たっちゃん さん プロフィール

  •  
たっちゃんさん: 高齢社会の生き方
ハンドル名たっちゃん さん
ブログタイトル高齢社会の生き方
ブログURLhttps://koreishakai.com/
サイト紹介文もと介護職員の考える高齢社会の生き方
自由文介護、医療のこと、終活など、高齢化社会の日本で知っておいたほうがいいんじゃないかな、考えておいたほうがいいこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/11/18 09:28

たっちゃん さんのブログ記事

  • 年寄りの爪肥厚 変形した爪の手入れにはガラス爪磨きが使えます
  • 年をとると、どういうわけか足の指の爪が分厚く変形してきます。原因は、靴が合ってないとか水虫(白癬)とか、いろいろあるようですが、私の父親は老人ホームで車椅子暮らしでして、足の爪にかかる負担はほぼゼロのはずなのです。水虫もないし。しかし、ほぼすべての爪が、分厚くなって、なかには先っちょが指の腹に巻き込んで食い込んだりしております。爪切りで切ろうにも、肉と爪がひっついていて、爪切りの刃を入れにくいし、 [続きを読む]
  • 介護職員に対する利用者からのハラスメント
  • 職場のハラスメントといえば、上司から部下へのセクハラやパワハラというのが一般的なイメージだと思いますが、介護業界では、利用者から介護員に対する暴言やら暴力、性的な嫌がらせがあります。この問題に対して、厚生労働省が2018年中に実態調査に乗り出すことになったそうです。介護現場でのハラスメントとはいままで、介護業界のハラスメントって、職員が利用者を虐待するとか、そっち方面ばっかり取り沙汰されてました。これ [続きを読む]
  • 高齢者の筋肉低下と健康維持
  • お年寄りでもここまで筋肉ムキムキになれるのかと、驚愕したできごとがありました。70歳からの、筋肉アップです。高齢者の筋肉の衰え介護の現場では、リハビリを受けている人など、多く見てきましたが、うまくいっている人を見ることは、あまりありませんでした。加齢とともに、杖→車椅子→ベッドで寝たきりとなっていくのは、仕方がない面もあるとは思いますが、60代で急激に弱っていくのは、本人の健康に対する意識が低すぎます [続きを読む]
  • 老人ホームのボランティアに参加しました
  • 私は現在、介護事業には直接には関わっていないのですが、ちょいちょい、いろいろな御縁があります。先日は、特別養護老人ホームでのイベント、音楽コンサートに、ボランティアのメンバーとして参加してまいりました。歌とピアノとギターによる、音楽会です。老人ホームのレクリエーション老人ホームの規模って、ピンきりですけど、こちらの施設はかなり大きく、レクリエーションにも力を入れておられます。私の父の入っているホー [続きを読む]
  • 老人ホームのボランティアに参加しました
  • 私は現在、介護事業には直接には関わっていないのですが、ちょいちょい、いろいろな御縁があります。先日は、特別養護老人ホームでのイベント、音楽コンサートに、ボランティアのメンバーとして参加してまいりました。歌とピアノとギターによる、音楽会です。老人ホームのレクリエーション老人ホームの規模って、ピンきりですけど、こちらの施設はかなり大きく、レクリエーションにも力を入れておられます。私の父の入っているホー [続きを読む]
  • 介護の車両が駐車違反をまぬがれる方法
  • 訪問介護で高齢者のご家庭をまわっていくヘルパーさんや、送迎車、介護タクシーなどがとっても困る問題が、駐車違反です。クルマを停められるスペースがあるようなお宅は少ないですし、5分や30分ていどの用で、いちいち離れた駐車場に入れに行く時間の余裕もないし、そもそも介護の仕事って、たいして儲かるわけでもなし、ヘタをしたら、駐車代のほうが高くつきます。バイクか自転車で回れ、ってことになりますけど、そうも言えな [続きを読む]
  • グーグルマップの経路検索に車椅子を追加
  • グーグルマップは私もスマホで愛用しております。車でのルートや、交通機関のルートを地図で検索できてとっても便利。検索の仕方も、とか、最速とか、最安とか、いろいろ選べるんです。このたび、ルート選びのオプションに、「車椅子対応」が付け加えられたようで、ますます便利になりますね。まだ、東京とか、一部だけだけのようですけれど、今後、全国に広まっていきましょう。関西なら京都とか奈良などの古都は、ぜひ充実してい [続きを読む]
  • 年老いた親に言い出しにくいことの第1位は?
  • 高齢期を迎えた親に言い出しにくいことはといえば、相続のこととか、葬儀の段取りなどが思い浮かびますけれども、アメリカの非営利団体の調査によると、車の運転をやめてほしいということが、首位だったそうです。3人に一人が、そう答えたってことで、いかにも車社会のアメリカならではという感じがしますね。クルマの運転は生きがい公共交通機関の発達した日本の都市部であれば、まあ、クルマはなくても、という気もしますが、し [続きを読む]
  • 終活と断捨離
  • 一時、流行語にもなっておりました終活と断捨離、あまり良いイメージを持っていない人もおられるようです。その解釈の仕方も、人によってマチマチのようですね。そういうわけで、ここであらためて、私の思うところの「終活」観と「断捨離」観を、書き留めてみようと思います。そりゃ違う!と思われる方もおられるでしょうが、他の解釈を否定するつもりはありませんので、面白半分にでも読んでいただけましたら、幸いです。断捨離と [続きを読む]
  • 高齢者の働き方 というか働かせ方
  • 今回は、高齢者の雇用ってどうなの? と考えておられる、会社経営者への記事になります。金沢に、わりと有名なお菓子メーカーがあります。その会社では、野菜や果物など、形が悪かったりして、丸のまま売れない農家の残り物を安く仕入れて、お菓子の材料にしています。大手メーカーの仕事を受けたり、コンビニ用のお菓子を作って、繁盛しているそうです。その会社では、高齢者の働き手を「達人」と呼んで、重用しているそうです。 [続きを読む]
  • 老衰で死のう
  • 老衰で死ぬ人が多いと、医療費が抑えられるというニュースがありました。男性の老衰死の全国最多が、神奈川県茅ヶ崎市だそうで、老衰の死亡率が全国平均の2倍以上。ついで2位が千葉県市原市、3位が三重県四日市市、4位、静岡県浜松市、5位、神奈川県横須賀市になっています。逆に老衰死が少ないのが、大阪府茨木市で全国平均の3分の1以下。ついで、同じく大阪の、寝屋川市、枚方市、吹田市、5番目に長崎県長崎市ということです。私 [続きを読む]
  • 預金小切手で特殊詐欺を防ぐ方法
  • 振り込め詐欺やオレオレ詐欺で銀行の窓口からお金を引き下ろしたり、振込をしようとすると、銀行の人に警察を呼ばれたりします。>>私が母の付き添いで銀行に行ったら警官を呼ばれた話 詐欺師がこの警察網をすり抜けるためにあみだしたのは、現金を宅配やゆうパックで送れ、という方法です。現金が犯人に渡ってしまったら、アウトです。もう犯人は捕まりません。犯行の成功です。 現金渡しの詐欺を防ぐ方法として、警察が推奨して [続きを読む]
  • 高額の預金を引き出す際の警官の事情徴収
  • 大家業を営んでいる70代の母親が、貸家の改修の代金を工務店に支払うため、銀行窓口に預金を引き出しにいった時の話。金額は、170万円ほど。まあまあ高額ではあります。本人が窓口に行かないと、ややこしいことを言わるのはわかってますので、本人が行きまして、私は付き添いです。交通の足がないので運転手役と、目が悪いので伝票の代書と、あとはボディガードですね。 窓口で、少々お待ちくださいと言われまして、少々待っていた [続きを読む]
  • 成功報酬型薬を厚生労働省が検討
  • お薬代を、使った分だけ支払うのは、富山の薬売りの置き薬の商法です。現代では布亀などが、ご家庭や事業所など薬を置きに来られますね。置いておくだけで、使わねば、無料です。消費期限の切れた薬は回収になるので、布亀さんにとってはマイナスでしょうが、お客の立場からすると、無駄のでない、とっても良心的なシステムですね。それに対しまして、病院で処方される薬は、ぜんぶ飲むことが前提ではありますが、あんまり効いてな [続きを読む]
  • 格安スマホのデメリットに注意
  • キャリアと呼ばれるdocomoやAU、ソフトバンクで契約するスマートフォンやiPhoneなどの電話代は、高いですね。私は毎月1万円くらい、夫婦で2万円以上払っており、我が家の生活を圧迫しております。 私の年老いた父母は、インターネットを見ない、メールもしないということで、らくらくホンという、機能の少ない、文字のでっかい携帯電話を使っており、そんなに電話代もかかってませんけど、いちどスマホに慣れた人でしたら、便利機 [続きを読む]
  • 要介護度を改善させれば、介護員の報酬があがる?
  • 2018年の介護報酬改定では、利用者の要介護度を改善した事業所には、報酬の上乗せがあるようになるとのことです。何割増しになるのか、まだよくわかりませんけれども。利用者が元気になれば介護事業所の売り上げは減ってましたこれまでは、お客様である介護サービス利用者の要介護度が軽くなれば、利用できるサービスの範囲や費用が下がってしまっておりました。ですから、介護事業者としては、お客様の要介護度が改善されませんよ [続きを読む]
  • 生前の遺産分割協議は無効です
  • たとえば、もうすぐお父さんが亡くなりそうだ、という場合、兄弟間で、資産の分割の相談などをするかもしれません。それを合意書など書類にのこしておいても、それは法的に無効です。なんでかといいますと、まだ親が生きているのにかかわらず、子供が勝手に遺産わけの相談をするってのは、非道徳だとされているからです。日本では。同じく、生前の相続放棄も無効となります。遺産分割は、相続が発生してからの話になるのです。 遺 [続きを読む]
  • 高齢者に多い腰椎圧迫骨折とは
  • 老人ホーム入所中の私の父親が、ちょっと前から腰がいたいと訴えておりましたもので、一緒に病院に行ってみました。かかりつけクリニックでは、自力で立てない人はレントゲン写真が撮れないということで、寝たまま撮れる設備のある総合病院の整形外科にまいりました。初診料3000円でした。 レントゲン撮影によりますと、縦に並んでいる腰の骨のうちふたつが、押されて潰れたようになっておるということでした。腰椎圧迫骨折です。 [続きを読む]
  • 最後の桜
  • この春は、花見にたくさんいきました。私の父が入所している特別養護老人ホームが、自宅から近く、また、すぐ隣の公園が桜満開なので、父を連れ出して、何回もお花見に、車椅子を押していったのです。いちどは親戚が集まって公園の日本庭園なども散策しましたし、いやもう、堪能いたしました。近所の公園は、ソメイヨシノばかりでなく八重桜やら枝垂れ桜やら、開花時期が少しずつずれておりますもので、そのおかげもあって長く楽し [続きを読む]
  • 孫の相手が認知症改善になるんじゃないかと思った次第
  • 介護施設に入るとたちまちボケるよ、と聞いておりましたが、うちの父の場合、わりとうまくいっているようで、自宅にいたときよりは調子が良いです。といっても、自分で動くことが少ないので、トンチンカンな行動をする機会もない、不機嫌に当たり散らす相手もいない、という事情もあり、単純に、ボケてない、ということでもないですね。認知症の症状が見えにくくなっているだけかも。孫の相手が一番刺激になる元気だった時の趣味が [続きを読む]
  • 認知症の親が契約していたインターネットの契約を解約
  • 父が介護施設に入所して、実家ではだれもインターネットの利用をしなくなりました。私は使いますが、実家にはそんな毎日行くわけでもないし、自前のモバイルルーターも持っているし、iPhoneでデザリングもできますので、実家にはネット環境不要です。母が、全くネットを利用しないので、父のクレジットカード明細に記載されている「ワイモバイル」の字を見て、これはなんや、いらんもんは解約して! というのです。無駄な出費には [続きを読む]
  • 医療費控除の対象になる介護サービス費
  • 確定申告の時期が近づいてまいりました。(写真はうちの近所の税務署)介護にかかった費用も医療費控除の対象になるものがあります。自己負担分が10万円または合計所得金額の5%(消費税も含む)を超える金額で、上限200万円が医療費控除の対象となります。2割負担の世帯なら単純に考えると控除も2倍になるというわけで、忘れていると損します。サラリーマン世帯なら還付金がありますし、翌年度の住民税額なども変わってきますので [続きを読む]
  • 混合介護解禁のニュースに今さら感
  • 新聞で、「混合介護解禁 東京・豊島区で」というニュースを読みまして驚きました。パッと見て、混合医療の話かと思ったのです。混合介護なんて言葉は初めて聞きました。かいつまんでいえば、介護保険サービスと介護保険外サービスを一緒に提供してもOKになるという話のようです。ほう、ついに解禁か、と思ったんじゃなくて、えーっ、アカンかったの??というのが感想です。私が介護事業をしていたころは、普通にやっていたぞ。混 [続きを読む]
  • 自分の親が介護状態になって思うこと
  • 介護職として、お年寄りに接する時、お客様はすでに要介護状態です。おかしげな人でも、最初っから、そういうキャラクターの人だと受け止めておれますが、自分の父親が、入退院を繰り返して、認知症の症状も出てくるようになると、お客さんとは違った思いが湧いてまいります。認知症の親の介護認知症になってくると、わがまま、ええかっこしい、おこりんぼ、わからずや、だだっこ、といった難儀な性格が吹き出してきますね。私の父 [続きを読む]