櫻守 さん プロフィール

  •  
櫻守さん: 居酒屋櫻守
ハンドル名櫻守 さん
ブログタイトル居酒屋櫻守
ブログURLhttp://izakayasakuramori.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文居酒屋をこよなく愛するおっちゃんの独断と偏見で居酒屋を紹介するブログです。
自由文居酒屋さんのブログではありません。記事の内容は、あくまでおっちゃんの個人的な趣味・嗜好によりますので、ご了承ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/11/20 12:24

櫻守 さんのブログ記事

  • 圧巻のきずし
  •  9月3日(日) いっ歩(最寄駅:近鉄橿原線・筒井) 休日の奈良散歩です。筒井は、奈良県営中央卸売市場の最寄駅なんで、郊外でありながら、飲食店の密集度が高いのもうなずけます。市場の周りに旨い店が多いことは、今さら言うまでもありませんよね。しかも、値段も庶民的なんで、酒飲みにはたまらんエリアです。 前から「ちょっと気になる店構えだな」と思っていた「いっ歩」さんは日曜日も営業中。質素で、どことなくちょ [続きを読む]
  • ビアガーデンの思い出
  •  9月1日(金) 祭BBQ天満橋(最寄駅:京阪電鉄・天満橋) 今年の夏に行った唯一のビアガーデン「祭BBQ天満橋」。嫁たぬきがビアガーデンに行ったことがないというので、お出かけしました。天満橋駅直結という便利さもいい。しかも、眼下には大川が。ちゃんと付き出しが付いてますよ。しかも、なかなか気が利いているじゃないですか。ちょっとしたコースみたいでしょ? で、ビアガーデンと言えばこんなアテ。「枝豆」。 [続きを読む]
  • 思うツボ
  •  京阪電車の特急に「プレミアムカー」なる指定席車両が登場しました。「そりゃ、一回乗ってみなあかんやろ」と、嫁たぬきと乗ってみました。プレミアムカー運行開始記念のヘッドマークが付いてますね。 車内は3冽のゆったりしたシート。シートも豪華ですよ。ちょっとおやつも食べたりしながら。シートの横には、伝統のハトマーク。金色に輝くエンブレムが誇らしげです(^^) で、終点の出町柳に到着。プレミアムカー料金500円 [続きを読む]
  • 飲みまくり2日間1本勝負
  •  8月19〜21日、ことしも夏恒例のキャンプに行ってきました。天気が良いのはいいんですが、さすがに昼下がりの炎天下での設営はキツい。でも、これが待っていると思うと…冷えひえの生ビールをシュ〜っ!と。乾杯のアテは…「鹿肉のくん製」(写真左)と「ハム」です。途中で肉を調達した時に仕入れておきました。それでは「かんぱ〜い!」。 飲みまくり2日間一本勝負のスタートです(^^) 燻製遊びなんかをしたりしながら… [続きを読む]
  • 天神橋筋商店街恐るべし
  •  8月10日(木) もあい(最寄駅:JR東西線・大阪天満宮) お仕事が終わってから、天神橋筋商店街で飲んだことがないという嫁たぬきを天神さんまで呼び出しました。まずは、天神さんにきちんとご挨拶。「今夜も旨い酒が飲めますように」(^^) で、商店街のアーケードに出た角に、いきなり気になる店構え。ここは、元々はおそらく寿司屋だったんだろうという風情。でも、看板には「焼鳥 もあい」と書いてあります。もあい [続きを読む]
  • とろけるう巻き
  •  8月6日(日) ひでひろ屋(最寄駅:近鉄橿原線・田原本) 休日の奈良散歩です。田原本は駅前よりも国道沿いに飲食店が多いので、国道沿いをうろうろ。いかにもな雰囲気の焼肉屋の前に、ちょっとシブい店があるじゃないですか。入り口の木製の戸は、ドアハンドルの周りが訪れる人の手で磨かれています。こりゃ、入ってみなあきません。 付き出しは「冷奴」です。ネギとシラスがかかっています。豆腐もさることながら、シラス [続きを読む]
  • 仕上げのコロッケ
  •  8月4日(金) ゑびす(最寄駅:JR学研都市線・津田) 駅前の「ゑびす」さんで嫁たぬきと晩御飯。「ハモ落とし」からいきましょう。ここは、お造りや和総菜、イタリアンと、結構なんでもアリなんで楽しいんですよ。 しかも、自家製のアテが旨い。「鶏野菜ロール」も、もちろん自家製。鶏ハムの芯にニンジンや三度豆が巻き込んであります。表面は軽く炙って焼き目を付けてますね。シンプルですが、丁寧なお仕事。塩味の加減 [続きを読む]
  • 焼きますか?!
  •  8月1日(火) 今津酒店(最寄駅:JR大阪環状線・桃谷) お仕事帰りに、久しぶりに「今津酒店」さんに寄りました。立ち飲みですが、手づくりの総菜からマグロのすき身まで、幅広いアテがあるので重宝します。おっちゃんの大好きなアテの一つがこれ。「ショウガ天」。関東出身の嫁たぬきの母によると、紅ショウガの薄切りを天ぷらにするという習慣は、関東にはないそうで、こっちに来てから知って驚いたそうですが、大阪では [続きを読む]
  • 福島の夜は薫る
  •  7月27日(木) TRIUMPH(最寄駅:JR東西線・新福島) ちょうどお仕事が福島で終わるので、福島で飲んだことがないという嫁たぬきを“召喚”しました。おっちゃんも福島界隈は詳しくないので、駅近くの路地をちょいと探索。燻製のいい香りにさそわれ、「TRIUMPH」さんに入ってみました。 もう、そりゃ、ご想像通りのいわゆる燻製バー。酒飲まなしゃあないってヤツですよね。まず「盛り合わせ」を。鴨や鶏手羽 [続きを読む]
  • ちょっと高槻まで
  •  7月22日(土) 丹波路(最寄駅:JR京都線・高槻) 親友の「洗濯部長」さんから「今夜一杯どう?」とラインが来ました。そんなん、行くに決まってるじゃないですか。京都のマンションに近いところがいいというので、嫁たぬきと一緒にちょっと高槻まで足を延ばして「丹波路」さんにご案内しました。 おっちゃんが焼鳥にハメたため、最近すっかり鶏フェチになってしまった洗濯部長さんは、おっちゃんと飲みに行く度に「旨い焼 [続きを読む]
  • パナンテ再び
  •  7月14日(金) うみさち(最寄駅:京阪電鉄・天満橋) この前、リニューアルした天満橋駅の飲食街「パナンテ」に行こうとして、うっかり七夕であることを忘れていて、満席でどこも入れなかったので、嫁たぬきとリベンジに。 お魚が食べたかったので、大きなカウンターがエエ感じの「うみさち」さんに入ってみましょう。とりあえず「ポテトサラダ」。フライドオニオンが撒いてありますね。玉子タップリなタイプです。 お魚は [続きを読む]
  • 高架下のバー
  •  7月10日(月) 北海(最寄駅:阪急電鉄・梅田) お仕事が梅田で終わったので、まだ時間も早いし、ちょっと一杯やって帰ります。新梅田食道街の「北海」さんは、ニッカウヰスキーがメインのスタンディングバー。足元が何やらフカフカ心地よい感触だと思ったら、ウッドチップの上に積もった付き出しの殻つき落花生の殻じゃないですか。何とも独特の雰囲気です。 「ブラックニッカ」をロックでもらって、アテはシンプルに「クラ [続きを読む]
  • オフィスビルの焼鳥
  •  7月7日(金) 鳥友(最寄駅:京阪電鉄・天満橋) 週末なんで嫁たぬきと新装成った天満橋の「パナンテ」で晩御飯を食べて帰ろうと思ったんですが、まだオープンしたばかりなのと、今日は大川で七夕のイベントがあるのとで、どのお店も満席。「OMMビルの地下なら、どこか入れるだろう」と、前から気になっていた「鳥友」さんをのぞくと、席が空いてますねぇ。 それでは早速…「セセリ」から。プリプリしたエエ鶏さんです。 [続きを読む]
  • リニア・鉄道館に行ってみた
  •  京都の鉄道博物館は何度か行ったので、先日、嫁たぬきと名古屋のリニア・鉄道館に行ってみました。近代的な建物ですねぇ。エントランスには…おぉ〜、C62形の17号機じゃないですか。狭軌の蒸気機関車の最高速度記録保持車ですね。リニアや新幹線の前に、誇らしく鎮座したはります。日本の高速鉄道のパイオニアということですね。 さらに進むと、新幹線の歴史がよくわかる展示ホールがありました。歴代の新幹線車両が勢ぞろ [続きを読む]
  • 鶏唐はソースで食す
  •  7月2日(日) おかげ(最寄駅:JR奈良) 休日の奈良散歩です。ジリジリと暑い。「こういう日は揚げ物が食べたい」と思っていると、ちょいと気になる店構え。何軒か古い飲食店が並ぶ一角にある「おかげ」さん。店そのものは、比較的新しそうですが、この建物はなかなかの骨董品でっせ。 とにかく生ビール。う〜ん、キンキンに冷えたサッポロさんの生。いいですねぇ。焼鳥屋さんかと思って入ったんですが、アテは知覧の鶏さ [続きを読む]
  • 気になり続けた寿司屋
  •  6月28日(水) 功寿司(最寄駅:京阪バス・中宮) 枚方市駅からバスに乗ると、府立精神医療センター(旧府立中宮病院)前のマンションの1階に、老舗らしき飲食店が2軒。しかし、残念ながら炉端屋風のお店は既に営業を終了してしまわれていて、寿司の「功寿司」さんだけが営業中です。他にも飲食店がありますが、いずれも老舗ではなく、何度も入れ替わっておられます。 気になった店があったらすぐ行ってしまうくせに、なぜ [続きを読む]
  • 鶏バル
  •  6月21日(水) はーばーど(最寄駅:京阪電鉄・京橋) 京橋の京阪モールがリニューアルされ、食堂街のお店にも入れ替えがあったので、嫁たぬきを誘って行ってみました。 「何食べようか?」とネタに困ったら、すぐ焼鳥屋に逃げ込む鶏好きのバカ夫婦ですから、鶏バルなんて書いてあると、もちろん反応してしまいます。「はーばーど」さんは、今回新たに京阪モールに出店されました。「前菜の5種盛り」を注文すると、鶏づくし [続きを読む]
  • 隠れた老舗
  •  6月17日(土) 与太呂(最寄駅:近鉄奈良線・新大宮) 酒場を探して街を歩いていると、時々踊り出したくなるほどうれしいことがあります。それは、住宅街の中に、ポツンとたたずむこんなお店を見つけた時。もう、見るからに、いかにも老舗な雰囲気。そこはかとなく哀愁を帯びた、それでいてどことなくちょっと怪しげな、こういう雰囲気にめっぽう弱いおっちゃんです。そら、もう、入ってみなしゃあないです。 で、入ってみる [続きを読む]
  • 深すぎる余韻
  •  6月10日(土) 酔in(最寄駅:JR琵琶湖線・石山) お仕事で石山まで行ったので、晩御飯を食べて帰ろうと歩いていると、気になる店構えの日本酒バーらしきお店を発見。すると、すぐに寄ってしまうこのおっさん。付き出しの「ホウレンソウのゴマ和え」をアテに、まずは生ビールです。 どうせなら、日本酒も地元のものを。お馴染み「七本鎗」(冨田酒造、滋賀県長浜市)。このお店では、基本的に全銘柄純米だそうです。 ア [続きを読む]
  • アテになる野菜
  •  6月4日(日) 吟(最寄駅:近鉄橿原線・畝傍御陵前) 俗塵にまみれっ放しのおっちゃんですので、たまには神聖な神前に詣でて、神様のエネルギーをいただこうと、嫁たぬきと橿原神宮にお参りしました。 まだ6月とはいえ、天気が良いと清々しいのはいいのですが、やっぱり暑い。喉が渇く。ビールが欲しい――というお決まりの図式。とはいえ、昼日中からやっている居酒屋なんて、郊外にはないよなぁ、と思っていると、「吟」 [続きを読む]
  • 仕上げはゴルゴンで
  •  6月1日(木) Buffo(最寄駅・京阪電鉄・枚方市) 嫁たぬきと久々の「Buffo」さんです。まずは「鶏肝のパテ」。ミッチリと肝!ちゅう感じです。塗りぬりするバゲットが足りませんが、追加は別料金なんで、あるだけ塗りぬりで食べて、あとはチョビチョビつまみます。 嫁たぬきリクエスト「サラミ」。もう、言わずもがなのワインのアテ。おっちゃんはグラスワインの赤をもらいます。 お腹のすいた嫁たぬきのご飯代 [続きを読む]
  • 手軽なお寿司
  •  5月30日(火) 富寿司(最寄駅:京阪バス・三ツ池) 嫁たぬきが実家に行きましたので、おっちゃんは放し飼い。ご近所の「富寿司」さんで晩御飯。回っていない寿司屋さんで造りをいただくと、ハズレがない一方、それなりのお値段がしますが、このお店はいたって気さくで手軽。マグロの造りをお願いすると、ちょっと海苔があしらってあります。鉄火巻のマグロみたいに海苔の香ばしさがプラスされて旨い。 アナゴが食べたかった [続きを読む]
  • 茹でソラマメ
  •  5月25日(木) たこ柾(最寄駅:京阪電鉄・枚方市) お馴染み「たこ柾」さんです。初夏らしいアテはないものかと…「茹でソラマメ」がありました。揚げても旨いんですが、新鮮なものなら、塩茹でかサヤごと焼いて、ホクホクを食べるのが好きです。ほんのり塩味の茹でソラマメ、上品な甘さがいいですねぇ。枝豆もいいですが、こいつもビールによく合います。 見た目が涼し気な「アナゴの煮凝り」。たまにボテっ!と濃いぃ味付 [続きを読む]
  • 住宅街の隠れ家
  •  5月15日(月) エルミタージュ(最寄駅:近鉄奈良線・生駒) 生駒駅から南に向かって坂を少し登ると、住宅地に向かって長〜い下りになります。下りなんでしんどくないからいいや、と思ってちょっと遠くまで歩いてみると、「料理屋」と枕詞が付いた「エルミタージュ」さんの看板が出ています。う〜ん、何料理なんでしょうねぇ? そりゃ、入って確かめなしゃあないでしょ、この気になる風情。 ゆるやかな弧を描く大きなカウン [続きを読む]