北側城壁三段の一番下の曲輪縄張り図は「余湖くんのお城のページ」より父は上野小幡氏の小幡憲重(重貞、重定)。(ただし、重貞と名乗ったのは信貞とも、信真や信定は信貞の子 [続きを読む]
  • カジノ法案
  • 安倍首相「カジノ法案」強行の背景にトランプの意向! 日米首脳会談に米カジノ企業トップ3人が同席2018.06.15  安倍政権がまたもひどい強行採決をおこなった。昨日、「カジノ法案」こと統合型リゾート(IR)実施法案に反対して野党が石井啓一国交相の不信任決議案を提出したが、本日の本会議で与党の反対で否決。そのあと、衆院内閣委員会が開かれ、野党側は審議継続の動議を提出したのだが、自民党の山際大志郎委員長がこれを [続きを読む]
  • 宇田城②
  • 宇田城は今回で3度目ですが、登り口を変えてみることにより新たな遺構を見て回ることができました。既に上った山城なのだから、もう上る必要がないと思い込んでいる方は、登り口を変えて登ってはいかがでしょうか。新たな発見があるかもしれません。城壁があり南第三曲輪登ってきた曲輪群を見下ろしています。抉った曲輪が下方にあり、それを城壁が囲むように段差を設けて、上段の通路が東側に通じています。また城壁が立ちはだか [続きを読む]
  • 宇田城
  • 宇田城は群馬県富岡市宇田にあります。宇田城地図国道254号線の信号一ノ宮から西に地方道47号線に入り、信号宇田の300m先の市道を右折して、神守寺を目指します。寺の手前の石碑が並んでいる左脇道から登ります。神守寺、城壁のようであり、「境目の山城と館」宮坂武男氏はここを宇田西城としています。神守寺東50mくらいに石碑が並んでいて、ここから登ってゆきます。城山遠景登っていきなり土橋南虎口(かつて登った [続きを読む]
  • 琵琶湖を押さえた信長の夢、大溝城
  • 琵琶湖押さえた信長の夢 大溝城跡(もっと関西) 時の回廊 琵琶湖西岸の中央部、乙女ケ池と呼ばれる内湖のほとりに武骨な石垣が残っている。大溝城跡(滋賀県高島市)の天守台だ。本格的に石垣が導入され始めた近世城郭の初期の姿をとどめる。最近の調査で湖水を取り込んだ水城(みずじろ)の解明が進んできた。 画像の拡大大溝城跡に残る天守台の石垣。算木積で角を補強した(滋賀県高島市) 織田信長は坂本、長浜、安土に続い [続きを読む]
  • 笹尾砦
  • 笹尾砦は山梨県北杜市小淵沢町下笹尾にあります。笹尾砦地図地方道17号線の上笹尾公民館から南に市道を入り、諏訪神社を過ぎて500mくらいに城山公園入り口から200mくらいの二又を右に進みますと公園駐車場となります。地方道17号線沿いにある上笹尾公民館公民館の南の道を進みこの二又を右手に入ります。駐車場(三の丸)から南に進むと堀切があり二の丸になります。(強風により倒木の恐れありとの注意書き)縄張り図 [続きを読む]
  • 深草館跡
  • 深草館跡は山梨県北杜市長坂町大八田にあります。深草館跡地図長坂ICから地方道32号線の長坂IC東の信号を北に1.5kmくらいで左折し金生遺蹟を目指し、その遺跡から南に250mほどに深草館跡があります。この館跡から南に100mほどに案内板があります。北の田んぼの畦道から沢(堀と思います。)を渡って入ります。本丸西虎口本丸、西側土塁北側の堀西虎口を内側から見ています。本丸東側土塁本丸南側土塁、やや中央に二 [続きを読む]
  • 拉致問題は本当に進展するのか?
  • メディアは政権批判ができないならしなくてもいいが、しかし、真実は報道しなくてはならない。安倍が北朝鮮との会談が図れるよう関係省庁に指示して、急遽拉致被害者と面会して北朝鮮との交渉を始める姿勢を示した。しかし、安倍政権が行ってきた言動は、非核化のためには最大限の圧力をかけて行くしかないという敵対意識むき出しの姿勢であった。政局の流れもわからず、憲法9条を廃棄させるためには、北朝鮮がいつ有事を起すかも [続きを読む]
  • 勝頼の逃避行②
  • 目指した栖雲寺栖雲寺地図景徳院から3kmくらい県道218号線を北に進めば栖雲寺はあります。途中竜門峡入り口を過ぎて土屋惣藏昌恒片手切の碑があります。栖雲寺に向かう勝頼一行を織田軍勢は先廻りをしてゆく手を阻んでいたという。この窮地に土屋惣藏が狭い崖路に立って迫りくる敵兵を片手切りに川へ突き落とし活躍したとの伝説が残っています。この奮闘によって勝頼一行は景徳寺にもどり、自刃できたという。栖雲寺、こんな [続きを読む]
  • 巌流島の決闘
  • 宮本武蔵の巌流島の決闘、最後は集団リンチに終わった? 2018/06/16 07:00 © SHOGAKUKAN Inc. 提供 宮本武蔵、実は卑怯だった?(AFLO)  剣豪同士の決闘として名高い「巌流島の決闘」といえば、宮本武蔵と佐々木小次郎が一対一で相対している場面を思い浮かべることだろう。ところが実際には、勝利した宮本武蔵側が、卑怯な手段で佐々木小次郎を絶命させていたという。『ざんねんな日本史』(小学館新書)を上梓した歴史作家の [続きを読む]
  • 政治を読む(日朝会談を総裁3選のために悪用)
  • 日朝会談を悪用…安倍首相「総裁3選」へ露骨なムード作り日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年6月16日 9時26分 8月か9月に「日朝首脳会談」実現に向け調整――。政府関係者の情報をもとに大メディアがこうはやし立てている。「対話のための対話は意味がない」と繰り返してきた安倍首相が百八十度方針転換し、14日は拉致被害者の家族とも面会して直接交渉への強い意欲を見せた。突如として浮上した“日朝会談ムード”だが、これにはウ [続きを読む]
  • 勝頼の逃避行
  • 新府城から逃避行の遺跡を紹介します。小山田信茂の献策により、小山田氏の本城、岩殿城を目指しましたが、信茂の裏切りにより笹子峠から東に進めず、甲州街道(県道212号線)を戻り、大菩薩峠を抜けようとしたのか、県道218号線(大菩薩初鹿野線)で大和町木賊にある栖雲寺を目指したようです。景徳院地図景徳院勝頼・北条夫人・信勝が自害した地景徳院の西にある市営駐車場から100mほど西に鳥居畑古戦場の碑があります [続きを読む]
  • 新府城からの逃避行④
  • 本丸へ三の丸を経由して本丸へ西側には土塁があって、その西に一郭があります。西側景色本丸西北に勝頼公慰霊の祠が建てられています。祠は1684年に建てられたと伝えられています。両脇に武田氏重臣の碑神社の裏手にある家系図やはり神社本堂裏手にある縄張り図本丸に祭られている神社神社の参道を下り階段脇に説明版、真田昌幸が勝頼に命じられて築城しました。天正十年、勝頼は追い詰められ、新府城を脱出し逃避行を行います [続きを読む]
  • 新府城からの逃避行③
  • 二の丸から丸馬出、三日月堀へ図で乾門の内側、搦め手の郭から橋を渡って、井戸跡から北に登り、二の丸に入ったのが歩いた道ですが、草深く写真になりませんので、今回は省きます。、二の丸二の丸から戻り、西出構、東出構を回って、北の帯曲輪を歩いて大手門から大手桝方、丸馬出、三日月堀と見て回ります。大手門大手桝方大手桝方から丸馬出を見ています。丸馬出に立って、桝方を振り返って見ています。三日月堀を見下ろしていま [続きを読む]
  • 新府城からの逃避行②
  • 乾門乾門の内側の大きな曲輪、武者溜まり。西側に100mほどの土塁土塁の西下に堀乾門二之門二之門桝方乾門を南外から見ています。乾門西側、土橋、この平地は外曲輪でしょうか。堀は釜無川の断崖に通じています。釜無川の右岸には武川衆という地方武士団がいて、神山町武田は平安時代、武田氏の祖、武田信義が居を構えた土地であるという。外曲輪にある俯瞰図と説明乾門から搦め手曲輪、井戸曲輪を経て二の丸の道を進みました。 [続きを読む]
  • 全国城郭研究者セミナー
  • 第 35 回 全国城郭研究者セミナーテーマ  馬出を考える ― 定義と分布  日程: 2018 年 8 月 4・5 日(土・日)会場: 豊橋市公会堂 (アクセス)愛知県豊橋市八町通 2-22主催: 第 35 回全国城郭研究者セミナー実行委員会中世城郭研究会 共催: 豊橋市教育委員会★ 申込み受付け中です.7 月 20 日まで.過去の参加者には,5 月 20 日に案内状を発送しました.このページ下部にも案内と申込み葉書を掲載しています. 全国城 [続きを読む]
  • 新府城から景徳寺までの逃避行
  • イベント情報楽々園「御書院」の内部特別公開について 楽々園は、彦根城天守の北側にあり、4代井伊直興により延宝5年(1677年)から2年を要して造営された彦根藩の下屋敷です。11代直中の隠居に際して大規模な増改築が行われ、全盛期を迎えましたが、その後は縮小傾向に転じ、現在に至っています。 建物は「御書院」、「地震の間」、「楽々の間」などの建物で構成され、「御書院」の奥は渓谷の風情をなしており、「地震の間」、 [続きを読む]
  • 獅子吼城③
  • 東斜面の腰曲輪群から北側斜面の腰曲輪群第一帯曲輪の北側虎口帯曲輪は東に伸びて突き当たります。東斜面を下り、第一腰曲輪第二腰曲輪第三腰曲輪第四腰曲輪、麓まで段曲輪が続きます。北東斜面を登ってゆき腰曲輪を形成する石垣こうした石垣が随所にあり、東斜面での防御を摺滑てゆくにはかなりの犠牲が伴うと想像されます。北東斜面を登り切り、帯曲輪虎口から北側へ下ります。北側斜面は大きく開かれています。低地になると壕と [続きを読む]
  • 獅子吼城(ししく)②
  • 本丸から北尾根の曲輪群へ本丸狼煙のネットワーク説明版(武田信満三男江草兵庫介信奏が1394年から1428年に居城とした。見性寺の寺紀に書かれている。)本丸北下の帯曲輪帯曲輪から城壁を見ています。帯曲輪を西に廻ってゆきます。つづらに下ってゆき本丸西城壁を見上げています。西第一帯曲輪下ってきた本丸西側を見ています。第一帯曲輪は北に廻り北側は横堀へと変わります。下ってきた曲輪は石垣で守られています。北側 [続きを読む]
  • イベント情報
  • イベント情報1560年、今川義元公と織田信長公が桶狭間の地で戦った「桶狭間の戦い」で命を落とした両軍の供養祭。暗くなってから行う万灯会では、桶狭間の戦いの戦死者を弔い、3,500本のロウソクを大池に点灯します。幻想的な光景を見るため、遠方からも歴史ファンが集まります。イベントのご案内■10:00〜/12:30〜 史跡めぐりツアー■15:00〜17:00(受付 14:30〜) 歴史講演会 講師:原 史彦 徳川美術館 学芸部部長代理(学芸員) [続きを読む]
  • 獅子吼城
  • 獅子吼城は山梨県北杜市須玉町江草にあります。獅子吼城地図須玉町江草地区に入り地方道23号線のバス停湯戸橋前から市道に入り、根小屋神社の手前200mくらいの二又を戻るような坂道を登ってゆきます。根古屋の大ケヤキ根古屋神社、ここから23号線の湯戸橋バス停方面に200mくらい戻ると二又を左上に進みます。集落に入って100mくらいに登り口案内があります。こんな岩場を登ってゆきます。東曲輪」東第一腰曲輪東第 [続きを読む]
  • 青山城②
  • 本丸へ堀切から三の丸を見ています。本丸城壁を登り本丸本丸北側は一段高くなっています。本丸の説明板縄張り図本丸を南西から見ています。堀切と土塁空堀の南に二の丸があるのですが、残念ながら薮です。本丸と二の丸との間の堀切から東に下ると堀切を見上げています。東側を守る腰曲輪、以上で不完全な紹介ですが終わりです。次回 山梨県 獅子吼城松山城主 上田朝直に青山城・腰越城をも後北条氏は守らせている。(説明板に北 [続きを読む]