中受マスター さん プロフィール

  •  
中受マスターさん: 関西中学受験 中受マスターのブログ
ハンドル名中受マスター さん
ブログタイトル関西中学受験 中受マスターのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/jyukenclear/
サイト紹介文中学受験専門の個別指導を大阪と兵庫でしています。
自由文個別指導の塾名はDoctor・Sirius(ドクター・シリウス)です。
中学受験に迷える人たちに、ドクターとして「診断」をして勉強方法を「治」していく。
また、「シリウス」は太陽系から一番輝いて見える星です。
指導の結果、一番輝いていけるよう願いも込めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/11/19 11:07

中受マスター さんのブログ記事

  • テキストの問題選定をしてみよう
  • 「宿題が回らない。」「やらなきゃいけないことが多すぎる。」「問題が難しい・・・。」かかえていることは山のようにあるのに、中々うまく進まない現状を見てヤキモキしているのは、なにも保護者だけではないはずです。今のような時期、あたたかくポカポカしている時に、公園や河川敷、商業地では楽しそうな声。これにイライラしていませんか?取りあえず一息つきましょう。それは真面目な証拠です。与えられたこと、言われたこと [続きを読む]
  • アメンバー申請について
  • 今週、アメンバー申請が次々ときました。ブログでも載せているように、メッセージ頂けた場合は、大抵承認しております。メッセージが無い場合は、承認しませんと記載しているように、承認しておりません。子どもに、「文章をちゃんと読みなさい!」と言っている側が、読んでいないのでは笑い話にもなりません。なので、申請があっても1日たってメッセージの無いものは、全て一度、非承認としました。 メッセージやコメントをする [続きを読む]
  • 努力家と野心家
  • タイトルの言葉は皆さんもお聞きになったことがあると思います。 「努力家」というのは素晴らしいことです。一つ一つのことにしっかりと打ち込めるだけで、それはもう人間として尊敬できる人ではないでしょうか?「自分の子どもには努力家になってほしい!」と思われる保護者の方もたくさんいらっしゃるでしょう。 どんなに才能に恵まれようと、努力をしなければ、それは石のまま。玉にはなりません。またその方法を間違えても、ち [続きを読む]
  • 情景の「見える化」能力
  • 私の感覚がずれているのか、時代遅れなのか。それとも新しい傾向なのか、中学受験の弊害なのか。「説明・論説文よりも物語文の方が嫌い」という子が多いように思います。経過の熟考よりも、結果を速やかに求めようとする雰囲気の中で勉強すると、「どうしてそうなる?」「なぜその答え?」という自考の深さがいい加減になります。説明文の方が好きという子どもに多いのは、理数系のタイプだと思います。算数のように、計算をして論 [続きを読む]
  • 合格への近道
  • 成績が上がること、クラスが上がること、志望校に合格すること、などと色々な目標がそれぞれにあると思います。それらを実現する際に考えることが、少しでもいいので「近道はないか?」と言うことです。答え。そんなものはありません。解法のテクニックはありますが、それは近道ではありません。そのテクニックでさえも、知識でしかないのです。知っているか知らないかで差がつくかもしれませんが、そのためには努力が必要です。そ [続きを読む]
  • 勉強する環境について
  • 勉強する環境を求めて、社会人や大学生が「自習室」なるものを定期的に使用しているというのは、以前のブログでも書きました。春期講習の終わり、新学期の授業が始まる前に、改めて、学習環境について考えてみました。 「音」まったくの無音状態というのは、逆に勉強にならないことは証明されています。本当に閉め切られた部屋で、まったく音がしない。すると人間はどうなるかというと、「キーーン」という耳鳴りがしはじめます。 [続きを読む]
  • 宝塚歌劇団流、ブスの25箇条
  • 私の母は宝塚が大好きです。特段、追っかけをしているわけではありませんが、今でも歌舞伎と宝塚は結構見に行っているようです。今年も受験終わりに帰ると、「海老蔵」やら「猿之助」やら「中村○○」とか言われていたので、ま〜今も好きなようです。宝塚は私も組の種類ぐらいしか解りませんが、たまに見かける宝塚生らしき立ち姿を見ると、凛としていて凄いな〜と思います。 そんな宝塚には、次のようなものがあるのをご存知でし [続きを読む]
  • シングル男子、グループ女子
  • 成長期というのは、心の変化を伴うものです。 それは行動の変化にも繋がります。 男子の特徴 基本的には中学1、2年生ぐらいまでは変わらないでしょう。成長速度が遅いということもあって、しっかりとした軸(この場合、アイデンティティ)が出来るのも遅いです。自我が目覚めると、親とも疎遠になったりします。ただ中学受験という目標においては、ほっとくとキャッキャと好きなことをくり返す可能性があるので、しっかりと管理 [続きを読む]
  • これはドキドキする!
  • こんなニュースがあったのは知っていますか?歴史に興味ない人でも聞いたことがあるでしょう。歴史ミステリーの一つが解明か?笑 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00010003-nishinpc-sctch 「ウォ!ホンマか!?」未だに解らない邪馬台国の場所。 中国の歴史書「魏志倭人伝」には、卑弥呼に金印を贈ったとされています。その金印には、「親魏倭王」と書かれていたとか。だから金印が見つかれば、そこに邪馬台国があっ [続きを読む]
  • 卒業式
  • 先週末は西宮市で、今日は大阪市で卒業式があったようです。参加された人、多かったのではないでしょうか。この場合、卒業式で卒業をしていく側の関係者、また送る側の生徒、そして学校関係者の方を指します。卒業していく子どもの様子を見ながら、保護者は我が子の成長、とりわけ入学式の時の様子や各学校行事の時の姿から、大きくなった今現在と比べて、涙した人も多いと思います。 思い出すのは、卒業生がみんなで歌うシーン。 [続きを読む]
  • 北野高校 京大1位の衝撃
  • 皆さん、もうご存じの方もいらっしゃるでしょう。東大、京大合格者数ランキングが発表されました。東大上位は鉄板の三校で、開成、麻布、灘を筆頭に、桜蔭や駒場東邦などが並びます。そんな中、公立の日比谷が入っているのは、流石に元東大合格者数トップの学校です。 そして、タイトルの通り、京大合格者数ランキング・・・「え!!?マジで!?」公立の雄である北野高校が、合格者数80人越えで1位!卒業生が300人ちょっと [続きを読む]
  • 怖っ!!
  • ビー、ビー。メール着信。内容を見てみると・・・「Amazon.co.jpのアカウントの修正」は?と思い見てみると、見たこともないアドレスに勝手に書き換えられていました。 あわてて、アマゾンのお問い合わせセンターに電話!すぐにアカウント停止作業をしてもらいました。クレジットカードなども登録しているので、超アブナイ!!1週間後に、その後の追跡調査結果を知らせてくれるとか。流石にドキドキものでした。変なサイトなんか [続きを読む]
  • 中受あるある2018春
  • 中、受、あるある言いた〜い〜中受あるある言いたい〜中受の〜あるあるを〜言いたいのさ〜中、受、あるある言いた〜い〜中受あるある今から言うよ〜「中受のあ〜るあ〜るを、言いたい〜〜」とレイザーラモンRGのネタをかえて、昨年度に引き続き、TUBEの名曲「シーズンインザサン」のサビの部分を歌ってみました。ネタなので、最後の「  」の歌詞のところだけ、以下のものに置き換えてみてください。毎年誰もが通る「あるあ [続きを読む]
  • 勉強本について
  • 参考書や問題集についての話。 「『○○式読解法』を使っているのですが、どう思いますか?」「いいと思いますよ。本は。」「○○塾の先生が書かれた本なのですが、どうでしょう?」「いいと思いますよ。やり方は。」どう思うのか。また、本がどうなのか。と聞かれましたので、そのようにまず答えました。世の中に、「○○式」なる勉強本は山のように出ています。中学受験から大学受験まで含めれば、どれだけあるのかなど解りませ [続きを読む]
  • 追悼試合
  • 今日はナゴヤドームにて、星野仙一追悼試合がありました。仕事で行けませんでしたが・・・なんじゃこの試合は!!? https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2018030303/score プロである以上、結果が全て!スポーツに限らず、どの業界でも言えること。しかし、今日だけは何としても勝たなアカン日でしょ!負けたらアカン日やないか! 優勝していたときには、関川や郭源治など、気迫あふれるプレーでチームを引っ張った人たち [続きを読む]
  • 睡魔とたたかう子どもたちへ
  • 昨日、今日と温かい気候です。来週はまた寒くなるそうなので、体調に気をつけてください。 春眠暁を覚えず。誰もが聞いたことのあるこの言葉。単純に解釈すれば、春のうららかな陽気が続くとき。気候も良く、眠ってしまうと起きるのがつらくて眠ったままである。だいたいこのような感じでしょうか。フッと眠ってしまう人は何も子どもだけではありません。電車の中で「睡魔」に襲われて、いつの間にか終点に着いていました・・・な [続きを読む]
  • 高度プロフェッショナル制度
  • 経済産業界の要望に応える形で、今国会の成立を目指していた裁量労働制に関する項目は排除されました。大きな項目が4本あるうちの1本が倒れたわけですが、、、なんのこっちゃ?と思う人も多いのではないでしょうか。働く人、雇われている人、雇っている人は知っておいた方が良い、自分の身に降りかかることですよ。 ちなみに、塾講師は高度プロフェッショナル制度が当てはまりますね。対象は年収1075万円以上の人のようです [続きを読む]
  • エンジンのかかりやすい季節
  • 昔懐かしい空冷エンジン。寝覚めが悪く、冬の通勤には向きません。同じく鉄馬の冬はジャジャ馬になる。これらは、一部の車やバイクの特徴です。昨今の技術向上によって、こういった現象も少なくなりましたが、気温の低い時期のマシンの稼働状況は暖かい時期と比べて大きく異なります。昨日ぐらいからでしょうか、かなり気温が上がっています。夜はまだ寒いですが、それでも昼間はポカポカ日和で春が近づいていることがよくわかりま [続きを読む]
  • 春先のイベントの意義
  • 春先にはたくさんのイベントごとがあります。大人にはお花見から始まり、新学年の準備にてんやわんや・・・。兄弟がいらっしゃれば、入学式、入園式などもあるかもしれません。小学校によっては、新年度用の書類や服装などの準備から、自分の子どものことでやることがたくさんあると思います。子どもは子どもで、新しいクラスの友達が誰になるのか楽しみでしょう。これは塾でも一緒!新年度の担当講師が誰になるのかワクワクしてい [続きを読む]
  • 間違いのまま終わっていないか?
  • 宿題・課題の中で、集中しないといけない場面は何でしょう?文章を読むこと。問題を読むこと。模試のやり直し。復習テスト・カリキュラムテストのやり直し。授業ノートの見直し。etc.etc.多分、全部正解です。親としても、当然全部出来てほしいでしょうし、私も同感です。しかし、そんなに都合よく動いてくれないのも事実でしょう。モヤモヤとイライラが混在する保護者の葛藤もあると思います。受験学年になって、効率よくこ [続きを読む]
  • 加湿器の効果!?
  • 私の教室には、ちょっと大きめ(20畳程度)の部屋まで加湿&空気清浄可能な機械を置いています。私の家には、しょぼ〜い5畳が限界!と言わんばかりの加湿器が置いてあります。私は以前、ノドの軽度の手術をしたことがあります。これもストレスから来るもの?&仕事病!と言われたのですが、それ以後は、性能がしょぼ〜くても、とにかく加湿器だけは置こうとしています。ノドが打たれ弱い・・・弱っちいんですね。先日、就寝の際 [続きを読む]
  • 音読と黙読の精度
  • 読解において、どこまで意味を理解して読み込めるかということは、ある意味、日本語を理解しているかどうかということであり、何も国語だけでなく、他の教科でも同様だと言えます。算数、社会、理科、、、将来は英語やフランス語?でしょうか。日本語で出題されているものは、正確にその情報を読み取ることが大前提と言えます。ところが、人間どこまで集中して物事に取り組んでいるか、この場合は読解しているかは、様々な条件によ [続きを読む]
  • フロントサイドダブルコーク1440
  • グワ〜〜〜、これで銀か!!Sホワイトが凄すぎる!!ソチもこんな感じで、金をかっさらわれたんですよね〜。 スポーツ全般得意ですが、水系と雪系のスポーツだけは小学生以下レベルの私は、こういうスポーツのプロフェッショナルに惹かれます。戸塚選手の落ち方、おそらく太ももあたりからモロに落ちたことも気になりますが、全選手がこの悔しさを次にいかすためにまた頑張るのでしょう。 元スピードスケート選手で、金メダリスト [続きを読む]
  • 〇〇症候群に打ち克つ!
  • ようやく各塾とも新学年が始まって1週間ぐらい?授業が一巡した頃でしょうか。大変なのは、一巡し終わったこれからです。何が大変かというと、、、そう「宿題!」。まずこれまでの学年と違い、様々な追加の講座や模試が増えてきます。一々全部取っていたとしたら、いったいどれだけの宿題量になるでしょうか?それを全部こなすのに、どれだけの時間がかかるでしょうか?もはや、この段階で想像がつかない方も多いでしょう。これを [続きを読む]
  • 3D
  • 「3D」と言えば、映画?ゲーム?テレビ?何となく、一時期話題になったものばかりで、今では当たり前のものになっていたりします。特に人間の五感に刺激を与えられるような表現方法であると思います。我々のような会社員(私はもう違いますが・・・)、特にサービス業の世界では「3D」は「何かと言い訳をする人」を指します。これから春先にかけて、大学卒の新入社員が通称「新卒」として入社してきます。初々しい反面、仕事は [続きを読む]