櫻守 さん プロフィール

  •  
櫻守さん: 居酒屋櫻守
ハンドル名櫻守 さん
ブログタイトル居酒屋櫻守
ブログURLhttp://izakayasakuramori.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文居酒屋をこよなく愛するおっちゃんの独断と偏見で居酒屋を紹介するブログです。
自由文居酒屋さんのブログではありません。記事の内容は、あくまでおっちゃんの個人的な趣味・嗜好によりますので、ご了承ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/11/20 12:24

櫻守 さんのブログ記事

  • 筍をアテに
  •  4月10日(火) たこ梅(最寄駅:近鉄橿原線・近鉄郡山) 先ほどの「亜味庵」さんのすぐ隣の「たこ梅」さんは、今風な亜味庵さんの店構えと対照的な風雪を経たシブい雰囲気。写真手前がたこ梅さんで、奥が亜味庵さん。どちらもなかなかエエ味出したはりますね。 で、たこ梅さんで生ビールを。重厚なカウンターは風格があります。付き出しに「筍の炊いたん」が出ました。サクっ!と少しのほろ苦さと上品な甘味が春のアテですな [続きを読む]
  • 春のアテ
  •  4月10日(火) 亜味庵(最寄駅:近鉄橿原線・近鉄郡山) お仕事の後、ちょっと郡山まで遠征。駅前にある、ちょっと気になった店を訪ねてみようかと。 「亜味庵」さんは、今風の小料理屋さんのような店構え。女将さんが一人で切り盛りしたはります。カウンターでは、常連さんがのんびりと飲んだはります。 それでは、おっちゃんも。「ワラビのお浸し」。う〜ん、春のアテですねぇ。この後、日本酒も少しもらって、ゆったりと [続きを読む]
  • 働きアリ
  •  アリさんは、怠惰なおっちゃんと違って働き者です。といっても、虫の話じゃなくて、おっちゃんの親友の「洗濯部長」さんが食いつきそうな、ちょっと鉄な話。 先日、お仕事で滋賀県の彦根に行った時に、近江鉄道・彦根駅で出会った働きアリさん。JR線のホームで新快速を待っていたら、隣の近江鉄道の車庫から、バタバタバタバタ〜っ!とけたたましいエンジン音が。 「何やろ?」と思って見ていると、整備庫から1両の電車がア [続きを読む]
  • 2018年櫻の旅
  •  今年は急に温かくなったので、桜の開花が早い。おっちゃんの大好きな琵琶湖周辺の桜も、大阪と同じように、例年より1週間以上早いですねぇ。こんな年は久しぶりです。 ということで、嫁たぬきと恒例の櫻の旅に。「清水(しょうず)の桜」です。4月1日に7分咲きなんて、何年ぶりでしょうね。 海津大崎はまだ開花が始まったばかり。いつもは長けてしまっている土筆が、ちょうど採り頃なんで、摘んで帰りました。 国道161 [続きを読む]
  • オリオンのビアナッツ
  •  3月5日(月) 楽鳥(最寄駅:近鉄奈良線・富雄) お仕事が早く終わったので、ちょっと奈良に寄り道します。富雄の駅前から国道と川を渡って、とりみ坂を上ると、ポツポツと面白そうな居酒屋さんが点在しています。明るい雰囲気の「楽鳥」さんは、その名の通り焼鳥屋さん。それでは、早速、鶏さんを。鶏と大葉を使った「春巻」。皮から透けて見える大葉の緑と胸肉の白が綺麗です。そのままでも旨いですが、ワサビしょうゆを付 [続きを読む]
  • 安心と納得
  •  2月24日(土) ふる里(最寄駅:JR学研都市線・河内磐船) 嫁たぬきが実家にお泊りなんで、おっちゃんは放し飼いです(笑) ちょっとゼータクに一杯やるのもいいし、変わったアテで飲むのもいいんですが、「よく知らないお店に行って、妙に高かったり、ハズしたりすると残念やしな〜」なんて思う日は、定番に限る。 ということで、久しぶりに「ふる里」さんに。とりあえず、お母ちゃんの「ポテトサラダ」。シンプルなポテ [続きを読む]
  • 震災を越えた名店
  •  2月9日(金) 森井本店(最寄駅:阪急電鉄神戸線・三ノ宮) 珍しく神戸でお仕事が終わったので、前から訪ねてみたかった「森井本店」さんで一杯やって帰ります。歴史のある高架下に掛かる堂々たる扁額。阪神大震災で、阪急・三ノ宮駅の旧駅ビルは大きな被害を受け取り壊されましたが、高架は倒壊することもなく残り、火災の被害も免れました。そして、震災後の不景気も乗り越え、昔の姿を留めたはるのは、ほとんど奇跡ですね [続きを読む]
  • 鶏っちサラダ
  •  2月5日(月) 鶏っち(最寄駅:京阪バス・藤阪中町) 前を通るたびに、何となく可愛げな名前と入り口の垂れ幕が気になっていた「鶏っち」さんに行ってみました。駅からは少し遠いものの、バス停のすぐ隣なので、アクセスの良さは抜群。でも、お店の前の府道は道幅が狭い上に、歩車道の区別がありません(^^;) 帰る時、酔っぱらって勢いよく飛び出すと、チャリや単車が猛スピードで突っ込んで来る恐れもありますので、く [続きを読む]
  • アケミという名で激ウマで
  •  2月4日(日) アケミ(最寄駅:JR琵琶湖線・大津) 嫁たぬきのお歌のお稽古について行って、晩御飯を食べて帰ります。大津の旧市街に「旨い老舗の洋食屋さんがある」というので、わざわざ付いて来たんです。おぉ〜、ほんに、いかにも老舗ですな、この雰囲気。明かりの灯った看板が程よくくすんでいるところに、歳月の重みを感じますねぇ。ふーん、「アケミ」さんていうんですね(アサコではないですよ…って、FM滋賀のリ [続きを読む]
  • 未体験ゾーン
  •  1月27日(土) 大丸屋(最寄駅:京阪電鉄・光善寺) ひらパーで嫁たぬきと「ちっちゃい園長」を探した後、イルミネーションも見て、晩御飯を食べて帰ろうと、光善寺駅で途中下車(って、逆方向やないか!)。ここで居酒屋を探してみたことはなかったですねぇ、未体験ゾーンです。 遠くまで行かなくても、駅前の商店街で十分に面白い。早速、気になる店構えの「大丸屋」さんを発見。う〜ん、いかにも大衆的。おっちゃんを魅了 [続きを読む]
  • 男は静かに焼味噌で
  •  1月25日(木) 金杯(最寄駅:阪急電鉄・梅田) 新梅田食道街の言わずと知れた名店「金杯」さん。立ち飲みながら、上質な静謐(せいひつ)感が漂う大人の空間。おっちゃんも最近、ようやく「サっ!と飲んで、チャっ!と帰る」ができる大人になりましたので、お仕事の後、ちょっとだけ寄り道。上品に小声で、生ビールの「ちょっと」(グラスビール。1杯目限定メニュー)を注文する時、「焼味噌」も一緒に頼んでおきます。焼け [続きを読む]
  • プチ焼鳥
  •  ご近所のお馴染みのカラオケ喫茶で見つけた、こんなかわいいアテ。一応、焼鳥ですが、なんで串が爪楊枝やねん! 鶏モモと白ネギが一切れずつ刺さっています。 ママさん曰く「普通の串で作るには中途半端な量の鶏モモがあったから、爪楊枝に刺したら適当に数ができて、ちょっとしたアテになるかな〜思て」って、普通の串でも3、4本はじゅうぶんできそうやん(笑) ミニならぬ「プチ焼鳥」とでも呼びましょう(^^) [続きを読む]
  • 酒粕レーズンバター
  •  1月23日(火) ジャックとマチルダ(最寄駅:JR東西線・新福島) お仕事が福島で終わったんですが、素面では寒いので、ちょっと一杯引っ掛けて帰ります。寒風に揺れる白提灯と白暖簾、看板に「立ち呑み」の文字がなければ、割烹か寿司屋かと見紛うこの雰囲気。思わず吸い込まれますよねぇ。 中はいたって普通の立ち飲み屋で、アテのお値段も非常に良心的。ちょい飲みなんで、なんぞええアテはないかと探していると…「酒粕 [続きを読む]
  • 山芋そうめん
  •  1月20日(土) 文金(最寄駅:京阪電鉄・天満橋) OMMビルの地下食堂街で、ちょいと気になる風格をたたえた「文金」さん。前から気になってたんですが、入ってみる機会がなかったんです。嫁たぬきと一緒にお出かけしたついでに、ちょっと偵察に。付き出しに「ナマコ」が出ましたよ。歯ごたえコリコリ、酢の物じゃなくポン酢というのも、おっちゃん好み。こりゃ、たまらんですよ。日本酒を頼む時まで、取っておかないといけ [続きを読む]
  • そういや食べたことなかった
  •  1月10日(水) 酉壱(最寄駅:京阪電鉄交野線・郡津) 交野線が続きます。お馴染みの「酉壱」さんのメニュー、すでに姿を消してしまったものも含め、ほぼ全制覇のはずでした。それなのに、嫁たぬきが何の気なしに頼んだ、こんな定番メニューを食べていなかったことに気づきました。「焼鳥丼」です。ご飯に載った焼鳥は、言わずもがなのプリプリの肉串、これにおっちゃんお気に入りのタレがかかって、錦糸卵に刻み海苔とくれば [続きを読む]
  • 二度浸け禁止
  •  1月8日(月) みぶ屋(最寄駅:京阪電鉄交野線・交野市) 嫁たぬきとお出かけしたついでに、晩御飯を食べて帰ります。おっ! 交野市駅の近くにこんな串カツ屋さんできたんですね。「みぶ屋」さんは、大きなソース入れが置いてある「二度浸け禁止」スタイル。大阪ではお馴染みのパターンですね。生ビールと「セット」をもらいました。 嫁たぬきがうれしそうにソースに浸けつけしています。 滋賀出身の嫁たぬきには、二度浸 [続きを読む]
  • 昔ながらの本格居酒屋
  •  1月6日(土) 智(最寄駅:JR万葉まほろば線・三輪) 初詣に出掛けようかと思って、よくよく考えてみると、酒飲みのくせに、酒づくりの神として知られる大物主大神(おおものぬしのおおかみ)をご祭神としておまつりする、大神神社(おおみわじんじゃ)に一度も詣でていなかったことを思い出しました。「この不届き者!」と神罰が下らないうちに、ご挨拶にうかがわなければなりません。 ということで、嫁たぬきと一緒に大 [続きを読む]
  • 降り積もった時間の重み
  •  12月8日(金) おはつ(最寄駅:JRまたは近鉄・天理) 週末の奈良散歩です。久々に天理の名店「おはつ」さんへ。帰りが遅くなっても、明日は休みですから大丈夫です(^^) どうです、このいかにもな雰囲気。この路地、なかなかシブいんですよ。 ね、ええでしょ? 中でも、おはつさんは一番の老舗。創業70年以上、食堂から居酒屋になってからでも44年といいますから、奈良でも最古級の居酒屋さんです。風格ある木製の格子 [続きを読む]
  • ハム入れますか?!
  •  12月7日(木) 今津酒店(最寄駅:JR大阪環状線・桃谷) 久しぶりに「今津酒店」さんで一杯引っ掛けて帰ります。ちょっと来ない間に、焼き台はおでん鍋になっています。 おっ!「うな肝」なんてあるじゃないですか。ボリュームありますねぇ。きっとデッカイうなぎだったんでしょう(^^) 粉山椒を多めに振って…ビールが旨いぜ。 おでん鍋には、何がありますか?えっ!!「ハム」入れますか?! これは初めてのパターンで [続きを読む]
  • 気になる赤提灯
  •  11月28日(火) よいどころ(最寄駅:京阪電鉄京津線・山科) 前から京津線に乗るたびに気になっていた線路沿いの赤提灯、「よいどころ」さんに行ってみました。焼鳥と沖縄料理がメインのお店のようです。箸袋の絵が可愛い(^^) とりあえずのアテに「ジーマーミ豆腐」をもらいました。なかなかデカいですね。何だかお得感があります。余計な甘さを抑えたピーナッツの風味がいいですねぇ。 これも沖縄なアテ。「ポチギソー [続きを読む]
  • 鶏フェチの宴
  •  11月24日(金) やきとり123(最寄駅:JR京都線・高槻) おっちゃんのせいでスッカリ鶏フェチになってしまった親友の「洗濯部長」さんから「飲まへんか?」とメールが来ました。いいですね、週末ですし(^^) 「帰りやすいように、中間点の高槻にしよう」ということで、当然、鶏をご所望だろうと「やきとり123」さんに。まずは、生ビール。付き出しに「肝煮」と「モヤシのナムル」が出ました。それでは、乾杯〜♪ さて [続きを読む]
  • おでんが食べたい
  •  11月15日(水) みやい(最寄駅:京阪電鉄・天満橋) 嫁たぬきと「おでんが食べたいねぇ」ということになって、お仕事が終わってから天満橋の老舗、「みやい」さんへ。ビル街の真ん中にありますが、創業50年以上の老舗といいます。いかにもなこの雰囲気、早速中へ。 まずビールから。おっちゃんは「湯豆腐」を。嫁たぬきは「アジの南蛮漬」で。 さてと、おでん。嫁たぬきが「スジ肉」と「ジャガイモ」を注文。 おっちゃんは [続きを読む]
  • 定番アテが旨いシアワセ
  •  11月5日(日) うえだ(最寄駅:近鉄天理線・前栽) 休日の奈良散歩です。天理大学の参考館と図書館で見ておきたい展示をやっていたので…いいですねぇ、図書館のこの佇まい。30年以上前、おっちゃんが学生だった頃と全く変わりませんよ。日本に大学は数あれど、京大や東大にもない貴重な資料がたくさんあるので、何度かお世話になりました。重厚な造りの館内(撮影禁止)は、古き良き昭和初期の図書館そのものです。 さてと [続きを読む]
  • 懐かしの洋酒スタンド
  •  11月1日(水) 北海(最寄駅:阪急電鉄・梅田) 言わずと知れた酔っ払いの聖地「新梅田食道街」。酒飲みにとって、仕事帰りにここを素通りするのは、なかなか難しい。ちょうど梅田で仕事が終わって、北新地駅へ向かうのに通り抜けようとしたのが運のツキ、スタンドバー「北海」さんの玉暖簾と、ウッドチップと落花生の殻が積もった床の踏み応えが懐かしくなって、つい。ちょっと一杯だけ… ブラックニッカをロックで。付き出 [続きを読む]
  • 絶品ブリ大根
  •  10月31日(火) たこ柾(最寄駅:京阪電鉄・枚方市) 先ほどの「なんとか」さんを出て、せっかくですから「たこ柾」さんにも寄っとかないといけません。 こんな変わった付き出し。「ズリの辛味噌和え」。サっ!とボイルしたズリを、韓国風の辛味噌で和えてあります。ビールのアテですねぇ。 おっちゃんは冷や酒と「タコぶつ」をもらいました。程よいちょいアテサイズ。チビチビと飲みます。 嫁たぬきの仕上げは「粕汁」。「ブリ [続きを読む]