SY blog active report さん プロフィール

  •  
SY blog active reportさん: SY blog active report
ハンドル名SY blog active report さん
ブログタイトルSY blog active report
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ssc720
サイト紹介文岐阜のこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/11/18 06:08

SY blog active report さんのブログ記事

  • 岐阜市長選考察
  • ☆任期満了により実施される「岐阜市長選挙」は現職不出馬を受け、6名の候補者による乱立選挙になりそうである。 1月21日告示、28日投票という選挙日程も決定。岐阜市政にとっても一つの転換期を迎えることになる。 候補者が多いことは市民にとって選択肢が広がるので良いことだが、今回の選挙は完全に政局選挙。政策的相違点がほとんどないのである。見方を変えれば、市政に対する市民の多様な声に応えるために、これまで [続きを読む]
  • 観光都市の課題
  • ☆ 秋の京都路に後援会バス旅行に出かけた、京都御所や嵐山を尋ねたが、さすがに観光都市、京都。 混雑ぶりは想像以上で、嵐山の渡月橋は人ごみで対岸に渡るのも大変な状況。 そんな京都で、宿泊税の条例制定が話題となっている。確かに観光地といえども居住する住民も大勢いることも現実である。 日常生活に影響が出ることも目の当たりにする。道路の混雑、路線バスの乗車ラッシュ、ごみ処理・・観光産業に従事して生活してい [続きを読む]
  • 総選挙結果から再認識した政治不信の要因
  • <衆院選>民進・前原氏、希望の党会派所属へ10/23(月) 6:41配信毎日新聞<衆院選>民進・前原氏、希望の党会派所属へテレビのインタビューに応じる民進党の前原誠司代表=東京都千代田区で2017年10月22日午後9時37分、佐々木順一撮影 民進党の前原誠司代表は23日未明、党本部で行った記者会見で、自身は衆院で希望の党の会派に所属したいと同党の小池百合子代表に申し入れたことを明らかにした。【衆院選タイムライ [続きを読む]
  • 総選挙中盤情勢分析結果の報道
  • ★大義なき解散総選挙の結末は、結局野党サイドのオウンゴールで自民・公明の与党勝利だと各マスコミが報じている。 日本の行く末を決める重要な選挙だが、政策争点はかすんだまま、野党再編も不発に終わりそうである。 とりわけ「希望の党」という幻影に惑わされた「民進党」は完全に分裂、比例の投票先を尋ねられても、岐阜一区の場合などは返答に窮する現状である。 長年政治に関わり、政党活動にも一生懸命取り組んできた一 [続きを読む]
  • 総選挙の行方
  • ◎10日に公示される総選挙に向け、マスコミ報道の過熱ぶりは、政策より政党の動きを優先させているのが残念である。確かにわかりにくい解散・総選挙で大義が見えないのは事実。 そして何より自らの保身に走る政治家たちの理念の無さが露呈し、日本の政治が長年、三流だと揶揄されてきた根源を垣間見たような気がしてならない。 何のために政治があるのか、権力を握らなければ物事が動かない現実は理解するが、己の理念まで捨て [続きを読む]
  • 市長選動向Ⅱ
  • ☆ 9月定例会の開会を明日に控え、決算認定という重要な議案を審議する気持ちの高ぶりは例年のように何故か沸いてこない。何故だろう! 一つ要因として考えられることは、年明けに予定される市長選の候補者が明確に見えていない現状の中、現職の動向が不鮮明であることがどうも釈然としないのである。 決算を認定後、新年度予算編成に着手することになるが、選挙は1月末(任期満了選挙)。通常なら、予算編成方針が出て予算編 [続きを読む]
  • 捨てる勇気
  • 我が事務所には膨大な資料、ファイルの類が本棚に並びきらない程蓄積されている。行政関係ファイルのみならず各種選挙資料や自治会、労組大会資料、野球リーグ成績表、政党関係資料・・後援会の行事等、20年にも及ぶものが溜まっているのである。確かに重要なものもあるが、見返すこともない不要なものが驚くほど存在しているのが現実。思い切って整理をしようと段ボール箱を用意したら、なんと二桁も必要となりホームセンターで [続きを読む]
  • 議員の資質
  •  上西議員のSNSでの発言が話題を提供している。その釈明会見も何とも情けない。浪速のエリカ様?と言われているようだが、議員としての資質はどう見ても無いに等しい。それよりも人としていかがなものかとさえ思う。 こうした人によって多くの国民の持つ議員像が歪められていくことが残念で仕方ない。 議員という肩書や処遇、世間の対応等が人格を変えてしまっているという非常に甘い見方をする人もいるが、多くの支援者(国民 [続きを読む]
  • 都議選結果に驚愕
  • ☆都民ファースト完勝!昨日の都議選は誰もが想像できなかった結果となった。 大都会だから風に有権者が乗りやすいのか、政策が素晴らしいのか、候補者が良いのか、勝因は簡単に分析が出来ないと思う。 だが選挙は恐ろしいとしか言いようがない。現職にすれば積み上げた4年間の評価が選挙だと信じて日々の活動に励んできたと思うが、有権者の選択基準はどうやら違うようである。 名古屋市の減税日本、大阪市の維新・・際立つ人 [続きを読む]
  • 聖人君主になりきれるか
  • ☆6月の定例会が閉会した。 議会では「議会基本条例」制定に向けての協議会が発足。市議会の意義や議員の責務を条例として明記しようという動きが出てきた。 真摯に議論が交わされ、成果ある条例になることを期待したいものである。 しかし、どうも考えに温度差があり、どの様に流れが出来るか心配でもある。 議場で、市長のマイルポイントの扱いに言及した質問が出た。確かに公務出張が多い海外視察。公費の飛行機運賃に個人 [続きを読む]
  • 市長選動向
  • ☆2018年1月執行される「岐阜市長選」の話題が6月議会を前に活発化してきた。 前回の次点候補者が正式ではないが立候補を一部に表明、次いで自民党県議、共産党も独自候補模索、そして本日市内の会社社長の名前が一部の新聞により報道された。 どこからの情報か定かではないが、火の無いところに煙は立たないわけで、市政に目が向けられることは良いこと、盛り上がりを期待したいものである。 だが、どの候補者も正式な立 [続きを読む]
  • 強大な権力が社会全体の仕組みすら変えてしまう恐怖
  • ☆森友学園から家計学園問題へと、安倍政権を巡る種々の疑惑は拡大の一歩。文科省前事務次官の発言が波紋を呼んでいる。内閣府VS文科省という行政内部のパワーバランスも官邸サイドが絶対的権力を握っているのが良くわかる。忖度という今年の流行語にもなりそうな言葉をどれだけの人々が知ったことか。直接的に指示がなくても、官僚たちが権力を持つ議員の影をちらすかしただけで、正面から何回も突破できなかった問題が、いとも簡 [続きを読む]
  • 議長の権威とは?
  • ☆ 岐阜市議会臨時会が開催された。新年度の所属委員会と正副委員長の互選。 そして正副議長の選挙が行われた。岐阜市の議長は県内の議長会の会長になるわけで、いわば岐阜市議会の顔。議長は、最大会派からの選出が慣例となっており、当選回数の多い人から順に就任するようである。しかし、定数削減や世代交代により現在は三期目の人々が議長になるケースがみられるようになってきた。 経験や議会のルール精通者という一定のハ [続きを読む]
  • 国会議員の資質
  • 受動喫煙対策まとまらず=今国会提出、厳しい情勢―自民部会時事通信 5/15(月) 21:11配信 たばこの受動喫煙対策を強化する法改正をめぐり、自民党は15日、厚生労働部会を開いた。 小規模スナックやバー以外は原則禁煙とする厚生労働省案と、一定面積以下の小規模店に「喫煙可」「分煙」といった表示義務を課す妥協案について協議したが、意見集約できなかった。 妥協案も規制推進派の反対で事実上の白紙に追い込まれ、改正法案 [続きを読む]
  • 郵便料金値上げは痛い
  • ★6月1日から、郵便はがきの料金が値上げとなる。52円が62円、10円の値上げは正直厳しい。郵政民営化問題の中で想像・指摘された現実がこれからも起こりうる流れだろうが、メールやラインが簡単に利用されている最近の通信事情から「郵便離れ」が当然経営を圧迫することは、これまた当然のことかもしれない。 宅配も通販の拡大等により、値上げや配達時間の制限等が堂々と公表される時代を迎え、企業として利益追求や労働 [続きを読む]
  • 連休明けの休息?
  • ☆世間で言うほどゴールデンウィークはここ何十年も実感がない。地域行事が結構あり、連続休暇がなかなか取れない。 したがって、特別な意識無く行動してしまうと世間とのずれを感じる場面に遭遇する。 少し時間が出来たから、公園にでもと出かけると駐車場待ちの車の渋滞に遭遇。ファミレスで家族で食事をと来店すると席の予約で30分待ち。考えることは誰もが同じか・・・・★連休明けに役所へ溜まった仕事のために出庁するが [続きを読む]
  • 空き家対策
  • ☆全国的課題である「空き家問題」 これからの自治体運営においても重要な課題である。 岐阜市でも担当部署が職員の目視で推計しただけで3000軒を上回るという。 人口が増加しないのに世帯数が増えるということは、核家族化が進んでいる証拠。岐阜市の場合、1世帯当たりの居住人員は2.37人、高齢者独居で施設等への入居があった場合は、空き家とは言えないが、事実上空き家状態の実態が多い。 個人の財産権侵害になら [続きを読む]
  • 記事のタイトルを入力してください(必須)
  • ◎春爛漫、花の開花を楽しむ間もなく、年度の区切り行事に追われる日々。そんな中、昨年来より話題となった「政務活動費」の28年度報告期限が迫ってきた。議員活動を充実させるために国会議員の「文書通信費(100万円)=報告義務なし」に順じて一定規模都市の地方議員に設けられた「政務活動費」、金額は自治体間で開きがあるが、議員活動にとっては有意義なものだが、その処理や使い道に種々問題が露呈し、物議を交わしてきた。 [続きを読む]
  • 市長選挙を考える
  • ☆来年1月の岐阜市長選に向けて、何となく動きが出始めた。非公式とは言いながら事実上出馬表明をした方、何の選挙に出られるのかわからないが自分のPRリーフを配布している方、有名人を招いて後援会活動を活発化している方、・・・水面下の動きとしては結構情報が洩れ伝わる。当然ながら現職の出馬も推測が噂されている。真実は定かではないが、任期満了の市長選が一年を切った現実からして、こうした動きが起こっても不思議は [続きを読む]
  • 球春
  • 第39回柳原杯争奪野球リーグが今年も始まった。例年のように8チームが総当たりするリーグ戦。若い層の選手も揃って、活気あふれる開会式になった。しかし、岐阜市のスポーツ環境はお世辞にも自慢できるものではないのが残念。球場確保に努力する役員さんたちの姿勢に頭が下がる。何とかしないと思う。東京オリンピックまでには・・・・ [続きを読む]
  • ぶれない信念とは?
  • ☆岐阜市の新庁舎は平成32年度末の完成に向けて、実施設計案が公表された。 基本的には平成27年秋にに公表された基本設計と大きな変更点は無く、建設事業が順調に進むものと感じていたが、当初予算を審議する議会前に、にわかに内部の構造物の是非を問うような一部マスコミによるキャンペーンが始まった。 基本設計の段階でも指摘できたことが何故今問題視されるのか、説明不足か理解不足か理由はわからないが、その報道に対 [続きを読む]
  • 民進党では選挙が戦えない?
  • ☆ 東京都議会が選挙前にいろいろと話題を提供している。小池知事の誕生により、各政党・会派で都議選を直前に控え、劇的に変化が起きている。豊洲問題の百条委員会設置や議員の離党、会派合流とニュースにならない日は無い。そんな中で、民進党の名前がいつの間にか都議会の会派名から無くなっているではないか。当然ながら、会派は所属政党の有無に関係なく結成が出来るが、東京都議会という地方議会のシンボル的な自治体での現 [続きを読む]
  • 選挙の難しさ
  • ☆東京の千代田区区長選挙結果が今日は各メディアが大きく報じている。 現職がトリプル得票で圧勝、夏の都議選の前哨戦として投票率もアップ。当然マスコミ等のクローズアップもあって注目された選挙ではあったが、政策や実績の評価等はほとんどわからずじまい。 都政のドント都知事の代理戦争という構図が選挙戦の一番のポイントとなった。 そして今日もそこがニュースのネタとなっている。 見る側からすると面白いが、選挙を [続きを読む]
  • アメリカはどうなる?
  • ☆トランプ米国新大統領の大統領令の影響は全世界へ拡散している。 入国拒否された人たちの数にも驚きだが、大統領権力の凄さを改めて感じた。 グローバル化の流れに逆行して、アメリカといえども孤立をしないか心配である。★本来、アメリカが大好きで、何回か訪米経験がある私にとっても(後援会旅行も複数回実施) アメリカを遠く感じている現在、日本政府の動向も大変気になる。確かにテロ対策や不法移民の問題は重要課題で [続きを読む]
  • 選挙の投票率は?
  • ☆今日は岐阜県知事選挙の投票日。午前中の天候は申し分ないのだが、果たして投票率は? 争点のない選挙、最初から結果がわっかている選挙・・・種々言われているが、有権者の投票に対する意識が昨今希薄になっているように感じる。 市議会議員選挙でも50人近くの候補者がいるにもかかわらず低投票率の傾向は続いている。 政治に無関心でもなさそうだが、投票権の行使の重要性をあまり日本では啓発がなされていない。18歳か [続きを読む]