たっちゃん さん プロフィール

  •  
たっちゃんさん: 高齢社会の生き方
ハンドル名たっちゃん さん
ブログタイトル高齢社会の生き方
ブログURLhttp://koreishakai.com/
サイト紹介文もと介護職員の考える高齢社会の生き方
自由文介護、医療のこと、終活など、高齢化社会の日本で知っておいたほうがいいんじゃないかな、考えておいたほうがいいこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/11/18 09:28

たっちゃん さんのブログ記事

  • 預金小切手で特殊詐欺を防ぐ方法
  • 振り込め詐欺やオレオレ詐欺で銀行の窓口からお金を引き下ろしたり、振込をしようとすると、銀行の人に警察を呼ばれたりします。>>私が母の付き添いで銀行に行ったら警官を呼ばれた話 詐欺師がこの警察網をすり抜けるためにあみだしたのは、現金を宅配やゆうパックで送れ、という方法です。現金が犯人に渡ってしまったら、アウトです。もう犯人は捕まりません。犯行の成功です。 現金渡しの詐欺を防ぐ方法として、警察が推奨して [続きを読む]
  • 高額の預金を引き出す際の警官の事情徴収
  • 大家業を営んでいる70代の母親が、貸家の改修の代金を工務店に支払うため、銀行窓口に預金を引き出しにいった時の話。金額は、170万円ほど。まあまあ高額ではあります。本人が窓口に行かないと、ややこしいことを言わるのはわかってますので、本人が行きまして、私は付き添いです。交通の足がないので運転手役と、目が悪いので伝票の代書と、あとはボディガードですね。 窓口で、少々お待ちくださいと言われまして、少々待っていた [続きを読む]
  • 成功報酬型薬を厚生労働省が検討
  • お薬代を、使った分だけ支払うのは、富山の薬売りの置き薬の商法です。現代では布亀などが、ご家庭や事業所など薬を置きに来られますね。置いておくだけで、使わねば、無料です。消費期限の切れた薬は回収になるので、布亀さんにとってはマイナスでしょうが、お客の立場からすると、無駄のでない、とっても良心的なシステムですね。それに対しまして、病院で処方される薬は、ぜんぶ飲むことが前提ではありますが、あんまり効いてな [続きを読む]
  • 格安スマホのデメリットに注意
  • キャリアと呼ばれるdocomoやAU、ソフトバンクで契約するスマートフォンやiPhoneなどの電話代は、高いですね。私は毎月1万円くらい、夫婦で2万円以上払っており、我が家の生活を圧迫しております。 私の年老いた父母は、インターネットを見ない、メールもしないということで、らくらくホンという、機能の少ない、文字のでっかい携帯電話を使っており、そんなに電話代もかかってませんけど、いちどスマホに慣れた人でしたら、便利機 [続きを読む]
  • 要介護度を改善させれば、介護員の報酬があがる?
  • 2018年の介護報酬改定では、利用者の要介護度を改善した事業所には、報酬の上乗せがあるようになるとのことです。何割増しになるのか、まだよくわかりませんけれども。利用者が元気になれば介護事業所の売り上げは減ってましたこれまでは、お客様である介護サービス利用者の要介護度が軽くなれば、利用できるサービスの範囲や費用が下がってしまっておりました。ですから、介護事業者としては、お客様の要介護度が改善されませんよ [続きを読む]
  • 生前の遺産分割協議は無効です
  • たとえば、もうすぐお父さんが亡くなりそうだ、という場合、兄弟間で、資産の分割の相談などをするかもしれません。それを合意書など書類にのこしておいても、それは法的に無効です。なんでかといいますと、まだ親が生きているのにかかわらず、子供が勝手に遺産わけの相談をするってのは、非道徳だとされているからです。日本では。同じく、生前の相続放棄も無効となります。遺産分割は、相続が発生してからの話になるのです。 遺 [続きを読む]
  • 高齢者に多い腰椎圧迫骨折とは
  • 老人ホーム入所中の私の父親が、ちょっと前から腰がいたいと訴えておりましたもので、一緒に病院に行ってみました。かかりつけクリニックでは、自力で立てない人はレントゲン写真が撮れないということで、寝たまま撮れる設備のある総合病院の整形外科にまいりました。初診料3000円でした。 レントゲン撮影によりますと、縦に並んでいる腰の骨のうちふたつが、押されて潰れたようになっておるということでした。腰椎圧迫骨折です。 [続きを読む]
  • 最後の桜
  • この春は、花見にたくさんいきました。私の父が入所している特別養護老人ホームが、自宅から近く、また、すぐ隣の公園が桜満開なので、父を連れ出して、何回もお花見に、車椅子を押していったのです。いちどは親戚が集まって公園の日本庭園なども散策しましたし、いやもう、堪能いたしました。近所の公園は、ソメイヨシノばかりでなく八重桜やら枝垂れ桜やら、開花時期が少しずつずれておりますもので、そのおかげもあって長く楽し [続きを読む]
  • 孫の相手が認知症改善になるんじゃないかと思った次第
  • 介護施設に入るとたちまちボケるよ、と聞いておりましたが、うちの父の場合、わりとうまくいっているようで、自宅にいたときよりは調子が良いです。といっても、自分で動くことが少ないので、トンチンカンな行動をする機会もない、不機嫌に当たり散らす相手もいない、という事情もあり、単純に、ボケてない、ということでもないですね。認知症の症状が見えにくくなっているだけかも。孫の相手が一番刺激になる元気だった時の趣味が [続きを読む]
  • 認知症の親が契約していたインターネットの契約を解約
  • 父が介護施設に入所して、実家ではだれもインターネットの利用をしなくなりました。私は使いますが、実家にはそんな毎日行くわけでもないし、自前のモバイルルーターも持っているし、iPhoneでデザリングもできますので、実家にはネット環境不要です。母が、全くネットを利用しないので、父のクレジットカード明細に記載されている「ワイモバイル」の字を見て、これはなんや、いらんもんは解約して! というのです。無駄な出費には [続きを読む]
  • 医療費控除の対象になる介護サービス費
  • 確定申告の時期が近づいてまいりました。(写真はうちの近所の税務署)介護にかかった費用も医療費控除の対象になるものがあります。自己負担分が10万円または合計所得金額の5%(消費税も含む)を超える金額で、上限200万円が医療費控除の対象となります。2割負担の世帯なら単純に考えると控除も2倍になるというわけで、忘れていると損します。サラリーマン世帯なら還付金がありますし、翌年度の住民税額なども変わってきますので [続きを読む]
  • 混合介護解禁のニュースに今さら感
  • 新聞で、「混合介護解禁 東京・豊島区で」というニュースを読みまして驚きました。パッと見て、混合医療の話かと思ったのです。混合介護なんて言葉は初めて聞きました。かいつまんでいえば、介護保険サービスと介護保険外サービスを一緒に提供してもOKになるという話のようです。ほう、ついに解禁か、と思ったんじゃなくて、えーっ、アカンかったの??というのが感想です。私が介護事業をしていたころは、普通にやっていたぞ。混 [続きを読む]
  • 自分の親が介護状態になって思うこと
  • 介護職として、お年寄りに接する時、お客様はすでに要介護状態です。おかしげな人でも、最初っから、そういうキャラクターの人だと受け止めておれますが、自分の父親が、入退院を繰り返して、認知症の症状も出てくるようになると、お客さんとは違った思いが湧いてまいります。認知症の親の介護認知症になってくると、わがまま、ええかっこしい、おこりんぼ、わからずや、だだっこ、といった難儀な性格が吹き出してきますね。私の父 [続きを読む]
  • 銀行預金を代理人が引き出す場合の手続き
  • この頃の金融機関は、本人確認が厳しくなっております。お年寄りの詐欺被害も多いということもありましょうが、本当にお年寄りが銀行で用をこなせなくなって、代理の者がお金の引き出しに行くときは困ってしまいます。なんどか、窓口で喚き散らしているオッサンを見たことがありますが、あれはボケた年寄りの金を勝手に使い込もうとしている、ドラ息子でしょう。そんなのが増えてきたら、銀行も警戒しますよね。銀行預金を代理人が [続きを読む]
  • ふるさと納税は年金受給者でもできます
  • ふるさと納税とは、納税という名前がついておりますが、寄付金です。自分の住んでいない市町村であっても、寄付をすると特産物などの御礼品がいただけまして、寄附金額は自分の所得税住民税の控除になります。ふるさと納税という名前ですが、故郷どころか縁もゆかりもない地域でもOKです。御礼品で選ぶのがお得でしょう。 ふるさと納税の限度額確定申告で寄付金控除の申告をすると住民税の控除になりますが、寄附金額のまるま [続きを読む]
  • 高齢者でも禁煙する意味はあるのか
  • いまや日本人の喫煙者は人口の3割を切ったということで、どんどんタバコを吸う人は追いつめられております。孫にも嫌われます。世間の風潮にそって、年寄りもたばこをやめるのが良いと思います。>>終煙ガイドブック高齢者の喫煙とリスク70歳や80歳になって、禁煙もなかろう、という反論もあると思いますけど、タバコ一本吸うと、寿命は5分30秒縮むといわれております。あと十年生きられるところ、毎日30本のタバコを吸っていたら [続きを読む]
  • 求人の条件 年齢制限は法律違反?
  • 40歳も超えると、就職先はないよーといいますが、実は求人募集をする際は、年齢制限をつけることができません。雇用対策法という法律で決められております。ハローワークはもちろん、求人募集誌の広告掲載でも同じです。男性のみ、女性のみという条件も、原則的に禁止です。それなら、定年退職後も就職のチャンスが! と思うと、そう甘くもないですね。求人の年齢制限の例外事由例外はありまして、雇用対策法施行規則第1条の3第 [続きを読む]
  • 介護休業法が改正されます。
  • 介護休業の法律(育児・介護休業法)が来年(平成29年)改正されます。一回のみ93日休めるという制度でしたけど、来年から3回に分割できるようになります。要介護度2以上だったのが、要支援から、と要件も緩和。介護休暇は1日単位から半日単位に。残業の免除や、労働時間の短縮の措置も見直されました。休業中に受け取れる介護休業給付金はお給料の40%から67%にアップ!いままでは、93日の間に、介護の体制を整えよ、という制度でした [続きを読む]
  • 定年退職後の再就職
  • 定年退職おめでとうございます。長らくのお勤めご苦労様でした。身体をいたわりつつ、悠々自適で、セカンドライフを楽しみましょう!とはいえ、不労所得の資産を持たない人、扶養してくれそうな頼もしい子供がいない人は、今後は年金と貯金だけが頼りということになります。夫婦二人で平穏無事に平均寿命まで生きていくには、年金以外に3000万円の蓄えが必要とシミュレーションされています。介護生活になったり、平均以上に長生き [続きを読む]
  • 老人ホームの探し方
  • 介護療養型医療施設で入院中の父が、退院することになりました。週4回のリハビリが効いてきたのか、起き上がって歩けるようになってきて、食事もわりと普通の食事が摂れるようになってきたのですね。顔色も良くなってきて、意思の疎通というか、辻褄の合った会話ができるようになりました。入院前まで務めていた民生委員のアンケートにも、記入できるようになってきて、よかったよかった。とはいえ、入浴だとかトイレだとか、まだ [続きを読む]
  • ひきこもり息子の国民年金は猶予できます
  • 国民年金の支払を滞納しておりましたら、係の人が家までやって来ました。わおー、家まで取り立てに来よった、サラ金か! と思ったら、ちがいまして、免除の方法を教えに来てくれたんです。以前、たいへん貧乏生活をしていた時、国民年金免除の期間がありましたんですけど、多少収入が増えて、免除が打ち切られて、納付書を貯めてしまってたんです。先月、半年分をまとめて払いおわって、また次のぶんが貯まってきまして、督促のお [続きを読む]
  • トランクルームを活用して趣味三昧の老後を楽しもう
  • トランクルームを、うちの近所でもよく見かけるようになってきました。トランクルームというのは、コンテナを、月5,000円とかのお手軽な費用でレンタルして、荷物を置いておけるサービスです。小さい簡単な倉庫というイメージです。田舎の広い一軒家で、子どもたちも出て行って年寄り夫婦がふたり、なんて暮らしなら、トランクルームなどまるっきり不要でしょうが、東京や大阪など都会の手狭なマンションだと、自宅に収納スペース [続きを読む]
  • 介護士の求人はハローワークより求人サイトがおすすめ
  • 介護士、ホームヘルパーさん方が、職場を探すときに一番よく利用するのが、ハローワークと求人情報誌でしょう。しかし、ハローワークを利用したことがある人はご存じと思いますが、応募前に事業所の細かい情報はよくわかりません。ハローワークの資料には、法令で定められた項目が羅列されているだけです。変則的勤務が多いの訪問介護のヘルパーさんの雇用条件は、事業所としても確定した書き方ができないもんですから、テキトーに [続きを読む]
  • 病気は死から身体を守っている
  • 病気には、ならないほうがいいですが、病気になるのも意味があります。たとえば、風邪を引いて咳が出て熱が出ているという状態は、病原菌を身体から追い出したり、高熱でやっつけようという体の防衛作用です。咳も出ず熱も出なければ、菌は体の中で増殖して、人は死んじゃいます。糖尿病になると足が壊死したり失明したりしますけど、これも身体の端っこの方から機能不全にしていって、心臓とか脳みそを最後まで生かそうという作用 [続きを読む]